内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 切手でひも解く世界の歴史(4)
2017-06-15 Thu 08:05
 本日(15日)16:05から、NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第4回目が放送される予定です。(番組の詳細はこちらをご覧ください)。今回は、先日開幕したアスタナ万博にちなんで、こんな話をする予定です。(画像はクリックで拡大されます)

      カザフスタン・ナザルバエフ(2016)

 これは、2016年にカザフスタンで発行されたヌルスタン・ナザルバエフ大統領の切手シートで、シートの余白には黒川紀章のマスタープランに沿って建設が進む首都アスタナの景観が取り上げられています。その右下には、新首都のシンボルとして建設された塔“バイテレク(カザフ語で、遊牧民の伝説に登場する正名の木とされる「ポプラ」を意味します)”が見えますが、その高さ105mの展望台上るためのエレベーターは日本製です。 
 
 さて、切手に取り上げられたナザルバエフ大統領は、1940年7月6日生まれの現在76歳。1979年、ソ連時代のカザフ共産党中央委員会書記となり、1980年代、ペレストロイカを推進したゴルバチョフ政権下で中央アジアの代表として台頭しました。 1989年、カザフ共産党中央委員会第一書記に就任し、翌1990年4月にはカザフ・ソビエト共和国大統領に就任します。

 ソ連末期の1991年12月8日、ロシアのボリス・エリツィン大統領、ウクライナのレオニード・クラフチュク大統領、ベラルーシのスタニスラフ・シュシケビッチ最高会議議長がベラルーシのベロヴェーシの森で会談し、これら3国のソ連からの離脱とEUと同レベルの国家の共同体の創設が宣言されます。これを受けて、カザフスタンも12月16日に独立を宣言。12月21日には、カザフスタンの当時の首都、アルマ・アタでソ連を構成していた共和国の首脳が会談し、独立国家共同体(CIS)の創設が決定されました。これが、いわゆるアルマ・アタ協定です。

 こうして、ソ連が完全にその存在意義を失ったことを受け、12月25日、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領が辞職し、ソ連は消滅します。したがって、しばしば、カザフスタンはソ連崩壊後独立したと言われますが、実際には、カザフスタンなどが独立したことでソ連が崩壊したというのが正確なところです。

 カザフスタンの独立とともに、ナザルバエフは新国家の大統領に横滑りし、その後も、大統領として当選を重ねます。そして、2007年5月18日、カザフスタン議会はナザルバエフを終身大統領とする決議案を圧倒的賛成多数で可決しました。同日採択された憲法改正案で大統領任期を7年から5年に削減し3選は禁止するとの規定がありましたが、ナザルバエフは“独立国家カザフの創始者”として、その例外とされています。

 その後、2010年、大統領の任期を2020年まで延長するための国民投票実施を求める署名運動が行われ、カザフスタン議会も国民投票を可能にする憲法改正案を可決。実は、その背景には、ナザルバエフには反対しないが、重要な事柄について国民投票を可能にしてほしいとの暗黙の民主化要求があったのですが、大統領側はこれを逆手に取って任期延長提案を拒否。2011年に大統領選挙を行い、得票率95.5%で4選を果たしています。ちなみに、この時の大統領選挙の立候補者はナザルバエフ以外に3人いましたが、3人ともナザルバエフの2020年までの任期延長に賛成しており、そのうちの1人はナザルバエフに投票したそうです。

 こうしたこともあって、ナザルバエフ政権に対しては独裁批判も強いのですが、その一方で、ナザルバエフは「安定と経済発展」のスローガンの下、カザフスタン=中国石油パイプラインを建設するなど、潤沢な天然資源を積極的に輸出して急激な経済成長を実現。国民の生活水準は中央アジア随一となっています。

 日本との関係では、2008年に来日時して当時の福田康夫首相と会談し、原子力の平和的利用などエネルギー分野での二国間協力協定に調印したほか、2016年には核軍縮への取り組みが評価され、日本政府の招待を受けて、カザフスタンの大統領として初めて(といっても、歴史上、カザフスタンの大統領は彼しかいないのですが)広島・長崎を訪問。旧ソ連時代、セミパラチンスク核実験場で行われた核実験で延べ120万人が被曝し、現在なお健康被害に苦しんでいることを踏まえ、「日本とカザフスタンは核兵器の大被害を受けた意味では運命が似ている。」と記しています。


 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史” 次回 は15日! ★★★ 

 6月15日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第4回目が放送予定です。今回は、6月10日に開幕したばかりのアスタナ万博にちなんで、開催国のカザフスタンにスポットを当ててお話をする予定です。みなさま、よろしくお願いします。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。

 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

スポンサーサイト
別窓 | カザフスタン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アスタナ万博開幕
2017-06-10 Sat 09:30
 カザフスタンの首都アスタナで、「未来のエネルギー」をテーマにしたアスタナ国際博覧会(アスタナ万博)が、きょう(10日)から始まります。というわけで、今日はストレートにこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      アスタナ万博

 これは、ことし3月14日にカザフスタンが発行した50テンゲの普通切手で、アスタナ万博のロゴとスローガンが大きくデザインされています。カザフスタンは今年3月に新デザインの普通切手7種を発行していますが、そのうちの4種が、今回ご紹介した切手と同じデザインで、万博の宣伝を兼ねたものとなっています。

 1991年にカザフスタンが独立した時の首都はアルマ・アタ(のちカザフ語のアルマトイに改称)でしたが、1994年、同国北部のアクモラを新首都とすることが決定されます。

 ちなみに、アクモラが新首都に選ばれた理由としては、アルマトイが中国との国境に近すぎること、活断層があり地震多発地帯であること、地形的に更なる発展が困難だったこと、などが挙げられています。またアスタナが位置するカザフスタン北部にはロシア人が多かったため、遷都によって北部にもカザフ人の割合を増やし、将来的な分離独立問題を抑え込む意味もあったといわれています。

 新首都に選ばれたアクモラは、ソ連時代にはツェリノグラードと呼ばれていた都市で、独立後、カザフ語で“聖地”を意味するアクモラと改称されました。さらに、1997年に実際に遷都が行われると、翌1998年、カザフ語で“偉大な都市”を意味するアスタナと改称され、現在に至っています。

 さて、独立後のカザフスタンは、石油や天然ガス、鉱物資源など豊富な資源を背景に目覚ましい経済発展を遂げましたが、新首都の建設には、その成果を世界にアピールする意図も込められていました。そこで、1998年、カザフスタン政府は新首都建設のマスタープランとデザインに関する国際コンペを実施。参加した27チームの中から黒川紀章の都市計画案が1位になりました。

 アスタナの首都建設事業は、2030年までに100万都市とすることを目指して、現在も段階的に建設が進められていますが、今回の万博開催もその一環として企画されたものです。
 
 なお、アスタナ万博の会期は9月10日までの3ヶ月間の予定で、わが国を含む100カ国余りの再生可能エネルギー分野の国際組織・大手企業が出展。きのう(9日)おこなわれたオープニング・セレモニーには中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領も出席し、開催国のナザルバーエフ大統領は開会の辞で「将来的に、効率的で安全なエネルギーが次々と発明されるだろう。今回の国際博覧会がこうした発展に貢献することを確信している」と述べ、万博開催の意義を強調したそうです。

 
 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史” 次回 は15日! ★★★ 

 6月15日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第4回目が放送予定です。今回は、6月10日に開幕したばかりのアスタナ万博にちなんで、開催国のカザフスタンにスポットを当ててお話をする予定です。みなさま、よろしくお願いします。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。

 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

別窓 | カザフスタン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 カザフの大トラ
2014-01-08 Wed 23:34
 大相撲初のカザフスタン出身力士で西幕下18枚目の風冨山泰雅が、今月3日、酒に酔って飲食店の門松を壊したとして、器物損壊の疑いで現行犯逮捕されていたことが、昨日(7日)、明らかになりました。まさか、日本名が“泰雅”だけに大トラになったというわけではないのでしょうが・・・。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       カザフスタン1998年用年賀

 これは、カザフスタンで発行された1998年用の年賀切手で、十二支の円の中に、干支の虎が大きく描かれています。

 現在のカザフスタン国家が独立したのは1991年12月のことで、さすがに、1992年用の年賀切手は発行できなかったものの、1993年からは毎年、春節(旧正月)に合わせて年賀切手を発行しています。同国の多数派を占めるカザフ人は、基本的に、太陽暦の新年を祝い、春節を祝うわけではありませんので、春節の切手を発行するということは、国境を接する中国ないしは(国内の)中国系の人々を意識してのことと考えるのが妥当でしょう。

 旧ソ連時代は中ソ関係が緊張していたこともあって、ソ連の構成国であるカザフスタンと中国との国境の往来は厳しく制限されていましたが、1992年、新生カザフスタン国家は対中関係を好転させるため、中国との間にビザ免除協定を調印します。この背景には、ソ連解体により、モスクワからの自立せざるを得なくなったカザフスタンにとって、同国の重要な水瓶であるバルハシ湖の水源が中国領内にある以上、水資源を確保するためには、良好な対中関係を維持しなければならないという事情がありました。

 以後、毎日150-200人の中国人(中華人民共和国のパスポートを有する人)がカザフスタンに入国するようになりました。この時点では、カザフスタンに移住するというよりも、欧州へ出稼ぎに行くための経由地としてカザフスタンに入国する中国人が圧倒的多数だったといわれています。

 さらに、1995年、カザフスタンは中国の主張にほぼ沿ったかたちで国境画定条約を結ぶとともに、善隣友好関係を確認する共同声明を発表。これに伴い、カザフスタンとの国境に配置されていた人民解放軍の多くが新疆南部のタジキスタンおよびアフガニスタンとの国境に移動し、両国間の移動の制限は大幅に緩和されました。以後、カザフスタン領内への中国人の流入は激増し、2000年までに30万人を越えています。その後も、カザフスタン国内の資源を求めて中国資本がカザフスタンに流入すると、カザフスタン国内に居住する中国人ないしは中国系住民の数は増加し、その経済的・社会的影響力は拡大していきました。

 こうした“中国”のプレゼンスのゆえに、カザフスタンでは、毎年、春節にあわせた年賀切手を発行しているわけですが、このほかにも、国内における中国系住民の社会的影響力が無視できなくなったがゆえに、年賀切手を発行するようになった国というのは欧米でも少なからずあります。いずれ、それらをまとめて、1冊の書籍を作ってみたいと思うのですが、さて、企画を拾ってくれる版元さんはありませんかねぇ。


 ★★★ 展示イベントのご案内 ★★★

 第5回テーマティク出品者の会 1月17-19日(金ー日)
 於・切手の博物館(東京・目白)

 テーマティク出品者の会は、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。僕も、昨年のバンコク展に出品した朝鮮戦争のコレクションを展示します。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。(詳細はこちらをご覧ください)


 ★★★ トーク・イベントのご案内 ★★★

 2014年1月2日より、東京・両国の江戸東京博物館で大浮世絵展がスタートしますが、会期中の1月24日13:30より、博物館内にて「切手と浮世絵」と題するトーク・イベントをやります。

 参加費用は展覧会の入場料込で2100円で、お申し込みは、よみうりカルチャー荻窪(電話03-3392-8891)までお願いいたします。展覧会では、切手になった浮世絵の実物も多数展示されていますので、ぜひ遊びに来てください。

 なお、下の画像は、展覧会と僕のトーク・イベントについての2013年12月24日付『讀賣新聞』の記事です。

大浮世絵展・紹介記事


 ★★★  絵葉書と切手でたどる世界遺産歴史散歩  ★★★

 2014年1月11日・18日・2月8日のそれぞれ13:00-15:00、文京学院大学生涯学習センター(東京都文京区)で、「絵葉書と切手でたどる世界遺産歴史散歩」と題する講座をやります。(1月18日は、切手の博物館で開催のミニペックスの解説)

 新たに富士山が登録されて注目を集めるユネスコの世界遺産。 いずれも一度は訪れたい魅力的な場所ばかりですが、実際に旅するのは容易ではありません。そこで、「小さな外交官」とも呼ばれる切手や絵葉書に取り上げられた風景や文化遺産の100年前、50年前の姿と、講師自身が撮影した最近の様子を見比べながら、ちょっと変わった歴史散歩を楽しんでみませんか? 講座を受けるだけで、世界旅行の気分を満喫できることをお約束します。

 詳細はこちら。皆様の御参加を、心よりお待ちしております。


 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。次回開催は1月7日(原則第1火曜日)で、以後、2月4日と3月4日に開催の予定です。時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | カザフスタン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 カザフスタン20年
2011-12-16 Fri 23:06
 ソ連末期の1991年12月16日にカザフスタンが独立して、きょうでちょうど20年です。というわけで、きょうはこんなものを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        カザフスタン・混貼カバー

 これは、1993年4月12日、カザフスタンのアルマ・アタから差し出されたカバーで、旧ソ連時代の切手つき封筒に、ソ連切手にカザフスタンの国名を加刷した暫定切手と、カザフスタンの正刷切手が同時に貼られています。

 消印のアルマ・アタはカザフ・ソヴィエト社会主義共和国時代の首都で、独立時の首都です。ただし、“アルマ・アタ”はロシア語の呼称であるため、独立後の1993年にカザフ語の“アルマトイ”と改称されましたから、このカバーも、アルマ・アタ表示の消印としては末期の使用例ということになります。

 カザフスタンの独立に先立つ1991年12月8日、ロシアのボリス・エリツィン大統領、ウクライナのレオニード・クラフチュク大統領、ベラルーシのスタニスラフ・シュシケビッチ最高会議議長がベラルーシのベロヴェーシの森で会談し、これら3国のソ連からの離脱とEUと同レベルの国家の共同体の創設が宣言されます。これを受けて、12月21日、アルマ・アタでソ連を構成していた共和国の首脳が会談し、独立国家共同体(CIS)の創設が決定されました。これが、いわゆるアルマ・アタ協定です。

 こうして、ソ連が完全にその存在意義を失ったことを受け、12月25日、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領が辞職し、ソ連は消滅しました。

 ちなみに、1997年、カザフスタンのナザルバエフ政権は首都をアルマトイからアスタナに移すことを決定し、翌1998年に遷都を実施しました。しかし、現在なお、アルマトイがカザフスタン最大の都市であることには変わりありません。

 このように、今年はソ連崩壊から20周年の節目の年にあたっています。11月に上梓した拙著『ハバロフスク』も、そうしたタイミングを意識して作った本で、激動のソ連・ロシア現代詩の一端を切り取るよう、努力したつもりです。機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

 <追記>
 この記事をアップした直後、独立記念日の16日、カザフスタン西部のジャナオゼンで大規模なストライキを展開していた石油ガス生産会社の従業員らと治安部隊が衝突。銃撃戦も起き、多数の死傷者が出ているとの報道がありました。独立以来20年におよぶナザルバエフ独裁体制の崩壊の序曲となるかどうか、今後の推移に注目したいところです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★
   
         年賀状の戦後史(帯つき)
         年賀状の戦後史
     角川oneテーマ21(税込760円)

    日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?
    「年賀状」から見える新しい戦後史!

 ★ TBSラジオ・ニュース番組森本毅郎・スタンバイ(11月17日放送)、11月27日付『東京新聞』読書欄、『週刊文春』12月1日号、12月1日付『全国書店新聞』『週刊東洋経済』12月3日号、12月6日付『愛媛新聞』地軸、同『秋田魁新報』北斗星、TBSラジオ鈴木おさむ 考えるラジオ(12月10日放送)、12月11日付『京都新聞』読書欄、同『山梨日日新聞』みるじゃん、12月14日付『日本経済新聞』夕刊読書欄、同サイゾー、エフエム京都・α-Morning Kyoto(12月15日放送)、12月16日付『岐阜新聞』分水嶺、同『京都新聞』凡語『サンデー毎日』12月25日号で紹介されました。

  amazonbk1e-honHMVlivedoor BOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!


   ★★★ 好評既刊より ★★★

        切手紀行シリーズ?『ハバロフスク』
   ハバロフスク(切手紀行シリーズ?)
       彩流社(本体2800円+税)    

   空路2時間の知られざる欧州
   大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…
   夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行
   シベリア鉄道小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪も加え、充実の内容!

 amazonbk1e-honHMVlivedoorBOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!
別窓 | カザフスタン | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/