内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 マラウイで女性大統領就任
2012-04-08 Sun 21:26
 アフリカ南部のマラウイで、きのう(7日)、ビング・ワ・ムタリカ大統領の死去を受け、ジョイス・バンダ副大統領が大統領に就任しました。女性大統領は同国では初めてのことです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        英領中央アフリカ・BCA加刷

 これは、1891年に現在のマラウイの前身にあたる英領中央アフリカで最初に発行された切手のうちの3シリング切手です。

 現在のマラウイ国家に相当する地域は、15世紀以来、バントゥー系のマラビ人によってマラビ帝国の支配下に置かれ、ポルトガルやアラブとの交易等が行われていました。

 1850年代のデイヴィッド・リヴィングストンによる探検活動を経て、1880年代以降、この地へのイギリス人の入植が本格化すると、モザンビークを含む近隣の支配権をめぐってイギリスとポルトガルが対立。そこで、イギリスは、まず、マラウイ湖の南にあるシーレ高原一帯をシーレ高地保護領とします。さらに、1891年には、この地域を拡大してニヤサランド地区保護領を設定し、1893年にはこれをイギリス中央アフリカ保護領としました。

 郵便に関しては、1891年4月、イギリス南アフリカ会社の切手に、“BCA”と加刷した切手が発行され、ブランタイヤ、ゾンバ、カロンガなどに郵便局が開設されています。加刷のBCAは“英領中央アフリカ”を意味する“British Central Africa”の頭文字をとったものです。切手発行時のこの地域の行政上の名称はニヤサランド地区保護領のはずですが、イギリス人の間では“英領中央アフリカ”という俗称が流布していたのでしょう。

 その後、英領中央アフリカは1907年7月にニヤサランド保護領に改編されます。さらに、第二次世界大戦後の1953年、ニヤサランドは北ローデシア(現ザンビア)、南ローデシア(現ジンバブエ)とともに、ローデシア・ニヤサランド連邦(イギリス領中央アフリカ連邦)を構成することになりますが、連邦内のアパルトヘイト政策や南ローデシア優先の政策への反発から、1963年に連邦を脱退しました。そして、翌1964年、ニヤサランドは単独でマラウイとして独立し、国際連合にも加盟。現在にいたるというわけです。

 ちなみに、今回、マラウイの大統領に就任したバンダは、ギニアビサウの臨時大統領を務めたカルメン・ペレイラ大統領代理、リベリア大統領のエレン・ジョンソン・サーリーフについで、独立後のアフリカで3人目の女性国家元首ということになります。

 ★★★ 内藤陽介、カルチャーセンターに登場 ★★★
   
 下記の通り、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)で一般向けの教養講座を担当します。

・よみうりカルチャー柏
 4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、8月28日、9月25日
 (毎月第4火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史

 詳細につきましては、各講座名(青色)をクリックしてご覧いただけると幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 *よみうりカルチャー荻窪での講座のお申込み受付は終了いたしました。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト
別窓 | マラウイ | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/