内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 東日本大震災から5年
2016-03-11 Fri 14:30
 2011年3月11日の東日本大震災から、今日でちょうど5年です。あらためて、大震災でお亡くなりになった方々やご遺族に心よりお悔やみ申し上げるとともに、すべての被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      クック諸島・東日本大震災救援

 これは、2011年にクック諸島で発行された東日本大震災救援キャンペーンの小型シートです。

 クック諸島は、南太平洋ポリネシアに点在する15の主要な島から構成されており、1973年のニュージーランドとの共同宣言により、ニュージーランドとの自由連合による“自治国”となりました。この結果、クック諸島政府は、独自の憲法や議会を持ち、内政権のみならず外交権も有するものの、外交や防衛などの権限をニュージーランドに委ねるという形態をとっています。ただし、ニュージーランドとクック諸島の両政府の関係は対等ですから、ニュージーランドがクック諸島の内政に干渉することはできず、結果的に、面倒なことだけニュージーランドが引き受けるということになりますな。

 現在、クック諸島の“国民”は全員がニュージーランドの国籍も持ち、ニュージーランドのパスポートを使って“ニュージーランド国民”としてニュージーランドに出稼ぎに行く人も少なくありません。また、クック諸島政府に対してはニュージーランドから多額の補助金が支出されています。このため、財政難のニュージーランドとしては、いい加減にクック諸島には完全独立してもらいたいというのが本音なのですが、クック諸島政府は耳を貸そうとはしません。

 こうしたこともあって、クック諸島を独立国として認めるかどうかは国によって議論が分かれており、ニュージーランドとの国交があれば、“自治国”政府との交渉にも不便はないとの理由で、あえて国交を樹立していない国も少なくありません。ちなみに、わが国とクック諸島との正式な国交が樹立されたのは、東日本大震災直後の2011年3月25日のことで、翌2012年に沖縄県名護市で開催の第6回太平洋・島サミットでは、その“ご祝儀”の意味も込めて、クック諸島は開催国の日本とともに共同議長国を務めています。

 今回ご紹介の切手も、そうした対日関係の深化を踏まえて発行されたもので、切手の売り上げの20%は被災者救済のため、日本赤十字社に寄付することが明示されているほか、QRコードを読み込むと、関連の動画等が見られるようになっています。

 郵便料金前納の証紙という切手の本質からすると、切手の売上は、会計上、“収入”として処理するのは不適切(図書券やビール券などと同じく、販売された切手が郵便に使用されるまでは“前借”の状態で、実際に使用されて初めて、郵政サイドの“収入”になるというのが正しい処理です)なわけですが、そもそも、クック諸島の場合、切手は自国民が郵便に使用するためのものというよりも、海外に輸出する商品としての色彩が強いので、これで問題ないのでしょう。

 ちなみに、クック諸島政府は、2010年8月、ニューヨークに本拠を置く切手発行エージェント、PCI (Philatelic Collector Inc)に政府の切手発行権を売却。2011年3月以降、同社は年間10件程度の記念切手を発行し、販売権を独占する代わりに、ライセンス料をクック諸島政府に収める構造になっています。
 

 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | クック諸島 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 島サミット開幕
2012-05-25 Fri 09:37
 1997年から3年ごとに日本で開催されている「第6回太平洋・島サミット」が、きょう・あす(25・26日)の日程で、沖縄県名護市で開催されます。サミットは、14の島国・地域やオーストラリア、ニュージーランドがメンバーで、米国からはクルーン筆頭国務次官補代理が出席し、わが国とクック諸島が共同議長国だそうです。というわけで、きょうはクック諸島の切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        クック諸島加刷

 これは、1931年にニュージーランドの印紙に加刷して発行されたクック諸島の切手です。

 クック諸島は、1770年にジェームス・クックがヨーロッパ人として“発見”。1888年にイギリスの保護領となったのに伴い、1892年5月に最初の切手が発行されました。なお、クック諸島は1901年にニュージーランドの属領となりますが、クック諸島としての独自の切手発行はその後も継続されます。今回ご紹介の切手が、ニュージーランドの印紙に加刷という形式になっているのは、こうした事情によるものです。

 さて、現在のクック諸島は、1973年のニュージーランドとの共同宣言により、ニュージーランドとの自由連合による“自治国”という位置づけです。すなわち、クック諸島政府は、独自の憲法や議会を持ち、内政権のみならず外交権も有するものの、外交や防衛などの権限をニュージーランドに委ねるという形態をとっています。ただし、ニュージーランドとクック諸島の両政府の関係は対等ですから、ニュージーランドがクック諸島の内政に干渉することはできず、結果的に、面倒なことだけニュージーランドが引き受けるということになりますな。

 現在、クック諸島の“国民”は全員がニュージーランドの国籍も持ち、ニュージーランドのパスポートを使って“ニュージーランド国民”としてニュージーランドに出稼ぎに行く人も少なくありません。また、クック諸島政府に対してはニュージーランドから多額の補助金が支出されています。このため、財政難のニュージーランドとしては、いい加減にクック諸島には完全独立してもらいたいというのが本音なのですが、クック諸島政府は耳を貸そうとはしません。

 こうしたこともあって、クック諸島を独立国として認めるかどうかは国によって議論がわれており、国交を結んでいるのは、27ヵ国にとどまっています。ちなみに、わが国がクック諸島を独立国として承認し、国交を樹立したのは、ようやく昨年(2011年)3月のことですが、これは、日本政府がクック諸島を敵視していたからではなく、ニュージーランドとの国交があれば、“自治国”政府との交渉にも不都合はなかろうとの発想によるものでした。
 
 今回の島サミットで、クック諸島のプナ首相が野田首相とともに共同議長を務めるのは、一義的には、日本との国交樹立のご祝儀なんでしょう。ただ、島サミットの最大のテーマが、パラオ沖にまで侵略の矛先を拡大してきた中国を、アメリカの協力も得て封じ込めようということにあります。この点で、クック諸島には、自分たちよりもはるかに大国であるニュージーランドを手玉に取り続けた外交巧者としての知恵と経験を、十分に披瀝していただきたいものですな。

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | クック諸島 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/