内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 グラウネーション・デー
2014-04-21 Mon 14:39
 きょう(21日)は、ラスタファリ運動において“神の化身”と信じられているエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世が1966年4月21日にジャマイカを訪問したことにちなむ“グラウネーション・デー”だそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       エチオピア・ハイレセラシエ即位加刷

 これは、1930年にエチオピアが発行した皇帝ハイレ・セラシエ1世即位記念の加刷切手です。加刷の元になった台切手は、1928年に発行された2メハレク切手で、皇帝として即位する以前の皇太子ラス・タファリ・マコンネンとしての肖像が描かれています。

 ハイレ・セラシエは、1892年、エチオピア南部・ショア地方の貴族の子として生まれました。血縁上は皇帝・英雄メネリク2世の従兄弟の子にあたっており、1916年、メネリク2世の娘・ザウディトゥが女帝として即位すると、皇太子・摂政となり、実権を掌握。1930年4月3日、皇帝ハイレ・セラシエ1世として即位しました。

 いわゆるラスタファリ運動は、1910年代、ジャマイカ出身のマーカス・ガーベイが米国でエチオピアニズム(当時、アフリカの黒人国家で唯一植民地化されていなかったエチオピアを黒人の魂の故郷とする思想)の立場から、黒人のアフリカ帰還を奨励したのがルーツです。

 1927年、ガーベイは「アフリカを見よ。黒人の王が戴冠する時、解放の日は近い」との予言を発表しましが、はたして3年後の1930年4月、エチオピアでハイレ・セラシエ1世が皇帝として即位したことから、彼らは、ハイレ・セラシエ1世を神(ジャー)の化身とみなし、アフリカ大陸を統一し、離散した黒人のアフリカ帰還を告げる救世主として崇拝の対象とするようになりました。これに伴い、皇帝の崇拝者は皇帝の即位以前の名前にちなんで“ラスタファリアン”、彼らの運動はラスタファリ運動と呼ばれるようになりました。

 さて、ハイレ・セラシエ1世は、1966年4月21日、ジャマイカを訪問し、ラスタファリアンの熱狂的な歓迎を受けました。その歓迎ぶちには、皇帝本人も当惑を隠せないいほどでした。

 この時期、エチオピア南部シャシャマネのマルカウォディャ地区には、ジャマイカからの移民が皇帝から土地を与えられて済んでいましたが、自分のジャマイカ訪問がラスタファリアンの情熱を刺激して大量のジャマイカ移民がエチオピアに流入することを恐れた皇帝は「ジャマイカ社会を解放するまではエチオピアへの移住を控えるように」という内容の私信を主なラスタ指導者に送り、エチオピアへの移民を牽制しています。なお、ジャマイカの音楽として知られるレゲエは、ハイレ・セラシエ1世のジャマイカ訪問を機に、ラスタファリ運動の思想やメッセージを伝えるための手段として発展したものです。

 さて、ことしは、わが国とカリブ共同体(旧英領を中心にカリブの14か国1地域が加盟)の事務レベル協議開始後20年が経過した年であるとともに、ジャマイカならびにトリニダード・トバゴとの国交樹立50周年にもあたることから、“日・カリブ交流年”とされています。8月1-3日、東京・墨田区で開催が予定されている<全日本切手展2014>でも、これにちなみ、特別企画としてカリブ切手展を併催の予定です。今後も、同展の事前プロモーションを兼ね、機会を見つけて関連の切手をご紹介していきたいと考えておりますので、よろしくお付き合いください。


 ★★★ 切手が語る台湾の歴史 ★★★

 5月15日13:00から、よみうりカルチャー北千住にて、よみうりカルチャーと台湾文化部の共催による“台湾文化を学ぶ講座”の一コマとして、「切手が語る台湾の歴史」という講演をやります。

 切手と郵便はその地域の実効支配者を示すシンボルでした。この点において、台湾は非常に興味深い対象です。それは、最初に近代郵便制度が導入された清末から現在に至るまで、台湾では一貫して、中国本土とは別の切手が用いられてきたからです。今回の講演では、こうした視点から、“中国”の外に置かれてきた台湾(史)の視点について、切手や郵便物を題材にお話しする予定です。

 参加費は無料ですが、事前に、北千住センター(03-3870-2061)まで、電話でのご予約が必要となります。よろしかったら、ぜひ、1人でも多くの方にご来駕いただけると幸いです。


 ★★★ 講座「世界紀行~月一回の諸国漫郵」のご案内 ★★★ 

亀戸講座(2014前期)・広告

 東京・江東区亀戸文化センターで、5月から毎月1回、世界旅行の気分で楽しく受講できる紀行講座がスタートします。美しい風景写真とともに、郵便資料や切手から歴史・政治背景を簡単に解説します。受講のお楽しみに、毎回、おすすめの写真からお好きなものを絵葉書にしてプレゼントします!

 詳細は、こちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | エチオピア | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 エチオピアで初
2013-10-21 Mon 22:59
 “マラソン王国”として知られるエチオピアで、きのう(20日)、首都アディスアベバの南275キロのハワサで同国初の国際マラソン大会が行われました。というわけで、きょうは、エチオピア切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

       エチオピア・1895(紋章)

 これは、1895年に発行されたエチオピア最初の切手の1枚です。エチオピア最初の切手のデザインは、皇帝メネリク2世の肖像を肖像を描くものと、皇帝を象徴するユダヤの獅子の紋章を描くもの2図案がありますが、今回は後者をご紹介しています。
 
 エチオピアにおける最初の近代郵便は、1867-68年に侵攻した英国が、1867年11月、紅海沿岸の港町マサワに郵便局を設置し、インド切手を持ち込んで郵便活動を行ったのが最初です。その後、1875年にはエジプトが東部の都市、ハラールを占領し、エジプト切手を持ち込んで郵便事業を行いました。

 エチオピア独自の郵便制度としては、メネリク2世の宮宰であったスイス人のアルフレッド・イルグが、1892年、近代郵便制度の創設と切手の発行を建議。この建議は、翌1894年3月9日、アディスアベバ=ジブチ鉄道の建設計画とともに皇帝の裁可を受け、フランスの切手印刷局に最初の切手の印刷が発注されました。切手の製造を担当したのは、1896年のギリシャのオリンピック切手や、フランスの“ムーション・タイプ”などの切手のデザイナーとして知られるルイ=ユージン・ムーションで、最初の切手が首都アディス・アベバとハラールの郵便局に配給されたのは1895年になってからのことでした。

 当初、郵便事業の実務はハラール駐在のカトリックの宣教師に委託されていましたが、イタリアの侵攻による第1次エチオピア戦争の余波で郵便物の逓送に遅れが生じるようになると、イルグは祖国スイスからスタッフを雇い入れ、アディスアベバ=ジブチ鉄道を用いて自前の郵便輸送を行いました。その後、ハラール駐在の宣教師による郵便物の仲介は、1904年、ディレ・ダワ(アディスアベバ=ジブチ鉄道は、当初、ハラールを通る予定でしたが、資金の節約のためにルートが変更され、ハラールを通らないことになったため、ハラールに最も近い鉄道上に新都市として、1902年に建設されました)に郵便局が開設されるまで続きました。

 なお、エチオピアは1908年にUPUに加盟申請を行いましたが、エチオピアの植民地化を狙っていたイタリアはこれに強硬に反対したものの、最終的にイタリアの敗退を予想していたフランス・ロシア・スイスはエチオピアを支持し、同年11月1日、UPU加盟を果たしています。
 

 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 * 出版元特設ページはこちらをご覧ください。

 ★★★ 予算1日2000円のソウル歴史散歩 ★★★   

 毎月1回、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で予算1日2000円のソウル歴史散歩と題する一般向けの教養講座を担当しています。次回開催は11月5日(原則第1火曜日)で、以後、12月3日、1月7日、2月4日、3月4日に開催の予定です。時間は各回とも13:00~14:30です。講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | エチオピア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/