内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 切手で訪ねるふるさとの旅:北海道
2016-11-27 Sun 15:08
 ご報告がすっかり遅くなりましたが、『(郵便局を旅する地域活性マガジン)散歩人』第33号(不定期刊)ができあがりました。同誌に掲載の僕の連載「切手で訪ねるふるさとの旅」では、今回は“異文化との出会いを感じる港町・函館”というメインの特集に合わせて、道南を中心とした北海道を取り上げました。そのなかから、きょうはこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      大沼国定公園

 これは、1961年9月15日に発行された大沼国定公園の切手です。

 渡島半島南部、函館市の北方16kmの地点にある大沼国定公園は、駒ヶ岳とその火山活動によってできた大沼、小沼、蓴菜沼からなる国定公園です。この一帯は、江戸時代から、箱館(現函館)と小樽を結ぶ交通の要衝でしたが、明治維新後の1872年に札幌本道が開通すると宮崎重兵衛が旅館を開業し、外国人を含む観光客が訪れるようになりました。今回ご紹介の切手では、大沼から見た駒ケ岳が描かれています。

 さて、 今回の記事では、今回の記事でご紹介の大沼国定公園のほか、五稜郭、ハリストス教会、函館本線森町のするめいか、函館の八幡坂、北海道100年記念塔の切手を取り上げました。掲載誌の『散歩人』は各地の郵便局などで入手が可能ですので、御近所でお見かけになりましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 阿蘇山が36年ぶり爆発的噴火 
2016-10-08 Sat 10:36
 きょう(8日)午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生しました。阿蘇山で爆発的噴火が発生したのは1980年1月以来36年ぶりのことですが、今年4月の大地震との関係は現在のところ不明だそうです。周辺の皆様は、お気を付けください。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      阿蘇・中岳火口(1939)

 これは、1939年8月15日に発行された阿蘇国立公園の切手のうち、中岳頂上付近から見た噴火口を取り上げた10銭切手です。

 切手の元になった写真は、1938年12月1日に逓信省の鈴木登良吉が撮影しました。鈴木は、1938年11月から12月にかけて、大山瀬戸内海国立公園および阿蘇国立公園の切手の原画となる写真を撮影するために現地を訪れていますが、今回ご紹介の切手に使われた写真は、その中で最も撮影日が遅いものです。ちなみに、阿蘇国立公園の切手は、当初、1939年8月10日の発行予定でしたが、印刷中にグラヴィア印刷機が故障したため、実際の発行日は8月15日に延期されています。

 阿蘇山は、世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持ち、“火の国”熊本県の象徴的な存在です。切手に取り上げられた中岳は、カルデラ内部にある阿蘇五岳のうち、中央部に位置する噴火口のある山で、標高1,506メートル。今回の噴火に見られるように、現在でも火山活動が続いています。

 この記事を書いている時点では、けが人などは確認されていないようですが、気象庁の斎藤誠火山課長によると、「阿蘇山は不安定な状態で、今後も同規模の噴火が起こり得る。風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石や火山ガスにも注意してほしい」と呼びかけています。このまま大事に至らず、噴火が収束することをお祈りしております。


★★★ 講座のご案内 ★★★

 11月17日(木) 10:30-12:00、東京・竹橋の毎日文化センターにてユダヤとアメリカと題する一日講座を行います。詳細は講座名をクリックしてご覧ください。ぜひ、よろしくお願いします。 

 * 11日の講座の予約受付は終了いたしました。  


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 “世紀の植物”開花
2016-07-08 Fri 10:29
 開花まで数十年を要するため、“世紀の植物”とよばれているリュウゼツランが、きのう(7日)、宮崎県庁で黄色い花をつけたそうです。というわけで、宮崎県のリュウゼツランということで、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      日南海岸国定公園

 これは、1964年2月20日に発行された日南海岸国定公園の切手で、堀切峠からの“鬼の洗濯岩”とリュウゼツランが描かれています。

 日南海岸国定公園は宮崎県南部から鹿児島県志布志湾西岸の肝属川河口までの海岸線を包括した国定公園で、切手に描かれている堀切峠は、眼下に日向灘と青島の“鬼の洗濯板 (波状岩) ”を望む景勝地です。“鬼の洗濯岩”は、中新世後期(約700万年前)に海中で出来た水成岩(固い砂岩と軟らかい泥岩が繰り返し積み重なった地層)が隆起し、長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになったもので、青島から南の巾着島までの約8キロの海岸線に見られます。1955年の国定公園指定より早く、1934年に天然記念物に指定されました。

 一方、リュウゼツランはメキシコ原産の大形常緑多年草で、葉の長さは1-2メートル。多肉で緑で、先端にとげがあります。数十年に一度、4-8メートルの巨大な花茎を出し、多数の淡黄色の花を付けますが、結実したあと枯死します。葉の繊維で網などを作るほか、メキシコの伝統的な蒸留酒、テキーラの原料としても知られています。

 ちなみに、今回開花した宮崎県庁のリュウゼツランは8月下旬ごろまで見ることができるそうです。せっかくの機会ですから、県庁前の広場に、宮崎の地鶏を焼いてテキーラを飲ませる屋台を出たら、観光客も集まるんじゃないでしょうかねぇ。いずれにせよ、“世紀の植物”の開花が、熊本地震以来落ち込んでいる九州7県の観光復興の一つのきっかけになってくれるといいですね。

 
 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 下記の通り、各地のよみうりカルチャーで公開講座を行います。ぜひ、ご参加ください。

 ・切手でたどる東京五輪とその時代
 よみうりカルチャー荻窪 7/9(土) 13:00~14:30

 詳細につきましては、それぞれの会場・時間をクリックしてご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 全日本切手展のご案内 ★★★

 7月22-24日(金ー日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにオリンピックとブラジル切手展が開催されます。詳細は、主催団体の一つである日本郵趣連合のサイト(左側の“公式ブログ”をクリックしてください)のほか、フェイスブックのイベントページにて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展2016チラシ

 *画像は全日展実行委員会が制作したチラシです。クリックで拡大してご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『ペニー・ブラック物語』  好評発売中! ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手で訪ねるふるさとの旅:長崎・佐賀・福岡
2016-06-07 Tue 20:35
 ご報告がすっかり遅くなりましたが、『(郵便局を旅する地域活性マガジン)散歩人』第32号(不定期刊)ができあがりました。同誌に掲載の僕の連載「切手で訪ねるふるさとの旅」では、今回は“異国との交流、古代ロマンへの誘い 対馬~壱岐~北九州”というメインの特集に合わせて、ゆかりの各県から一つずつ題材を選ぶという構成ですが、そのなかから、きょうはこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      壱岐対馬国定公園

 これは、1970年2月25日に発行された“壱岐対馬国定公園”の切手です。

 壱岐対馬国定公園は、長崎県北西部の壱岐および対馬の海岸部を中心とした国定公園で、ツシマテン、ツシマヤマネコなど大陸性の固有種が多く棲息するほか、元寇の防塁跡や原の辻遺跡、金田城跡など歴史的な遺産も多いことで知られています。切手は、浅茅湾と対州島を背景に、豆酘地区の女性を描くものですが、豆酘には、年老いた母親を残して采女として朝廷に出仕することを拒み、自害した鶴王を祀った美女塚があります。

 さて、今回の記事では、壱岐対馬国定公園のほか、伊万里・有田焼、長崎街道、旧グラバー住宅、唐津くんち、佐世保の願掛け牛、そして吉野ヶ里遺跡の切手を取り上げました。掲載誌の『散歩人』は各地の郵便局などで入手が可能ですので、御近所でお見かけになりましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。

 
 ★★★ アジア国際切手展<CHINA 2016>作品募集中! ★★★

 本年(2016年)12月2-6日、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市の南寧国際会展中心において、アジア国際切手展<CHINA 2016>(以下、南寧展)が開催されます。同展の日本コミッショナーは、不詳・内藤がお引き受けすることになりました。

 現在、出品作品を6月12日(必着)で募集しておりますので、ご興味がおありの方は、ぜひ、こちらをご覧ください。ふるってのご応募を、待ちしております。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 きょうから伊勢志摩サミット
2016-05-26 Thu 11:43
 G7サミット=主要7か国の首脳会議“伊勢志摩サミット”が、きょう・あす(26・27日)、三重県志摩市の賢島で行われています。G7首脳が日本に集結するのは、2008年の北海道洞爺湖サミット以来、8年ぶりです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      伊勢志摩国立公園・宇治橋

 これは、1964年3月15日に発行された“伊勢志摩国立公園”の切手のうち、宇治橋を取り上げた5円切手です。

 宇治橋は伊勢の神宮の内宮の参道口にある長さ101.8m、幅8.42mの木造の和橋で、橋の両側に神明鳥居があります。厳密には、宇治橋を渡った先は神域ではなく神苑とされていますが、一般には神域と扱われていることから、宇治橋は“俗界と聖界の境にある橋”として内宮のシンボルになっています。

 神宮の内宮が創建された当時、内宮前の五十鈴川には橋はかかっておらず、人々は浅瀬に石を並べ渡っていたと考えらています。内宮前の橋についての最古の記録は、建久年間(1190-98)に書かれた『皇太神宮年中行事』の津長神社(現・内宮摂社)での“橋”ですが、初期の頃の橋は増水などによりしばしば流されており、安定的な橋がかけられるようになったのは15世紀後半のこととされています。

 明治以降は神宮式年遷宮にあわせて架け替えられていました。ところが、終戦直後の1949年に予定されていた第59回遷宮が4年遅れの1953年に行われることになった際、宇治橋だけは当初の予定通り1949年に架け替えられたことから、以後、橋の架け替えは式年遷宮の4年前に行われることになりました。なお、今回ご紹介の切手は、1964年の発行ですので、1949年に架け替えられた橋ということになります。

 橋の両側の鳥居は遅くとも室町時代後期には設置されており、式年遷宮に合わせて、20年ごとに、外側(西)の鳥居は外宮正殿の棟持柱の古材から、内側(東)は内宮正殿の棟持柱の古材から作られています。さらに、建て替え後の旧鳥居は、外の鳥居は三重県桑名市桑名宿の七里の渡しで、内の鳥居は鈴鹿峠の麓にある三重県亀山市関町関宿の関の東の追分で、それぞれ神宮遙拝用の鳥居に20年間使用され、さらにその後も日本各地の神社で鳥居や部材として再利用されています。

 さて、今回のサミットでは、安倍首相が宇治橋のたもとで各国の首脳らを出迎えた後、首脳らはそろって伊勢神宮の境内を散策し、記念の植樹を行いました。今回の各国首脳の伊勢神宮訪問については、正式な“参拝”にすると政教分離原則に抵触する可能性があるため、各国首脳全員が内宮の御垣内に行き、自由に散策する(希望すれば拝礼も可。ただし、二拝二拍手一拝の正式な作法は求めない)ということで決着したそうです。まぁ、理屈の上ではたしかにそうなんでしょうが、伊勢神宮が日本人にとって心の故郷ともいうべき聖域であることには変わりがないわけで、そうした聖なる空間の雰囲気だけでも感じとってもらうことは、各国首脳の日本理解を深めるうえで、決して意味のないことではないと僕は思いたいですね。

 
 ★★★ アジア国際切手展<CHINA 2016>作品募集中! ★★★

 本年(2016年)12月2-6日、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市の南寧国際会展中心において、アジア国際切手展<CHINA 2016>(以下、南寧展)が開催されます。同展の日本コミッショナーは、不詳・内藤がお引き受けすることになりました。

 現在、出品作品を6月12日(必着)で募集しておりますので、ご興味がおありの方は、ぜひ、こちらをご覧ください。ふるってのご応募を、待ちしております。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手歳時記:五月の夫婦岩
2016-05-21 Sat 10:26
 ご報告が遅くなりましたが、公益財団法人・通信文化協会の雑誌『通信文化』2016年5月号ができあがりました。今回は来週開幕の伊勢志摩サミットに合わせて、僕の連載「切手歳時記」も、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      二見浦(国立公園)

 これは、1953年10月2日に発行された伊勢志摩国立公園の切手のうち、二見浦の夫婦岩を取り上げた1枚です。

  二見浦の夫婦岩に架かっている大注連縄は1本35mのものが5本あって、男岩(立石)に16m、女岩(根尻岩)に10m張られており、その間は9メートルあります。

 架けられている場所が場所だけに、神社の軒先などにかかっているものと比べると傷みが激しいためか、夫婦岩の注連縄は年に3回、5月5日と9月5日、それから12月中旬の土曜日に張替の神事が行われます。

 夫婦岩から朝日が覗く風景は初日の出のイメージで新年のカレンダーに使われることもありますが、実際に、そうした景色が拝めるのは夏至の前後2ヶ月間、つまりは4月下旬から8月下旬までです。したがって、昭和12(1937)年用の年賀切手に描かれている夫婦岩にも、正月の風景としては太陽が描かれていません。

 なお、夫婦岩を描く切手としては、件の年賀切手のほかに、今回ご紹介の1枚があるのですが、こちらの方が画面も大きく構図に迫力があるので、僕としては、夫婦岩の切手を1枚選ぶなら、迷わずこちらを推しますね。

 神域と俗界を隔てる注連縄が夫婦岩に架けられているのは、ここから700mの沖合の海中に、二見興玉神社の御神体、猿田彦大神ゆかりの霊石、“興玉神石”があって、夫婦岩から先は神域にあたるとされているためです。

 『古事記』によれば、天照大神の命を受けた瓊瓊杵尊が三種の神器とともに天から下った際、天と地の境にあたる“天の八衢”にいた猿田彦は、途中の邪を祓いながら、瓊瓊杵尊を地上に導きました。興玉神石は、このとき、猿田彦が降り立った場所とも、猿田彦の化身ともいわれています。

 その後、垂仁天皇(在位:西暦前29-後70年)の御世に、皇女倭姫命は天照皇大神の神霊を奉戴して二見浦に船を停め、猿田彦ゆかりの興玉神石を拝礼するための場所として、夫婦岩に注連縄を張り拝所を設けたとされています。さらに、天平年間(729-49年)、行基がこの地にやってきて興玉神社を創建しますが、この時代には、干潮時には興玉神石の岩頭が海面から姿を現していました。現在のように、興玉神石が完全に海中に水没してしまうのは、1854年の安政大地震以降のことです。

 この興玉神社と、宇迦御魂大神(伏見稲荷大社の主祭神。いわゆる“お稲荷さん”)を祀る三宮神社が、1910年に合祀され、現在の二見興玉神社が誕生しました。なお、1918年の台風で女岩は根元から折れ、その後修復されたので、以前とは、若干、姿が異なっています。

 5月5日に注連縄の張り替えに続いて、5月下旬(ことしは21日。つまり今日です!)には、藻刈神事が行われます。

 この神事は、神職らが榊や幟を立てた船に乗り、興玉神石の付近で三周した後、海中にお神酒や神饌をささげて、興玉神石からアマモを刈り取るもので、下船後、アマモは神前に供えられた後、境内で天日干しにして、祓いの具やお守りとして用いる無垢塩草となります。その工程には約1ヵ月かかるので、ちょうど、夏至の頃にできあがるという勘定です。

 二見浦では、毎年夏至の日には、白装束に身を包んだ300人近くの善男善女が、天照大神を迎えるために、祝詞を唱え気合いを入れつつ海に入り、朝日に向かって国歌を斉唱する夏至祭りが行われますが、その年の無垢塩草を使った新しいお守りも、これにあわせて配られるということなのでしょう。

 
 ★★★ アジア国際切手展<CHINA 2016>作品募集中! ★★★

 本年(2016年)12月2-6日、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市の南寧国際会展中心において、アジア国際切手展<CHINA 2016>(以下、南寧展)が開催されます。同展の日本コミッショナーは、不詳・内藤がお引き受けすることになりました。

 現在、出品作品を6月12日(必着)で募集しておりますので、ご興味がおありの方は、ぜひ、こちらをご覧ください。ふるってのご応募を、待ちしております。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 続・熊本で大地震
2016-04-16 Sat 19:15
 おととい(14日)から、熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいます。おとといの地震は“前震”で、きょう(16日)午前1時25分に発生したマグニチュード7.3の地震が本震と見られており、その後も、震度6強などの強い地震が断続的に発生し、震源は大分県にも拡大。一連の地震での死者は、この記事を書いている時点で計25人になりました。あらためて、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      阿蘇・城山からの阿蘇五岳

 これは、1965年6月15日に発行された阿蘇国立公園の切手のうち、“城山からの阿蘇五岳”を取り上げた10円切手です。

 ここでいう“城山”とは、大分県湯布院の水分峠から阿蘇の一宮町を結ぶやまなみハイウェイ(県道11号)沿いの、阿蘇市からハイウェイに入ってすぐのところにある城山展望所のことです。展望所は標高748m の地点にあり、、眼下に一の宮町の町並みと、正面(南西方向)に阿蘇五岳が見えます。

 切手の画像を拡大していただくと、画面の手前にはハイウェイを走るバスが、奥の方に中岳から上がる噴煙が見えます。また、きょうの本震で、楼門(国の重要文化財)や拝殿が全壊した阿蘇神社は、地図を見ると、ハイウェイと阿蘇五岳の間の平地の手前の方に位置しているのですが、切手の印面では確認できません。

 さて、気象庁によると、今夜から明日(17日)朝にかけて、地震で大きな被害が出ている熊本県など九州北部で強風を伴った強い雨(局地的に1時間に50mm 以上)が予想されており、土砂災害への警戒を呼びかけているとのこと。ともかくも、これ以上、被害が拡大しないことを祈るばかりです。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 鞆の浦景観訴訟終結
2016-02-15 Mon 15:58
 広島県福山市の景勝地、鞆の浦の埋め立てと架橋建設計画をめぐる訴訟の控訴審口頭弁論が、きょう(15日)、広島高裁で行われ、反対派住民らが訴えを取り下げました。すでに、架橋計画の撤回を表明していた広島県も、これを受けて、免許申請を取り下げる見通しで、鞆の浦の埋め立て計画は正式に中止となりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      鞆の浦

 これは、1939年4月20日に発行された「大山・瀬戸内海国立公園」の切手のうち、鞆の浦を取り上げた20銭切手です。

 大山国立公園と瀬戸内国立公園は、もともとは全く別の国立公園ですが、1936年2月1日に指定された大山国立公園は大山を中心に地域が限られたものであったため、単独で4種類のセットとして発行することが難しかったため、近隣の瀬戸内国立公園との組み合わせで4種セット(うち、大山国立公園は1種のみ)で発行されました。

 瀬戸内国立公園は、1934年3月16日、雲仙国立公園(現・雲仙天草国立公園)、霧島国立公園(現・霧島錦江湾国立公園)とともに、日本初の国立公園として指定されました。当初の区域は、小豆島の寒霞渓、香川県の屋島、岡山県の鷲羽山、広島県の鞆の浦・沼隈町周辺の備讃瀬戸を中心とした一帯に限られていましたが、その後、区域が拡張され、現在の区域は和歌山市から北九州市にまで及ぶ広大なものとなっています。

 切手に取り上げられた鞆の浦は、瀬戸内海のほぼ中央に位置し、平安時代から港町があったとされています。瀬戸内海の海流は、ほぼ中央に位置する鞆の浦沖を境に東西に干潮時と満潮時で潮流が逆転するため、かつて、瀬戸内海を横断しようとする人は鞆の浦で潮流が変わるのを待たなければなりませんでした。このため、鞆の浦は“潮待ちの港”として古くから知られ、万葉集にも「海人小船帆かも張れると見るまでに鞆の浦回に浪立てり見ゆ」の歌が収められているほか、円形の港湾を含む歴史的建築物が数多く残されています。今回ご紹介の切手は、1938年11月9日の午後、逓信省のスタッフであった鈴木登良吉が、鞆町から仙酔島を望む風景を撮影した写真が原画となっています。
 
 さて、広島県は1983年、交通混雑の解消などを目的に、江戸期の港湾施設の常夜灯などが残る“鞆港”の浜を約2ヘクタール埋め立て、港内を横断する長さ約180メートルの橋を架けるとともに、駐車場やフェリーの埠頭を造るとの計画を策定。これに対して、2007年、住民らが「景観が大きく損なわれる」として提訴し、2009年には一審・広島地裁が「鞆の浦の景観は住民の利益だけではなく、瀬戸内海の美観を構成し、文化的・歴史的価値を持つ『国民の財産というべき公益』」として、埋め立て免許を交付しないよう広島県知事に命じる住民側勝訴の判決を下しました。

 これに対して、判決後に就任した湯崎英彦知事は、2012年6月に計画の撤回を表明したものの、こんどは、福山市や推進派の住民からは反発の声が上がり、免許の申請は取り下げられないまま、控訴審の広島高裁は2015年5月、住民側の訴えと県側の免許申請を双方同時に取り下げることによる訴訟の終結案を提案。今回、計画の正式な中止になったというわけです。

 
 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 3月8日(火)から、毎月第2火曜の19時より、東京・竹橋の毎日文化センターで新講座「宗教で読む国際ニュース」がスタートします。都心で平日夜のコースですので、ぜひ、お勤め帰りに遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 八甲田山の切手
2014-11-18 Tue 16:37
 戦後日本を代表する映画俳優で文化勲章受章者の高倉健さんが、今月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で亡くなっていたことが発表されました。享年83歳。というわけで、今日はこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      八甲田連邦

 これは、1951年7月20日、「十和田国立公園」の1枚として発行された“八甲田連邦”の24円切手です。

 八甲田山は青森市の南側にそびえる複数火山の総称で、名前は、八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があることに由来しています。したがって、“八甲田山”という名前の単独の山はありません。

 周辺一帯は豪雪地帯で、1902年には陸軍第八師団の歩兵第五連隊がロシアとの戦闘を想定した雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が亡くなった“八甲田雪中行軍遭難事件”の現場となりました。この事件を題材に、新田次郎は小説『八甲田山死の彷徨』を執筆。新田の小説を原作として、高倉さんの主演で制作され、1977年に公開されたのが映画『八甲田山』です。この映画と『幸福の黄色いハンカチ』の2作品により、高倉さんは、第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝いており、その意味では、数ある高倉さんの映画の中でも特筆すべき一本と言ってよいでしょう。

 ちなみに、映画『八甲田山』の撮影中、高倉さん演じる第一大隊第二中隊長・徳島大尉が部下とともに吹雪の中で立ち往生してしまうシーンの撮影で、現場に行くまでに俳優やスタッフが残した足跡が雪の上に残っているのはおかしいということで、一行は雪山で4時間、足跡が消えるのを待ったのだそうです。昭和の映画スターの作品にかける執念が伝わってくるようなエピソードで、思わず背筋を伸ばしてしまいますね。謹んでご冥福をお祈りします。


 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 毎週水曜日、インターネット放送・チャンネルくららにて、内藤がレギュラー出演する番組「切手で辿る韓国現代史」が配信されています。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は1月6日(都合により、12月はお休みをいただきます)で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 阿蘇が世界ジオパークに
2014-09-24 Wed 12:54
 世界遺産の地質版とされる自然公園・世界ジオパークに、きのう(23日)、熊本県の“阿蘇”が認定されました。国内では、洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、室戸隠岐諸島に続いて7例目です。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      阿蘇中岳

 これは、1965年6月15日に発行された阿蘇国立公園の切手のうち、中岳の噴火口を取り上げた5円切手です。

 阿蘇山は、世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持ち、“火の国”熊本県の象徴的な存在です。切手に取り上げられた中岳は、カルデラ内部にある阿蘇五岳のうち、中央部に位置する噴火口のある山で、標高1,506メートル。現在でも火山活動が続いており、活動が活発化したり、有毒ガスが発生した場合は火口付近の立入りが規制されます。

 熊本には何年か前に1度だけ行ったことがあるのですが、残念ながら、その時は熊本市内しか行けず、阿蘇山に行って切手のような光景を拝むことはできませんでした。それにしても、日本で新たな世界遺産や世界ジオパークが認定されるたびに、関係の切手などをチェックしているのですが、実はほとんど行ったことのない場所ばかりです。日本人として日本の良さを再認識するためにも、時間を見つけて、少しは国内旅行もまじめにやらないといけませんね。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から、毎月1回(原則第1火曜日:10月7日、11月4日、1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・現代コリア事情 時間は13:00-14:30です。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:50-17:00です。

 初回開催は4月1日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ | NEXT
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/