内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:タンザニア
2017-08-10 Thu 08:36
 ご報告がすっかり遅くなりましたが、アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2017年8月2日号が発行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はタンザニアの特集(2回目)です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      タンザニア・キリマンジャロ(1965)

 これは、1965年にタンザニアが発行したキリマンジャロ山の切手です。

 アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロは、タンザニア北東部に位置し、標高5895m、東西約50km、南北30kmに広がった成層火山です。西からシラ峰、キボ峰、マウエンジ峰から構成されており、中央のキボ峰のみが休火山で他の2峰は死火山です。

 地名の由来としては、一般に、スワヒリ語で“山”を意味する“キリマ”と、チャガ語で“白”を意味する“ンジャロ”の合成語で、“白く輝く山”の意味とされています。

 その名の通り、最高峰のキボ峰の山頂付近にはレブマン氷河をはじめ巨大な氷河が存在していましたが、近年の気候変動により、その規模は急激に縮小しており、国連環境計画は「2020年までに完全に消滅する可能性がある」と警告しています。

 さて、ケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民、マサイ人の間では“神の家”を意味する“ンガジェンガ”と呼ばれていたキリマンジャロの存在が、西洋人にも知られるようになったのは、1840年代のことでした。

 1847年、ケニアの東海岸で布教をしていたドイツ人宣教師のヨハネス・レブマンは、頂上が銀でおおわれた高い山があることを聞いて内陸部に調査に向かい、翌1848年5月11日、チャガ人の土地で、山頂が白銀に覆われた高山を“発見”します。レブマンは、さっそく、この高山のことを報告しましたが、当時のヨーロッパの地理学者は熱帯に雪が存在するはずがないとの思い込みから、レブマンの報告を信じませんでした。

 その後、“熱帯の雪山”の存在が確認されると、ドイツ人将校のカール・クラウス・フォン・デア・デッケンと英国人地質学者リチャード・ソーントンが1861年には2500m地点まで、1862年には4280m地点まで到達します。

 列強によるアフリカ分割の過程で、キリマンジャロは英独の勢力圏の境界に位置するようになり、英国は山の北側に進出。しかし、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世は山全体をドイツ領とすることを要求。1885年のベルリン会議では、ドイツの要求が認められ、山の全体はヴィルヘルム1世の誕生日のプレゼントとして英国からドイツへと割譲され、ドイツ領東アフリカの領域が確定しました。

 第一次大戦でドイツが敗れると、旧ドイツ領東アフリカは解体され、英委任統治領タンガニーカとベルギー委任統治領のルワンダ=ウルンディに分割され、キリマンジャロは英領タンガニーカに組み込まれました。

 すでにドイツ領東アフリカ時代から、キリマンジャロ地域ではコーヒーのプランテーション栽培が始まっていましたが、英支配下の1921年、海岸のタンガ港から南麓のモシまで鉄道が開通。これにより、モシはコーヒーの集散地となり、1932年に設立された“キリマンジャロ原住民共同組合連合会”が品質管理を本格的に行うようになります。この結果、かつては粗悪品のイメージが強く、イエメンに運ばれて“モカ”にブレンドされていたこの地域のコーヒー豆は、“キリマンジャロ”として独自のブランドとなり、モシは急速に発展しました。

 1961年、タンガニーカが独立すると、キリマンジャロは新国家のシンボルとなり、キボ峰の山頂はスワヒリ語で“自由”を意味する“ウフル”と命名され、山頂には“ウフル・トーチ(自由の松明)”が灯されたほか、初代大統領ジュリウス・ニエレレによる独立宣言が刻まれたレリーフが設置されました。

 1964年、タンガニーカは対岸のザンジバルと連合し、タンガニーカ・ザンジバル連合共和国(現タンザニア連合共和国)が発足。新政権は、1967年にアルーシャ宣言を発して社会主義化を進め、“ウジャマー村”と呼ばれる協同農場を各地に設けました。しかし、キリマンジャロ地域のコーヒー農場は独立以前から外国人が経営している大規模プランテーションも多かったことから、農業集団化は強行されず、このため、1985年、ウジャマー村が惨憺たる失敗に終わり、大統領のニエレレが引退に追い込まれた際にも、経済失政のダメージは比較的軽微でした。

 この間、1971年にはアルーシャとモシの間にキリマンジャロ国際空港が開港。1973年には山域の一部、7万5575ヘクタールがキリマンジャロ国立公園に指定され、1987年にキリマンジャロ山域を含むキリマンジャロ国立公園が、ユネスコの世界遺産に登録されるなど、観光資源としての開発も進められています。ちなみに、少し古いデータですが、2013年、キリマンジャロ国立公園を訪れた観光客は5万3000人でした。

 さて、『世界の切手コレクション』8月2日号の「世界の国々」では、キリマンジャロについての長文コラムのほか、世界遺産・コンドアの岩絵、キリマンジャロ・コーヒー、ヴィクトリア湖、探検家・リヴィングストンとスタンリーの切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、「世界の国々」の僕の担当回ですが、今回のウルグアイの次は、きのう(9日)発売の8月17日号でのイタリアの特集になります。こちらについては、発行日の17日以降、このブログでもご紹介する予定です。 

      
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

スポンサーサイト
別窓 | タンザニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 上海蟹の無許可飼育摘発
2015-02-20 Fri 21:23
 生きたままの上海蟹を無許可で取り扱っていたなどとして、警視庁生活環境課は、きょう(20日)、中国人の男二人を特定外来生物被害防止法違反(無許可飼養)容疑などで書類送検しました。というわけで、この切手です(画像はクリックで拡大されます)

      タンザニア・上海蟹

 これは、1994年にタンザニアが発行した“世界の蟹”シリーズのうち、上海蟹(Eriocheir sinensis)を描いた1枚です。

 上海蟹(チュウゴクモクズガニ)は、中国語では中華絨螯蟹もしくは大閘蟹と呼ばれています。前者は、「中国の絨毛のあるはさみを持つ蟹」という意味で、はさみ状の爪の回りにはびっしりと絨毛が生えていることに由来する名前で、この絨毛を藻屑になぞらえたのが和名の“チュウゴクモズクガニ”の由来となりました。一方、大閘蟹という名前の由来は諸説ありますが、産卵のために下ってくるところを、堰止めて取ることからつけられたという説明が多いようです。

 中国の長江流域を中心に、遼寧省から広東省まで、さらには朝鮮半島の河川などに分布していますが(最も有名な産地は蘇州の陽澄湖)、幼生は海水から汽水域で育つため、秋に、河口で生殖したのち、雌が海水域に移動して産卵します。中華料理店などで生きたまま十文字に縛って売られているのは、輸送中に動き回ると、はさみで傷つけあったり足が取れたりして傷が付くためです。

 さて、食べると美味しい上海蟹ですが、河床に多数の大きな巣穴をあけて堤防を弱体化させたり、漁獲物を横取りして漁業に被害を及ぼしたりするだけでなく、陸上を移動して他の水系へ侵入して広範囲に拡散する習性を持つため、自然保護の観点からは、侵略的外来種として悪名高い存在となっています。ヨーロッパでは、1913年にドイツで棲息が確認されて以来、フィンランド、ノルウェー、ロシア、英国、フランス、オランダ、スペイン、ポルトガル、セルビアなど分布を拡大。北米でもカリフォルニア湾、セントローレンス川、チェサピーク湾等に棲息しているほか、近年はイラクなど中東諸国でも確認されています。

 このため、国際自然保護連合が上海蟹を“世界の侵略的外来種ワースト100”にリストしているほか、国際海事機関は“侵略的外来種の世界ワースト10”に挙げています。ちなみに、わが国では、2005年12月、外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きた個体を取り扱うには環境省から飼育・調理の許可を得なければならない等、日本国内への持ち込みが厳しく規制されています。今回の摘発は、これに抵触したもので、上海蟹を巡る同法違反容疑での摘発は全国初だそうです。

 ちなみに、僕自身は食材としての上海蟹が好きで、数年前、無錫のアジア展に参加した帰り、上海の空港で生きた上海蟹が売られているのを見て、よっぽど買って帰ろうと思いましたが、コミッショナーとして日本人出品者の皆さんの作品をお預かりしている以上、成田の検疫や通関でトラブルになるのはまずいと思って泣く泣くあきらめたことがあります。今回の事件があるまで、上海蟹が特定外来生物として日本への持ち込みが制限されていることなど全く知りませんでしたが、結果的に、買って帰らなくて正解だったと胸をなでおろしているところです。

 *本日、名古屋市の栄中日文化センターで開催の講座「切手と郵便物に刻まれた“終戦”」は、無事、盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様ならびに開催の労を取っていただいたスタッフの方々には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★ 講座「切手と郵便物に刻まれた“終戦”」(2月20日)のご案内 ★★★ 

       ミズーリの消印

 2月20日13:00~14:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「切手と郵便物に刻まれた“終戦”」と題する講座を行います。

 2015年は第二次世界大戦の終戦から70周年にあたります。終戦の年の1945年はあらゆる意味で社会が激変した年ですが、その影響は切手や郵便物にもさまざまな痕跡を残しています。今回の講座では、当時の切手や郵便物を読み解いていくことで、一般の歴史書では見落とされがちな終戦の諸相を、具体的なモノの手触りとともに明らかにしてみたいと思っています。

 詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、日本の降伏文書調印が行われた米軍艦ミズーリ号から降伏文書調印日に差し出された郵便物の一部分です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 毎月1回(原則第1火曜日:3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 次回開催は3月3日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | タンザニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の国々:タンザニア
2014-10-22 Wed 12:04
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2014年10月22日号が、先週、刊行されました。僕が担当しているメイン特集「世界の国々」のコーナーでは、今回はタンザニアを取り上げました。その記事の中から、こんなモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      タンガニーカ・ザンジバル連合共和国

 これは、1964年、現在のタンザニアの直接の前身であるタンガニーカ・ザンジバル連合共和国の切手で、同国の地域概念を示す地図が描かれています。

 現在のタンザニア国家の大陸部分にあたるタンガニーカの地域は、第一次大戦までは、現在のブルンジ、ルワンダとともに、ドイツ領東アフリカとしてドイツの支配下に置かれていました。第一次大戦でドイツが敗れると、旧ドイツ領東アフリカは解体され、英委任統治領タンガニーカとベルギー委任統治領のルワンダ=ウルンディに分割されます。

 1927年、英国は東アフリカのウガンダ、ケニア、タンガニーカ、ザンジバルの4地域を包括する関税同盟を結成し、同盟の域内では共通通貨として東アフリカ・シリングの使用が開始されました。これに伴い、ザンジバルを除く大陸の3地域では郵便組織も共通となり、ケニヤ・ウガンダ・タンガニーカ表示の切手がこれら3地域で使用されています。
 
 第二次世界大戦が勃発するとタンガニーカからも多くの兵士が英連邦軍に参加して出征したことから、タンガニーカでも民族意識が高揚。タンガニーカ・アフリカ人民族同盟による独立運動が展開され、1961年12月9日、独立国家としてのタンガニーカが誕生し、ジュリウス・ニエレレが初代首相(1962年以降大統領)に就任しました。

 一方、ザンジバルは、もともとアラビア半島・オマーンの支配下にあった土地がイギリスの保護領になったという経緯があり、保護領時代もアラブ系スルタン(地方君主)の支配が継続。1963年の独立後もスルターンの地位は維持されたため、人口の多数派を占めるアフリカ系は不満を持っていました。また、独立後の総選挙では、選挙区の区割りの関係から、最大得票数を得たアフリカ系主体のアフロ・シラジ党(ASP)の議席数より、国民党(ZNP。アラブ主体)=ザンジバル・ペンバ人民党(ZPPP。親アラブのシラジ人主体)連合の議席数が上回るという結果になり、このこともアフリカ系の不満を増大させる要因となっていました。

 こうした背景の下、1964年1月12日、これに不満を持つASP青年団のジョン・オケロは“自由の戦士”と称する若者300人を集めて暴動を起こしました。

 “自由の戦士”は直ちに首都の警察署と憲兵隊を制圧。スルターンは亡命を余儀なくされ、島内では5万人ものと言われたアラブ系ないしはアジア系住民のうち1万2000人が犠牲となりました。いわゆるザンジバル革命です。

 革命が起きた当時、対岸のタンガニーカにいたASPの指導部は、“自由の戦士”の暴走に驚愕。ASP議長のカルメはザンジバルに戻ってザンジバル人民共和国の成立を宣言し大統領に就任しましたが、混乱を収束させられませんでした。

 このため、カルメは、1964年4月、オケロを追放し、治安回復のためタンガニーカに警官隊投入を要請。4月26日、タンガニーカ・ザンジバル連合共和国を成立させ、ザンジバル国家そのものを消滅させることで事態を収拾するという荒業に打って出ました。今回ご紹介の切手は、こうした事情の下で発行されたものです。

 その後、新国家は、タンガニーカとザンジバル、それにアフリカ南部で栄えたアザニア文化の名前をあわせて“タンザニア連合共和国”と命名され、旧タンガニーカと旧ザンジバルは完全に対等の連合関係ということで、ザンジバルには大幅な自治権を与えらる体制となっています。

  さて、今回の『世界の切手コレクション』の「世界の国々」では、旧タンガニーカの時代から現在のタンザニア国家ができあがっていくまでの歴史的な経緯だけでなく、キリマンジャロ山の切手や現地の伝統的な木彫の切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の10月29日号では、「世界の国々」はラオスにフォーカスを当てておりますが、こちらについては、来週水曜日に、このブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ トークイベントのご案内 ★★★

 ・11月1日(土) 14:30- 全国切手展<JAPEX>
 東京・浜松町で開催される全国切手展<JAPEX>会場内で、拙著『朝鮮戦争』のトークイベントを予定しております。よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。なお、詳細は主催者HPをご覧いただけると幸いです。


 ★★★ インターネット放送出演のご案内 ★★★

      チャンネルくらら写真

 インターネット放送・チャンネルくららにて、10月8日より、内藤がレギュラー出演する新番組「切手で辿る韓国現代史」が毎週水曜日に配信となります。青字をクリックし、番組を選択していただくとYoutube にて無料でご覧になれますので、よろしかったら、ぜひ、ご覧ください。(画像は収録風景で、右側に座っているのが主宰者の倉山満さんです)

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から、毎月1回(原則第1火曜日:10月7日、11月4日、1月6日、2月3日、3月3日、3月31日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月7日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『朝鮮戦争』好評発売中! ★★★ 

 お待たせしました。約1年ぶりの新作です!

        朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各電子書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

 *8月24日付『讀賣新聞』、韓国メディア『週刊京郷』8月26日号、8月31日付『夕刊フジ』、『郵趣』10月号、『サンデー毎日』10月5日号で拙著『朝鮮戦争』が紹介されました!


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | タンザニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/