内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 辻一弘氏、オスカー受賞
2018-03-06 Tue 12:11
 第90回アカデミー賞授賞式が現地時間3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当した日本人アーティストの辻一弘が、3度目10年ぶりのノミネートにしてメイク・ヘアスタイリング賞を初受賞しました。日本人が同部門を受賞するのはこれが初めてです。というわけで、きょうはチャーチル切手の中からこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・チャーチルC欠け

 これは、1966年1月、英領時代の香港で発行された“チャーチル追悼”の10セント切手の¢の縦棒が突き抜けたノーマルなもの(上)と、突き抜けていないもの(下・下に拡大画像を貼っておきます)のペアです。“チャーチル追悼”は印面変種のヴァラエティがいろいろ楽しめる切手ですが、縦棒が突き抜けていない“¢”は、プレート1Aと呼ばれるシートの最下段左から4枚目の位置に見られる定常変種です。

      香港・チャーチルC欠け(部分)

 さて、第二次大戦中、香港は日本に占領されていましたが、戦後、英領香港の復活に大きな役割を果たしたのがチャーチルでした。

 連合諸国の間で“戦後”についての具体的な議論が本格的に始まるのは、1943年秋のことですが、ルーズベルトが考えていた戦後の東アジア政策の基本構想は、旧帝国主義勢力をアジアから排除し、門戸開放原則を実現してアメリカの経済的影響力を高めていこうとするものでした。その目玉として、彼は、香港の主権を中国に返還させ、その上で香港を国際自由港にすることを案が得ていました。

 1943年11月に行われた米英中のカイロ会談では、中国は正式に四大国の一つとされ“日本によって奪われた全ての地域”が中国に返還されることが約束されましたが、蒋介石との2人だけの会談で、ルーズベルトは、満洲・台湾・澎湖島に加え、旅順・大連の返還を約束。さらに、ルーズベルトは香港が中国に返還されることを希望し、蒋介石は返還後の香港を自由港にすることに同意しています。

 カイロ会談の内容は、続いて開催された米英ソのテヘラン会談でスターリンが原則承認。ただし、この会談では、ドイツ降伏後のソ連の対日参戦の方針が確認されたが、スターリンはその代償として極東に不凍港を獲得したいとの希望を示唆しました。スターリンが要求した“代償”の中身をにらみつつ、チャーチルは、戦後の英領香港復活に向けて布石を打っていきます。戦後、東欧問題をめぐって英ソは激しく対立しますが、中国問題に関しては、英国はソ連を利用することで米国を牽制し、蒋介石をねじ伏せようとしたのです。

 1945年2月、米英ソ三国首脳がクリミア半島のヤルタで会談。この会談では、表向き、ドイツ降伏後の戦後処理問題と国際連合の創設が決定されたが、その裏では、米ソの間で秘密協定が結ばれ、ドイツ降伏後2-3ヵ月後にソ連が対日参戦する代わりに、ソ連に対しては千島・樺太の領有、不凍港としての大連の優先的使用権と海軍基地としての旅順の租借権などが認められています。

 このうち、香港問題と密接にリンクしていたのが大連問題でした。

 すなわち、ルーズベルトは「中国人に代わって発言することはできない」としながらも、基本的にはスターリンの要求を受け入れる姿勢を示し、香港との関係から「国際委員会のある形態の下で大連を自由港とする」ことが望ましいと応じたのです。

 チャーチルは秘密協定を決めた会談に参加できませんでしたが、秘密協定が、米国の基本方針である“アジアからの植民地の一掃”と矛盾することを瞬時に見抜き、香港維持を主張する際の根拠としてこれを最大限に活用しました。

 結局、1945年4月にルーズベルトが任期半ばで亡くなると、後任のトルーマンは香港問題には関心を示さず、問題の解決を当事者である英中両国に委ねます。こうして、中国は香港返還論の後ろ盾を失い、英領香港の復活に向けて事態は大きく前進します。

 もっとも、ヤルタ協定はあくまでも秘密協定でしたから、日本軍の降伏に際して中国が力ずくで香港を回収してしまえば、状況が一変する可能性は少なからず残されていました。

 このため、1945年8月16日、重慶政府は香港の日本軍の降伏を受け入れるとの声明を発表。これに先立つ8月11日、米国は中国に対して、北緯16度線以北の“中国戦区”内の日本軍は中国当局に降伏するようにとの命令を連合国軍最高司令官の名義で出すことを約束していました。ただし、中国は「香港における日本軍の降伏受理は中国戦区の統帥部が行うが、中国政府は香港に対してなんら領土的野心を持っておらず、香港の問題は最終的に外交交渉を通じて解決されるべきである」とイギリスに伝えており、新界の返還問題はとりあえず棚上げにする姿勢を示しています。

 すでに、終戦とともに中国大陸の各地では、日本軍の降伏受理をめぐって、国民党と共産党が激しい主導権争いを演じており、蒋介石としては、とりあえず香港で日本軍の降伏受理を行って、共産党との主導権争いを有利に進めたいとの思惑がありました。来るべき共産党との内戦に備え、共産党が旧日本軍を接収した地域で占領軍として居座るということだけは、何としても阻止したいというのが、彼の本音です。

 一方、蒋介石が共産党による占領の既成事実化を恐れたのと同様に、英国も蒋介石の軍隊が香港に駐留し、それを既成事実として香港に居座ることを恐れていました。すでに1943年の時点で、英国は香港計画局を設立し、戦後の香港統治再開に向けて動き出していましたが、1945年5月には、中国軍の香港進駐を阻止するために香港計画局の軍備化に着手します。

 そして、1945年8月16日、赤柱の収容所で日本の降伏が発表された際、戦前の行政長官だったフランクリン・ギムソンは自分が香港の臨時総督であると宣言。これ受けて、8月20日、英政府は、香港での日本軍の降伏受理は英国が行うことを表明し、中国側との対立姿勢を明らかにしました。

 結局、両者の対立は、中国政府が香港占領のために軍隊を派遣しないという前提の下、英国が投降接受の委託を中国側から受けるという形式を取ることで妥協が成立。8月29日に英軍が進駐し、9月1日、海軍司令官のハートコートがラジオを通じて臨時香港軍政庁の成立を宣言し、英領香港が復活します。

 なお、このあたりの事情については、拙著『香港歴史漫郵記』でもいろいろご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。 


★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史” 次回は8日!★★

 3月8日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第17回(最終回)が放送予定です。今回は、平昌パラリンピックの開幕前日の放送ということで、パラリンピックの切手についてお話する予定です。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。

  
★★★ 世界切手展< THAILAND 2018>作品募集中! ★★★

 本年(2018年)11月28日から12月3日まで、タイ・バンコクのサイアム・パラゴンで世界切手展<THAILAND 2018>が開催される予定です。同展の日本コミッショナーは、不肖・内藤がお引き受けすることになりました。

 現在、出品作品を3月12日(必着)で募集しておりますので、ご興味がおありの方は、ぜひ、こちらをご覧ください。ふるってのご応募を、お待ちしております。


★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

スポンサーサイト
別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 シャンシャンの一般公開始まる
2017-12-20 Wed 11:29
 東京・上野動物園ことし6月に生まれたジャイアントパンダ“シャンシャン(香香、雌)”と母親シンシンの一般公開が、きのう(19日)から始まりました。というわけで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港節(1973)カバー

 これは、1973年11月23日、香港で発行された“香港節”の切手のうち、“香”の字を描く切手を2枚貼り、インド宛に差し出した初日カバーで、余白にパンダのイラストが描かれているので、結果的に“パンダの香香”というルックスになりました。ちなみに、香の字を“シャン(xiāng)”と読むのは北京語で、広東語では“ホェーン(heung1)”となります。

 さて、今回ご紹介の切手の題材となった“香港節”は、1967年、大陸のプロレタリアート文化大革命(文革)の影響を受けて発生した“左派騒乱”で荒廃した人心を慰撫するとともに、人々に“(大陸とは別の)香港人”としての意識を強く持ってもらうことを目的に企画されました。

 第1回の香港節の実施に当たっては、1969年初、黎保德を事務主任とする実行委員会が組織され、同年12月6日から15日にかけて行われ、美人コンテストを含む様々な文化イベントが行われ、参加者は50万人にも上りました。イベントの中には切手展も含まれています。

 この成功を受けて、1971年と1973年にも香港節が行われましたが、徐々に参加者が減少したことに加え、1973年からは香港芸術祭が毎年開催されることになったため、1974年以降は芸術祭が実質的に関連部門を芸術祭に吸収するかたちで、香港節は行われなくなりました。

 記念切手に関しては、1969年の最初の香港節に際しては発行されていませんが、1971年と1973年の香港節にはそれぞれ記念切手が発行されています。ちなみに、今回ご紹介の切手を含む1973年の記念切手は、香港節の“香”、“港”、“節”の文字を一つずつ図案化した3種セットの構成でした。

 なお、英領時代の香港とその歴史については、拙著『香港歴史漫郵記』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。
 

★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史” ★★★

 12月14日(木)に放送の「切手でひも解く世界の歴史」第12回は無事に終了しました。お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。次回の放送は、12月28日(木)16:05~の予定です。引き続き、よろしくお願いいたします。
 
 なお、14日放送分につきましては、21日(木)19:00まで、こちらの“聴き逃し”サービスでお聴きいただけますので、ぜひご利用ください。


★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。


別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 中国茶の日
2017-07-08 Sat 15:52
 きょうは、中国語の七(チー)と日本語の八(や)で“ちゃ(茶)”の語呂合わせとなることから、2007年にNPO法人日本中国茶協会が制定した“中国茶の日”だそうです。ことし(2017年)は、1997年の同協会の創立から20周年、記念日の制定から10周年という節目の年でもありますので、きょうは、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・フラッグスタッフハウス

 これは、1987年4月23日、英領時代の香港で発行された“香港舊日風貌”の切手のうち、現在は“茶具文物館”となっている“フラッグスタッフハウス(英軍総司令官邸)”の建設当初のようすを描いた絵画が取り上げられています。

 南京条約の調印を受けて、英国の香港駐屯軍は、1842年、銅鑼灣西側、湾仔の間の谷地に駐屯地を設けました。しかし、この地はもともと沼地で、マラリアの流行で多くの死者が出たため、1845年までに駐屯軍は現在の金鐘駅の近く、香港公園の場所に移転します。ちなみに、旧駐屯地の跡地は、縁起直しの意味を込めて“ハッピーヴァレー”と改称され、その一部が墓地となったほか、競馬場も設けられました。 

 こうして、1846年、今回ご紹介の切手に描かれた建物が、フラッグスタッフハウスとして完成します。その最初の主は1843-48年に総督代理を務めたジョージ・チャールズ・ダギュラーで、完成後間もないフラッグハウスを描いたブルースの水彩画の画題も“ダギュラー邸”の文言がしっかり入っています。

 1932年、フラッグスタッフハウスは、司令部機能を除いた純然たる住居として三軍司令官邸となり、日本の占領時代には日本海軍の提督が利用したほか、第二次大戦後も1978年まで英香港軍司令官の官邸として用いられていました。

 その後、フラッグスタッフハウスの建物は、老朽化により、司令官の官邸としての役割を終えますが、その白亜の建物はギリシャ復興様式の歴史的建造物として保存され、1984年以降は、旧羅桂祥コレクションを中心に茶具や茶文化の資料を展示する茶具文物館として一般に公開されています。

 さて、7月15-17日(土-月・祝)に東京・錦糸町のすみだ産業会館全日本切手展(全日展)が開催されますが、ことしは、香港“返還”20周年ということで、僕も昨年(2016年)、ニューヨークの世界切手展<NEW YORK 2016>で金賞を受賞した“A History of Hong Kong(香港の歴史)”をチャンピオンクラスに出品します。また、会期中の16日(日)15:00からは、出品者として作品の解説も行いますので、是非、遊びに来てください。
  

 ★★★ 全日本切手展のご案内  ★★★ 

 7月15-17日(土ー月・祝) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにオーストラリア切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである全日本郵趣連合のサイトのほか、全日本切手展のフェイスブック・サイト(どなたでもご覧になれます)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展2017ポスター

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。クリックで拡大してご覧ください。

 ことしは、香港“返還”20周年ということで、内藤も昨年(2016年)、ニューヨークの世界切手展<NEW YORK 2016>で金賞を受賞した“A History of Hong Kong(香港の歴史)”をチャンピオンクラスに出品します。よろしかったら、ぜひ会場にてご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 英領香港の終焉から20年
2017-06-30 Fri 13:56
 1997年6月30日をもって、英領香港の歴史に幕が下りてから、今日でちょうど20年です。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。

      香港・英領香港最終日シート(葉書)

 これは、英領香港最終日の1997年6月30日に発行された切手シートを貼り、オランダ宛に差し出された葉書です。この切手シートに収められている切手は1991年に発行された“香港郵政署150周年”の記念切手の5ドル切手で、英領であることを示す王冠のマークが入っていますので、発行翌日の7月1日以降は郵便には無効となりました。このため、使用可能なのが1997年6月30日の1日しかなく、初日カバー以外の実逓便を探そうとするとそれなりに苦労します。今回ご紹介の葉書は、おそらく、現地に滞在していた外国人が差し出したものだろうと思いますが、欲を言えば、着印が押されるよう、書留にしてくれたらなおよかったですな。

 なお、葉書に押されている最終日の印は英領香港初期の1841-42年に使われた郵便印を模したスタイルになっています。

 葉書に貼られているシートには、中央郵便局の局舎と英領香港切手の変遷がまとめられていますが、左上の緑色の図が、アヘン戦争中の1841年、ヴィクトリアピークの中腹に設けられた最初の局舎です。その後、市街地の開発とともに郵便局も維多利亜の地域に移転し、1846年には畢打街と皇后大道中の交差点に2代目の局舎(シート右上)が設けられました。香港最初の切手が発売されたのは、この局舎の時代です。

 古き良き時代の香港の象徴として有名なエドワード様式の重厚な局舎(シート右下)は3代目で、1911年、2代目の局舎が手狭になったため、旧局舎から100メートルほど北側の海寄りの場所、つまり、西側を畢打街、北側を干諾道中、南側を徳輔道中で囲まれた一角に建てられました。

 現在の中央郵便局(小型シート左下)は、そこからさらに北へ200メートル弱動いた場所、つまり、中環の康樂廣場に面したところにあります。中央郵便局が現在の場所に移ったのは、地下鉄の中環駅を建設するためで、かつての郵便局の跡地には27階建ての環球大廈が実質的な駅ビルのような格好で建っています。

 さて、ことしは香港返還20周年ということで、僕も、7月15-17日(土-月・祝)に東京・錦糸町のすみだ産業会館で開催の全日本切手展に、昨年(2016年)、ニューヨークの世界切手展<NEW YORK 2016>で金賞を受賞した“A History of Hong Kong(香港の歴史)”をチャンピオンクラスに出品します。 ぜひ、当日会場でご覧いただけると幸いです。

 なお、1997年までの香港の歴史については、拙著『香港歴史漫郵記』でもまとめておりますので、こちらも併せてご覧いただけると幸いです。

 * 6月29日(木)に放送の「切手でひも解く世界の歴史」の第5回は無事に終了しました。お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。


 ★★★ 全日本切手展のご案内  ★★★ 

 7月15-17日(土ー月・祝) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにオーストラリア切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである全日本郵趣連合のサイトのほか、全日本切手展のフェイスブック・サイト(どなたでもご覧になれます)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展2017ポスター

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。クリックで拡大してご覧ください。

 ことしは、香港“返還”20周年ということで、内藤も昨年(2016年)、ニューヨークの世界切手展<NEW YORK 2016>で金賞を受賞した“A History of Hong Kong(香港の歴史)”をチャンピオンクラスに出品します。よろしかったら、ぜひ会場にてご覧ください。


 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史”  ★★★ 

  6月29日(木)に放送の「切手でひも解く世界の歴史」の第5回は無事に終了しました。お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。次回の放送は、大相撲があるため、少し間が開いて7月27日(木)16:05~の予定です。引き続き、よろしくお願いいたします。 

 なお、29日放送分につきましては、放送から1週間、こちらの“聴き逃し”サービスでお聴きいただけますので、ぜひご利用ください。

 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手でひも解く世界の歴史(5)
2017-06-29 Thu 07:36
 本日(29日)16:05から、NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第5回が放送される予定です。(番組の詳細はこちらをご覧ください)。今回は、7月1日の香港“返還”20周年にちなんで、こんな話をする予定です。(画像はクリックで拡大されます)

      1994年・香港切手展シート

 これは、1994年に香港で発行された“香港切手展”の切手シートで、当時の香港島・ヴィクトリア湾のウォーターフロントが取り上げられています。

 香港で年々増殖し続けている高層ビル群は経済発展にあわせて無秩序に林立していったようにも見えますが、その背後には、香港の人たちが心の拠り所(の一つ)としている風水が色濃く影を落としています。

 たとえば、今回ご紹介のシートでは、エリザベス女王の切手の左上に1990年に完成した中銀タワー(香港の中国銀行ビル)がそびえたっていますが、当初、この建物を見た香港の風水師は仰天したそうです。というのも、ビルの形状が包丁のように見えるだけでなく、その刃の面が、一方は英総督府の方向に、他方は香港上海銀行(香港金融界の支配者とされる英国系の銀行)の方向に、それぞれ、向けて建てられていたからです。

 はたして、中銀タワーができてから総督府の敷地内の大木が枯れ、当時のウィルソン総督も怪我をしてしまいました。このため、香港社会は、中国政府が返還前に英国の香港支配の拠点に殺気を送るためにこのようなビルを建設したと大騒ぎになり、総督府側もこれを放置できなくなり、総督府構内の中庭の池は四角形から円形に改められ、その側に柳の木を三本植えるという風水上の対抗手段が取られています。

 一方、総督府同様、中銀タワーから刃先を向けられることになった香港上海銀行の新社屋は、中銀タワーに先立ち1986年に完成していましたが、こちらは、1階部分が4本の柱に支えられて空洞になっており、地に足がついていないことから、返還後、銀行の金をイギリスへ持ち出すには最高の風水といわれました。じっさい、香港上海銀行は1990年にロンドンにグループの持株会社、HSBCホールディングスを設立し、その傘下に入っています。

 こうした風水戦争は、その後も続けられ、中銀タワーの殺気をそぐため、中環にはエンターテインメント・ビルが、湾仔にはセントラルプラザ(切手シートでは、資格に囲まれたロゴマークのビルです)が、それぞれ建てられました。この2つのビルは、いずれも、刃物に対抗するためにヤスリの形を意識して造られています。そうした返還直前の香港の町並みは、当時の切手シートにもはっきりと描かれています。

 なお、このあたりの事情については、拙著『香港歴史漫郵記』でもいろいろ解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、こちらも併せてご覧いただけると幸いです。 


 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史”  次回は29日!★★★ 

 6月29日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第5回目が放送予定です。今回は、7月1日の香港“返還”20周年を前に、香港にスポットを当ててお話をする予定です。みなさま、よろしくお願いします。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。

 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 春節深夜の香港で騒乱
2016-02-09 Tue 15:24
 春節のきのう(8日)深夜、香港の繁華街、旺角で香港警察による屋台の取り締まりをきっかけに、これに反発する市民と“本土派(中国大陸から来る中国人を排除して自分たちの“本土”である香港を守ろうと訴えている民主派グループ)”が合流して数百人規模の騒乱が発生。警官隊はデモ隊への催涙ガスに加え、空に向けて2発の威嚇発砲を行いました。香港のデモで警官隊の発砲は極めて異例のことで、9日朝までにデモ参加者ら24人の身柄が拘束され、44人が負傷しました。というわけで、きょうは香港警察がらみでこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・警察ラベルカバー  香港・警察ラベルカバー(裏)

 これは、1967年6月15日、九龍から米国宛の書留便で、香港の警察官を描く“国際観光年”の宣伝ラベルが貼られているのがミソです。ラベルの製作者としては、警察官のラベルによって香港の治安が良いことをアピールしようとしたのでしょうが、このカバーが差し出された時期の香港は、“六七暴動”と呼ばれる大規模な左派騒乱の最中にありましたから、何とも皮肉な組み合わせともいえそうです。

 1966年5月、共産党支配下の中国大陸でプロレタリアート文化大革命(以下、文革)が正式に発動されます。これを受けて、同年9月、文革指導部は華僑への宣伝を担当する“文化宣伝隊”を設立。香港もその工作対象とされました。

 はたして、10月に北京で開かれた国慶節祝賀会には、香港の代表が招待され、他地域の華僑の代表者とともに熱烈な歓迎を受けたほか、11月には香港左派の代表が“孫中山誕生100周年記念式典”に参加し、帰国後、紅衛兵運動を盛んに賞賛するようになります。

 現在の視点から見れば、文革の本質は権力闘争でしかなく、その主張も荒唐無稽なものですが、当時の香港には、大陸から渡ってきた左派の煽動を受け入れるだけの素地があったことも事実です。

 すなわち、1950年代以降、香港経済が目覚しい高度成長を遂げている一方で、それを支えてきた難民労働者は極端な低賃金・長時間労働を強いられているという現実がありました。そうした彼らには、既存の秩序を根本的に否定し、社会の極端な平準化を要求する文革派の主張は、一定の説得力を持って受け止められる面もあったのです。

 こうした状況の下で1967年1月4日、香港における左派系市民の後ろ盾となっていた中国共産党広東省委員会第一書記の陶鋳が失脚します。

 陶鋳は1926年に中国共産党に入党した古参の党員で、中華人共和国の成立後は広東省委第一書記、中央政治局常務委員、書記常務所書記、国務院副総理、中央宣伝部部長などを歴任。中央政治局内では、毛沢東、林彪、周恩来に次ぐ序列第4位の大物でしたが、文革が発動されると、陶鋳は失脚した陸定一に代わって中央宣伝部部長に就任。江青ら文革四人組に対しては批判的な立場をとり、文革の行き過ぎにブレーキをかけようとしていました。このため、紅衛兵によって“中国最大の保皇派”と宣告され、陳伯達、康生、江青等からの批判を受けて事実上失脚したのです。

 “広東王”とも呼ばれ、広東省から香港・マカオにいたるまで強い影響力を持っていた陶鋳が失脚したことで、香港の左派系市民は、陶鋳の目指していた穏健路線を放棄し、急進路線をとらざるを得なくなります。もちろん、極左路線の信奉者は、この事態を歓迎しました。

 かくして、1967年早々から、海運会社やタクシー会社、繊維工場やセメント工場などで労働争議が頻発。社会的な緊張が高まり、同年4月に入ると、啓徳空港の北側、新蒲崗のホンコンフラワーの工場でも文革派の煽動によってストライキが発生しました。

 ストライキに突入したホンコンフラワーの工場では、文革派の煽動もあって、労働者たちが毛沢東語録を振りかざして工場を取り囲み、工場は操業停止に追い込まれました。そこで、5月6日、商品を運び出そうとする経営側が労働側と衝突すると、警官隊が労働側を強制排除。労働側に多数の負傷者が出たほか、24名が逮捕される騒ぎとなりました。

 この事件に対して、親大陸系の左派市民は労働者を支持し、大規模な反英デモを行います。デモ隊は、これまた毛沢東語録を振りかざし、香港総督官邸の周囲には抗議の大字報(壁新聞)が貼りだされるなど、大陸の紅衛兵運動と全く同じパターンが展開され、背後にいかなる勢力があるのか、誰の目にも明らかとなりました。

 さらに、5月12日には、“香港・九龍各業種労働者迫害反対闘争委員会”が成立し、香港政庁に弾圧停止・逮捕者釈放・当局の謝罪などの四項目の要求を突きつけます。15日には英国を非難し、闘争委員会とほぼ同内容の五項目を要求する中国外交部の声明も発表されました。

 これに対して、英当局は5月22日から反撃に出て、香港政庁によるデモ隊鎮圧によって166名が逮捕され、多くの死傷者が発生。さらに、翌23日、香港政庁はデモの許可制・総督への請願の郵送制・大字報の禁止などを定めた緊急法令を発し、断固として暴動を鎮圧する姿勢を示しました。さらに、26日にはシンガポールから英海軍の空母が来航し、大規模な軍事演習も行われ、暴動に参加していた左派市民を威嚇しています。

 もっとも、共産党系労組の幹部や一部の極左教員(教員の中に極端な左翼思想に走る者が一定の割合で発生するのはどこの国でも一緒のようですな)こそ英国の香港支配を転覆しようと本気で考えていた節があったものの、暴動に参加していた左派市民たちの多くは、あまりにも拡大した社会的な不平等への不満をぶつけているだけで、体制そのものを転覆しようとは考えていっませんでした。

 じっさい、暴動で一番激しい攻撃を受けたのは、今回ご紹介のラベルに描かれているような中国系の警察官でした。彼らには「お前たちも中国人じゃないのか」と罵声が浴びせられ、塩酸や尿の入ったガラス瓶または火炎瓶を投げつけられたほか、警官隊に向けられたアジ演説のスピーカーは「英国人はそう長くはここに留まっていられないだろう。彼らが本国に帰るとき、お前たちを連れて帰ってくれるとでも思っているのか」とがなっていました。

 一方、北京政府は「英帝国主義の挑発に断固反対する」との声明を発していましたが、本音では、香港の“現状維持”を放棄するメリットは何もないことを十分に承知していました。もちろん、江青らは香港奪還を主張したものの、それが毛沢東の支持を得ることはなく、中国は英国が中国に敵対する政策を取らず、軍事的に利用しない(中国は米軍が香港に寄港することを恐れていました)方針を堅持していることを確認すると、それ以上、香港に対して干渉することはなくなります。

 かくして、香港の左派系市民は中国からも見捨てられ、“左派騒乱”と呼ばれた暴動は八月には実質的に終息。裏切られた革命の後遺症として、香港左派の地下党員の士気は沈滞し、中国系の国貨公司や中国系商店の売上げも激減することになりました。

 なお、このあたりの事情については、拙著『香港歴史漫郵記』でも詳しく取り上げておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 3月8日(火)から、毎月第2火曜の19時より、東京・竹橋の毎日文化センターで新講座「宗教で読む国際ニュース」がスタートします。都心で平日夜のコースですので、ぜひ、お勤め帰りに遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 きょうからJTPC展です
2016-01-17 Sun 02:37
 きょう(17日)午後1時から、東京・目白の切手の博物館で第7回テーマティク出品者の会(JTPC:Japan Thematic Philatelists Club)の切手展がスタートします。今回は、花卉園芸を題材とした作品を御出品の嘉ノ海暁子さんの御尽力で、きょうと19日(火)の2日間、下のデザインのような小型印が使用されます。(以下、画像はクリックで拡大されます)

      JTPC切手展・小型印(2016)

 JTPCは、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争切手展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。今回の展覧会は、昨年に続き7回目の開催で、本日午後3時頃からは、展示作品の解説も行います。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。(詳細はこちらをご覧ください)

 さて、今回のJTPC展には、僕も、昨年(2015年)11月に香港で開催された<HONG KONG 2015>に出品した“A History of Hong Kong”を展示しているのですが、その作品の中で、園芸品種の花に関連するマテリアルとして、以下のようなものも含まれています。

       文革・スローガンカバー(香港→台山)  

 これは、1966年9月19日、香港から中国・広東省の台山宛のカバーで、中国側に到着後、毛沢東(主義)をたたえるスローガンの印が押されています。このスローガン印の左側に、白抜きの“忠”の字のあるハートの下に、ヒマワリの花がデザインされているのがミソです。(下に、そのスローガン印の部分をトリミングして貼っておきます)

       文革スローガン・部分(香港→台山)

 中国大陸では、1958年の大躍進政策が惨憺たる失敗に終わり、その責任を取って毛沢東は国家主席を退き、劉少奇・鄧小平らによって経済再建が図られていました。しかし、これを社会主義建設の後退として巻き返しを狙う毛は、1966年5月、プロレタリアート文化大革命(以下、文革)を発動。同年8月10日には、文革についての初めての系統的な正式文書である「プロレタリアート文化大革命についての決定(通称:16ヶ条)」が採択され、さらに、9月には華僑への宣伝を担当する“文化宣伝隊”を設立されて、香港もその工作対象とされることになりました。

 このあたりの事情については、拙著『香港歴史漫郵記』でも詳しくご説明しておりますが、今日から開催のJTPC展に出品している僕の作品でも、文革が香港にもたらした影響についても2リーフ分のスペースを割いており、今回ご紹介のカバーのほかにも、いろいろと興味深いマテリアルの実物を展示しておりますので、ぜひご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 展示イベントのご案内 ★★★

 第7回テーマティク出品者の会切手展 1月17-20日(日ー水。ただし、18日は休館)
 於・切手の博物館(東京・目白)

 テーマティク出品者の会は、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。僕も、昨年の香港展に出品した香港の歴史のコレクションを展示します。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。(詳細はこちらをご覧ください)

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 国際民間航空デー
2015-12-07 Mon 21:43
 きょう(7日)は、1944年に国際民間航空機関(ICAO)の設立を定めた「国際民間航空条約」の署名が行われたことを記念した国際民間航空デーです。というわけで、最近入手したばかりのエアメールの中から、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・クラッシュカバー(1966)

 これは、1966年3月4日、東京国際空港(羽田空港)への着陸直前に墜落したカナダ太平洋航空402便のダグラスDC-8-43機に搭載されていた郵便物です。

 事故当時、カナダ太平洋航空402便は、香港・啓徳空港→東京・羽田空港→ヴァンクーヴァー(カナダ)→メキシコシティ→とブエノスアイレス(アルゼンチン)の環太平洋航空路線として、週2便、運航されていました。

 事故機は、1966年3月2日15時14分(現地時間)に啓徳空港を離陸後、日本時間の19時8分に羽田への着陸へ向け降下を開始しました。しかし、当日、日本各地は濃霧に覆われており、陸海空の交通機関が麻痺に陥っており、402便も空中待機の後、19時42分、15分以内に天候回復しない場合、台北(台北松山空港)に着陸することを決定しています。

 その後、視界が回復したため、管制は羽田への着陸を促したものの、その途中で天候は再び悪化。402便は台北への代替着陸を決定しましたが、20時5分、視界が再び回復したことを受けて、管制は402便に対して再度、滑走路への進入を認めました。このため、402便は着陸態勢に入りましたが、着陸直前になって管制官の指示よりも高度が下がり、20時15分、右主脚が進入灯に接触。以後、次々に破壊しながら進行して護岸に衝突し、大破し炎上しました。この事故で運航乗務員3名、客室乗務員7名、乗客62名の合わせて72名のうち、乗務員全員と乗客54名の合わせて64名(うち日本人5名)が死亡し、乗客8名が救出されました。なお、この事故では、機体は尾翼を残して全焼しており、犠牲者の多くは事故の衝撃ではなく火災に巻き込まれて亡くなったと見られています。

 今回ご紹介のカバーは英領時代の香港で1966年1月に発行されたチャーチル追悼の切手を貼ってカナダ・モントリオール宛に差し出されたもので、裏面には香港の機械印が薄く押されていますが、切手には消印がかかっていないのが残念なところです。

 カバーは、羽田での墜落・炎上事故によって周囲が焼け焦げた状態で回収され、“Damaged in Air Crash/ At Tokyo 1”の印を押し、配達時には、郵便物はこの状態でカナダに到着したことなどを説明するカナダ郵政の手紙をつけて名宛人に届けられました。その手紙の画像をしたい貼っておきます。

      香港・クラッシュカバー(事情説明)

 焼け焦げカバーの常として、このカバーも周囲が非常にもろくなっているので、とりあえず、オークションでの落札時に入っていたプラスチックのケースからは取り出さずにスキャンを取ってみましたが、左上の“BY AIR MAIL”の部分などは、すでにカバー本体から離れてしまっており、今後、展覧会の出品などで長時間フレームの中に入れておいたりすると、さらに周囲の一部が崩れてきたりする可能性もありそうです。この手のカバーをコレクションに入れている方も少なくないと思うのですが、保存や展示についてのノウハウで、何か良いお知恵がありましたら、ぜひ、ご教示いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 QEII、在位記録を更新
2015-09-10 Thu 22:22
 英国のエリザベス女王は、きのう(9日)、在位63年216日を数え、大英帝国繁栄の象徴である高祖母のヴィクトリア女王を抜き、在位期間が歴代最長の英国君主となりました。というわけで、両女王が同時に描かれている切手として、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・QV像角ヴァラエティ

 これは、1962年に英領香港で発行された香港切手発行100年の記念切手の10セント切手で、ヴィクトリア・パークのヴィクトリア女王像と、エリザベス女王の肖像が並べて描かれています。この切手は、シートの3番切手(最上段の左から3番目の切手)に有名な定常変種として“角”の字に点がついたものがありますので、今回は、そのポジションがわかるようなブロックを持ってきました。ちなみに、カタログの図版から起こしたヴァラエティ部分の拡大図を下に貼っておきます。 

      角の字ヴァラエティ

 切手に取り上げられたヴィクトリア女王像は、もともとは、1897年、女王の即位60周年を記念して、英本国のピムリコで制作され、現在のスタテュー・スクエア(皇后像廣場。この銅像を置くための広場として作られたので、この名があります)に設置されました。1941年末に始まる日本占領時代には鋳つぶして軍事資材とするため、占領当局によって接収されて、広場から外されましたが、実際に鋳つぶす前に終戦となったため、銅像は香港政府に返還され、修復されました。

 現在、この像が置かれているヴィクトリア公園の場所は、第二次大戦以前は、銅鑼湾避風塘として、嵐などの際に船ごと逃げ込む避難所がありましたが、1950年代になって埋め立てられた後、1954年8月以降、修復された女王像を設置するための公園として整備が進められ、1957年10月に完成しました。香港の中心部にあるだけでなく、19ヘクタールもの敷地を有していることから、今回のデモに限らず、政治的な集会の出発点等でしばしば利用されています。

 さて、今年11月に香港で開催予定のアジア国際切手展<HONG KONG 2015>ですが、コミッショナーだった山田廉一さんが事情によりコミッショナーの業務を行うことができなくなったため、アシスタント・コミッショナーの井上和幸さんがコミッショナーとなり、僕がアシスタントとしてお手伝いすることになりました。今後、同展に関して、ご出品者の皆様をはじめ、皆様にいろいろお世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


* きのう、アクセスカウンターが156万PVを超えました。いつも閲覧していただいている皆様には、あらためてお礼申し上げます。

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 端午節
2015-06-20 Sat 23:11
 きょう(20日)は、旧暦5月5日の“端午節”です。というわけで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      英領香港・端午節(1985)

 これは、1985年6月19日、英領時代の香港が発行した“端午節”の小型シートで、ドラゴン・ボートが取り上げられています。シート余白の龍頭が印象的で、以前、拙著『香港歴史漫郵記』の表紙カバーにもトリミングして使ったことがあります。

 さて、中華世界では旧暦5月5日の端午節にはドラゴンボートの競漕行事(祭事)が行われますが、これは、端午節に入水自殺した屈原を助けようとした漁民がドラゴンボートを使ったという伝承があるためです。

 屈原は中国・戦国時代の楚の政治家で、当時の強国であった秦の脅威に対して、秦以外の諸国が同盟して対抗しようとする合縦派の大物として活躍していました。しかし、秦との同盟を主張する連衡派の策略で失脚。600里の地を割譲するとの秦の甘言に惑わされた楚王が斉との連合を破棄すると、秦は、前言を翻して、楚への割譲は6里のみと主張。怒った懐王は、紀元前313年、大軍をもって秦を攻撃したものの、惨敗を喫してしまいました。

 その後も、屈原は政治家として復権を果したものの、楚の王はまたも秦の甘言に惑わされ、その死後、秦の侵攻を受けます。その報に接した屈原は、祖国の前途に絶望し、汨羅(湖南省北東の川)に身を投げて自殺しました。

 さて、香港と言えば、今年11月に香港で開催されるアジア国際切手展<HONG KONG 2015>に、僕も、昨年ソウルで開催された<PHILAKOREA 2014>に出品した作品、A History of Hong Kong を出品することになりました。もちろん、昨年の作品をそのまま出品するわけではなく、大幅に手を入れる予定です。その過程で、面白いモノがありましたら、このブログでもいろいろご紹介したいと思っておりますので、よろしくお付き合いください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ | NEXT
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/