内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 肖像切手なき新大統領就任
2017-05-10 Wed 10:45
 朴槿恵前大統領の失職を受けて、昨日(9日)、投開票が行われた韓国の大統領選挙は、“共に民主党”の文在寅候補が当選しました。通常、韓国では新大統領は当選後2ヶ月ほどの移行期間を経て正式に就任しますが、今回は、大統領不在のため、けさ(10日朝)の選管の当選者決定案の議決と同時に大統領となり、きょう正午ごろ、国会本会議場前のホールで略式の就任式を開き、就任宣誓を行うことが検討されているそうです。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      韓国・第2共和政

 これは、1960年10月1日、いわゆる4・19学生革命で李承晩政権が退陣した後、第2共和政が発足したことを受けて発行された“新政府樹立”の記念切手です。

 1960年3月15日の大統領選挙では現職の李承晩が4選を果たしましたが、李承晩陣営は、選挙当日の未明、投票箱に前もって記名済みの票を入れておいたり、有権者を小人数のグループに分け、組長が組員の記入内容を確認した後、投票箱に入れるようにしたり、さらには、投票箱と投票用紙をすり替えたりするなど、露骨な不正を行いました。

 このため、選挙後、不正選挙を糾弾するデモが相次ぎ発生。特に馬山で行われたデモは激しく、警察の発砲により、8人が死亡し、200人余が負傷しました。さらに、デモに参加した後、行方不明となっていた中学生・金朱烈(当時17歳)が、4月11日になって、馬山の沖合で、目に催涙弾が突き刺さった惨殺体で発見されると、これを機に、李政権に対する国民の不満が爆発。4月19日には、ソウルで大規模な学生デモが発生しました。このときのデモでは、学生と警官隊との衝突で183人が死亡し、6200人が負傷しました。さらなる騒擾状態が続く中で、米国も李承晩不支持を明らかにし、万策尽きた李承晩は退陣を表明してハワイに亡命。また、副大統領に当選したばかりの李起鵬は28日にピストルで自殺しました。

 4月27日の李承晩退陣を受けて、大統領権限代行に就任した許政は、5月1日、学生革命の発端となった3月15日の大統領選挙の選挙が無効であることを確認し、李承晩時代を清算すべく、新たな憲法を制定して議会の選挙を行うため、早速、議会内に憲法改正委員会を組織し、改憲作業に着手します。

 当時の韓国の憲法は、1954年11月の“四捨五入改憲”によって大統領の3選禁止規定が外されるなど、李承晩の長期独裁体制を支える法的な基盤となっていたため、改憲作業は、この点に重点を置き、多様な民意を政治に反映させるため、権力を分散させることに主眼をおいて進められました。

 その結果、1960年6月15日、韓国議会で新憲法案が可決され、即日公布されます。そのポイントとしては、①大統領は元首として儀礼的・形式的な存在、②大統領は国民による直接選挙ではなく、国会議員による間接選挙、③国務委員(閣僚)は総理が任命し、大統領には拒否権なし(内閣責任制)、④民議院と参議院(新設)の2院制導入と議会の立法権限の強化、⑤憲法裁判所の新設、⑥地方自治体首長の選挙制、⑦基本権の保障、などが挙げられます。

 新憲法下での民議院・参議院両院の最初の総選挙は7月29日に実施され、民主党が333議席の7割強を独占して圧勝。李承晩時代の与党・自由党は2議席しかとれず事実上消滅し、左派の社会大衆党が4議席を獲得しました。

 ところで、選挙結果を受けて、民主党内では主導権争いが表面化します。

 もともと、当時の民主党は李承晩3選を阻止するため、民主国民党を中心に野党勢力が大同団結して結成されたものでした。このうち、もともと民主国民党にいたグループの旧派と、そこに後から合流したグループの新派は、李承晩打倒という共通の目標の下に団結していただけなので、李承晩退陣後は、協力関係を維持する理由もなくなっていました。

 こうした中で、8月12日から開催された韓国国会では、旧派の代表であった尹潽善が大統領(第2共和国の憲法では形式的な国家元首)に選出され、第2共和国が正式に発足。これに対して、1週間後の8月19日に議会で行われた首相選挙では、尹大統領の指名した旧派の金度演は3票差で否決され、代わって、新派の張勉(李承晩時代は、野党出身の副大統領として、反李承晩派の総帥のような立場にありました)代表最高委員が国務総理となりました。

 しかし、この結果を不服とする旧派は、張勉内閣への協力を拒否。このため、張勉政権は、当初、新派のみで組閣せざるを得ず、はやくも9月には内閣改造を行って旧派から5名を入閣させて尹らとの妥協を模索するなど、政局は安定しませんでした。

 このように波乱含みで政権をスタートさせた張勉は、9月30日、施政方針演説を行います。その内容は、李承晩時代末期の失政により破綻の危機に瀕していた経済の再建を最優先課題として掲げ、軍隊の10万人削減、国連外交の強化、国連監視下の南北統一選挙、日本との国交正常化促進などを訴えるものでした。また、演説の中には「旧秩序と新秩序が交錯する過程では、ある程度の混乱は免れない」との表現がありましたが、ここには、党内野党のような存在となっていた旧派への牽制の意図が込められていました。

 こうして、第2共和国が波乱含みで動き出したのにあわせて、翌10月1日、今回ご紹介の“新政府樹立”の記念切手が発行されました。

 李承晩政権下では、1948年の初代大統領就任以来、大統領の再選・3選時には、就任式にあわせて李の肖像を描く記念切手が発行されてきました。これに対して、第2共和政の大統領になった尹は「そうした習慣は民主主義国家にそぐわない」として、自らの肖像を入れた新大統領就任の記念切手を発行しないように指示。その結果、第2共和政発足を記念するものとしては、“新政府樹立”の名目の下、こうしたデザインの記念切手が発行されることになりました。

 その後、1961年の“516革命”で権力を掌握した朴正煕は、1963年の大統領就任時に自らの肖像を描く記念切手を発行。以後、韓国では、大統領の再任および新大統領の就任時には、前大統領の朴槿惠まで、肖像切手が発行されるのが慣例となってきました。

 今回、前大統領の失職を言う事態を受けて、当選後ただちに新大統領に就任した文在寅の場合、きょうの大統領就任専制に記念切手が間に合わないのは仕方ないとして、今後、何らかのタイミングを待って肖像切手が発行されるのか、それとも、これを機に、新大統領就任の肖像切手の発行が取りやめになるのか、現時点では明らかにされていません。新大統領の文が、尹潽善以来、自らの肖像切手を発行しなかった2人目の大統領になるのかどうか、今後の状況に注目したいところです。

 なお、歴代の韓国大統領と切手の関係については、拙著『韓国現代史』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。 


 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

スポンサーサイト
別窓 | 韓国:張勉時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 全日展+韓国切手展 開催御礼
2015-07-20 Mon 07:49
      韓国・1961年用年賀

 おかげ様で、<全日本切手展2015>(以下、全日展)および併催の<日韓国交正常化50周年記念・韓国切手展>(以下、韓国切手展)は昨日(19日)16:00、盛況のうちに無事終了いたしました。

  今回の展覧会は、特別展示「郵便創業に関する史料一群」において日本最古の切手貼りカバー(手嶋康さん蔵)が、韓国切手展において朝鮮最古の切手貼りカバー(井上和幸さん蔵)が展示され、一つの会場内に日本と朝鮮半島の最古の切手貼り郵便物を並べることができました。このほか、韓国切手展では、金榮吉さんのコレクション(旧韓国郵便史の珍品として知られる慶興のカバーが含まれています)をはじめ、優れたコレクションが多数並び、朝鮮半島の切手・郵便史の世界において、歴史的なイベントになったのではないかと自負しております。また、競争出品では手彫切手の作品が3点も並ぶなど、近年まれに見るハイレベルな内容で、ご参観者の皆様にもご満足いただけたのではないかと思います。

 これもひとえに、韓国切手展をご助成いただきました公益財団法人・日韓文化交流基金、ご後援を賜りました駐日韓国大使館・韓国文化院、一般財団法人・切手文化博物館、日本郵便切手商協同組合、特定非営利活動法人・日本郵便文化振興機構、ご協力を賜りました公益財団法人・日本郵趣協会、御協賛スポンサーの無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社、えにし書房株式会社、カシオ計算機株式会社、貴重なコレクションを展示したいただきましたご出品者の皆様、ブースをご出店いただきましたディーラーの方々、そして、寄附金を拠出していただきました皆様ほか、大勢の方々のご支援・ご協力のおかげです。

 実行委員長として、この場を借りて厚くお礼申し上げます。 (下の画像は、オープニング・セレモニー終了後の関係者集合写真で、胸章をつけている来賓の方は、左から、韓国郵便葉書会の殷鍾浩副会長、日韓文化交流基金の小野正昭理事長、日韓議員連盟幹事長の河村建夫先生です。)

      全日展2015・集合写真

 なお、本年の成果を踏まえ、来年(2016年)も引き続き全日展を開催すべく、すでに準備を始めております。開催資金の調達や展覧会の基本インフラとしてのフレームの確保など、クリアしなければならない課題は山積しており、今後とも、皆様方にはいろいろとご支援・ご協力をお願いすることになるかと思われますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 * 冒頭の画像は、韓国が発行した1961年用の年賀切手のうち、韓国の伝統的な作法による女性の座礼(ピョンジョル)を取り上げた1枚です。皆様への感謝の気持ちを込めて、取り上げてみました。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 韓国:張勉時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 国連記念墓地
2014-09-23 Tue 23:48
 今日は彼岸の中日。僕は今年も行きそびれてしまいましたが、お墓参りの日です。というわけで、“お墓”の切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      韓国・国連記念墓地

 これは、1960年11月1日に韓国で発行されたUN墓地(国連紀念墓地)の記念切手です。

 朝鮮戦争に際して国連側で参加した将兵や医療関係者のうち、韓国内で亡くなった人々の遺体は、当初、開城、仁川、太田、大邱、密陽、馬山の6箇所の墓地に埋葬されていました。その後、戦争中の1951年、国連軍司令部は、釜山の南区大淵洞のに4万坪の敷地に共同墓地を作ることを決定し、上記6ヵ所から遺体を移動させます。

 休戦後の1955年、国連総会は、朝鮮戦争の戦死者を敬慕するため、上記の場所に正式に国連記念墓地を設立・維持する旨の決議を採択。これを受けて、22カ国1万の遺影が釜山の墓地に安置されることになり、1960年からは国連が正式に管理するようになりました。今回ご紹介の切手は、これにあわせて発行されたもので、世界各国のさまざまな宗派の人が眠る墓地のイメージとして、十字架のみならず、トルコ兵などムスリムの墓所を示す三日月碑やユダヤ教徒の墓所を示すダビデの星の碑などが並ぶ風景が描かれています。
 
 ちなみに、現在の国連記念墓地に安置されているのは、オーストラリアカナダ、オランダなどの11カ国の約2300の遺影のみになっていますが、これは、米国、ベルギータイ、インド、コロンビアなどが、順次、自国の兵士の遺影を引き取っていったためです。

 なお、朝鮮戦争における国連軍参加国それぞれの事情については、拙著『朝鮮戦争』でもいろいろと解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から、毎月1回(原則第1火曜日:10月7日、11月4日、1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・現代コリア事情 時間は13:00-14:30です。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:50-17:00です。

 初回開催は4月1日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 韓国:張勉時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 “4・19”から半世紀
2010-04-19 Mon 12:12
 韓国で李承晩政権を退陣に追い込んだ1960年4月19日の“4月革命(4・19学生革命とも)”から、きょうでちょうど50年です。というわけで、きょうはこの1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      419学生革命1年

 これは、1961年4月19日に韓国で発行された“4月革命1年”の記念切手で、反李承晩のデモを行う学生たちの写真が取り上げられています。

 1950年代も末になると、ドル危機に直面したアメリカは経済援助政策の見直しにより、韓国向けの経済援助を大幅に削減。この結果、韓国経済は苦境に陥りましたが、李承晩政権は何ら有効な対策を講じることができませんでした。

 経済失政に対する国民の不満に対して、李政権は強権支配で乗り切ろうとします。野党・進歩党の指導者で、1960年の大統領選挙の有力候補と目されていた奉岩が、1958年、“アカ”容疑で粛清されたのは、その象徴的な出来事といえましょう。しかし、こうした姿勢は、長期政権につきものの各種の腐敗ともあいまって、国民の不満をいっそう募らせることになり、李政権が末期的な状況に陥っていたことは誰の目にも明らかとなっていました。

 こうした状況の下で、1960年1月、野党・民主党の大統領候補として李承晩の4選を阻止する可能性が大きいと見られていた趙炳玉は、5月に予定されていた選挙を前に、持病の治療のために渡米します。すると、李政権はその留守をねらって、大統領選挙の実施を3月15日に変更。その後、趙は手術の結果が思わしくなく、選挙を1ヵ月後に控えた2月15日に急死してしまいました。

 こうして、大統領選挙での李承晩の4選はほぼ確実になり、焦点は準大統領ともいうべき副大統領に移ります。

 李政権は与党候補の李起鵬の当選を希望んでいましたが、野党候補で現職(当時は、大統領と副大統領を別個に選んでいたため、両者が与野党に分かれることもあり得た)の張勉が優勢と見られていました。このため、政府は露骨な選挙干渉に乗り出し、選挙当日の未明、李起鵬への票を投票箱に前もって入れておくことや、有権者を小人数のグループに分け、組長が組員の記入内容を確認した後、投票箱に入れるようにしたり、投票箱と投票用紙をすり替えたりすることも行われました。

 結局、選挙の結果は、大統領候補としての李承晩が963万票を獲得して当選。副大統領に関しては、李起鵬833万票、張勉184万票と発表されます。

 しかし、選挙結果が発表されるや、あまりにも露骨な不正に対して、国民の間ではこれを糾弾するデモが相次ぎました。特に馬山で行われたデモは激しく、警察の発砲により、8人が死亡し、200人余が負傷しました。さらに、デモに参加した後、行方不明となっていた中学生・金朱烈(当時17歳)が、4月11日になって、馬山の沖合で、目に催涙弾が突き刺さった惨殺体で発見されると、これを機に、李政権に対する国民の不満が爆発。4月19日には、ソウルで大規模な学生デモが発生しました。このときのデモでは、学生と警官隊との衝突で183人が死亡し、6200人が負傷しました。さらなる騒擾状態が続く中で、アメリカも李承晩不支持を明らかにし、万策尽きた李承晩は退陣を表明してハワイに亡命。また、副大統領に当選したばかりの李起鵬は28日にピストルで自殺しました。

 以上が、いわゆる4月革命(4・19学生革命)のあらましです。

 なお、今回ご紹介の切手は革命1周年の1961年4月19日に発行されましたが、その直後の5月16日、朴正煕による軍事クーデターが発生し、“民主化”よりも社会秩序の回復が優先されるようになると、以後、この“革命”をたたえる切手も発行されなくなっていきます。このあたりの事情については、拙著『韓国現代史:切手でたどる60年』でも詳しくまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!

別窓 | 韓国:張勉時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 40万PV
2008-09-25 Thu 12:41
 けさ、カウンターが40万PVを超えました。いつも、遊びに来ていただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。というわけで、今日は額面“40”のこんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)
 
 アイゼンハワー訪韓

 これは、1960年6月のアイゼンハワー訪韓を記念して韓国が発行した40ファンの切手です。

 1960年3月、韓国の李承晩政権による大統領選挙の不正は、国民の自然発生的な抗議行動を招き、その後の4・19学生革命で李承晩政権は崩壊します。

 アメリカにとっては、韓国は冷戦の最前線であり、李承晩の退陣後も、その重要性に変わりはありませんでしたから、非民主的で腐敗の蔓延する李政権に代わって、韓国に民主的で安定した政権が誕生し、西側陣営の一員として応分の負担をしてくれるというのが、理想的なシナリオでした。

 これに対して、北朝鮮は、4・19学生革命を“李承晩徒党のファッショ・テロ統治を撤廃するための英雄的ソウル学生、市民たちの大衆的蜂起”として歓迎する談話を発表するなど、ポスト李承晩体制が固まらないうちに、韓国内の“反帝・反封建民主主義革命”を促し、“平和的統一”のイニシアティブを握ろうとさかんに外交攻勢をかけていました。

 こうした状況の中で、アメリカ大統領のアイゼンハワーが1960年6月に韓国を訪問。今回の訪韓は、李承晩時代に企画されたもので、アメリカとの深い絆を国民に改めて印象づけることを目的としていたものでしたが、李の退陣によって、李承晩という看板がなくなっても、アメリカと韓国の同盟関係は従来どおり維持されることを、あらためて、アピールする意味を持つことになります。

 アイゼンハワーは、朝鮮戦争の終結を公約に大統領に当選し、当選後は直ちに次期大統領として韓国を訪問。1期目の1953年7月には休戦を実現しているほか、ワシントンで米韓相互防衛条約にみずから署名するなど、韓国内では、北朝鮮の脅威から韓国を防衛する上で重要な役割を果たしてきた大統領というイメージが強かったようです。それゆえ、学生革命直後の混乱のなかで、北朝鮮の主張する“平和的統一”に幻惑され、韓国内に反米勢力が形成される懸念が否定しきれない状況の下では、彼の訪韓の政治的な効果に対する韓国政府の期待も大きかったといえましょう。

 もっとも、今回のアイゼンハワーの訪韓は、フィリピン、台湾、沖縄、日本などアジア歴訪の一部として企画されたもので、そのメインは“日米修好100年”の記念行事として企画された訪日でした。このため、訪韓の比重は決して大きくなものとはいえません。ただし、肝心の日本では、日米安全保障条約の改定をめぐる大規模な反対闘争が展開されていたため、アイゼンハワーの訪日は中止に追い込まれてしまったのは、何とも皮肉な話です。

 なお、当時の韓国の状況については、拙著『韓国現代史:切手でたどる60年』でも詳しくご説明しています。また、大統領の座をめぐってアイゼンハワーと戦い、敗れた人物には朝鮮戦争の英雄であったダグラス・マッカーサーもいますが、彼については拙著『大統領になりそこなった男たち』でも1章を設けています。よろしかったら、ぜひ、ご一読いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★     

 アメリカ史に燦然と輝く偉大な「敗者たち」の物語    
  『大統領になりそこなった男たち』 中公新書ラクレ(本体定価760円+税)       
 
 出馬しなかった「合衆国生みの親」、リンカーンに敗れた男、第二次世界大戦の英雄、兄と同じく銃弾に倒れた男……。ひとりのアメリカ大統領が誕生するまでには、落選者の累々たる屍が築かれる。そのなかから、切手に描かれて、アメリカ史の教科書に載るほどの功績をあげた8人を選び、彼らの生涯を追った「偉大な敗者たち」の物語。本書は、敗者の側からみることで、もう一つのアメリカの姿を明らかにした、異色の歴史ノンフィクション。好評発売中!

 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。
別窓 | 韓国:張勉時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/