内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ダッカで人質事件
2016-07-02 Sat 19:09
 バングラデシュの首都ダッカで、現地時間1日夜(日本時間深夜)、武装集団が飲食店を襲撃し、外国人客を含む数十人を人質にとって店内に立てこもる事件が発生。事件から10時間以上が経った2日、現地の治安当局が強行突入に踏み切り、銃撃戦の末に現場を制圧しました。なお、警察との銃撃戦により死亡した人質20人の全員が外国人で、大半が日本人とイタリア人だったそうです。犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      バングラデシュ・パキスタン混貼

 これは、バングラデシュ独立間もない1972年1月1日、東パキスタン時代の葉書にバングラデシュ切手を貼り足してチッタゴンから差し出された混貼使用例です。

 1947年に英領インド帝国が解体された際、現在のバングラデシュに相当する地域は東パキスタンとして、現在のパキスタンに相当する西パキスタンとともにパキスタン・イスラム共和国を構成することになりました。しかし、パキスタン国家の政治的な実権を握っていたのは西パキスタンで、東パキスタンで生産されるジュートによってもたらされる外貨は、西パキスタンに優先的に支出される状況が続きます。

 また、東パキスタンの住民の大半がベンガル語を母語としていたのに対して、パキスタン国家としての公用語は西パキスタンの主要言語であったウルドゥ語であり、そのことに対する東パキスタン側の不満も根強いものがありました。

 さらに、1970年の集中豪雨、ボーラ・サイクロンによって東パキスタン国土のほとんどが水没、17万人に上る死者が出たにもかかわらず、パキスタン政府の西パキスタン偏重政策は変わらず、東西の亀裂は決定的になります。

 こうした状況の下で行われた1970年の総選挙では、東パキスタンを地盤とするアワミ連盟が“バングラ民族主義”を掲げ、東パキスタンの選挙区で162議席中160議席を獲得。アワミ連盟の躍進が東パキスタンの分離・独立につながることを恐れたパキスタン政府は、選挙後、なかなか議会を開催しようとしなかったため、1971年3月7日、アワミ連盟は10万人の大集会を開催し、党首のムジブル・ラーマンがパキスタン中央政府への非協力政策を宣言しました。

 これに対して、3月25日、中央政府はムジブル・ラーマンを逮捕。さらに、パキスタン軍による東パキスタン住民の虐殺事件が発生します。翌26日、陸軍のジアウル・ラーマン少佐が「我々旧東パキスタンは旧西パキスタンに対し自由解放のための戦いを開始する」と宣言。4月10日には“バングラデシュ人民共和国”の独立が宣言された。

 すると、パキスタン政府は軍を空輸して武力鎮圧を試み、さらに、反独立派のイスラム過激派組織がベンガル人の大量殺戮を行ったため、9ヶ月で300万人もの死者が発生しました。

 この動きに目をつけたインドは、パキスタンを弱体化させるために、東パキスタンからインドへの難民流入を“人口学的侵略”として、1971年12月3日、パキスタンに侵攻。第3次印パ戦争が勃発しました。

 圧倒的な兵力を誇るインド軍の前に、パキスタン軍はわずか10日余りで降伏。12月16日、パキスタンはバングラデシュの独立を承認します。

 今回ご紹介の葉書は、こうした状況下、東パキスタンからバングラデシュへの移行期間に使用されたもので、パキスタン時代の葉書に、バングラデシュ切手2種(同年3月のパキスタン軍による東パキスタン住民の虐殺事件を非難する切手と、新生バングラデシュの地図を描いた切手)が貼られています。

 ところで、1971年3月のパキスタン軍による住民虐殺事件には、バングラデシュ最大のイスラム政党、ジャマティ・イスラミ(イスラム協会)の主要幹部が関与していたとして、2013年には、独立時の幹部4人が戦争犯罪を問われ死刑や終身刑の判決を受けたほか、世俗主義を定めたバングラデシュの憲法に違反するとして、同党の政党登録を違法とする高裁判決が出されています。

 当然のことながら、ジャマティ・イスラミが全国で激しい抗議運動を展開すると、これと連動してBNP率いる野党18連合がハシナ首相率いるアワミ連盟政権の退陣を求める運動を始め、各地で流血事件が発生。数百人の死者と数千人の負傷者が発生しています。こうした中で、野党18連合は2014年1月5日に行われた総選挙をボイコットしたため、与党アワミ連盟が圧勝。同月12日にはハシナ首相(3期目)を首班とするアワミ連盟政権が発足し、現在に至っています。

 なお、2014年の総選挙後、一時、バングラデシュの治安は安定の方向に向かっていましたが、2015年以降、野党連合は再び激しい反政府運動を展開。そこに付け込むかたちで、イスラム過激派も着実に勢力を伸ばしており、今回の事件も、そうした文脈の中で発生したものとみてよさそうです。

* 本日のよみうりカルチャー横浜での講座は、無事、盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただいた皆様、スタッフ・関係者の方々には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

 ・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | バングラデシュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 バングラデシュの農業
2015-10-04 Sun 16:42
 バングラデシュ北部ロンプールで、農業プロジェクトのため現地に滞在していた日本人、星邦夫さんがバイクに乗った覆面姿の男3人に銃撃されて殺害され、過激派組織の“イスラム国”ことダーイシュを名乗る犯行声明(ただし、信憑性については未確認)が出されました。というわけで、星さんのご冥福をお祈りしつつ、バングラデシュの農業についての切手として、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      バングラデシュ・農業

 これは、2004年の“国際コメ年”に際してバングラデシュが発行した記念切手で、収穫後の稲束を運ぶ農村の風景が取り上げられています。

 バングラデシュは人口の62%は農業に従事する農業国です。その最大の農産品は世界第4位の生産量を誇るコメで、国内消費量はほぼすべてを自給しています。栽培品種としては、雨季前半(6-8月)に栽培されるアウス稲、雨季後半(8-10月)に栽培されるアマン稲、乾季(11-3月)に栽培されるボロ稲の3種があります。

 かつては、乾季にガンジス川の水位が低下するため、二期作・三期作を行える地域が限られていましたが、“緑の革命”の政策により、井戸や改良種が普及したことで、二期作や三期作の可能な地域が増加し、生産量も大幅に増大しています。

 バングラデシュは世界各国から多額の経済援助を受け取っていますが、なかでも、わが国は最大の援助国の一つです。また、1971年の独立戦争(第3次印パ戦争)時には、わが国は先進諸国の中ではいち早くバングラデシュの独立を承認したという歴史的経緯もあり、バングラデシュ国民の多くは親日的ともいわれています。

 今回の事件については、すでに、バングラデシュ当局は容疑者とみられる人物を拘束したそうですが、亡くなった星さんの御供養のためにも、一刻も早く事件を解決して、両国の信頼関係が損なわれないようにしていただきたいものです。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | バングラデシュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の国々:バングラデシュ
2015-05-27 Wed 10:04
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年5月27日号が、先週刊行されました。僕が担当しているメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はバングラデシュの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      バングラデシュ・1990年蜂起1周年

 これは、1991年に発行された1990年蜂起1周年の記念切手で、国旗を掲げる女性に先導されるデモ隊が描かれています。

 第3次印パ戦争の結果、1971年12月16日、パキスタンはバングラデシュの独立を承認。翌1972年1月12日、独立後の初代首相に就任したムジブル・ラーマンは、パキスタンへの対抗上、親インドの立場を取り、民主主義、社会主義、政教分離を柱とする議院内閣制を骨子とする憲法を制定しました。

 しかし、独立時の混乱はなかなか収束しなかったため、新政府は戒厳令を施行し、ムジブル・ラーマン自身が大統領に就任。与党アワミ連盟以外の政党を非合法化するなど強権的な統治により事態を乗り切ろうとしましたが、状況は改善されず、飢餓と疫病が蔓延します。

 こうした状況の中で、1975年、陸軍によるクーデターが発生。ムジブル・ラーマンは殺害され、ジアウル・ラーマン少将が政権を掌握したものの、彼も1981年に軍内部のクーデターによって暗殺されてしまいます。さらに、1982年、戒厳司令官だったホサイン・ムハマド・エルシャド中将が権力を掌握し、翌1983年、自ら大統領に就任しました。

 相次ぐ軍事クーデターに対する国内外からの批判を受けて、1986年、エルシャド政権は総選挙を実施。選挙ではエルシャドが再選を果たし、与党ジャティヤ党が議会の多数を占めましたが、政権による選挙不正が横行したため、かえってエルシャド政権の退陣を求める民主化運動は高揚し、1990年に大規模な大衆蜂起が発生して、エルシャドは退陣に追い込まれました。

 エルシャド退陣後、憲法は改正され、1991年2月の総選挙を経て、大統領を元首とする議院内閣制度が確立。一般には、これによってバングラデシュの民主化が達せられたとされています。なお、一連の民主化運動の中核を担ったのは、ムジブル・ラーマンの娘シェイク・ハシナを党首とするアワミ連盟とジアウル・ラーマンの妻カレダ・ジアを党首とするバングラデシュ民族主義党で、この両党が現在のバングラデシュの2大政党となりました。

 さて、『世界の切手コレクション』5月27日号の「世界の国々」では、独立以降のバングラデシュ現代史について概観した長文コラムのほか、日本のバングラデシュ支援を取り上げた切手、仏教遺跡のモハスタン遺跡、景勝地のコックス・バザール海岸、ダッカで最も美しいとされるスターモスク、ベンガルトラの切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の6月3日号では、「世界の国々」は赤道ギニアを特集していますが、こちらについては、来週、このブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | バングラデシュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 首相、バングラデシュ訪問
2014-09-07 Sun 15:49
 安倍首相は、きのう(6日)、日本の首相としては14年ぶりにバングラデシュを訪問し、首都ダッカの首相府でハシナ首相と会談。安倍首相は円借款を中心に最大6000億円を支援すると伝え、ハシナ首相は2015年10月の国連安保理・非常任理事国選挙への立候補を辞退し、日本を支持する考えを表明しました。というわけで、日本とバングラデシュの友好関係を示す切手ということで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      バングラデシュ・JICA

 これは、2009年にバングラデシュで発行されたわが国の国際協力機構(JICA)の切手で、同国におけるJICAの活動の打ち、代表的なもの4つが取り上げられています。その内訳は、左上が1998年にわが国の有償ODA(円借款)で建設されたジャムナ橋、左下がJICAの実施している職業訓練プログラム、右上がポリオ撲滅のためのワクチン投与、右下がケプパラ気象レーダーです。

 このうち、左上の切手に取り上げられたジャムナ橋は、バングラデシュの東西を貫いて流れる大河ジャムナ川に架けられた橋です。かつて、フェリー以外に川を渡る手段がなかった時代には、トラックは平均36時間待たねばフェリーに乗船することができませんでした。このため、西部の穀倉地帯で栽培された農作物をダッカなど東部消費地に運搬するのは極めて効率が悪かっただけでなく、東部にある天然ガスや電力供給などの恩恵が西部にはもたらされず、西部の開発は進みませんでした。

 そこで、日本の有償資金協力により、1998年、ジャムナ川に、片側2車線道路とガスパイプライン、送電線、通信、鉄道が併設された多目的橋が建設され、ジャムナ川を渡る時間が12-18分と劇的に短縮されて物流の効率が飛躍的に改善されたほか、ガスパイプランや電話ケーブル等が通じたことで、西部の開発が一挙に進むことになりました。

 一方、右下の切手に取り上げられたケプパラ気象レーダーは、“コックスバザール及びケプパラ気象レーダー整備計画”の一環として建設されたものです。

 バングラデシュのベンガル湾沿岸部はサイクロンに頻繁に襲われ、そのたびに甚大な人的被害を被ってきました。このため、1988年、わが国の無償ODAによりコックスバザールおよびケプパラの2ヵ所に気象レーダーが設置され、サイクロン被害を軽減させるための気象観測の支援が行われています。なお、気象レーダーは、通常、設置後10-12年で新しいモノに更新されますが、バングラデシュの場合は資金不足などによりレーダーの更新ができず、設置から16 年が経過した2004年意向は観測が停止されていました。このため、再び、わが国の無償ODAにより、レーダーの行進が行われました。

 さて、あらためて言うまでもないことですが、ODAは、先進工業国の政府や政府機関が発展途上国に対して行う援助や出資のことで、そのルーツは第2次世界大戦後の1945年12月、戦後の世界の復興と開発のために設立された国際通貨基金 (IMF) と国際復興開発銀行(IBRD、世界銀行)に求められます。

 戦後の復興時には、わが国も東海道新幹線東名高速道路建設のために世界銀行から融資を受けましたが、その一方で、早くも1954年にはビルマと結んだ「日本・ビルマ平和条約及び賠償・経済協力協定」でODAを拠出しています。この時期、ビルマに加えて、フィリピン、インドネシアとの経済協力が行われましたが、それら初期の日本のODAは戦後賠償としての意味合いが強いものでした。

 ODAは発展途上国であれば、どの国にでも援助できるわけではなく、①環境と開発を両立させる、② 軍事的用途及び国際紛争助長への使用を回避する、③テロや大量破壊兵器の拡散を防止するなど国際平和と安定を維持・強化するとともに、開発途上国はその国内資源を自国の経済社会開発のために適正かつ優先的に配分すべきであるとの観点から、開発途上国の軍事支出、大量破壊兵器・ミサイルの開発・製造、武器の輸出入などの動向に十分注意を払う、④開発途上国における民主化の促進、市場経済導入の努力並びに基本的人権及び自由の保障状況に十分注意を払う、といった4原則があり、 無秩序なバラマキに対しては、一応の歯止めがかかっています。

 とはいえ、ODAを皮切りに現地への日本企業の進出を促進しようという思惑もあるため、政財界ないしは現地政府の癒着を招きやすいほか、経済的利益を優先するために上記の原則が無視されることも少なくありません。

 たとえば、日本がこれまで巨額のODAを行ってきた中華人民共和国という国は、環境と開発を両立させているわけでもなく、援助を軍事的用途及び国際紛争助長に使用している疑いが濃厚であり、民主化の促進や基本的人権と自由の保障状況にはほとんど関心を払っていないわけで、上記の4原則からすれば、こうした国にODAを行うなど論外ということになります。しかし、実際には、ODAによって日本企業にも少なからず旨みがあることから、経済的実利の前には、建前としての原則論は無視されてきたというのが実情です。中国側が、日本のODAに対して“感謝”ではなく“評価”という言葉で表現するなど、われわれ国民からすれば度し難い態度をとっているのも、日本側の下心が見え見えだからにほかなりません。

 まぁ、痩せても枯れても世界全体から見れば日本は経済大国なわけで、途上国支援のために一定の資金を拠出するのはやむを得ないわけですが、人情として、いくら援助をしても感謝してくれない国と、援助に感謝して切手まで発行してくれる国では、どちらと仲良くしていきたいと思うかは、改めて問うまでもないでしょうな。
 

 * 昨日(6日)の切手市場は、無事、盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様ならびにスタッフの皆様には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます

 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から、毎月1回(原則第1火曜日:10月7日、11月4日、1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・現代コリア事情 時間は13:00-14:30です。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:50-17:00です。

 初回開催は4月1日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | バングラデシュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 不発行切手のカバー
2007-01-13 Sat 00:48
 バングラデシュで非常事態宣言が発せられ、首都など主要都市では夜間の外出が禁止されたそうです。同国では22日に予定されている総選挙をめぐって野党勢力がボイコットを宣言し、政治危機が高まっていたわけですが、どうやら、情勢は緊迫の度合いを増しているようです。

 というわけで、バングラデシュ関係のマテリアルの中から、何か面白いものはないかと思って探してみたところ、こんなものが出てきました。(画像はクリックで拡大されます)

バングラ不発行切手

 このカバー(封筒)では、中央上部に貼られている単色の切手にご注目ください。この切手は、パレスチナ解放闘争への支持を訴えるためのもので、鉄条網に覆われた岩のドーム(イスラムの聖地としてのパレスチナのシンボル)と、反イスラエル闘争を戦う戦士の姿が描かれています。バングラデシュは人口の大半がムスリム(イスラム教徒)ですから、イスラム教徒であるアラブ系のパレスチナ人を抑圧しているイスラエルに対しては、当然のことながら、強い不快感を持っており、その意味では、こういうパレスチナ支援の切手が発行されるのも、まぁ、無理からぬところと言えます。

 ところで、この切手は、もともとは1980年に発行すべく、当時のソ連に製造が委託され、準備が進められていたのですが、現物が届けられてから、印面の下の方に書かれているアラビア語の表記にスペルミスがあることがわかり、急遽、発行が取り止めになり、各地の郵便局に配給されたものは回収されることになりました。バングラデシュの郵政当局は言葉をにごしていますが、スペルミスに加えて、欧米諸国から見るとテロといわれかねない行為を賞賛するようなデザインになっていたことも、彼らが発行を思いとどまる要因だったのかもしれません。

 ところが、一部が回収されずに一般向けに発売されてしまい、このカバーのように郵便にも使われてしまったというわけです。まぁ、特別に高価なものというわけではないのですが、ちょっと捻ったマテリアルですし、なかなか日の目を見させてやる機会もないモノなので、この機会にご紹介してみました。
別窓 | バングラデシュ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/