内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 拳銃は見せないように
2016-08-02 Tue 13:36
 米テキサス州で、きのう(1日)、一定の学生に対して大学の教室への銃の持ち込みを認める新法“キャンパスキャリー法”が施行されました。というわけで、きょうは、テキサスがらみでこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      テキサス州併合150年

 これは、1995年に米国で発行されたテキサス州150年の記念切手で、テキサス州旗を掲げて馬にまたがる男性が描かれています。カウボーイ風に描かれている男性は、フツーに考えれば、腰に拳銃をぶら下げていると思われますが、切手上ではそのことは確認できません。まぁ、今回施行されたキャンパスキャリー法でも、公立大学の教室などに拳銃を持ち込むためには、“拳銃を他人に見えないように所持するためのライセンス”が必要とされていますので、銃社会の米国と言えども、拳銃を見せないように描くというのが一つのポイントということなのかもしれません。

 かつて、スペインは北米にも広大な副王領“ヌエヴァ・エスパーニャ”を有していました。

 “新スペイン”を意味するヌエヴァ・エスパーニャは、もともとは、パナマ地峡以北の新大陸のスペイン領全てを指す概念で、大陸部分では、現在のメキシコの領域に加えて米国南西部(カリフォルニア、ネヴァダ、ユタ、コロラド、ワイオミング、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサスの各州)とフロリダ半島にまで広がり、カリブ海諸島や、さらには、フィリピンとマリアナ諸島をも含んでいました。

 1776年、大西洋岸の東部13州で独立を宣言した米国は、1803年にはフランスからルイジアを購入。この結果、米国とヌエヴァ・エスパーニャとの国境を画定する必要が生じることにります。

 当時のスペイン側の認識では、ルイジアナのうち、ミシシッピ川西岸とニューオーリンズ市はスペイン領となっていましたが、アメリカ合衆国側はロッキー山脈の稜線までが自分たちの購入した土地だと考えていました。このため、東西はカルカシュー川(アロヨ・オンド)とサビーン川の間、南北はメキシコ湾から北緯32度近辺までは、当面、どちらにも属さない中立地帯(ルイジアナ中立地)とすることで決着が図られます。

 また、米国はスペインからフロリダを購入したいと希望していましたが、スペイン側はこれを拒否し続けていました。

 ところが、19世紀初頭のナポレオン戦争と、その余波としてのラテン・アメリカ諸国の独立運動により、スペインは疲弊し、本国から遠く離れたフロリダの維持が困難になります。そこで、1819年、両国間でアダムズ・オニス条約が結ばれ、米国がフロリダとルイジアナを得て、それ以西のテハス(英語名:テキサス)からカリフォルニアまでをスペインの領土とする形で、国境が確定されました。この境界線は、1821年にメキシコが独立すると、基本的には米墨間でも継承されています。

 ところが、1821年のメキシコ独立の前後から、米国からテハスへのアングロサクソンの移民が大量に流入。メキシコ政府は1830年には米国人の新規移住を禁止したものの、その後も米国からの“不法移民”の流入は止まず、1832年の時点では、テハスの人口のうち、独立以前からのメキシコ人住民の人口比率は14%にまで落ち込んでしまいます。

 こうした状況の下で、1835年、メキシコ大統領アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナが1824年憲法を廃止して、中央政府の権限が強い憲法を宣言すると、メキシコ各地でこれに反対する叛乱が発生。テハスでも、米国からの移住者たちがメキシコ中央政府からの分離独立を唱えて叛乱を起こしました。

 叛乱側は、1836年2-3月のアラモ砦の攻防戦で守備隊が全滅する敗北を喫したものの、3月21日のサン・ハシントの戦いでは、大統領を辞しメキシコ軍総司令官となっていたサンタ・アナを捕虜とし、ベラスコ条約を結んで“テキサス共和国”の独立を承認させます。

 ところで、新たに発足したテキサス共和国はリオ・グランデをメキシコとの国境と主張していましたが、メキシコ側はより北側のヌエセス川を国境と主張しており、対立がありました。

 また、テキサス共和国内では独立当初から米国との統合を求める声が強かったものの、米議会では併合慎重派が多数を占めていました。ところが、1844年の米大統領選挙で、テキサス併合を公約に掲げるジェイムズ・ポークが当選。これを受けて1845年2月、米議会は「1846年1月1日までにテキサス共和国が併合を承認すれば、州として連邦への加盟を認める」とする決議を採択します。

 これを受けて、テキサス議会は米国への併合に同意。1845年12月、米大統領ポークはテキサスを合衆国の州として受け入れる法案に署名。こうして、現在の米テキサス州が発足することになりました。


 ★★★ 新作 『リオデジャネイロ歴史紀行』 初売りのご案内 ★★★ 

 ・8月6日(土) 09:00- 切手市場
 於 東京・日本橋富沢町8番地 綿商会館
 詳細は主催者HPをご覧ください。

 新作『リオデジャネイロ歴史紀行』の奥付上の刊行日は8月9日ですが、8月3日頃には現物ができあがってくるとの連絡がありました。そこで、さっそく、同書を中心に拙著を担いで行商に行きます。実物の販売は、この日が初売りとなる予定です。ぜひ遊びに来てください。


 ★★ 内藤陽介の最新刊  『リオデジャネイロ歴史紀行』  8月9日発売! ★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!

 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 原爆は米国の“誇り”なのか
2016-05-27 Fri 12:03
 伊勢志摩サミットのため来日中のオバマ米大統領は、サミット終了後のきょう(27日)夕方、現職の米国大統領として初めて被爆地・広島を訪れる予定です。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      米・原爆ラベル(1995)

 これは、1994年末の米郵便公社(USPS)による“原爆切手”の発行撤回に抗議して、米国内の民間組織が制作した私製ラベルで、1991-95年の第二次大戦50周年シリーズのフォーマットに倣い、原爆のキノコ雲を描き、その脇に「誇りを思い出させるもの」の文言が、印面下部に「原爆が戦争を終わらせ、多くの人命を救った」との文言が入っています。

 米国の第二次大戦50年シリーズは、1991年から毎年、50年前の重要な出来事10件を表現する切手を組み合わせたシートの形式で発行されました。その1945年の分の1枚として、原爆のきのこ雲を描き「原爆が戦争の終結を早めた」との説明文をつけた切手の発行が計画されていることが1994年末に明らかになったことで、この問題が日米間で政治問題化。結局、米側は、“原爆が戦争の終結を早めた”との政府見解は撤回しないものの、対日関係を配慮して“原爆切手”の発行は撤回。代わりに、日本降伏を発表するトルーマンを描く1枚をセットに組み込んで、切手を発行しました。

 これに対して、原爆投下の正当性を主張する米国内のグループは幻に終わった“原爆切手”を模したラベルを独自に作成。政府の弱腰を批判するとともに、あらためて“原爆が戦争を終わらせた”ことをアピールしています。この類のラベルはいくつか種類があるのですが、不発行に終わった切手の文言が「原爆が戦争の終結を早めた」だったのにたいして、今回のラベルの文言は、戦争を終わらせただけでなく、人名も救ったという内容となっていることで、より強硬な姿勢がうかがえます。

 歴史的な事実関係からいえば、米国が原爆を投下したのは、東西冷戦が始まりつつある中で、当時世界唯一の核保有国としてのパワーを見せつけるとともに、戦後の東アジアにおいてソ連に対する優位を確保するためのものでした。したがって、結果として、原爆の投下により戦争終結が早まったということは事実かもしれませんが、米側の主張するように、米軍が日本本土で戦闘を行った場合に予想された数十万の将兵の犠牲を防ぐための止むを得ざる措置であったとするのは、無理があります。そもそも、広島・長崎への原爆投下は、非戦闘員に対する大量虐殺であり、それが、当時の戦時国際法に照らしても明白な違法行為だったわけですから。

 ただ、米国内では、「原爆投下が戦争の終結を早め、結果的に多くの米国人の命を救った」として原爆投下を正当化する論調は拭いがたく定着していることも事実で、そうした彼らに対して、ただ単に“遺憾”“不快”“国民感情を逆なで”など、感情論を爆発させているだけでは、事態は何も変わらないでしょう。やはり、この問題については、原爆が投下されるにいたった歴史的経緯を、事実に基づいてきちんと説明することで、米国(人)の主張に反駁していくことが必要なのではないかと思います。

 なお、1994年末の、いわゆる原爆切手騒動については、拙著『外国切手に描かれた日本』でも1章を設けて詳しく論じておりますので、機会があり間設楽、ぜひご覧いただけると幸いです。

 
 ★★★ アジア国際切手展<CHINA 2016>作品募集中! ★★★

 本年(2016年)12月2-6日、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市の南寧国際会展中心において、アジア国際切手展<CHINA 2016>(以下、南寧展)が開催されます。同展の日本コミッショナーは、不詳・内藤がお引き受けすることになりました。

 現在、出品作品を6月12日(必着)で募集しておりますので、ご興味がおありの方は、ぜひ、こちらをご覧ください。ふるってのご応募を、待ちしております。

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ホイットニーのアメリカ国歌
2012-02-12 Sun 23:45
 グラミー賞など数々の賞を受賞したアメリカの人気歌手で女優のホイットニー・ヒューストンさんが亡くなりました。享年48。謹んで、ご冥福をお祈りします。というわけで、きょうは彼女を偲んで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        1991年スーパーボール

 これは、1991年1月27日、フロリダのタンパ・スタジアムで行われた第25回スーパーボールに際して、地元タンパ局で使われた記念印です。記念印が押されている切手つき封筒(部分)は、前年の1990年9月に発行されたホログラム式の印面のもので、アメリカの国技としてのアメリカン・フットボール(以下、アメフト)がデザインされています。

 スーパーボールは、アメフト最大のプロリーグであるNFLの前年のレギュラーシーズンおよびプレーオフを勝ち上がった2チームが戦って、アメフトの世界一を決めるもので、その第25回決勝戦は、ニューヨーク・ジャイアンツが20-19の1点差でバッファロー・ビルズを下し、4年ぶり2度目の優勝を果たしました。

 この時の大会では、開会に先立ち、ホイットニー・ヒューストンがアメリカ国歌を披露しましたが、この時の彼女の歌唱は歴史に残る名演として語り継がれ、2001年のアメリカ同時多発テロ事件の直後にはチャリティとして再リリースされたほどです。

 歴史に残るアメリカ国歌の名演といえば、1969年のウッドストックでのジミ・ヘンドリックスのギター演奏が有名です。ただし、彼の演奏は、当時のベトナム反戦の世相を反映し、泥沼化したベトナム戦争への批判を込めたものとなっており(空襲や人々が逃げ惑うようすもギターで表現されています)、1991年1月の湾岸戦争でアメリカ国民の愛国心が高揚していた中でのホイットニーの歌唱とは対極にあるといってよいでしょう。もっとも、純粋に音楽として聞いている分には、どちらも鳥肌が立つほどの素晴らしいものであることには変わりないのですがね。

 わが国でも、国際的なスポーツ・イベントに際しては有名なアーティストが『君が代』を歌っていますが、1991年のホイットニーのアメリカ国歌に匹敵するほどの名演というのがあれば、ぜひ、聞いてみたいですな。
  
 まお、ホイットニー・ヒューストンは、グレナダやギニア―ビサウなどの、いわゆる“いかがわしい国”の切手に何回か取り上げられていますが、そうした切手が世に出てくる背景については、拙著『事情のある国の切手ほど面白い』でも解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★
   
         年賀状の戦後史(帯つき)
         年賀状の戦後史
     角川oneテーマ21(税込760円)

    日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?
    「年賀状」から見える新しい戦後史!

 ★ TBSラジオ・ニュース番組森本毅郎・スタンバイ(2011年11月17日放送)、11月27日付『東京新聞』読書欄、『週刊文春』12月1日号、12月1日付『全国書店新聞』『週刊東洋経済』12月3日号、12月6日付『愛媛新聞』地軸、同『秋田魁新報』北斗星、TBSラジオ鈴木おさむ 考えるラジオ(12月10日放送)、12月11日付『京都新聞』読書欄、同『山梨日日新聞』みるじゃん、12月14日付『日本経済新聞』夕刊読書欄、同サイゾー、12月15日付『徳島新聞』鳴潮、エフエム京都・α-Morning Kyoto(12月15日放送)、12月16日付『岐阜新聞』分水嶺、同『京都新聞』凡語、12月18日付『宮崎日日新聞』読書欄、同『信濃毎日新聞』読書欄、12月19日付『山陽新聞』滴一滴、同『日本農業新聞』あぜ道書店、[書評]のメルマガ12月20日号、『サンデー毎日』12月25日号、12月29日付エキレピ!、『郵趣』2012年1月号、『全日本郵趣』1月号、CBCラジオ「朝PON」(1月26日放送)、『スタンプマガジン』2月号、『歴史読本』2月号、『本の雑誌』2月号で紹介されました。

  amazonbk1e-honHMVlivedoor BOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 イランでバービー禁止強化
2012-01-17 Tue 22:08
 16日付でロイターが報じたところによると、アメリカの玩具メーカー、マテルの製造するバービー人形について、イラン当局が「イスラム教の価値を脅かす有害な西洋文化」として、販売を取り締まっているそうです。というわけで、まずはバービー人形の切手です。

        バービー人形

 これは、1999年9月17日、アメリカが発行した“20世紀シリーズ・1960年代”のうち、バービー人形を取り上げた1枚です。

 バービー人形は、アメリカのマテル社が製造・販売する着せ替え人形で、1959年3月9日に販売が開始されました。その元になったのは、同社の創業者、ルース・ハンドラーがスイスで娘バーバラへの土産として購入したセクシードールのリリで、リリを真似るところからスタートしたため、胸の大きさとくびれた腰を強調したデザインとなりました。また、初期の人形は人件費が安い日本で製造されています。

 それまでのいかにも子供向けの人形に比べて、バービーは精巧かつファッショナブルであったため、瞬く間に子供たちの人気を集め、現在にいたるまで、全世界で累計10億本ともいわれる人形が販売されました。ただし、1960年代に人形を作っていた日本では、顔つきなどが日本人の子供の好みには合わなかったためか、売り上げは芳しいものではありませんでした。

 さて、イスラム革命後のイランでは、1996年にバービー人形は「文化や社会に対して破壊的影響がある」として、公式には販売が禁止されたといわれています。ただし、この時の禁止令(おそらく、立法措置ではなく、高位のイスラム法学者が発したファトワーの類だと思われますが)は現実にはザル法だったようで、テヘランなどでは半ば公然と“闇バービー”が売られていました。

 まぁ、イスラムでは偶像崇拝を禁じていますので、“イスラム原理主義国家”としてのイランが偶像崇拝につながりかねない人形遊びを禁止するのは、教義の面からは理にかなった判断といえないこともありません。ただし、現実の問題として、子供たち(特に女児)が人形で遊びたいと考えるのは自然なことで、2002年には、当局によるお墨付きの人形として、イスラムの伝統衣装をまとったサラとダラという男女の人形が発売されています。

 もっとも、当局お墨付きというのは、どこの国でもえてしてつまらないもので、サラとダラも子供たちの間では不評で、“闇バービー”の人気が衰えることはありませんでした。

 16日にテヘランの玩具商がロイターの取材に対して語ったところによると、当局によるバービー取締りは3週間ほど前から強化されたとのことですが、イラン政府は、今回の措置について、核開発問題をめぐる欧米の経済制裁などに対する抵抗の一環としているそうです。

 そういうことであれば、この際、いっそ、日本からイランに対して「バービーの代わりにリカちゃん人形を輸入したらどうか」と持ちかけてみてはどうでしょうかねぇ。そして、先方がリカちゃんを輸入するというのであれば、「ついては、イランからの原油の輸入がストップすれば、日本としてもリカちゃん人形を製造できなくなり、輸出できなくなるから、イランも子供たちのために自重してくれないか」と言うだけ言ってみても、悪くはないような気がします。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★
   
         年賀状の戦後史(帯つき)
         年賀状の戦後史
     角川oneテーマ21(税込760円)

    日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?
    「年賀状」から見える新しい戦後史!

 ★ TBSラジオ・ニュース番組森本毅郎・スタンバイ(2011年11月17日放送)、11月27日付『東京新聞』読書欄、『週刊文春』12月1日号、12月1日付『全国書店新聞』『週刊東洋経済』12月3日号、12月6日付『愛媛新聞』地軸、同『秋田魁新報』北斗星、TBSラジオ鈴木おさむ 考えるラジオ(12月10日放送)、12月11日付『京都新聞』読書欄、同『山梨日日新聞』みるじゃん、12月14日付『日本経済新聞』夕刊読書欄、同サイゾー、12月15日付『徳島新聞』鳴潮、エフエム京都・α-Morning Kyoto(12月15日放送)、12月16日付『岐阜新聞』分水嶺、同『京都新聞』凡語、12月18日付『宮崎日日新聞』読書欄、同『信濃毎日新聞』読書欄、12月19日付『山陽新聞』滴一滴、同『日本農業新聞』あぜ道書店、[書評]のメルマガ12月20日号、『サンデー毎日』12月25日号、12月29日付エキレピ!、『郵趣』2012年1月号、『全日本郵趣』1月号、『歴史読本』2月号、『本の雑誌』2月号で紹介されました。

  amazonbk1e-honHMVlivedoor BOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 米北東部で大雪
2011-10-30 Sun 23:56
 アメリカ北東部一帯で現地時間の29日、例年より大幅に早い大雪が降り、200万世帯以上が停電し、倒木の下敷きになるなどして3人が死亡。ニュージャージー、コネティカット、マサチューセッツ、ニューヨークの4州で非常事態宣言が出されたそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        アメリカ・クリスマス切手(1982)

 これは、1982年10月28日にアメリカで発行された1982年用のクリスマス切手で、ティングルの「冬の子どもたち」のなかから4点が田型連刷の形式で取り上げられています。雪遊びをする子どもたちという図案は、いかにもアメリカのクリスマス・シーズンを思わせる切手ですが、こうした状況が見られるのは、例年なら1月以上先の話です。ちなみに、AP通信によれば、ニューヨークでは10月の積雪は記録の残る135年間で3日間だけだそうですから、クリスマス切手が発行される時期に、まさかクリスマス切手と同じ風景を目にすることになるとは、想像だにしていなかったアメリカ人がほとんどではなかったかと思います。

 それにしても、今年はニュージーランド大地震にはじまり、東日本大震災トルコ大地震タイの洪水など、世界各地で自然の猛威をまざまざと見せつけられるような出来事が続きましたね。もうじき10月も終わり、2011年もほぼ残り2ヶ月となりましたが、どうかこれ以上、妙なことが起きずに平穏に過ぎて行ってほしいものだと願わずにはいられません。


 ★★★ トーク・イベントのご案内 ★★★

 11月5日(土)、東京・池袋で開催される全国切手展<JAPEX>会場内で、以下のトークを行います。

・11:00 ハバロフスク…日本人の足跡を訪ねて
 切手紀行シリーズ④『ハバロフスク』の刊行を記念してのトークです。同書の中から、シベリア抑留の痕跡を中心に、ハバロフスクに残る日本人の活動の跡をたどります。なお、1フレーム作品として出品の「シベリア抑留日本人用往復葉書」についても、あわせて、簡単な解説を行います。

・16:00 年賀状の戦後史
 角川 one テーマ21(新書)『年賀状の戦後史』の刊行を記念してのトークです。同書の内容をご紹介しつつ、10日の一般発売に先駆け、会場内でのみの先行発売(限定30部)も行います。

 今回は、2冊の刊行時期が接近しているため、トークイベントもダブル・ヘッダーとなりました。ぜひ、遊びに来てください。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        切手紀行シリーズ④『ハバロフスク』
   ハバロフスク(切手紀行シリーズ④)
       彩流社(本体2800円+税)    

   空路2時間の知られざる欧州
   大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…
   夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行
   写真・図版多数 オールカラー
   シベリア鉄道小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪も加え、充実の内容!

    amazonbk1e-honHMVlivedoorBOOKSセブンネットショッピングなどで好評発売中!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 スペースシャトル計画終了
2011-07-22 Fri 22:25
 きのう(21日)、スペースシャトル“アトランティス”が最後のフライトを終えてケネディ宇宙センターに帰還。これにより、1981年4月に“コロンビア”が初飛行に成功して以来、30年間のスペースシャトル計画が幕を閉じました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        スペースシャトル

 これは、1995年6月22日にアメリカが発行したスペースシャトル“チャレンジャー”の切手で、1983年6月の任務STS-7の際に撮影された写真が使われています。

 スペースシャトルは、アメリカ航空宇宙局(NASA)が開発した世界初の再利用可能な有翼型有人宇宙船で、機体本体は全長37メートルの最大7人乗りです。1981年4月に打ち上げられた“コロンビア”を皮切りに、5機のシャトルが運用されましたが、1986年1月28日、今回ご紹介の切手に取り上げられた“チャレンジャー”が打ち上げ直後の爆発事故を起こし、2003年には“コロンビア”が帰還時の空中分解事故を起こしており、2011年初の時点では3機のみが残っていました。そのうちの、“ディスカバリー”と“エンデバー”は今年に入ってから退役しており、最後に残った“アトランティス”も今回でお役御免になったというわけです。

 スペースシャトル計画は、30年間で約1137億ドルという巨額の費用がかかり、アメリカ政府の財政圧迫要因の一つとなっていたことは事実ですから、今回の計画終了もやむを得ないことかもしれません。ただ、かつての米ソの宇宙開発競争時代のことを思うと、ロシアが依然として宇宙開発を進めているだけに、ちょっとさびしい気もしますな。

 なお、今年(2011年)はガガーリン50年にしてスペースシャトル計画終了という節目の年なので、これにあわせてなにか宇宙切手の本を作りたいなぁと漠然と考えていたことがあります。現在、雑誌『ハッカージャパン』で連載中の「切手が語る宇宙開発史」も、2009年5月にスタートさせたときは、2011年中にはスペースシャトルまでたどり着けるかと思っていたのですが、実際に書き始めてみると、書きたいことが山のように出てきて、連載開始から2年以上が経過した2011年7月の時点で、まだ1958年の国際地球観測年が終わったところまでしか到達できていません。

 現在のペースだと、スペースシャトルが登場するのは果たしていつのことになるやら…。ひょっとすると、その間に一般人も宇宙旅行に行ける時代が来てしまって、宇宙切手の本を出すよりも、「切手紀行シリーズ」で宇宙ネタをやるのが先になっているかもしれません。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

    5月29日付『讀賣新聞』に書評掲載
  『週刊文春』 6月30日号「文春図書館」で
  酒井順子さんにご紹介いただきました !

        切手百撰・昭和戦後
         切手百撰 昭和戦後
       平凡社(本体2000円+税)    

  視て読んで楽しむ切手図鑑!
  “あの頃の切手少年たち”には懐かしの、
  平成生まれの若者には昭和レトロがカッコいい、
  そんな切手100点のモノ語りを関連写真などとともに、オールカラーでご紹介

  全国書店・インターネット書店(amazonboox storeconeco.netJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスエキサイトブックス丸善&ジュンク堂楽天など)で好評発売中!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 小さな世界のお菓子たち:チョコレートの切手
2010-03-30 Tue 10:47
 ご報告が遅くなりましたが、大手製菓会社(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャルウィロッテ)』の第8号(2010年冬号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回はハーシーのチョコの話題を取り上げたのですが、キスチョコの切手は以前にもこのブログでご紹介しましたので、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ハーシー肖像

 これは、1995年にアメリカで発行された32セントの通常切手で、アメリカ最大のチョコレート会社、ザ・ハーシー・カンパニーの創業者、ミルトン・ハーシーの肖像が取り上げられています。

 ミルトン・ハーシーは1857年にペンシルバニア州のデリー・チャーチで生まれました。小学校卒業後、印刷工の見習いとなりましたが、印刷業になじめず、菓子職人の見習いに転職。1876年に独立し、フィラデルフィアに菓子店を設立しました。しかし、この菓子店は6年後に倒産。その後、ハーシーはニューヨークに進出しますが、うまくいかず、故郷のペンシルバニアに戻り、ランカスター・キャラメル社を設立し、成功を収めました。

 1894年、ハーシーは博覧会でドイツ製のチョコレート製造機を見て興味を持ち、さっそくこれを購入。チョコレートでコーティングしたキャラメルを売り出します。チョコレートの魅力に取りつかれたハーシーは、1900年、キャラメル会社を売却し、チョコレート会社を設立。1903年には、大規模なチョコレート施設の建設を始め、この施設で製造されたミルクチョコレートバーの大ヒットにより、アメリカを代表する製菓会社としての地位を確立しました。ちなみに、キスチョコの発売開始は1907年のことで、以前にご紹介して切手は、その100周年に発行されたものです。

 さて、「小さな世界のお菓子たち」では、当初、チョコレート→ビスケット→キャンディ→アイスクリームのローテーションで回す予定だったのですが、今回は、編集部からの要望でチョコレートが再登場となりました。次回は、夏号ということもあって、アイスクリームの話題が外せませんので、初年度にはキャンディの切手を登場させられませんでした。もっとも、連載は数年間にわたって続ける予定ですので、いずれ、キャンディも取り上げることもあるでしょうから、ご理解いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!

別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 リーマン・ショックから1年
2009-09-15 Tue 22:45
 世界的な金融危機の引き金となったリーマン・ブラザースが2008年9月15日に破綻してから、きょうでちょうど1年になりました。というわけで、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

 貯蓄貸付組合

 これは、1981年にアメリカで発行された“貯蓄貸付組合150年”の記念切手です。日本語版の某カタログでは、“貯蓄ローン協会”という訳語がつけられています。まぁ、“Savings and Loan Association”をそのまま訳せば間違いではないのでしょうが、ほかではちょっと見ない例ですな。

 貯蓄貸付組合というのは、アメリカで貯蓄と住宅ローンに特化した貯蓄金融機関のことで、預金者と借主の代表によって経営方針が決められるという点で、協同組合に近い性質のものといってよいかもしれません。

 19世紀のアメリカでは、住宅ローンは銀行では無く保険会社が貸付を行っており、ほとんどのローンが短期で一括返済するか、満期までは利子のみの支払い、満期時に一括返済するといういうシステムになっていました。このため、満期でローンを返済しきれない借主は、そのたびに借り替えを続けて借金を増やすか、あるいは、それができなければ競売にかけられて家を失うケースが続発しました。

 当然、こうした状況は社会的に問題となったため、アメリカ政府は連邦住宅貸付銀行を作り、他の銀行に対し長期の償還型のローンを提供するための資金を提供することになりました。そして、その担い手として急成長を遂げたのが、貯蓄貸付組合でした。

 かつてのアメリカの連邦準備制度では、貯蓄貸付組合は預金の利息が高く付けることが認められており、それにより、貯蓄貸付組合に資金を集め、住宅ローンの貸し出しを容易にするという方針がとられていました。“3%の利子で貯金を集め、6 %の利子で融資し、 3時にゴルフ場で営業活動を行う”という3-6-3が貯蓄貸付組合のビジネス・モデルといわれたこともありました。

 ところが、1980年代の規制緩和により、貯蓄貸付組合は不動産関連融資やジャンクボンド投資を積極的に乗り出すようになります。結果的に、これらの投資は失敗に終わり、多くの組合が経営危機に陥りました。1988年には229社が倒産し、預金保険機関による支援合併や清算措置を受けています。このため、アメリカ政府は破綻処理のため整理信託公社を設立し、不良債権を買い取り、1995年末ごろまでに、約1300億ドルの公的資金を投入せざるをえませんでした。

 その後、2000年代に入り、金利が引き下げられるとカネ余りが生じ、この資金が住宅市場に流れ込み、住宅価格が上昇。こうした状況の中で、住宅価格の値上がりを前提に、信用度の低い人々を対象としたサブプライムローンの利用が急増し、住宅バブルの破綻とともにそれらが不良債権化したことで、深刻な経済危機をもたらしたというわけです。

 まぁ、貯蓄貸付組合は、かならずしもサブプライムローン問題の主役というわけではないのですが(もちろん、一連の金融危機で破綻した組合はあります)、今回ご紹介の切手は、貯蓄とローンという単語が非常に目立っているので、持ってきてみました。
 
 * 昨晩、カウンターが58万PVを超えました。いつも遊びに来ていただいている皆様には、あらためてお礼申し上げます。

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 異色の仏像ガイド決定版 
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&Yなど)・切手商・ミュージアムショップ(切手の博物館ていぱーく)などで好評発売中!

 切手が伝える仏像  『切手が伝える仏像:意匠と歴史』 彩流社(2000円+税)       

 300点以上の切手を使って仏像をオールカラー・ビジュアル解説
 仏像を観る愉しみを広げ、仏教の流れもよくわかる!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 月面着陸40年
2009-07-20 Mon 21:31
 アポロ11号による人類初の月面着陸(1969年7月20日)から、きょうでちょうど40年です。というわけで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 月面着陸25年

 これは、1994年にアメリカで発行された月面着陸25周年の切手のシートで、余白には、アポロ11号の船長、ニール・アームストロングの有名な言葉「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」と1969年7月20日の日付が入っています。

 1961年5月、アメリカ大統領のジョン・F・ケネディは、1960年代のうちに人間を月に到達させると公約します。その直前の4月には、ソ連の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンが、ボストーク1号で史上初の有人宇宙飛行を成功させており、アメリカはソ連との宇宙開発競争において、自分たちがソ連の後塵を拝していることを否応なしに見せつけられたためです。結局、ケネディは1963年11月に暗殺されてしまいますが、彼の公約は1960年代ギリギリの1969年に達せられることになりました。

 まぁ、このあたりの事情は、雑誌『ハッカージャパン』で連載中の「切手が語る宇宙開発史」でも取り上げることになると思いますので、きょうは、僕自身のアポロ11号に関する思い出をいくつか書いてみたいと思います。

 僕は1967年1月の生まれですから、1969年7月の月着陸の時には2歳半です。したがって、リアルタイムでの記憶というのはほとんどありません。むしろ、翌1970年の大阪万博に行った伯母たちが、アポロの月の石の話を興奮気味にしてくれた記憶のほうが残っています。

 時代は流れて、一年浪人して大学を受け直した際、入試問題にアポロ11号の飛行士(たぶん、アームストロングだったと思いますが)のインタビュー記事が出題されていたのは鮮明に覚えています。なお、くだんの文章がどういう基準で問題のネタになったのかはわからないのですが、同じ文章がその年の別の大学でも出題された後で聞きましたので、あるいは、入試業界では有名な文章なのかもしれません。

 問題文の細かい部分は忘れましたが、とにかく、宇宙のロマンを熱く語って質問をぶつける記者に対して、宇宙飛行士の側がとにかく冷静で、無事に任務を終えて地球に帰還することが大事という姿勢を崩さず、話が噛み合わないという内容でした。「月に行けるのなら死んでもかまわない」という記者の気持ちもわからなくもないのですが、現実には「冗談じゃない。万に一つも帰ってこれない可能性があるのなら宇宙になんか行かない」という宇宙飛行士の発言のほうがリアリティがありますな。まぁ、いまもむかしも、マスコミというのはとかく情緒的になりがちで、冷静にモノを考えることは少ないということなのかもしれませんがね。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 異色の仏像ガイド決定版 
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&Yなど)・切手商・ミュージアムショップ(切手の博物館ていぱーく)などで好評発売中!

 切手が伝える仏像  『切手が伝える仏像:意匠と歴史』 彩流社(2000円+税)       

 300点以上の切手を使って仏像をオールカラー・ビジュアル解説
 仏像を観る愉しみを広げ、仏教の流れもよくわかる!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 Beat It
2009-06-27 Sat 16:15
 「スリラー」「BAD」など多くの世界的ヒット曲で知られ、キング・オブ・ポップと呼ばれたマイケル・ジャクソンが、現地時間午後2時26分、ロサンゼルス市内の自宅で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されました。というわけで、きょうは彼のヒット曲“Beat It”にちなみ、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 アルコール依存症撲滅

 これは、1981年にアメリカで発行されたアルコール依存症撲滅のキャンペーン切手で、「アルコール依存症 あなたは打ち勝つ(beat it)ことができます!」とのスローガンが大きく入っています。ちなみに、マイケルの“Beat It”は1983年の発売ですから、ほぼ同時代のモノといってよいでしょう。

 アルコホリズム(alcoholism)という英語の病名に対して、日本では1970年代までは“(慢性)アルコール中毒症”という訳語があてられていました。略して“アル中”です。

 一般に、中毒というのは、細菌などによる食中毒や一酸化炭素中毒などのように、毒性のある物質によっておこる体の不調をいい、どちらかというと短期間に症状が出てくるものを指します。このため、大学生がイッキ飲みで倒れて病院に担ぎ込まれるようなケースは、現在でも、急性アルコール中毒と呼ばれています。

 これに対して、アルコホリズムの訳語としての“慢性アルコール中毒”に関しては、自らの意志で飲酒行動をくりかえす病気に対して“中毒”という表現は適切ではないとの指摘や、“アル中“という表現に“飲んだくれて道に転がっているどうしようもない人”、“ダメ人間”という侮蔑的なニュアンスがあるとされたことから、1970年代半ば以降尾、訳語の見直しが検討されるようになります。

 おりしも、アメリカの精神医学会(APA)やWHO(国際保健機関)は、精神病の分類を改める時期にもあたっており、アルコホリズムには、アルコール依存症(Alcohol Dependence)という病名が与えられることとなり、この訳語が用いられるようになったわけです。ちなみに、APAの定義によれば、アルコール依存は、広くは物質依存(Substance Dependence)のひとつであり、他の依存物質として、アヘン類・大麻類・鎮静剤あるいは睡眠剤・コカイン・カフェイン・幻覚剤・タバコ(ニコチン)・揮発性溶剤・アンフェタミン(覚醒剤)・抗不安剤・これら複数の多剤への依存が挙げられているそうです。

 さて、マイケル・ジャクソンの死因については、特定までにしばらく時間がかかりそうですが、1984年にCM撮影で大やけどを負い、皮膚移植手術を受けて以来、日常的に大量の鎮痛剤などを服用していたとみられることから、薬物の過剰摂取が原因ではないかとする見方が強いようです。音楽界の頂点を極めた彼をしても、薬物中毒ないしは依存症を“beat it”することは困難だったということなんでしょうかね。

 なお、アメリカにおける飲酒問題といえば、歴史的には禁酒法が有名ですが、こちらについては拙著『大統領になりそこなった男たち』でもその概要をまとめていますので、機会がありましたら、ご覧いただけると幸いです。 

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 異色の仏像ガイド決定版 
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&Yなど)・切手商・ミュージアムショップ(切手の博物館ていぱーく)などで好評発売中!

 切手が伝える仏像  『切手が伝える仏像:意匠と歴史』 彩流社(2000円+税)       

 300点以上の切手を使って仏像をオールカラー・ビジュアル解説
 仏像を観る愉しみを広げ、仏教の流れもよくわかる!
別窓 | 米国:1981~2000 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ | NEXT
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/