内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 フィジーにも寄ってきました。
2017-04-06 Thu 00:03
 昨晩(5日)、ガダルカナルでの取材を終え、フィジー・ナンディ経由でメルボルンに戻ってきました。というわけで、ガダルカナルほどではないにせよ、フィジーもやはり滅多に行く場所ではないので、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      フィジー・ナンディ国際空港

 これは、1961年にフィジーで発行されたナンディ空港(現ナンディ国際空港)を描く切手です。ちなみに、トランジットでナンディ市内に出た時に撮影した駐機場の写真(左)と、メルボルン行きの飛行機に搭乗する時に見た空港での夕陽の写真(右)も、貼っておきます。

      ナンディ国際空港・駐機場  ナンディ国際空港・夕陽

 ナンディはフィジー諸島中最大の島、ヴィティ・レヴ島西部の都市で、空港はナンディ市の中心部から8Kmほどの地点にあります。ナンディにヴィティ・レヴ島最大の空港が置かれるようになったのは、ひとえに、島の西部というナンディのロケーションがオーストラリアやニュージーランドとの交通に便利と考えられたためです。

 最初の飛行場は、英植民地当局の出資により、1939年8月からニュージーランドが建設し、1940年3月に運用が開始されました。その後、日本との開戦に備え、米軍はニュージーランドに空港の拡張を養成。これを受けて、1941年11月以降、拡張工事が行われ、日米開戦後の1942年4月までに新滑走路2本の建設を含む工事が完了しました。その費用は、当初見積もりの25万ポンドでも巨額すぎるとして問題になっていましたが、最終的に75万ポンドにまで膨らんでいます。

 日本との戦争が始まると、ナンディの飛行場は米空軍の基地となり、ソロモン諸島フィリピンの日本軍の拠点を攻撃するうえで重要な役割を果たしました。

 大戦後は、1946年12月20日付で空港の管轄権はニュージーランドに移され、1947年以降、ニュージーランド民間航空局が運営していました。1960年代前半には、ニュージーランドのオークランドから北米及び欧州に向かう路線は原則としてすべてナンディ経由です。1970年のフィジー独立に伴い、新生フィジー政府が運営に参加するようになり、1979年以降は、フィジー政府が単独で運営しています。ちなみに、かつての空港は、椰子の木やハイビスカスの木がエプロンの日よけのために植えられており、南国情緒豊かな景観となっていましたが、度重なる空港の拡張に伴い、現在ではそれらは撤去されています。

 全くの余談ですが、空港で出国手続きをした後、免税店街のフードコートを覗いてみると、ニュージーランドで定番のデザートとされているホーキーポーキー・アイスクリームが売られていたので、一つ買ってみました。(下の画像)

      ホーキーポーキー(実物)

 ナンディ空港へのニュージーランドの影響は、こんなところにも残っているということなのかもしれませんね。      

 さて、きょうは午前中のフライトでメルボルンを発ち、夜には成田に到着の予定です。無事に帰国しましたら、すぐにそのまま、平常通りの仕事をするつもりですので、内藤の不在によりご不便・ご迷惑をおかけしている皆様におかれましては、今しばらくお待ちくださいますよう、伏してお願い申し上げます。
 

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | フィジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 フィジーと国連
2016-06-14 Tue 17:09
 国連総会は、きのう(13日)、9月開会の第71回総会の議長選挙(任期1年)を行い、フィジー国連大使のピーター・トムソン氏を選出しました。太平洋の島嶼国代表が国連総会議長に選ばれるのは初めてだそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      フィジー・国軍(1982)

 これは、1982年にフィジーが発行した国軍の活動を紹介する切手のうち、国連平和維持活動(PKO)に従事するフィジー兵を取り上げた1枚です。
 
 フィジーは英国から独立して3日後の1970年10月13日に国連に加盟しましたが、1978年以降、平和維持活動(PKO)に積極的に人員を派遣していることでも知られています。

 現在、フィジー国軍の兵力は3500名(と予備役6000名)ですが、歩兵連隊を構成する第1-3大隊は通常軍、第4-6大隊は地域軍(Territorial Force:48時間以内の動員のため配置)となっており、第1大隊がレバノン、シリア、東ティモールでのPKO活動に従事しており、第2大隊がシナイ半島でのPKO活動に従事しています。なお、第3大隊は首都のスヴァと国内防衛の任に当たっています。

 このうち、シリアでのPKO活動は、1974年にイスラエルとシリアが結んだ停戦合意を監視する“国連兵力引き離し監視隊(United Nations Disengagement Observer Force、UNDOF)”の一部としてゴラン高原に派遣されたものですが、2014年9月、国際テロ組織アルカイダ系のシリア反体制イスラム武装勢力“ヌスラ戦線”がフィジー軍の要員45名を拘束した事件(後に、全員が解放されました)はニュースでも大々的に報じられましたので、ご記憶の方もあるかもしれません。

 ちなみに、国連PKOでは、派遣国が負担した費用は、国連が派遣国に償還することになっています。この国連からの“償還金”は、派遣期間中の人件費(俸給、専門家手当、個人被服等)、装備品(トラック、ブルドーザ等)等に係る費用(の一部)について、国連が定めた基準及び国連と派遣国との間の協定に基づいて計算され、米ドルで派遣国に送金されることになっています。フィジー政府にとって、この償還金は国庫収入の重要な財源となっており、それゆえ、PKO派遣にも熱心に取り組んでいるという事情もあるようです。
 

 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

・イスラムを知る―ISはなぜテロに走るのか
 よみうりカルチャー荻窪 6/26(日) 14:00~15:30
 よみうりカルチャー横浜 7/2(土) 13:00~14:30

・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | フィジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 フィジーに猛烈なサイクロン  
2016-02-21 Sun 18:42
 南半球でこれまでに観測されたサイクロンとしては最大の“ウィンストン”が、きのうからきょうにかけて(20-21日)、フィジーの首都スバのあるビチレブ島を通過。これまでに5人の死亡が確認されたほか、広い範囲で浸水や家屋の倒壊などの被害が出ています。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      フィジー・ハリケーン募金(1972)

 これは、1972年10月のサイクロン・べべ(ハリケーン・べべとも)の被災者を救援するため、同年12月4日、フィジーで発行された寄附金加刷切手です。

 サイクロンとは、本来、台風を含む低気圧を指す一般的な用語ですが、日本語の台風に相当する現象としては、インド洋からオーストラリア、南太平洋にかけて発生するものを指す用語として用いられています。これに対して、ハリケーンは、北部大西洋、東部北太平洋(北半球の西経140度以東)、中部北太平洋(北半球の西経140-180度)および南東太平洋(南半球の東経160度以東)で発生するものを指しています。フィジーは地理的に東経174度と西経178度の間、南緯12度と22度の間に位置していますので、この地域で発生するのは基本的にはサイクロン ですが、この切手が示しているように、べべの場合はハリケーンと呼ばれることも多かったようです。

 さて、べべは、1972年10月16日、南太平洋上の西経172度付近で発生。10月21日から22日にかけて英領ギルバート・エリスを襲ったのち、10月24日にフィジーに上陸。大きな被害をもたらしたのち、10月28日に消滅しました。この間、瞬間最大風速57m、犠牲者総数は24名で、被害総額は2000万ドルでした。

 さて、南半球のサイクロンとしてはこれまで、2002年にソロモン諸島を直撃した“ゾーイ”と2006年にオーストラリアを襲った“モニカ”がともに瞬間最大風速79mで、史上最大の勢力とされていましたが、今回のウィンストンは、ビチレブ島上陸直前の数値で瞬間最大風速81.8mに達しており、史上最大となっています。その後、一部報道では、90mの瞬間最大風速が観測されたと伝えられており、これが事実だとすると、昨年(2015年)10月、観測史上最大の90mを記録したハリケーン“パトリシア”(メキシコ南西部に上陸)に並んだことになります。

 フィジー政府は住民の安全を確保するため、22日朝までの外出を禁止するとともに、今後も土砂崩れなどに警戒するよう呼びかけているほか、バイニマラマ首相が国民に「団結と助け合い」を呼び掛け、今後1カ月間にわたる非常事態を宣言して被害の全容の把握や復旧を急ぐことにしています。 おそらく、今回もべべの先例に倣って、フィジー政府は被災者救済のための寄附金つき切手を発行することになるのでしょうが、一日も早く復旧・復興が進むことを切にお祈りしております。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 3月8日(火)から、毎月第2火曜の19時より、東京・竹橋の毎日文化センターで新講座「宗教で読む国際ニュース」がスタートします。都心で平日夜のコースですので、ぜひ、お勤め帰りに遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | フィジー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 フィジー警察のラッパ手
2006-12-06 Wed 00:54
 南太平洋のフィジーで、5日、バイニマラマ軍司令官がクーデターを宣言し、ガラセ首相を罷免して自宅軟禁する事件が発生しました。

 というわけで、今日はこんな切手を持ってきてみました。(画像はクリックで拡大されます)

フィジーのラッパ手

 これは、フィジーが英領時代だった1954年に発行された1ポンド切手で、警察のラッパ手が描かれています。

 フィジーでは人口の約5割を占めるフィジー系先住民と、英国の植民地時代に入植した約4割のインド系住民が長年にわたって対立しており、2000年には、経済的に優位なインド系住民への先住民側の不満から、フィジー系の武装勢力が国会を占拠してインド系のチョードリー首相らを人質に政権奪取を図る事件も起きています。

 事件後、チョードリーは首相を辞任し、フィジー系のガラセが後継内閣を組織。このガラセが“国民の和解”を名目に国会占拠事件の犯人グループ(フィジー系)に恩赦を与えようとしたことに、バイニマラマ軍司令官は、フィジー系ではあるものの、国会占拠事件を鎮圧した責任者と言うこともあって、ご都合主義的な恩赦の計画に反発。政府は警察を実働部隊として彼らを押さえ込もうとしたものの、かえって、軍がクーデターを起こし、警察は武器を押収されてしまいました。

 ちなみに、今回ご紹介している切手のデザインは“警察のラッパ手”ということになっていますが、ラッパを吹いている人物の風貌や服装などから推測すると、彼はフィジー系の人物と見て間違いなさそうです。

 いずれにせよ、フィジーは観光で飯を食っている国なので、今回のようなクーデター騒ぎがフィジーのイメージを悪化させ、その経済にも深刻なダメージを与えるのは確実です。そうなると、結局、フィジー系・インド系を問わず一般国民にしわ寄せが来るわけですから、一日も早い事態の収拾が望まれるのはいうまでもありません。
別窓 | フィジー | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/