内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 最長独裁政権、さらに延長
2016-04-28 Thu 17:47
 今月25日に大統領選挙が行われたアフリアの赤道ギニアで、きょう(28日)、1979年以来、世界最長の政権を維持し続けているテオドロ・オビアン・ンゲマ(以下、ンゲマ)大統領の当選が正式に発表されます。というわけで、きょうはこの切手です。

      赤道ギニア・革命2周年(ンゲマ)

 これは、1981年に赤道ギニアが発行した“革命2周年”の記念切手で、当時のンゲマの肖像が取り上げられています。

 スペイン領赤道ギニアは、住民投票の結果、1968年10月12日、赤道ギニア共和国として独立し、急進左派のマシアス・ンゲマ(以下マシアス)が初代大統領に就任しました。

 マシアス政権は親ソ政権として、共産圏諸国に倣った閉鎖的・強権的な国家建設を進め、1970年には与党・労働国民統一党以外の政党を禁止。1972年7月にはみずから終身大統領を宣言し、独裁体制を固めます。また、アフリカ化政策を推進し、地名の変更(たとえば、フェルナンド・ポー島はビオコ島に改称されました)を進める一方、反政府勢力とみなした国民を容赦なく粛清。特に、ブビ人に対する迫害・虐殺政策は苛烈を極め、恐怖支配を逃れて国民の3分の1が国外へ亡命するなど、“アフリカのアウシュヴィッツ”と恐れられました。

 1979年に入るとマシアスは親族の粛清も開始したため、身の危険を感じた甥で陸軍中佐のンゲマは、同年8月3日、クーデターを敢行。ンゲマを最高軍事評議会議長(国家元首)とする軍事政権が樹立され、逮捕されたマシアスは、9月29日に処刑され、翌10月、ンゲマが大統領に就任し、現在まで続く超長期政権が開幕します。

 1982年の民政移管後もンゲマは大統領職に留任し、1987年、一党独裁の政権党として赤道ギニア民主党(以下PDGE)を結成。1989年、独立後初の大統領選挙で“信任”されました。

 これに対して、旧宗主国のスペインをはじめ西側諸国はンゲマ政権に民主化を要求したため、1991年11月、複数政党制を認めた新憲法が制定されたものの、大統領の独裁的な権限は温存されていたため野党勢力は反発。1996年2月の大統領選挙は、野党のボイコットにより、ンゲマが得票率99%で4選を果たしました。

 ンゲマ政権は、2002年12月に5選、2009年11月に6選を果たしていますが、過去の大統領選挙でのンゲマの得票率は、いずれも95%を超えており、選挙の公正性については疑問視されているものの、国内の政権批判は完全に封じ込められています。ちなみに、赤道ギニアには日刊紙を発行する新聞社は存在せず、テレビは国営放送のみ。唯一の民間ラジオもンゲマの息子が経営しており、メディアはこぞって、ンゲマのことを“全知全能の存在”と称賛し続けています。

 2011年には、1969年に発足したリビアのカダフィ政権が崩壊したため、この時点で、ンゲマ政権は、世襲の君主を除くと、世界最長となり、以来、現在に至るまで記録を更新中というわけです。

 その後、2012年には大統領の3選禁止(1期は7年)を定めた改正憲法が施行され、今回の大統領選挙実施となったわけですが、3選禁止の規定は、過去通算ということではなく、今回の選挙からの適用です。このため、今回の選挙で当選したンゲマは、理論上は、さらに2037年まで3期、大統領の地位を維持することが可能とされています。その場合、大統領の在任期間は58年間になりますが、これは、赤道ギニアの平均寿命、52.61歳を軽く超える数字です。なんだかなぁ。


 ★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 4月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の新刊  『ペニー・ブラック物語』 のご案内 ★★★ 

       ペニーブラック表紙 2350円+税

 【出版元より】
 若く美しい女王の横顔に恋しよう!
 世界最初の切手
 欲しくないですか/知りたくないですか

 世界最初の切手“ペニー・ブラック”…名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという収集家も多いはず。本書はペニー・ブラックとその背景にある歴史物語を豊富なビジュアル図版でわかりやすく解説。これからペニー・ブラックを手に入れたい人向けに、入手のポイントなどを説明した収集ガイドもついた充実の内容です。

 発売元の特設サイトはこちら。ページのサンプルもご覧いただけます。


 ★★★ 内藤陽介の新刊  『アウシュヴィッツの手紙』 のご案内 ★★★ 

       アウシュヴィッツの手紙・表紙 2000円+税

 【出版元より】
 アウシュヴィッツ強制収容所の実態を、主に収容者の手紙の解析を通して明らかにする郵便学の成果! 手紙以外にも様々なポスタルメディア(郵便資料)から、意外に知られていない収容所の歴史をわかりやすく解説。

 出版元のサイトはこちら。各書店へのリンクもあります。

 インターネット放送「チャンネルくらら」にて、本書の内容をご紹介しております。よろしかったら、こちらをクリックしたご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | 赤道ギニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の国々:赤道ギニア
2015-06-03 Wed 12:56
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年6月3日号が、先週刊行されました。僕が担当しているメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回は赤道ギニアの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      赤道ギニア・捕鯨

 これは、スペイン領フェルディナンド・ポーで発行された捕鯨の切手です。

 現在の赤道ギニア国家の首都マラボがあるビオコ島は、1472年、インド航路を求めて大西洋を南進していたポルトガル人のフェルナン・ド・ポーが発見したため、彼にちなんで、“フェルナンド・ポー島”と命名され、ポルトガル人は同島を領有して城砦を築いていました。

 1778年、ポルトガルはブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スルでスペインと衝突。このため、ブラジルの領有権をスペインに認めさせる代償として、フェルナンド・ポー島とリオ・ムニ(現在の赤道ギニア国家の大陸部分)をスペインに割譲します。

 スペインの統治下で、フェルナンド・ポー島は奴隷貿易の中継地として繁栄したが、リオ・ムニでは黄熱病の蔓延もあって、スペイン人の入植は進みませんでした。

 1823年、財政難のスペインが英国にフェルナンド・ポー島を賃貸すると、英国は、1827年、現在のマラボの場所に港町としてポート・クレランスを建設。1834年、英領全域において奴隷制度が廃止されると、ポート・クレランスにはギニア湾東部で解放奴隷となった人々が集まり、都市が形成されていくことになります。

 その後、スペインは、1843年にフェルナンド・ポー島の支配を回復し、ポート・クレランスをサンタ・イザベルと改称。現地住民を徴用し、カカオとコーヒーのプランテーションを拡大。これに伴い、通信制度の整備も必要となり、1868年には同島で切手を用いた近代郵便制度も開始されます。

 スペインによる植民地支配はきわめて過酷で、1898年と1902年には大規模な反乱も発生したが、スペインはこれを武力で鎮圧しました。

 一方、列強によるアフリカ大陸分割の過程で、スペインは大西洋岸からウバンギ川にいたる30万平方キロの領有権を主張していましたが、1900年、フランスとの間で結ばれたパリ条約では、スペインの領土はフェルナンド・ポー島と大陸側のリオ・ムニの2万6000平方キロ、および周辺の小島(アンノボン島、大小エロベイ島、コリスコ島)に限定されます。これを受けて、スペイン当局は、1902年にはリオ・ムニ地域で使用するための“スペイン領ギアナ”名の切手を、1903年には沿岸の小島で使用するための“アンノボン、エロベイおよびコリスコ”名の切手を発行します。

 その後、1926年には、これらの地域をあわせて“スペイン領ギアナ植民地”が正式に発足するが、これに先立ち、1909年以降、上記3地域では、“スペイン領ギアナ”名の切手は上記の3地域で使用されるようになりました。

 さらに、1958年、スペイン領ギニアは植民地から海外県に昇格し、住民は本国同様の市民権を得ることになります。1963年にはスペイン領赤道ギニアと改称され、フェルナンド・ポー県と大陸のリオ・ムニ県に分割され、翌1964年には両自治政府が樹立。これに先立ち、1960年から、両地域では別個の切手が使用されます。その後、スペイン領赤道ギニアは、住民投票の結果、1968年10月12日、赤道ギニア共和国として独立し、急進左派のマシアス・ンゲマが初代大統領に就任しました。

 今回ご紹介の切手は、こうした背景の下、1960年にフェルディナンド・ポーで発行された寄附金つき切手で、アンノボン島の伝統捕鯨が取り上げられています。

 アンノボン島はビオコ島の南西595kmの地点に位置する火山島で、地名は1472年にポルトガル人が元旦(=アンノボン)に発見したことが由来です。海岸線は北部を除いて切り立っており、湿度が高く、ほぼ毎日、雨が降り、霧が発生するため、元は無人島でしたが、スペイン統治以降、今回ご紹介の切手に見られるように、カユクスと呼ばれる小型ボートに乗り、銛を使って沿岸で捕鯨を行う漁民が定住するようになりました。現在でも島民による伝統捕鯨は継続されており、そうしたこともあって、赤道ギニア政府は国際捕鯨委員会では捕鯨賛成票を投じています。

 さて、『世界の切手コレクション』6月3日号の「世界の国々」では、赤道ギニアの近現代史について概観した長文コラムのほか、世界最長の独裁政権を維持し続けるテオドロ・オビアン・ンゲマ、亀猟が行われているンビニ海岸、アフリカ有数の産油国としての同国経済を支える国営石油企業G.E.ペトロールの切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の6月10日号では、「世界の国々」はコンゴ(旧ベルギー領)を特集していますが、こちらについては、来週、このブログでもご紹介する予定です。

 * 本日未明、カウンターが152万PVを超えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、お礼申し上げます。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 赤道ギニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/