内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 火山国アイスランド
2010-04-17 Sat 23:29
 14日にアイスランドのエイヤフィヤットラヨークトル氷河の地下で大規模な噴火が発生。火山灰は上空約1万6000mに達して南下し、その影響で、欧州26ヵ国の空港が閉鎖される事態となっています。というわけで、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      アイスランド・国際北極年

 これは、2007年にアイスランドが発行した国際極年(1957-58年には“国際地球観測年”といわれていたヤツですな)の記念切手で、同国の北極圏内にあるグリムスボートン火山の噴火の模様が取り上げられています。グリムスボートン火山は、最近では、1983年と1998年に噴火を起こしていますが、切手の写真では、普段は凍結しているカルデラの南側の部分から噴煙が上がっています。

 アイスランド島は巨大な火山島で、ヘクラ山を含む多くの火山が活動し、多くの間欠泉が見られます。平時には、これが観光資源となっているわけですが、その一方で、火山噴火による深刻な被害が生じることもしばしばあります。その最悪のケースとしては、1783年のラキ火山の噴火が有名で、このときは噴火が原因で農作物の生産が大打撃を受け、人口の4分の1が餓死するほどの飢饉が発生。欧州、アジア、アフリカの上空を数ヶ月間にわたって火山灰が覆っっていました。

 今回は、噴火そのものによる犠牲者は出ていないようですが、今後、氷河が解け洪水が発生する恐れがあるとして周辺約700-800人には避難勧告を出ているそうで、欧州の航空網をマヒさせた火山灰のこととあわせて、あらためて、自然の猛威の前には人間がいかに無力であるか、思い知らされます。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!

スポンサーサイト
別窓 | アイスランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アイスランドは狙い目?
2008-10-25 Sat 11:17
 世界的な金融危機で国家破綻寸前に追い込まれていたアイスランド政府が、国際通貨基金(IMF)から21億ドル(1980億円)の緊急融資を受けることで暫定合意しました。今回の危機でIMFが介入するのは初めてで、IMFが西欧向けに融資を行うのは1976年のイギリス以来だとか。というわけで、今日はアイスランド切手のネタです。(画像はクリックで拡大されます)

 アイスランド1番切手

 これは、1873年1月1日に発行されたアイスランド最初の切手のうち、2スキリング切手です。

 アイスランドが現在の共和国として完全独立を達成したのは、1944年6月のことで、それ以前はデンマーク国王を国家元首とする“アイスランド王国”の支配下にありました。第2次大戦中の独立は、宗主国デンマークがナチス・ドイツに占領されたことを受けて、戦略上の必要からイギリスがアイスランド島に侵攻し、その後、アメリカが同島を統治下においていたという事情のためです。

 アイスランド王国が1918年に発足する以前のアイスランドは、ながらくデンマークの支配下にあり、自治法が制定されたのは、今回ご紹介の切手が発行された翌年の1874年のことでした。
 
 こうした事情もあって、アイスランド最初の切手のデザインは、デンマーク切手とよく似たスタイルとなっており、印刷もコペンハーゲンで行われています。デザイナーはフィル・バッツでした。

 アイスランド切手には、いかにも北欧といった風情の良い感じのデザインのものが多いので、単純素朴に集めてみても楽しめるのではないかと思います。他人の足元を見るようで怒られるかもしれませんが、今回の金融危機でアイスランド通貨は7割も暴落していますから、単純計算すると、いままでレイキャビクあたりの切手商で1枚100円(日本円換算)していた切手が30円、1万円の切手なら3000円という計算になります。10万円くらいのちょっとしたコレクションが3万円というのは、なかなか魅力的で、アイスランド切手集めるなら今がチャンス、ということなのかもしれませんな。

 イベントのご案内

 11月1日(土)-3日(月・祝) 全国切手展<JAPEX>

 ことしも、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館と目白の切手の博物館の2ヶ所で開催します。今年の目玉は、何といっても“満洲・東北切手展”ですが、トーク関係での僕の出番は、以下のとおりです。

 11月1日(土)
  13:00 “満洲・東北切手展”特別シンポジウム(池袋会場)
  16:00 特別対談「満洲における写真、絵葉書、郵趣」(池袋会場)
 11月2日(日)
  13:00 “戦後日本切手展”ギャラリー・トーク(目白会場)
  15:00 中公新書ラクレ presents 『大統領になりそこなった男たち』刊行記念トーク(池袋会場)
 11月3日(月・祝)
  11:00 “戦後日本切手展”ギャラリー・トーク(目白会場)

 トークそのものの参加費は無料ですが、<JAPEX>への入場料として、両会場共通・3日間有効のチケット(500円)が必要となります。あしからずご了承ください。皆様のお越しを心よりお待ち申しております。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★     

 アメリカ史に燦然と輝く偉大な「敗者たち」の物語    
 『大統領になりそこなった男たち』 中公新書ラクレ(本体定価760円+税)
 
 出馬しなかった「合衆国生みの親」、リンカーンに敗れた男、第二次世界大戦の英雄、兄と同じく銃弾に倒れた男……。ひとりのアメリカ大統領が誕生するまでには、落選者の累々たる屍が築かれる。そのなかから、切手に描かれて、アメリカ史の教科書に載るほどの功績をあげた8人を選び、彼らの生涯を追った「偉大な敗者たち」の物語。本書は、敗者の側からみることで、もう一つのアメリカの姿を明らかにした、異色の歴史ノンフィクション。好評発売中!

 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。
別窓 | アイスランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/