内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 OSCE監視団、ウクライナへ
2014-03-22 Sat 16:42
 きのう(21日)、全欧安保協力機構(OSCE)常設理事会の特別会合がウィーンで開かれ、ロシアを含む全会一致で、ウクライナに国際監視団100人を派遣することが決定されました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       フィンランド・CSCE(1972)

 今回、ウクライナに国際監視団を派遣するOSCEのルーツは、1972年11月22日、フィンランドの提案により、ヘルシンキで開催されたヨーロッパ安全保障協力会議(CSCE)の多国間準備協議が開催されたことに求められますが、これは、その準備協議に際して、フィンランドが発行した記念切手です。

 東西冷戦下で、欧州全体の安全保障について陣営に関係なく話し合うための会議を開催しようという動きは1950年代からありましたが、1969年3月、東側諸国がいわゆるブダペスト・アピールを発して汎ヨーロッパ会議の開催を提案します。

 こうした状況の下で、フィンランドの提案により、1972年11月、CSCE設置に向けた多国間準備協議が開催され、1973年7月以降、NATO諸国・ワルシャワ条約機構諸国・欧州の中立・非同盟諸国による事務レベル協議が繰り返され、1975年8月、いわゆるヘルシンキ最終協定が採択。これを受けて、事実上の鎖国状態にあったアルバニアを除く全欧州諸国と米、カナダの計35カ国によるCSCEが正式に発足しました。

 その後、ソ連ユーゴスラビアの解体に伴って加盟国は増大したことを受けて、1994年12月のブダペスト首脳会議において、現在の欧州安全保障協力機構(OSCE)へと組織変更されました。

 2014年現在、加盟国は57ヵ国で、日本を含むアジア・アフリカ・オセアニアの11ヵ国が協力国として関わるなど、地域的安全保障組織としては世界最大の規模となっています。その目的は、民主主義体制の構築・強化および、基本的人権の保障と保護、武力行使の抑止における、加盟各国の協力と相互尊重で、本部はウィ-ンに置かれています。

 さて、今回、OSCEがウクライナに派遣する国際監視団は文民からなる100名(最大400名の追加派遣が可能)で、「緊張緩和および平和と安定、安全の促進」を目的に、現地時間のきょう(22日)から派遣が開始されます。監視団は、首都キエフを拠点に、ロシア系住民が多い東部のドネツィク(ロシア名ドネツク)、南部オデーサ(ロシア名オデッサ)などで活動し、治安情勢を監視して報告することになっています。

 OSCEの国際監視団については、コソヴォ派遣に際してのカバーというのを以前に見たことがあるのですが、今回のキエフやオデーサはそれとは比べ物にならないくらいの大都市ですからねぇ。いずれ、何らかの関連マテリアルが入手できたら、このブログでもご報告したいと思います。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★   

 4月から、毎月1回(第1火曜日:4月1日、6月3日、7月1日、8月5日、9月2日)、よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)荻窪で下記の一般向けの教養講座を担当します。(詳細はそれぞれ講座名をクリックしてください)

 ・朝鮮半島のことを学ぼう 時間は13:00-14:30です。

 ・イスラムを学ぶ 時間は15:50-17:00です。

 初回開催は4月1日で、講座は途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 講座「世界紀行~月一回の諸国漫郵」のご案内 ★★★ 

亀戸講座(2014前期)・広告

 東京・江東区亀戸文化センターで、5月から毎月1回、世界旅行の気分で楽しく受講できる紀行講座がスタートします。美しい風景写真とともに、郵便資料や切手から歴史・政治背景を簡単に解説します。受講のお楽しみに、毎回、おすすめの写真からお好きなものを絵葉書にしてプレゼントします!

 詳細は、こちらをご覧ください。


 ★★★ 文京生涯カレッジ(第13期)のご案内 ★★★

 文京学院大学が一般向け(=どなたでも受講できます)にさまざまな講師を招いて行う通年の教養講座「文京生涯カレッジ」の第13期が4月15日から始まります。僕も、7月15・22日に「バスコ・ダ・ガマのインドを歩く」、9月9日に「ドバイ歴史紀行」のお題で登場します。詳細はこちらですので、よろしかったら、ぜひご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新作 『蘭印戦跡紀行』 好評発売中! ★★★

 『蘭印戦跡紀行』広告

 日本の兵隊さん、本当にいい仕事をしてくれたよ。
 彼女はしわくちゃの手で、給水塔の脚をペチャペチャ叩きながら、そんな風に説明してくれた。(本文より)

 南方占領時代の郵便資料から、蘭印の戦跡が残る都市をめぐる異色の紀行。
 日本との深いつながりを紹介しながら、意外な「日本」を見つける旅。

 出版元特設ページはこちらです。また、10月17日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿南店で行われた『蘭印戦跡紀行』の刊行記念トークの模様が、YouTubeにアップされました。よろしかったら、こちらをクリックしてご覧ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 小さな世界のお菓子たち:キャンディーの切手
2011-07-02 Sat 20:27
 大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第12号(2011年夏号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

        ファッツェル社100年

 これは、1991年にフィンランドが発行したファッツェル社100年の記念切手です。

 フィンランドを代表する製菓会社、ファッツェル社の創業者、カール・ファッツェルは1866年、ヘルシンキで生まれました。ベルリン、パリ、サンクト・ペテルスブルクで修業した後、ヘルシンキに戻り、1891年9月17日、フランス=ロシア菓子の店をオープン。その製品は評判を呼び、創業からほどなくして北欧諸国の皇族御用達となり、事業は急速に拡大していきました。現在、同社は、フィンランド国内のみならず、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、バルト諸国、英国、ロシアなどに従業員1万人以上を抱える巨大企業にまで成長しています。

 そんなファッツェル社の創業100年を記念して、1991年、フィンランド郵政は記念切手を発行しました。

 切手は青色のバックに同社のキャンディ“KISS-KISS”と3匹の猫を描いた可愛らしいモノ。フィンランド語では猫を“KISSA”ということにひっかけて、“KISS-KISS”の包み紙には猫が描かれています。ただし、包み紙が巻かれた状態ではせっかくの猫の顔も歪んでしまい、わかり行くいので、切手では包み紙から抜け出した猫がキャンディの周りを取り囲む構図がとられています。ちなみに、中身のキャンディは、チョコレート味のソフトキャンディをピンク色のベリー味のキャンディでコーティングしたものだそうです。

 また、ファッツェル社には、1922年以来変わらぬレシピで作られ続けている“ファッツェル・ブルー”というミルク・チョコレートの定番商品があり、同社のロゴマークにも青色が使われています。フィンランド人にとって、切手の青色はまさにファッツェル・ブルーということなのでしょう。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

    5月29日付『讀賣新聞』に書評掲載
  『週刊文春』 6月30日号「文春図書館」で
  酒井順子さんにご紹介いただきました !

        切手百撰・昭和戦後
         切手百撰 昭和戦後
       平凡社(本体2000円+税)    

  視て読んで楽しむ切手図鑑!
  “あの頃の切手少年たち”には懐かしの、
  平成生まれの若者には昭和レトロがカッコいい、
  そんな切手100点のモノ語りを関連写真などとともに、オールカラーでご紹介

  全国書店・インターネット書店(amazonboox storeconeco.netJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスエキサイトブックス丸善&ジュンク堂楽天など)で好評発売中!
別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 フィンランド最初の切手
2006-04-27 Thu 14:10
 いよいよ明日(28日)から、東京・浅草の都立産業貿易センター6・7階で春の切手イベントスタンプショウ06が開幕します。かねてご案内の通り、今年のスタンプショウでは、ムーミン60年+フィンランド切手発行150年にちなみ、「ムーミンの国・フィンランド切手展」を開催します。

 というわけで、今日はフィンランド切手展の“予習”を兼ねて、1856年に発行されたフィンランド最初の切手について、簡単にご説明することにしましょう。

フィンランド最初の切手

 イギリスで世界最初の切手が発行されてから5年後の1845年、当時、帝政ロシアの下の大公国であったフィンランドでは、郵便改革の一環として切手つき封筒の使用が開始されました。これが一定の成果を収めたことを踏まえて、1856年3月、切手付封筒の印面と同図案の切手が試験的に導入されました。これが、今日の画像(クリックで拡大されます)でご紹介しているフィンランド最初の切手になります。

 切手は青い5コペイカと赤い10コペイカの2種類で、デザインはいずれも楕円形の中にフィンランドの紋章と郵便を示すポストホルンを組み合わせたものです。切手上には“フィンランド”を示す表示はなく、額面の数字もラテン文字とキリル文字(ロシア文字)で併記されるなど、宗主国ロシアの支配下にあることを強くうかがわせる内容となっています。ただし、帝政ロシアが最初の切手を発行したのは1857年12月のことでしたから、フィンランドでの切手発行はこれに先んじることになりました。

 切手は大きな用紙に1枚分ずつの印判を押すという簡単な製法で作られたため、随所に偽造を防ぐためのシークレットマークが入れられています。なお、目打(切手周囲のミシン目)は、この段階では入れられておらず、1枚ずつ切り離す時にはハサミが使われました。このため、シートから切手を切り離す際に、楕円形の枠にハサミが当たってしまったものも少なからずあり、枠が完全に残っている単片は珍重されています。

 この切手を用いた郵便制度が軌道に乗ったことを受けて、2年後の1858年から、ロシア支配下のフィンランドでは切手を用いた郵便制度が本格的にスタートすることになります。

 明日から30日(日)までの「ムーミンの国・フィンランド切手展」では、今日ご紹介している最初の切手以降、150年間に及ぶフィンランド切手の歴史を通観できるようになっております。北欧独自の美しいデザインで人気のフィンランド切手ですが、なかなか、日本ではまとまって診る機会は少ないと思いますので、是非、この機会にご参観いただけると幸いです。

 なお、会期中の29日(土)14:30からは、会場6回の特設スペースで、僕の最新作『一億総切手狂の時代:昭和元禄切手絵巻 1966-1971』の刊行を記念して、ミニ講演と即売サイン会をやりますので、よろしかったら、こちらにも、ぜひ遊びに来てください。

別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 続・幻のヘルシンキ五輪
2006-04-24 Mon 23:57
 今週の金曜日(28日)から、いよいよ、東京・浅草の都立産業貿易センター6・7階で春の切手イベントスタンプショウ06が開幕します。かねてご案内の通り、今年のスタンプショウでは、ムーミン60年+フィンランド切手発行150年にちなみ、「ムーミンの国・フィンランド切手展」を開催します。

 というわけで、会期も迫ってきたことですし、今日は10日くらい前に書いた「幻のヘルシンキ五輪」の続編として、こんなものをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

蘇芬戦争カバー

 このカバー(封筒)は、蘇芬(ソ連=フィンランド)戦争最中の1940年1月、ヴァーサからヘルシンキ宛に差し出されたもので、封筒の左下に押されているのは検閲印です。

 「幻のヘルシンキ五輪」でも簡単に触れましたが、1939年9月、ドイツとの密約でポーランドを分割したソ連はフィンランドを恫喝して領土の割譲を要求し、同年11月30日にフィンランドに侵攻。蘇芬戦争が勃発します。フィンランド軍は勇敢に戦い、なんとか国家としての独立は守ったものの、1940年3月の講和条約で国土の10%の割譲を余儀なくされました。

 今回のカバーは、そうした蘇芬戦争の最中に差し出されたものですが、こうした状況下にあっても、何とか戦争を終結させて五輪の開催を実現しようとしていたのでしょうか。カバーの裏面には下のような五輪の宣伝の標語印が押されています。

カバー裏面

 この標語印の押されたカバーの大半は1939年中のもので、ソ連との戦争が始まった後のモノは、案外、見かけません。やはり、一般的な世論としては、もはや五輪どころではないといった雰囲気で、標語印を使うこともはばかられたということなのでしょうか。

 結局、開催国のフィンランドが対ソ戦争で大きな打撃を受けたことにくわえ、欧州大戦が本格化したこともあり、1940年のオリンピックは中止に追い込まれ、ヘルシンキ大会は、東京大会同様、“幻のオリンピック”となってしまいます。

 「ムーミンの国・フィンランド切手展」では、このカバーを「幻のヘルシンキ五輪」でご紹介したものとあわせて、ガラスケースで展示する予定です。決して高価なマテリアルというわけではないのですが、日本では語られることの少ない“幻のヘルシンキ五輪”の一端を示す歴史の証言者としてご覧いただけると幸いです。

 なお、スタンプショウ会期中の4月29日(土)14:30から、6階会場にて、『一億総切手狂の時代:昭和元禄切手絵巻 1966-1971』の刊行を記念して、ミニ講演と即売サイン会をやります。入場無料ですので、よろしかったら、ぜひこちらにも遊びに来てください。

別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 悲劇の“フィンランド化”
2006-04-19 Wed 23:57
 4月28日からのムーミンの国・フィンランド切手展まで、あと10日となりました。というわけで、フィンランドがらみのモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

フィンランド嘆願書

 この葉書は、朝鮮戦争中の1950年にフィンランドから国連事務総長トリグブ・リーに宛てて差し出されたもので、裏面には次のような文面が印刷されています。

嘆願書の文面

 (文面を僕なりに訳すと次のような感じです)
 国際連合事務総長
 トリグブ・リー様
 署名人は朝鮮での戦争に関わる全ての人に、次のように訴えます。
 ・朝鮮ならびに台湾問題を交渉によって解決する用意がある人々に対して、時間を与えてください。
 ・いかなる障害にも負けず、仲介を諦めないで下さい。
 ・中華人民共和国に国連の代表権を与えてください。
 世界の人々は、戦争ではなく、平和を望んでいます。

 第二次大戦中、ソ連軍の侵略と戦ったフィンランドは、ソ連が“戦勝国”となった煽りを受けて、戦後、“敗戦国”として出発したばかりか、ソ連の圧力で、マーシャルプランの受け入れも“辞退”させられます。

 このため、冷戦時代のフィンランドは、北大西洋条約機構 (NATO)にもワルシャワ条約機構にも加盟せず、中立を貫く一方で、ソ連の干渉を未然に防ぐために“親ソ”のポーズを取り続けます。こうしたフィンランドの姿勢から、冷戦下のヨーロッパでは、“フィンランド化”(西側諸国の一員としての経済体制を維持しつつも、国家運営がソビエト連邦との関係を優先的に配慮した傾向に傾いた状態)という表現も生まれました。とはいえ、当時のフィンランドにとっては、戦争をも覚悟してソ連との対決姿勢を鮮明にするという選択肢は、あまりに危険な賭けで、到底乗ることはできなかったわけですが…。

 今日ご紹介している葉書の文面にも、朝鮮戦争の中国の代表権問題などで東よりの中立というフィンランドの姿勢がにじみでており、こうした主張を訴える葉書を組織的に差し出さざるを得なかった彼らの苦衷は察するに余りあります。

 4月28日からのムーミンの国・フィンランド切手展では、この葉書は展示されませんが、会場に並んでいるお洒落なフィンランドの切手の背後に隠された苦悩の戦後史に思いをはせるのも悪くはないような気がします。

別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 幻のヘルシンキ五輪
2006-04-14 Fri 16:06
 4月28日スタートの<スタンプショウ06>まで、あと2週間となりました。今年は、ムーミン60年にしてフィンランドの切手発行150年ということで、フィンランド大使館のご協力もいただき、“ムーミンの国・フィンランド切手展”を派手にやることになっています。

 というわけで、今日からスタンプショウ開幕までの間、その事前の宣伝を兼ねて、僕の手持ちのストックの中からフィンランドがらみのモノを不定期にご紹介していこうかと思います。まずは、この1枚。(画像はクリックで拡大されます)

ヘルシンキ五輪宣伝封筒

 このカバー(封筒)は、幻に終わった1940年のヘルシンキ五輪の宣伝のために作られたものです。

 1940年のオリンピックは、当初、東京で開催される予定でしたが、1937年に勃発した日中全面戦争の影響で日本が開催を返上。このため、フィンランドの首都ヘルシンキが代替地に選ばれました。これを受けてフィンランド政府は五輪開催の準備を進め、今日ご紹介しているような宣伝封筒も作られました。

 しかし、1939年9月、ドイツとの密約でポーランドを分割したソ連はフィンランドを恫喝して領土の割譲を要求し、同年11月30日にフィンランドに侵攻します。いわゆる蘇芬(ソビエト-フィンランド)戦争です。その余波で、1940年のオリンピックはヘルシンキでの開催も不可能になり、1940年のヘルシンキ大会は、東京大会同様、“幻のオリンピック”となりました。

 今日ご紹介しているカバーは、開戦直前、ソ連侵攻の危機が深まっていた1939年11月21日、フィンランド軍の兵士が差し出した軍事郵便に用いられたもので、まさに、“幻のヘルシンキ五輪”を語るのにふさわしいマテリアルではないかと思います。

 このカバーは、会場でもなんらかの形で展示する予定ですので、よろしかったら、4月28~30日の<スタンプショウ06>で実物をご覧いただけると幸いです。

 *スタンプショウ会期中の29日(土)14:30~、ミニ講演と即売サイン会をやります(くわしくはこちら)ので、よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。

別窓 | フィンランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/