内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 アレクサンドロフ・アンサンブル
2016-12-26 Mon 10:03
 昨日(25日)、ロシア南部のソチからシリアのラタキア近郊のロシア空軍基地に向かっていたロシア軍所属のTu154型旅客機が、黒海に墜落。ロシア軍所属の合唱団、アレクサンドロフ・アンサンブルのメンバー60人、報道関係者9人を含む乗客84人と乗員8人の計92人全員の生存は絶望視されています。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ソ連・アレクサンドロフ生誕100年

 これは、1983年3月22日、ソ連が発行した“アレクサンドル・ワシーリエヴィチ・アレクサンドロフ生誕100周年”の記念切手で、彼の作曲したソ連国歌の楽譜を背景に、アレクサンドロフの肖像が描かれています。

 アレクサンドロフは、1883年4月13日、モスクワ近郊のプラヒノで生まれました。幼少期から抜群の歌唱力で知られ、サンクトぺテルブルク・カザン聖堂の合唱団に入り、サンクトぺテルブルクとモスクワで作曲を学んだ後、1918年に音楽教授となりました。

 1928年、労農赤軍に属する合唱団・演奏団(アンサンブル)を創設し、同団の指揮者に就任。1936年に彼が作曲した「ボリシェヴィキ党歌』は、1944年以降、歌詞を変更してソ連国歌となり、そのメロディは2001年に制定された現在のロシア国家にも継承されています。

 アレクサンドロフ自身は、1946年、巡業先のベルリンで亡くなりましたが、その死後、彼の創設したアンサンブルは、その功績をたたえて“赤旗勲章二重受章 А.V.アレクサンドロフ記念アカデミー ロシア軍歌と踊りのアンサンブル(通称・アレクサンドロフ・アンサンブル)”と改称され、息子のボリス・アレクサンドロヴィチ・アレクサンドロフが後任の指揮者となりました。

 アレクサンドロフ・アンサンブルは、1928年の創立以来、現在にいたるまで、ソ連・ロシア時代を通じて、名実ともに、いわゆる赤軍合唱団(旧赤軍・旧ソビエト連邦軍・現ロシア連邦軍・ロシア内務省国内軍など、ソ連・ロシアの軍隊・準軍事組織等に属する合唱団の総称)の最高峰として君臨し続け、世界的にも高い評価を受けてきました。

 今回、アレクサンドロフ・アンサンブルは、ラタキア近郊のロシア軍基地での新年コンサートに参加するための移動中、搭乗機が墜落したとのことで、一部報道によると、シリア政権軍が制圧を宣言したばかりのアレッポで記念演奏会を行う予定もあったとか。今回の墜落ではアンサンブルのメンバーの大半が失われたとみられており、単なる墜落事故の枠を超えて、ロシア国内に与えた衝撃の大きさは想像に余りあるものがあります。プーチン大統領も事態を重視し、事故調査のための特別委員会を設置するようメドベージェフ首相に指示したほか、きょう(26日)を“服喪の日”とする考えを示したそうです。

 謹んで、亡くなられた皆様の御冥福を心よりお祈りいたします。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | ソ連:アンドロポフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 「仮面舞踏会」の生みの親
2008-12-14 Sun 15:36
 昨日(13日)、韓国の高陽で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは、ショートプログラム(SP)で2位だった浅田真央が逆転優勝を飾りました。というわけで、きょうはこの1枚をもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 ハチャトゥリアン

 これは、昨日の浅田の演技で使われた楽曲「仮面舞踏会」の作者・アラム・ハチャトゥリアンの没後5周年にソ連(当時)で発行された切手です。

 ハチャトゥリアンは、1903年5月24日(グレゴリオ暦では6月6日)、アルメニア人製本工の息子として、グルジアのトビリシに生まれました。 カフカス地方で民族音楽に親しみながら育ち、ロシア革命後の1921年、大学入学のためモスクワに向かう途中でに演奏会に出たのがきっかけで音楽の才能を認められ、音楽の勉強を正式に始めたという伝説が残っています。

 1934年にモスクワ音楽院を卒業後、1936年に 「ピアノ協奏曲 変ニ長調」で名声を博しましたが、スターリン時代後期の1948年、「形式主義的退廃音楽家」との烙印を押され、一時は不遇の時代を過ごしました。

 スターリン死後の1956年、母校・グネーシン音楽学校とモスクワ音楽院で教授に就任して復活を果たし(完全な名誉回復は1959年)、以後、ソ連を代表する作曲家・指揮者として、ロコフィエフ、ショスタコーヴィチと共にソヴィエト3巨匠の一人と称され、1978年に亡くなりました。

 「仮面舞踏会」は、もともとは、ロシアの文豪、ミハイル・レールモントフの戯曲『仮面舞踏会』の劇音として1940年に作られたもので、もともとは14曲構成でした。1943年、ハチャトゥリアンはそのうちの5曲(ワルツ、ノクターン、マズルカ、ロマンス、ギャロップ)を選んで『組曲』に再編成しましたが、浅田が演技に用いたのは、そのうちのワルツです。

 レールモントフの物語は、19世紀のロシアの貴族社会を舞台としたもので、主人公のアルベーニンはかつては凄腕の賭博師でしたが、現在では妻のニーナと平穏な生活を送っていました。ある日、2人が久しぶりに賭博場へ行くと、負けが込んで全財産を失う寸前の若い公爵がいたため、同情したアルベーニンは代わりに博打を打ってやり、公爵の失った財産をとりもどしてやります。
 
 後日、アルベーニンとニーナは仮面舞踏会へ行き、ニーナはブレスレッドをなくしてしまいます。一方、公爵はある男爵未亡人を口説いていましたが、その気がなかった未亡人は拾ったブレスレッド(ニーナが落としたもの)を公爵に与えて逃げていきます。ブレスレッドを受け取った公爵は、自分が口説いた女からの贈り物をアルベーニンに見せて自慢しますが、アルベーニンは、そのブレスレッドがニーナのものと気づき、公爵と妻の不貞を疑います。

 嫉妬に狂ったアルベーニンは、妻の殺害を決意。彼女を再び仮面舞踏会に連れて行き、毒入りのアイスクリームをニーナに与えました。ニーナがアイスクリームの毒で苦しみ始めると、アルベーニンは彼女と侯爵との関係を詰問。ニーナは苦しみながらも疑惑を否定し、身の潔白を訴えて死んで行きます。

 ところが、かつて賭博でアルベーニンに負けて破産した男が、アルベーニンがアイスクリームに毒を盛るところを目撃していて、「お前が妻を殺したのだ」とアルベーニンを責めます。さらに、公爵と男爵未亡人が現れ、ブレスレッドの一件の真相を告白。無実の妻を疑い、殺害してしまったアルベーニンは罪悪感から発狂してしまいますが、かつて彼に負けて破産した男は偶然にも復讐に成功することになる…。

 物語のストーリーを要約すると以上のようになりますが、浅田の演技に使われたワルツは、ニーナが夫からの毒入りアイスクリームを食べた最後の仮面舞踏会の時の舞曲で、彼女が帰宅後、舞踏会の余韻に浸り回想する場面のために作曲されたものだそうです。ということは、演技後半の激しい回転は、毒がまわってのたうちまわっている断末魔の場面ということなんでしょうか。もっとも、あれだけ激しい演技を続けていれば、毒がまわっていなくたって、苦しいんだろうなぁ、と素人ながらに考えてしまう内藤でした。

 *昨日のお昼頃、カウンターが44万PVを越えました。いつも遊びに来てくださっている皆様には、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 誰もが知ってる“お年玉”切手の誰も知らない人間ドラマ !
 年末年始は、こたつとミカンにこの1冊

 年賀切手   『年賀切手』   日本郵趣出版 本体定価 2500円(税込)       
 
 年賀状の末等賞品、年賀お年玉小型シートは、誰もが一度は手に取ったことがある切手。郷土玩具でおなじみの図案を見れば、切手が発行された年の出来事が懐かしく思い出される。今年は戦後の年賀切手発行60年。還暦を迎えた国民的切手をめぐる波乱万丈のモノ語り。戦後記念切手の“読む事典”<解説・戦後記念切手>シリーズの別冊として好評発売中!
 
 * 内容の一部は、このブログの年賀カテゴリーでもご覧になれます。

 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。
別窓 | ソ連:アンドロポフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/