内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 1年間ありがとうございました。
2010-12-31 Fri 08:52
 2010年もいよいよ大晦日です。今年も皆様には本当にいろいろとお世話になりました。おかげさまで、主なものだけでも、下記のような仕事を残すことができました。

 <単行本>
        事情のある国の切手ほど面白い(表紙)
『事情のある国の切手ほど面白い』 メディアファクトリー新書

        マカオ紀行・表紙カバー
『マカオ紀行』(切手紀行シリーズ③) 彩流社

 <連載>
・「郵便学者の世界漫郵記」 『キュリオマガジン』(1月~2011年も継続)
・「泰国郵便学」 『タイ国情報』(1月号~2011年も継続)
・「エポックメイキング・プロジェクト」『建設業しんこう』(4月~2011年も継続)
・「切手に描かれたソウル」 『東洋経済日報』(7月~2011年も継続)
・「日豪戦争」『本のメルマガ』(7月~2011年も継続)
・「切手が語る宇宙開発史」 『ハッカージャパン』(1月~2011年も継続)
・「小さな世界のお菓子たち」 『Shall we Lotte』(1月~2011年も継続)
・「切手でめぐる庭園散歩」 『建設業しんこう』(~3月)

 <単発モノの論文・エッセイなど>
・「古き良き時代の香港エアメール」『キュリオマガジン』3月号
・「春が来たら、すし屋へ行こう」『キュリオマガジン』4月号
・「捕鯨浪漫主義」『キュリオマガジン』6月号
・「郵便から見えるチュニジア支配権の変遷」『チュニジアを知るための60章』明石書店
・「切手にみる世界のお国事情」『公明新聞』10月8日号
・「初めての記念切手」『(皇室の20世紀⑳)皇后美智子さまのお仕事』小学館

 <切手展>
・「マシュリク近現代史」(1月、第1回テーマティク出品者の会切手展)
・「アウシュヴィッツ郵便史」(11月、<JAPEX10>)

 このほかにも、公私にわたり、実に多くの方々より、ご支援・ご協力を賜りました。この場を借りて、皆様に厚くお礼申し上げます。

 明年は、時事通信配信の日替わりコラム「スタンプ巡り365」が元日から『神戸新聞』他に掲載される予定となっております。引き続き、ご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 最後に、来る年の皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げ、年末のご挨拶といたします。どうぞ、良いお年をお迎えください。

 内藤陽介拝


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

スポンサーサイト
別窓 | 内藤陽介の本 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 エポックメイキング・プロジェクト⑨
2010-12-30 Thu 09:05
 ご報告が遅くなりましたが、(財)建設業振興基金の機関誌『建設業しんこう』の12月号が出来上がりました。僕の担当する連載「切手で見るエポックメイキング・プロジェクト」では、今回は、東京の国立競技場を取り上げました。で、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

        国立競技場(東京五輪)

 これは、1964年10月10日に発行された東京五輪の記念切手のうち、国立競技場を描く1枚です。

 国立競技場(正式名称は国立霞ヶ丘競技場・陸上競技場)の前身は、1924年10月にアジア初の本格的な陸上競技場として、青山練兵場跡地に建設された“明治神宮外苑競技場”で、陸上競技やサッカー、ラグビー等を行う総合競技場として利用されたほか、戦時中には学徒出陣の壮行会が行われたことでも知られています。

 戦後、東京オリンピックの招致をにらんでアジア競技大会が招致されると、神宮競技場は取り壊され、その跡地に、建設省関東地方建設局(当時)の角田栄と設計・デザインの片山光生の二人を中心として国際大会にふさわしい競技場の建設が進められ、1958年の第3回アジア競技大会の開会にあわせて、現在の国立競技場が建設されました。

 さらに、オリンピックの開催が正式に決まると、1962年3月からの拡張工事により、収容人員増のためのバックスタンドの増設、正面スタンドから見て右側にあった聖火台のバックスタンド中央への移設、グラウンド地下道の新設、電光掲示盤や夜間照明設備の改修などが行われています。ちなみに、東京オリンピックの際には、国立競技場は、1964年10月10日の開会式と同24日の閉会式のみならず、陸上競技、サッカー(決勝と3位決定戦)、馬術の大賞典障害飛越の会場となりました。

 さて、国立競技場では、きょう(30日)はお昼から全国高校サッカーの開会式と開幕戦が行われます。明後日の元日にはサッカー天皇杯の決勝戦も行われますから、テレビなどで、切手と同じ角度からみたスタジアムの映像を目にする機会もありそうですな。

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:昭和・1961~1966 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 転居しました
2010-12-29 Wed 00:04
 私事ですが、昨日(28日)、1997年11月から13年間住んだ千葉県市川市から東京都墨田区に転居しました。郵便局には転居届を出しましたので、当面、旧住所にお送りいただいても転送されますので、すでに年賀状などをお送りいただいた方につきましては問題ございません。また、平素お付き合いのある方には、年賀状を兼ねた転居の御案内をお送りしておりますので、お手数ですが、住所録などの変更をお願いいたします。なお、物品の送付などで小生の新住所が必要な方は、本ブログのメールフォーム(右側の下の方にあります)にてご連絡ください。

 さて、引っ越しといえば、やはりこの切手でしょうかね。(画像はクリックで拡大されます)

        東京御著輦

 これは、1968年10月23日に発行された「明治百年」の記念切手のうち、小堀鞆音の「東京御著輦」を取り上げた1枚です。

 1968年は、1868年10月23日に元号が明治とあらためられてから100周年の節目に当たっていました。このため、政府は、この機会をとらえて、「明治元年から百年間にわたり、長い封建制を脱し、泰西の文明を吸収、近代国家完成への道を歩んだ我が国の発展」を祝うとともに、「政治、経済、文化その他すべての面にわたって偉大で強固な基盤を築き上げた先人の勇気と努力に感謝するとともに、このしあわせを、将来への限りない希望をこめて、次の日本の担い手である若い世代に引き継ごうとする覚悟を新たにしなくてはならない」との趣旨で記念行事を大々的に展開することを決定。1966年4月11日、明治百年記念準備会議の初会合を開き、同年9月28日の同会議の事業部会において、①国土の緑化、②青年の船、③歴史の保存と顕彰、④記念切手の発行、の4つを柱とする記念事業の実施案が定められました。

 これに伴い、同年10月、明治百年記念事業委員会が正式に発足し、1968年10月23日(明治改元の記念日)に日本武道館で開催の明治百年記念式典(中央祝典)をメイン・イベントとして、第23回国民体育大会、第17回全国青年大会、記念植樹と国土緑化運動 、記念講演の整備と建設、青年の船などの各種事業が“明治百年”の冠をつけて行われています。
 
 “明治百年記念”の直接的な記念切手は、中央祝典当日の10月23日に発行されました。当初、明治百年の記念切手は身体障害者援護事業の寄付金をつけて発売されることも検討されましたが、会計処理の問題から、通常の記念切手を二種類発行するということで決着しています。

 今回ご紹介の切手に取り上げられた「東京御著輦」は、東京・明治記念聖徳絵画館の壁画のひとつで、明治天皇の東京 城入城の場面を取り上げたものです。同館の“壁画案内”では以下のように説明されています。

 (明治天皇は)明治元年(一八六八)十月十三日(旧暦、新暦は十一月二十六日)東京にお着きになり東京城を皇居とお定めになりました。この日天皇の御輿には鳳凰が飾られ、行列の諸員は衣冠又は下垂姿で騎馬にまたがり、在京の諸官諸侯は坂下門、和田倉門の内外に整列、士民は感激してお迎えしました。この行列は長い間武家政治になれた関東士民の心を和らげるため特に朝廷古来の服装に改めて行われたものであります。この絵は御行列が西丸西門(今の二重橋)に入る光景です。

 オリジナルの壁画は縦3メートル、横2.7メートルの縦型ですが、切手に採用するにあたって、原画構成者の大塚均はこれを横型にアレンジしています。

 ちなみに、僕のような人間の引っ越しを明治天皇と一緒にするなんて畏れ多いと怒られそうですが、明治天皇が江戸城にお入りになった10月13日は、現在、「引っ越しの日」となっていますので、まぁご容赦ください。

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:昭和・1966~1971 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界漫郵記:ハバロフスク①
2010-12-28 Tue 09:04
 ご報告が遅くなりましたが、『キュリオマガジン』2011年1月号が出来上がりました。僕の連載「郵便学者の世界漫郵記」は、今回から、極東ロシア・ハバロフスク篇に突入です。今回はその初回ということで、記事の中から、こんなモノをもってきてみました。(以下、画像はクリックで拡大されます)

        アムール河畔(切手つき封筒1966)

 これは、1966年にソ連が発行した切手つき封筒で、木版調のカシェには、ハバロフスクのアムール河畔の船着き場と遠くに展望台が描かれています。

 ロシア極東連邦管区の本部所在地のハバロフスクは、アムール川中流域、ウスリー川との合流点のすぐ下流に位置しています。

 黒龍江という名でも知られるアムール川は満洲語では“黒い河”を意味する“サハリアン・ウラ”という名前で、モンゴル語では“ハラムレン”と呼ばれていました。現在のアムールという呼称は、このモンゴル語が元になっています。

 一方、都市としてのハバロフスクの歴史は1858年に始まりました。

 この年、帝政ロシアと清朝の間で結ばれたアイグン条約により、アムール川左岸はロシア領とされ、ウスリー川以東の外満州(現在の沿海州)は両国の共同管理地となったほか、清朝はロシアにアムール川の航行権を認めます。これと前後して、アムール川を東進してきたロシアはアムール川とウスリー川の合流地点に監視所を設置。これが現在のハバロフスク(当時は“ハバロフカ”と呼ばれていました)の始まりとされています。

 その後、1860年に清朝とロシアの間で北京条約が結ばれると、ハバロフカを含むアムール川東岸は正式にロシア領となりました。ちなみに、ハバロフカがハバロフスクと改称されたのは1895年のことです。

 今月から始まった連載では、今年3月に冬のハバロフスクを訪れた時の写真などもご紹介しながら、極東ロシアとその歴史をたどってみようと思っています。よろしくお付き合いいただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | ソ連:ブレジネフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 小さな世界のお菓子たち:クッキーの切手
2010-12-27 Mon 10:03
 ご報告が遅くなりましたが、大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『ShallweLotte(シャルウィロッテ)』の第11号(2010年冬号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

        アーモンドクッキーの切手

 これは、2002年にマカオで発行された「グルメとスイーツ(美食與舐品)」の小型シートで、マカオを代表する伝統的なお菓子として杏仁餅(アーモンド・クッキー)が取り上げられています。

 日本でよくみられる中華菓子の杏仁餅は、アーモンドを上に載せたクッキーであることが多いのですが、マカオの杏仁餅はそれとは少し違っていて、緑豆粉にアーモンドやピーナッツを混ぜて油で練り固めて型抜きし、乾燥させてつくります。サクサクとして、少し粉っぽい食感はクッキーというよりも、香ばしい落雁という感じでしょうか。

 画像では少し分かりにくいのですが、切手では“杏仁”の文字の部分に樹脂が塗られて盛り上がっており、杏仁餅の雰囲気がよく表現されています。なお、実際の杏仁餅では、最香餅家では“最香”、鉅記餅家では“鉅記”といった具合に屋号が入っているケースが多く、製品名の“杏仁”と入っているのは、主な店では、僕の知る限り、晃記餅家だけですから、切手に取り上げられているのは、晃記餅家のものだと思います。

 晃記餅家は氹仔の官也街にある老舗で、清代・光緒年間の1897年に高晃が創業しました。現在の当主・高培基は晃の孫で3代目。当初は茶樓を兼ねていましたが、1971年以降は菓子製造に専念するようになったそうです。下に店の写真と名刺の画像を貼っておきましょう。

        晃記餅家(店頭)       晃記餅家(名刺)

 ところで、マカオ郵政は小型シートの切手を“杏仁餅”としか説明していないので正確なところはわかりませんが、杏仁餅の下に描かれているのは、おそらく、雞仔餅ではないかと思います。

 雞仔餅は、清朝の時代に、中秋節の月餅作りで余った生地に適当な材料を加えて焼いたのが始まりで、焼きあがった姿がヒヨコ(=雞仔)に似ていたため、この名がつきました。現在では、小麦粉に油と水、麦芽糖を混ぜて生地に、豚バラ肉、玉ネギ、五香粉、強力粉に南乳(豆腐を紅麹の酵素で発酵させたもの)を混ぜて作った餡を包んで焼いて作ることが多く、塩気のある餡と外側のクッキーの甘さのバランスが味のポイントです。

 晃記餅家の店先には“馳名雞仔餅”との看板がかかっており、四角い小皿の上に杏仁餅と並べて写真を撮ってみたら、切手と同じような雰囲気になりました。

        杏仁餅と雞仔餅

 なお、晃記餅家のある氹仔は、のんびりとした雰囲気が心を和ませる場所です。拙著『マカオ紀行』でも1章を設けてご紹介しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 中国澳門:1999~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 泰国郵便学(11)
2010-12-26 Sun 10:02
 財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第44巻第6号ができあがりました。僕の連載「泰国郵便学」では、今回は“大東亜戦争”の勃発とタイの失地回復に関する話題を取り上げました。その中からこんなモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        シャン地方加刷(高額)

 これは、1943年10月1日に発行されたシャン地方切手のうち、シャン族の女性を描く10セント切手です。

 1941年12月8日、日本は米英に宣戦を布告し、“大東亜戦争”が勃発します。

 真珠湾攻撃の成功やイギリスの戦艦、プリンス・オブ・ウェールスならびにレパルスの撃沈などの戦果が報じられると、対日協力の見返りとして、日本の敵国となったイギリスに奪われた失地の回復を期待したタイは日本との交渉を進め、12月11日、日泰攻守同盟条約を調印。1942年1月25日、タイは英米に対して宣戦布告します。

 参戦に伴い、ピブーン政権は同盟条約に基づき、英領ビルマへの進攻を望みましたが、日本側はこれをなかなか認めず、1942年5月になって、ようやく、シャン州のモンパンやケントンなどへの進撃を認めただけでした。

 また、タイ領内に進駐した日本軍はタイ・バーツを日本円と等価に切り下げさせて物資を極端な安価で調達したほか、船舶をはじめとする敵性資産を独占的に接収してタイに返還しないなど、タイの同盟国としての立場を軽んじるような行動をとりました。さらに、日本軍の進駐により深刻なモノ不足が生じ、タイ国内のインフレも増進。このため、日本軍が東南アジア各地を破竹の勢いで進撃し続けていた1942年半ばには、早くも日本に対する期待感は急速にしぼんでいくことになります。

 1943年に入り日本の戦況が悪化すると、ピブーン政権は露骨に日本とは距離を置くようになりますが、これに対して、日本側はなんとかしてタイの対日協力を確保しようと、遅ればせながら、タイの悲願である失地回復を具体的に検討しはじめます。

 すなわち、1943年5月31日の御前会議で決定された「大東亜政略指導大綱」では、“対泰方策”として、①相互協力ノ強化、②マライ失地回復、③国境ノ調整などの方針が決定され、7月4日、東條英機首相がみずから訪タイし、マライ北部のケダー(クダとも)、ケランタン(クランタンとも)、トレンガヌ、ペルリス(プルリスとも)の4州とシャン地方のモンパン、ケントンの2州をタイ領に編入することを約束。これを受けて、8月20日、「『マライ』及『シャン』地方ニ於ケル『タイ』国領土ニ関スル日本国『タイ』国間条約」が調印されました。

 この条約にしたがい、10月19日、日本軍の占領下にあったマライ北部のケダー、ケランタン、トレンガヌ、ペルリスの4州がタイに返還されます。一方、同条約では、旧マライ4州同様、モンパンとケントンの2州はタイに返還されましたが、残りのシャン地方の所属は未定のままでした。

 すなわち、1943年5月の「大東亜政略指導大綱」に先立ち、日本側はビルマの対日協力を得るため、同年3月10日に『緬甸独立指導要綱』を決定。この方針に従い、同年8月1日、ビルマでは軍政が廃止され、バーモを首班とするビルマ国が独立します。ただし、同国の独立と同時に日本ビルマ同盟条約が締結され、ビルマは連合国へ宣戦布告し、日本軍の駐留はその後も終戦まで続けられ、タイならびに中国と接するシャン地方に関しては、戦略上の要衝であるとの理由から、日本軍が引き続き軍政を継続することになりました。

 このため、シャン地方では、独立ビルマとは別の郵政機関を組織する必要が生じ、今回ご紹介しているような独自の切手が発行されました。このシャン地方切手は10月1日に発行されましたが、その直前の9月25日、「『シャン』地方等ニ於ケル『ビルマ』国領土ニ関スル日本国『ビルマ』国間条約」が調印され、モンパン、ケントンの2州を除くシャン州(現在の南北シャン、ワーに加え、カヤ州がその範囲に相当する)は条約調印から90日以内に独立ビルマの領土に編入されるものとされます。

 なお、モンパンとケントンの2州がタイに返還されたのは10月19日のことですから、理論上は、10月1日から18日まで、これら2州でもシャン地方切手が使用されていてもおかしくないのですが、その実物を入手するのは絶望的なまでに難しいでしょうねぇ。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | ビルマ・ミャンマー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 聖誕説
2010-12-25 Sat 09:02
 きょう(25日)はクリスマス。マカオでは聖誕説の祝日です。というわけで、生まれたばかりのイエス・キリストを描く切手ということで、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        大堂・ステンドグラス     大堂・ステンドグラス(実物)

 左の画像は、1994年にマカオで発行された“ステンドグラスと宗教芸術”の切手の1枚で、聖霊を象徴するハトの下に生まれたばかりのイエスが描かれています。右側の画像は切手のもとになった大堂のステンドグラスの全体像です。

 マカオの大堂は、もともとは、1576年に聖ラザロ(イエスによって墓場から蘇ったとされる人物)を祀る教会として創建されました。当初は木造でしたが、度重なる台風の襲来など風雨にさらされ損傷が激しくなったため、1849年に現在の規模に改築。さらに、1937年に再度改築が施され、現在の壮麗な外観となりました。

 今回ご紹介しているステンドグラスは、大堂の主祭壇の背後のもので、キリストの生誕がモチーフとなっています。切手には、ステンドグラス上部の半円形の部分の一部が取り上げられていますが、イエスとハトの位置関係などはトリミングされていて、実物と切手とでは微妙に違うのがわかります。

 さて、16世紀以来、東アジアにおけるポルトガルの拠点であったマカオは、わずか30平方キロの土地に30ものユネスコ世界文化遺産が登録されている歴史都市にして、キリスト教建築と美術の宝庫となっています。拙著『マカオ紀行』では、そうした文化遺産のうち、切手に取り上げられたものと実物を対比しながらご紹介しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

* 本日未明、カウンターが79万PVを超えました。なによりのクリスマスプレゼントです。いつも、遊びに来ていただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。 

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | マカオ:葡特別領1976~99 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ブルーなサンタ
2010-12-24 Fri 08:05
 きょうはクリスマス・イヴです。というわけで、最近、わが家に届いた郵便物に貼られていた切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ロシア・クリスマス(2010)

 これは、ロシアで今年(2010年)発行されたシール式のクリスマス切手です。ちなみに、切手が貼られていた郵便物の全体像はこんな感じでした。

        ロシア・クリスマス(2010)カバー

 さて、サンタクロースがキリスト教の聖人ニコラオスに由来することは広く知られています。聖人伝によると、ニコラオスは、貧しさゆえに娘に身売りしなければならない家に密かに多額の金を投げ入れて、苦境を救ったそうで、これが現在のサンタクロースのもとになったと言われています。

 ロシアをはじめとする正教会の国では、12月19日(彼らの使うユリウス暦では12月6日)が聖ニコラオスの祭日で、この日、子供たちが枕元に靴下を吊るしておくと、翌朝にお菓子が入っているという習慣になっています。俺に対して、クリスマス(主の降誕祭)は、1月7日(ユリウス暦で12月25日)で、この日にジェド・マロースと孫のスネグーラチカがプレゼントを運んできます。

 ジェド・マロースは、直訳すると“吹雪のお爺さん”の意味で、われわれのイメージするサンタクロースに相当していますが、その服は赤ではなく、青いのが特徴です。今回ご紹介の切手にも、そうした青服姿のジェド・マロースが描かれています。

 さて、クリスマス・イヴといえば家族にプレゼントを用意しなければならないのですが、ここのところ雑事に追われていて、まだ何も準備ができていません。いろいろとモノ入りで懐もすっかり寒くなっていますし、このままだと、今年はプレゼントなしで勘弁してもらうしかなく、わが家のサンタはどうやって今宵を乗り切ろうか、青い顔をしています。いっそ、にわか正教徒になりすまして「ジェド・マロースがプレゼントを持ってくるのは年明けの7日だよ」と言って煙に巻いてみようかと真剣に考えているところです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | ロシア連邦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 DVD付マガジン・皇室の20世紀
2010-12-23 Thu 10:04
 小学館のDVD付きマガジン『皇室の20世紀⑳ 皇后美智子さまのお仕事』ができあがりました。同誌では毎回、最後のページで「皇室の文化と伝統ものがたり」というリレーコラムを連載していて、今回は僕の解説で「初めての記念切手」と題して明治銀婚の話を取り上げていますが、図版としては他にもさまざまな皇室切手を取り上げています。というわけで、きょうはその中からこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        御即位20年

 これは、昨年(2009年)11月12日に発行された「天皇陛下御即位20年」の記念切手です。

 今上陛下の御即位20年の記念式典は、1990年11月12日に“即位の礼”が行われてから20年目になることを記念したもので、当日は、政府主催の記念式典が行われたほか、皇居で一般からの記帳が受け付けられました。また、皇居前広場では、民間の奉祝委員会(会長、岡村正・日本商工会議所会頭)と奉祝国会議員連盟(森喜朗会長)により、第1部のパレードと第2部の祝賀式典で構成される国民祭典も行われています。

 記念切手の題材は、いずれも、高御座の浜床から取られています。高御座は、御即位の際に天皇の座所とされるところで、現在の高御座は1913年に製作され、大正・昭和の大礼でも用いられました。浜床は高御座の基壇にあたる部分で、切手には、その正面中央に描かれた鳳凰とその左右に描かれた麒麟が取り上げられましたが、今回ご紹介の小型シートでは、鳳凰は切手部分としてではなくシートの地の部分に大きく取り上げられています。ちなみに、高御座の全体像は、大正大礼の3錢切手に取り上げられていて、浜床の部分も小さく描かれているのが確認できます。

 なお、皇室と切手をめぐるさまざまなドラマについては、拙著『皇室切手』で詳しくご紹介しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:平成 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 マカオの冬至
2010-12-22 Wed 23:53
 きょうは冬至です。というわけで、拙著『マカオ紀行』にからめて、きょうはこんな切手をもってきてみました。(画像はクリックで拡大されます)

        マカオ・漁船(1951)

 これは、マカオで1951年11月に発行された1パタカ切手で、伝統的な漁船が描かれています。

 日本では冬至というとゆず湯の日ですが、香港やマカオでは、もともとは農家と漁師が寒い季節に備えて食糧を集める日だったそうです。マカオでも農業が行われていないわけではないのですが、歴史的に、農業の自給率は非常に低く、大陸からの輸入に頼らざるをえません。これに対して、漁業はマカオの伝統的な産業で、年間5000万トンもの海産物を輸出しています。こうしたこともあって、マカオでは漁業関連の切手は少なくありません。今回ご紹介の1枚は、その中でも初期のモノにあたります。

 現在のマカオでは、冬至の日は家族全員が集まり共に食事をする習慣があります。そのため、お昼過ぎで仕事を切り上げ、早めに終業をする会社も多いそうです。これは、冬至でもっとも昼が短く、翌日から昼が長くなることから、冬至を陰から陽への転換点ととらえる中華世界の伝統的な考え方によるものです。

 ちなみに、マカオでは12月20日が澳門特別行政区成立紀念日、22日が冬至、24日が聖誕節前日(クリスマス・イヴ)、25日が聖誕節(クリスマス)とここのところ祝日が目白押しです。元日もお休みということを考えると、そんなに休んで大丈夫なのかとちょっと心配になりますな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | マカオ:葡海外県1951~76 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 “欧州最後の独裁者”4選
2010-12-21 Tue 09:52
 おととい(19日)に大統領選挙の投票が行われた旧ソ連のベラルーシでは、“欧州最後の独裁者”と呼ばれる現職のアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が4選を決めました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        ルカシェンコ

 これは、1996年にベラルーシが発行したルカシェンコの肖像切手です。

 ルカシェンコは、1954年8月30日、ソ連を構成していた白ロシア共和国のヴィテブスク州オルシャンスク地区コピィシ(コプイシ)村で生まれたとされています。1975年、モギリョフ教育大学歴史学部を卒業し、通信教育で農業アカデミー経済学部を卒業した後、ソフホーズの支配人を経て、白ロシア共和国最高会議代議員に当選。独立後の1993年、汚職追及委員会議長に就任し、政治家の汚職を厳しく糾弾して知名度を上げました。

 生活必需品の価格統制に熱心で、医療も一定の水準を保っていることから、とりあえず国民の過半数の支持は維持しているともいわれるルカシェンコですが、とにかく権力欲が強く、「プレジデントは自分一人で十分」との理由から、民間会社の社長などの呼称として“プレジデント”を使用することを禁じたとの逸話もあります。また、ヒトラーやスターリンを賞賛しており、反ユダヤ的な発言を繰り返していることでも有名です。“欧州最後の独裁者”と呼ばれているのも、こうした言動によるもので、その髭はヒトラーを真似たものとも言われているようですが、切手の肖像をはじめ、公開されている写真などを見てみると、髭のかたちは、ヒトラーよりスターリンに近いような気もします。

 1994年の大統領選挙で初当選を果たすと、2004年、国民投票で大統領の多選を禁じる憲法を改正し、2006年と今回の選挙で当選を果たしました。今回の選挙でも、さっそく、野党側は不正を追及する抗議デモを行いましたが、大統領は「民主主義者ではなく、ならず者たちだ」と述べて639人を拘束。今回の選挙に立候補した野党候補9人のうち7人も逮捕されました。

 今年8月に刊行した拙著『事情のある国の切手ほど面白い』では「奇妙な独裁者がいる国」との1章を設けましたが、同書の続編を作るとしたら、やっぱりルカシェンコも加えないといけないでしょうな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | ベラルーシ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 澳門特別行政区成立紀念日
2010-12-20 Mon 09:12
 きょう(20日)は、1999年12月20日にマカオが中国に“返還”され、中華人民共和国・マカオ特別行政区が成立したことにちなみ、マカオでは“澳門特別行政区成立紀念日”の祝日です。というわけで、きょうは、この切手です。(画像はクリックで拡大されます)

     マカオ返還10年(セナド広場)     仁慈堂から見たセナド広場

 左側の切手は、昨年(2009年)12月20日、マカオで発行された“澳門回歸祖國十周年(返還10周年)”の記念切手の1枚で、セナド広場とマカオタワーを組み合わせたデザインになっています。右側の写真は、セナド広場に面した仁慈堂のテラスから切手に取り上げられた民政總署と噴水池を撮影したものです。

 新馬路を挟んで民政總署の反対側にあるセナド広場は、広場の中心にある噴水にちなみ、地元では噴水池と呼ばれることが多いのですが、広場には最初から噴水があったわけではありません。

 もともと、現在の噴水のある場所には、ポルトガルの軍人、ヴィセンテ・ニコラ・デ・メスキータの銅像が立っていました。彼は、1849年に清朝=マカオ国境の閘門ちかくでポルトガル総督のフェレイラ・ド・アマラルが殺害されると、軍を率いて関門を占領し、ポルトガルによるマカオ領有の道を開いた人物です。

 ところが、1966年12月、中国本土の文化大革命の影響を受けた中国系住民が暴動を起こした際、ポルトガルの英雄は“侵略者”とみなされて銅像は引き倒され、その跡地に、現在の天球儀と噴水が建てられました。

 ちなみに、第2次大戦後まもない時期に使用されていたマカオの通常切手“風景シリーズ”の10アヴォス切手にもセナド広場がとりあげられていますが、噴水は見えません。もっとも、切手では銅像も小さくて良くわからないのですが…。

        風景シリーズ・セナド広場

 なお、セナド広場とその周辺については、拙著『マカオ紀行』でも1章を設けておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 中国澳門:1999~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 今日がホントの航空100年
2010-12-19 Sun 10:20
 1910年12月19日に日本最初の試験飛行が行われてから、きょうでちょうど100年です。というわけで、この切手をもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        航空50年

 これは、1960年に発行された“航空50年”の記念切手です。

 アメリカでライト兄弟が人類最初の動力飛行に成功したのは1903年のことでしたが、わが国では7年後の1910年4月、飛行機の購入と操縦技術の習得の任を帯びて、陸軍の工兵大尉・徳川好敏がフランスに、歩兵大尉・日野熊蔵がドイツに、それぞれ、派遣されています。

 徳川と日野は、同年夏、任務を果たして飛行機とともに前後して帰国。持ち込まれた飛行機は、横浜港から、まず、数頭の牛によって東京・中野の気球隊に運ばれ、そこから鉄道で所沢駅に運ばれたのち(途中、飛行機がトンネルを通過できるかどうか、関係者はやきもきしたと伝えられています)、建設中の所沢飛行場に運びこまれました。

 こうして、同年12月19日、日本最初の試験飛行が行われます。しかし、この時点では所沢飛行場の整地作業が間にあわなかったため、会場は、急遽、東京・代々木の練兵場に変更されました。

 当日は、午前7時55分から、徳川の操縦するアンリ・ファルマン式複葉機が、午後1時30分から日野の操縦するハンス・グラーデ式単葉機が、それぞれ、場内を数分間(徳川は4分、日野は1分20秒)飛行。ここに、日本における航空の歴史が始まりました。

 1960年は、この徳川・日野による初飛行から50周年にあたっていたことから、前年の1959年11月、運輸事務次官から郵政事務次官宛に“航空五十年”の記念切手発行の要請がなされたのを皮切りに、1960年1月には、(財)日本航空協会会長・郷里潔が郵政大臣・植竹晴彦宛に、また運輸省航空局長が郵政省郵務局長宛に、それぞれ、記念切手の発行を申請。これをうけて、1月27日の郵政審議会専門委員会で記念切手の発行が正式に決定されました。
こうして発行が決まった記念切手ですが、その発行日は、徳川・日野による初飛行が行われた12月19日ではなく、“航空日”の9月20日に設定されています。

 航空日は、初飛行から30年にあたる1940年6月、わが国の航空の歴史を記念し、「航空思想の高揚と航空技術の振興を図り、航空日本の将来の発展に努める」ことを目的として定められ、同年9月28日に記念行事が行われたのが最初です。なお、この日付の設定は、単純に気候条件の良い時期を選んだもので、1910年の初飛行とは直接的にはなんの関係もありません。 

 航空日は、翌1941年からは9月20日となり、以後、1944年まで、毎年、各種の記念行事が行われました。

 その後、敗戦に伴う占領下では、日本人による航空活動が禁止されたため、航空日の行事も一時休止されていましたが、講和後の1953年に復活。以後、1992年には“空の日”と改称されたものの、こんにちにいたるまで、毎年、9月二十日には、各種の記念行事が行われています。

 今回ご紹介の切手は、日本航空協会から提供された資料をもとに、初飛行で用いられたアンリ・ファルマン機と1960年当時のジェット旅客機(日本航空のDC-8)を描いたものです。1910年当時の飛行機のうち、グラーデ機ではなくアンリ・ファルマン機が選ばれたのは、デザイン上の理由もさることながら、敗戦後、アメリカに押収されていた同機が、航空50年を機会に日本に返還されたという事情も考慮されたものと思われます。

 ちなみに、今年の“航空100年”の記念切手も、航空日にあわせての発行でした。まぁ、暮れも押し迫った12月19日というのは、年賀状の取り扱いも始まっていますからねぇ。まぁ、郵便局の現場では、記念切手の新発行なんか勘弁してほしいというのが正直なところでしょうな。お気持ちはよくわかります。(って、まだ年賀状を1枚も書いてない僕が言うのもなんですが…)
 

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:昭和・1952~1960 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 モンテネグロ、EU加盟候補に
2010-12-18 Sat 17:00
 欧州連合(EU)はきのう(17日)の首脳会議で、旧ユーゴスラビアのモンテネグロをEU加盟交渉開始の前提となる「加盟候補国」とすることを承認しました。というわけで、きょうはモンテネグロの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        モンテネグロ・1874

 これは、1874年に発行されたモンテネグロ最初の切手のうち、5ノビ切手です。

 モンテネグロとは“黒い山”を意味するイタリアのヴェネツィア方言で、現地語では同じ意味の“ツルナ・ゴーラ”が国名となります。

 現在のモンテネグロ国家のルーツは、1516年にツェティニェ家がこの地域の支配を確立したことに求められます。1852年、オスマン帝国の宗主権下でツェティニェ家によるモンテネグロ公国が成立。1878年、露土戦争の結果、同公国は独立を承認されました。

 現在のモンテネグロの領内における最初の近代郵便は、1854年、アンティヴァリ(現バル)にオーストリア局が設けられ、オーストリア・ロイド社が郵便実務を担当しました。なお、モンテネグロのオーストリア局は、モンテネグロ公国の完全独立に伴い閉鎖されています。

 この間、モンテネグロ公国は、1874年に独自の郵便制度を導入。今回ご紹介の切手は、これに伴い発行されたもので、モンテネグロ公ニコラ1世の肖像が取り上げられています。

 第一次大戦中、モンテネグロはセルビアを支援したため、オーストリアに占領されます。その後、セルビア軍がこの地を再占領し、戦後は、セルビア・クロアチア・スロベニア王国(のちユーゴスラビア王国)に取り込まれました。第二次大戦中は、枢軸国によるユーゴスラビア分割に伴い、イタリア占領下のモンテネグロ王国となりましたが、戦後、再びユーゴスラビアに復帰します。

 1991年以降のユーゴ紛争では、セルビアと共同歩調を取り、最後までユーゴスラビアから離脱しませんでしたが、2003年2月にはユーゴスラビアは国家連合のセルビア・モンテネグロとなり、2006年6月、セルビアから分離独立を宣言しました。なお、旧セルビア・モンテネグロの継承者は、モンテネグロではなく、セルビアです。

 ちなみに、今回のモンテネグロ以外に、現在、EU加盟候補国となっているのは、トルコ、クロアチア、マケドニア、アイスランドですが、このうち、マケドニアだけはこのブログでいままで取り上げていませんでしたね。いずれ、取り上げないといけないのでしょうが、さて、どういうきっかけがあるかなぁ。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | モンテネグロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手に描かれたソウル:延世大学校
2010-12-17 Fri 21:04
 ご報告が遅くなりましたが、『東洋経済日報』12月10日号ができあがりました。僕の連載「切手に描かれたソウル」では、今回は延世大学校を描くこの切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

     延世大学校     延世大学校(実物)

 これは、1985年に発行された“延世大学校100年”の記念切手で、大学の本館が描かれています。右側の画像は、実際の建物の写真です。

 延世大学校は韓国屈指の名門私立大学で、日本では“韓国の慶應”と紹介されることもあります。今回ご紹介しているように、1985年には創立100周年の記念切手も発行されていますが、たしかに、日本では、東大も早稲田も創立100周年の記念切手が発行されておらず、慶應のみ創立100周年の記念切手が発行されてていますから、“韓国の慶應”というイメージは正しいのかもしれません。もっとも、切手に取り上げられた本館の建物はツタの絡まるレンガ造りで、それだけ見ると、僕などは慶應というよりも立教を連想しますが…。

 さて、延世大学校のルーツは、長老派宣教師の米国人、ホレイス・アレンが漢城(現・ソウル)につくった医学校とされています。

 アレンは1858年、オハイオ州の出身。地元のウェスリアン大学、マイアミ医科大学を卒業後、1883年、志願して長老派教会の宣教師として中国に派遣されました。

 翌1884年、アレンは朝鮮の米国領事館付の医師として朝鮮に派遣されなしたが、同年12月の甲申事変のクーデターで重傷を負った閔泳翊(当時の朝鮮王妃・閔妃の甥で、閔氏閥の政治的実力者)の治療を行ったことで国王の信任を獲得。国王の支援を受けて、1885年4月10日、朝鮮初の王立近代病院として漢城(現ソウル)に広恵院を開設した。広恵院は、2週間後の4月23日、国王によって済衆院と改称されました。この済衆院に併設された医学校が、現在の延世大学のルーツです。

 この医学校で物理と化学を教えていたのが、銅像のモデルで、やはり長老派の宣教師だったホレイス・アンダーウッドでした。

 アンダーウッドは、1859年、ロンドン生まれ。13歳で父親とともに米国にわたり、ニューヨーク大学とニュージャージーのニューブランズウィック神学校を卒業し、当初はインドでの布教を志し、現地での実践的な宣教活動のために配管工としての技術も身につけたといわれています。

 しかし、インドへは宣教師派遣の口がなく、朝鮮なら派遣の空きがあるということで、朝鮮行きを決意。1884年7月に北長老教会海外宣教師に任命され、同年末、サンフランシスコを出港しました。ところが、経由地の横浜に到着したときは、朝鮮国内は甲申事変直後で情勢が不安定だったことに加え、路銀も尽きてしまい、しばらく横浜に逗留せざるを得なくなります。横浜では朝鮮人クリスチャンの李樹廷から朝鮮語を学び、1885年4月、メソジスト派のアペンゼラー夫妻とともに、ようやく仁川に上陸しました。

 漢城でのアンダーウッドは、済衆院で教鞭をとるかたわら、1886年には朝鮮初の近代的孤児院を設立。この孤児院は、後に学校となり、1905年には儆新学校となります。同校の大学部として1915年に設けられたのが朝鮮基督教大学で、これが、1917年に現在の延世大学の直接の前身である延禧専門学校となりました。

 この間にもアンダーウッドは、1887年に貞洞教会(現・セムナン教会)を設立したほか、1890年には『韓英辞典』『韓英文法』を発行。アペンゼラーらと聖書の朝鮮語訳をすすめ、1911年に完成させ、韓国YMCAを創立するなど、多くの業績を残しています。

 一方、アレンは、朝鮮王室との関係もあって、外交官としての活動が目立つようになり、1887年には朝鮮最初の遣米使節に随行して渡米。1890には朝鮮駐在のアメリカ公使館書記官として勤務するようになり、朝鮮が国号を大韓帝国と改めた1897年には駐韓米国公使・総領事に就任しています。ただし、日露戦争とその後、アレンは米本国が日本の朝鮮進出を容認したことを批判したため、1905年、本国に召還されてしまいました。

 こうしたキャリアを比べてみると、アレンとアンダーウッドのどちらを大学の創立者とみてもよさそうなものだし、現在の韓国人の中には、アレンの姿勢を支持する人も少なくないかもしれません。ただ、構内の銅像は日本統治下の1924年、延禧専門学校のミラー教授の指導の下で作られたものですから、当時の社会事情として、“反日的”なアレンの像をつくるわけにはいかなかったのでしょう。

 いずれにせよ、長老派の宣教師で医学と語学に通じた人物の作った学校が母体となっているというと、日本では医師にしてヘボン式ローマ字で有名なジェームズ・ヘボンの明治学院のイメージに近いかもしれません。

 ちなみに、今回ご紹介の写真を撮ったのは2年ほど前ですが、背後ではクリスマスツリーの設営作業をやっていて、帰り際に点灯試験をしていました。クリスマスも近いことですし、下にその画像を貼っておきましょう。

        延世:クリスマスツリー


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 韓国:全斗煥時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アンリ4世の頭部
2010-12-16 Thu 22:52
 フランス・ブルボン王朝の開祖で“ナントの勅令”で知られるアンリ4世のものとされていた頭部について、鑑定を続けていた法医学者らのグループが「本人と確認した」と発表したそうです。というわけで、きょうはこんなモノをもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        アンリ4世MC

 これは、1943年10月にフランスで発行された“16世紀の有名人”のうち、アンリ4世を取り上げた5フラン(+10フラン)切手のマキシマムカードです。

 アンリ4世は、1553年12月13日、当時のユグノー(フランスのプロテスタント)の盟主だったブルボン家のヴァンドーム公アントワーヌのことして、フランス南西部のポーで生まれました。

 父親のアントワーヌは1561年にカトリックに改宗しましたが、1562年に始まるユグノー戦争でユグノーの盟主となった叔父のコンデ公ルイ1世と戦って戦死。このため、アンリはブルボン家の当主となり、当時の新旧両教の対立の中で改宗を繰り返すことになります。

 1589年、フランス王アンリ3世が暗殺されると王位を継承。その後、カトリックに改宗して国内を平定し、1598年にナントの勅令を発布してユグノーに信教の自由を認めて国内融和に努め、40年近くにわたる戦争を終結させました。その後、長年の戦乱で疲弊した国家を再建しようとしましたが、1610年、狂信的なカトリック信者によって暗殺されました。

 さて、アンリ4世の遺体は、死後、他の王と同じくパリ郊外のサンドニ教会に埋葬されましたが、1789年の革命後に反王党派勢力が棺を開けて遺体を庶民用墓地に放置。何者かによって遺体は切り刻まれてしまいました。そのうちの頭部は、19世紀にドイツ貴族のコレクションに入り、20世紀初頭にはパリでの競売で落札されるなど、しばしば表に出て来たのですが、なにぶんにも本人との確認が取れないため、その真偽については眉唾ものとする見方が一般的でした。

 今回、所有者の依頼により鑑定が行われた結果、頭部には頭髪や髭が残っていたほか、王が付けていたピアス跡が右耳にあり、暗殺未遂の刃物の傷跡が上唇部分の骨に残っていることなどから、本人のモノに間違いないとの結果が出たようです。

 そこで、今回は王の耳がはっきりと描かれているマキシマムカードをもってきて、決め手になったピアスないしはその跡を探してみようかとも思ったのですが、ちょっと難しかったですな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | フランス:ヴィシー政権 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 クリスマス島で難民船大破
2010-12-15 Wed 22:06
 オーストラリア領のクリスマス島の海岸で、きょう(15日)、難民認定希望者を乗せたボートが悪天候の中で岩場に衝突して大破する遭難事故がありました。ボートはインドネシアの木造船で、子供や女性を含む最大80人が乗っていたもようで、現在までに27人の死亡が確認されています。というわけで、きょうはクリスマス島の切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        クリスマス島1958

 これは、1958年に発行されたクリスマス島最初の切手です。

 クリスマス島は、インド洋にあるオーストラリア領の島で、パースの北西2360キロ、ジャカルタの南500キロの地点にあります。

 クリスマス島には17世紀以来、西洋人が訪れていましたが、1887年にリンが発見されたのを機に、翌1888年、イギリス領に編入されました。郵便に関しては、1901年から、海峡植民地の切手が持ち込まれて使用されています。

 第二次大戦中の日本軍占領時代を経て、1945年、クリスマス島はシンガポールの管轄下に置かれますが、実質的に同等の行政を担当したのはオーストラリアでした。こうしたこともあって、1957年、オーストラリアはシンガポール政府に290万ポンドを支払ってクリスマス島を買収。1958年10月1日付で、クリスマス島はオーストラリアの領地となり、同15日、今回ご紹介しているような発行されました。ちなみに、切手の製造はメルボルンの連邦銀行紙幣印刷所です。

 クリスマス島はオーストラリアで最もアジア寄りの土地のひとつであるため、1970年代以降、アジアからの難民が漂着ないしは寄港する土地ともなっています。したがって、クリスマス島から紛争地域(=難民の発生する地域)宛に難民が差し出したと思しき郵便物が手に入れたいと考えているのですが、なかなかご縁がありません。もうじきクリスマスでもありますし、どなたかお譲りいただけませんかねぇ。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | クリスマス島 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 空席の椅子
2010-12-14 Tue 23:10
 12日付の中国広東省の有力紙『南方都市報』が一面トップで、アジア・パラリンピックのリハーサル風景として「空席の椅子と鶴」の写真を掲載。このことが、10日のノーベル平和賞授賞式に出席できなかった劉暁波氏のために壇上に用意された椅子を連想させるうえ、鶴が中国語で祝賀の賀と同じ発音であることから、中共当局の事前審査をかいくぐって劉氏の受賞を祝福したものとして話題となっているそうです。(下の画像は、ネットで拾った紙面の写真です)

       南方都市報

 まさに、「上に政策あれば下に対策あり」と言われる中国人気質がプラスの面に表れた事例として、天安門事件への抗議の意味が込められたバルセロナ五輪の記念切手とともに、中国メディア史に残る写真といえましょう。

 というわけで、きょうは『南方都市報』に敬意を表して、広東語圏のマカオで空席の椅子が描かれている切手として、こんなモノをもってきました。

        観音堂(田型)

 これは、1998年に発行された“觀音堂”こと普濟禪院の切手です。

 觀音堂は明末の1627年に創建の古刹で、マカオ半島北部、中国との境界に近いエリアにあります。入ってすぐの伽藍には四大天王の石像があり、奥に進むと6つの仏殿がありますが、そのうちの大雄寶殿には三寶佛、觀音殿には觀音菩薩のほか韋駄天、十八羅漢などが、地蔵殿には地蔵王、閻魔様などが、武帝殿には関帝、馬大将などが祀られています。

 観光スポットとしては、1844年、アメリカがアヘン戦争に敗れた清朝にたいして押しつけた不平等条約の望厦条約が調印されたという御影石の円卓が有名です。今回ご紹介の切手では、右上の切手の左下部分、誰も座っていない円卓と椅子がしっかりと描かれています。(下にその部分を拡大してみました)

        観音堂・円卓

 さて、観音堂の円卓は、列強の侵略に苛まされた“苦難の中国近代史”の象徴として保存されているわけですが、今回のノーベル平和賞授賞式での空席もまた、中共一党独裁体制下で中国の人民が味わっている苦難の象徴といえましょう。いつの日か、中国が真に自由と民主主義の国になることがあれば、そのときは、空席の椅子の写真が“苦難の中国現代史”の象徴として切手に取り上げられるようになるかもしれません。

 なお、観音堂については、拙著『マカオ紀行』でもご紹介しておりますので、機会がありましたら、ご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | マカオ:葡特別領1976~99 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手が語る宇宙開発史(11)
2010-12-13 Mon 17:13
 雑誌『ハッカージャパン』の2011年1月号が出来上がりました。僕が担当している連載「切手が語る宇宙開発史」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

        中国・ソ連の人工衛星(1958)

 これは、1958年に中国が発行した「ソ連の人工衛星」の1枚で、人工衛星と並んで中国の渾天儀が描かれています。

 1949年に建国を宣言した中華人民共和国は、当初、「向ソ一辺倒」を基本方針とし、中ソ友好同盟相互援助条約(中ソ同盟条約)を調印しました。日中戦争と国共内戦で疲弊した国家の再建には、軍事的にも経済的にもソ連の支援が必要だったたからです。

 もっとも、4000年の文化的伝統を誇る中国人にとって、建前上はソ連を“兄”として尊重していたものの、本音では、ソ連から“弟”扱いされるのは不愉快なことでもありました。

 1950年6月に始まる朝鮮戦争で、中国は同年10月に人民志願軍を派遣。犠牲を厭わず“アメリカ帝国主義”と戦った中国に対する社会主義陣営内の評価は高まりました。この実績を踏まえ、中国は次第にソ連との対等の立場を目指すようになります。

 1956年2月、ソ連共産党書記長のニキータ・フルシチョフは、スターリン批判を展開し、西側との平和共存に向けて一歩を踏み出しました。これに対して、3年前まで米国と戦っていた中国の認識では、隣国の北朝鮮や北ベトナムが米軍と対峙している中での対米宥和は弱腰外交以外のなにものでもなく、ソ連の路線転換は変節と映りました。

 このため、1957年11月18日、モスクワで行われた共産党・労働者党代表者会議に参加した毛沢東は、「東風は西風を圧す」「米帝国主義は張子の虎」と演説。米国との核戦争を恐れるべきではないと主張し、フルシチョフの平和共存路線に異議を唱えます。

 こうした状況の下で、ソ連はスプートニク1号の打ち上げに成功しましたが、全体として、その軍事力は米国に対して劣勢のままでした。そこで、ソ連は中ソ同盟に沿って両国の軍事力を一体化するため、長距離無線基地の設置と中ソ共同の潜水艦艦隊の創設を中国に提案しましたが、毛沢東はそこにソ連による中国支配の意図があるとして激しく反発。

 さらに、1958年8月23日、中国は金門島(福建省・厦門の沖合にある島。台湾が支配していた)への大規模な砲撃を行いました。その真意は、台湾との全面戦争を目指すというより、対外的な緊張をつくりだすことで国内の統制を強化することにありましたが、フルシチョフは台湾問題にソ連が巻き込まれることを懸念。中国に対する不信感を強めていきます。

 それでも、この時点では中ソは両国が友好関係にあるとの体裁を取り繕おうとしていました。1958年10月30日、中国が“ソ連の人工衛星”と題して3種セットの切手を発行したのも、そうした政治的文脈に沿ったものです。しかし、そのうちの今回ご紹介の1枚には、ソ連のスプートニク1号と並んで、中国明代の渾天儀(天文観測器具)が取り上げられており、天文宇宙の分野では中国が“兄”であることがさりげなくアピールされており、かつての「向ソ一辺倒」路線が既に放棄されつつあったようすがうかがえます。

 その後も中ソ関係は緊張状態が続き、その形跡はさまざまなかたちで切手の上にも刻まれていくことになります。それらについては、今後の連載でもいろいろと取り上げていきたいと思いますので、よろしくお付き合いください。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 中国:毛沢東時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ストックホルムで自爆テロ
2010-12-12 Sun 22:50
 スウェーデンの首都ストックホルムの中心部で、現地時間の11日夕(日本時間の12日未明)、自動車を爆破させるテロ事件が2度続けて起こり、1人が死亡、2人が負傷しました。爆発の直前、地元通信社と治安警察にはスウェーデン語とアラビア語で犯行をほのめかす電子メールが届き、スウェーデン軍のアフガニスタン駐留や、イスラムの預言者ムハンマドの風刺画を描いたスウェーデンの芸術家を非難していたそうです。というわけで、きょうはこんな切手をもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        スウェーデン・アフガン加刷

 これは、アフガニスタン切手に“Sveriges Arme”と加刷したモノで、アフガニスタン駐留のスウェーデン軍部隊で加刷されたものと言われていますが、あるいはボーガスの類かもしれません。

 さて、2001年のいわゆるアフガニスタン戦争の後、国連安保理の決議を受けて平和構築のための国際部隊が派遣されることになり、スウェーデンは500人規模の兵士を派遣しました。

 スウェーデン軍の派遣地域となったマザリシャリフは、アフガニスタンのなあでは比較的治安が良いといわれる地域ですが、それでも、2005年には2名、2009年にも2名のスウェーデン兵士が亡くなっています。ただし、2009年の死亡事件に関しては、その数ヶ月前から、アフガニスタンの治安部隊がスウェーデン軍とフィンランド軍の支援を受けて麻薬の取り締まりを強化していたことから、打撃を受けた麻薬組織が報復のためにスウェーデン兵を襲撃したとの見方もあるようです。

 今回の一件で、スウェーデン国内でもアフガニスタン派兵の是非をめぐる議論が起こることでしょう。ただし、スウェーデンという国は、非同盟中立の立場から、自国を守るために精強な軍隊を組織していることで知られています。したがって、アフガニスタン現地での戦闘による犠牲者が拡大したということならともかく、国内でのテロに屈してしまえば、彼らの国是である武装中立路線が根本から揺らぐことになりますから、テロに屈してアフガニスタンから撤退するという選択肢は現実にはないでしょうね。

 いずれにせよ、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞とあわせて、平和というものは、“9条教”の信者の方々が仰るように、お題目を唱えていればタダで空から降ってくるようなものではなく、相応の犠牲を払わなければ維持できないものなのだということを、あらためて認識させられますな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | スウェーデン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 日豪戦争⑤
2010-12-11 Sat 17:15
 ご報告が遅くなりましたが、先月25日、本のメルマガ第412号が配信となりました。僕の連載「日豪戦争」では、今回は、1930年代の両国関係についてまとめてみましたが、そのなかから、きょうはこんなモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        オーストラリア製品愛用標語印

 これは、1936年にオーストラリアで使われた国産品愛用を呼びかけるスローガンの入った標語印です。

 1934年5月、副総理兼外相のジョン・レイサムは、満洲事変がひと段落した後、日本の南進の意思とその可能性を探るべく、貿易促進の名目の下、日本を含む東アジア諸国を歴訪しました。その結果、日本にはオーストラリアとその周辺への野心はないと判断したレイサムは、日本との友好親善を華々しく謳いあげます。そして、その外交辞令を額面通りに受け取った日本側は、翌1935年7月、特命全権大使として出渕勝次を答礼使節としてオーストラリアに派遣し、「日濠關係は未だ曾つて見ることを得ざる好關係」との認識をもつようになりました。

 ところが、翌1936年2月以降、オーストラリア国内の対日世論は突如、暗転します。そのひとつのきっかけとしてオーストラリア側が指摘したのが、元海軍少佐で作家の石丸藤太が書いた『日英必戦論』でした。

 石丸は1881年、佐賀県生まれ。海軍大学校を卒業し、海軍砲術学校教官などを務め、1915年に少佐で退役。その後は、軍事評論家・作家として活動し、当時流行していた“未来戦記”(架空の戦争シミュレーション小説)の作品も数多く残しています。

 問題となった『日英必戦論』も、日英間の戦争を題材にした未来戦記のひとつで、1933年9月、春秋社から刊行されました。その中には1936年9月3日、日本が英国に対して宣戦を布告し、6日後の9日にポート・ダーウィンとダービーを爆撃し、壊滅的な打撃をもたらしたとの内容の記述があります。その後、石丸のシミュレーションによれば、オーストラリアは英本国に対して軍艦の派遣を要請するものの、英国にその余裕はなく、また、戦略上の要衝であるシンガポール防衛を優先させるため、オーストラリアの要請は無視されます。この結果、オーストラリアは“独立”を主張するようになり、英国との関係を断って米国との結合を求めるようになるのです。

 当時の日本社会では、彼の未来戦記は荒唐無稽な夢物語とみられていましたが、多くのオーストラリア国民にとっては、石丸の小説は、最悪のシナリオとして少なからず現実味があるものと受け止められる素地がありました。さらに、『日英必戦論』が刊行された後の日本は1934年12月、日本はワシントン軍縮条約の破棄を各国に通告(同条約は1936年12月に失効)。1936年1月にはロンドン海軍軍縮条約からも脱退。以後、世界は制限なき軍艦建造競争の時代に突入します。

 石丸の『日英必戦論』の英訳がJapan must fight Britain のタイトルをつけられてロンドンで刊行されたのは、その直後の1936年2月のことで、その内容はただちにオーストラリアでも紹介され、元海軍少佐という著者の肩書もあって、オーストラリア国民に大きな衝撃を与えました。

 オーストラリア国家が、連邦成立以来、一貫して日本を仮想敵国としてきたことを理解していれば、オーストラリア側の対日友好姿勢はあくまでも表面的なもので、ごく些細なきっかけでほころびが生じることは十分に予測できたはずなのですが、当時の日本人は相手の豹変に戸惑うばかりでした。はたして、この問題は1936年5月12日の貴族院でも取り上げられ、外相の有田八郎が、日本はオーストラリア方面への野心はないと答弁しています。

 ところで、世界恐慌後の英連邦は、経済危機を打開するため、自国の勢力圏外からの輸入を制限するブロック経済政策を採っており、1936年 英国は、国内産業保護のため、英連邦以外からの綿布と人絹を輸入許可制にしました。当然、日本製品は規制の対象となります。

 一方、当時の日豪間の経済関係は、オーストラリア産の羊毛が日本の羊毛輸入の9割を占める一方、オーストラリアにとっても、1935年には、日本はオーストラリアの輸出の14%、輸入の6%を占める貿易相手国となっていました。このような状況の下で、英連邦の一員として本国によるブロック経済政策の方針に従い、一挙に対日貿易を制限すれば、国内においても関係業界の強い反発を招くことは必至でした。

 結局、1936年春、オーストラリア政府は“貿易転換政策”を発動。5月22日、関税改正と輸入許可制を実施して、日本ならびに米国製品の輸入を制限しました。その際、日本国内に対しては、英連邦の一員として英本国の意向には抗しきれないとの説明されましたが、石丸の小説を機に盛り上がった国内の日本脅威論はあえて放置されています。あわせて、国民に対しては国産品愛用のキャンペーンが展開され、今回ご紹介のような「品質と価格ゆえにオーストラリア製品を!」と訴えるスローガンの入った消印が使用されることもありました。

 これに対して、日本側は報復措置として、6月25日、オーストラリアに対する通商擁護法を発動。オーストラリア産の羊毛の輸入を制限するとともに、羊毛の買い付けを南アフリカやアルゼンチンへと多角化することで対抗しようとします。

 その後、8月下旬頃より日豪間の交渉が再開され、織物輸出・羊毛輸入数量などをめぐる交渉は難航したものの、1936年末に交渉が妥結。在シドニー村井総領事とガレット豪通商条約担当相との間で書簡が交換され、最終的に1938年の日豪通商協定の締結により、事態は一応収拾されました。

 ただし、1937年に支那事変(日中戦争)が始まり、日本に対する国際社会の圧力が強まる中で、オーストラリアの対日政策も新たな局面を迎えることになります。

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | オーストラリア | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 授賞式に出席できない受賞者
2010-12-10 Fri 14:31
 きょう(10日)、ノルウェーのオスロでノーベル平和賞の授賞式が行われます。受賞者の劉暁波は、本人は獄中にあり、家族の授賞式出席も不可能ということですが、これは、1935年の平和賞受賞者で、当時、ナチス政権下で強制収容所に拘束されていたカール・フォン・オシエツキー以来だそうです。というわけで、フォン・オシエツキーの切手です、(画像はクリックで拡大されます)

        オシエツキー

 これは、1975年に西ドイツが発行したフォン・オシエツキーの切手です。

 フォン・オシエツキーは、1889年、ドイツのハンブルクで生まれ。ドイツ平和協会に関わり、第一次世界大戦後は同協会の書記として反戦運動を展開し、1927年に雑誌『世界展望』を創刊しました。1931年、同誌で、ドイツ空軍がヴェルサイユ条約に違反して軍備を拡張する準備を進めていることを暴露。このため国家反逆罪に問われ、有罪判決を受けて服役しました。

 1933年、ナチス政権が発足すると、ゲシュタポはフォン・オシエツキーをベルリンの刑務所、ついで強制収容所に送ります。これに対して、ノルウェー・ノーベル賞委員会は彼にノーベル平和賞を授与し、ナチスの独裁体制を批判しました。

 1936年、ベルリン五輪を前にいったんは釈放されますが、その後、前年に受賞していたノーベル平和賞を受賞したため、ヒトラー政権は激怒。以後、ドイツ人がノーベル賞を受け取ることを禁止し、フォン・オシエツキーは投獄され、拘留中の1938年、結核で亡くなりました。

 一党独裁体制の下、国民の基本的な人権を守らず、マイノリティを抑圧し、軍事力を増強して周辺諸国に脅威を与え、政治的なプロパガンダとして大々的にオリンピックを開催するなど、ナチス・ドイツと中国共産政権には、その本質において相通じるところが少なからずあります。ナチス・ドイツは、フォン・オシエツキーの平和賞受賞から10年後の1945年に崩壊しましたが、現状のままだと、中国共産政権は10年後もしぶとく生き残っているんでしょうね。それだけに、拘留中の劉には、フォン・オシエツキーのように獄死することなく、無事に自由の身となって中国の民主化のために思う存分働いてもらいたいものですな。 


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | ドイツ:西ドイツ+ベルリン | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 孔子平和賞
2010-12-09 Thu 21:59
 中国人の民主活動家・劉暁波氏へのノーベル平和賞授与を明日(10日)に控えて、中国国内では対抗措置として“孔子平和賞”が設立され、初代受賞者に台湾の元副総統、連戦氏が選ばれたのだそうです。孔子平和賞ねぇ…。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        批林批孔(子供)

 これは、1975年12月1日に中国で発行された「新中国の児童」の切手のうち、“壁新聞を書く”と題された1枚で、前面で屈んでいる女の子が壁新聞に使う“批林批孔”の文字を並べているのがミソです。

 批林批孔とは、林彪と孔子及び儒教を否定し罵倒する運動のことで、文革末期の1973年8月から1976年まで中国で行われました。それによると、中国古典の思想のうち、法家を善で儒家を悪、特に孔子は極悪非道の人間だそうです。で、クーデターに失敗して亡命途中で亡くなった林彪は封建的な儒教の教えを復活させようとしたということで、やはり、極悪非道な人物とされています。

 今回ご紹介の切手では、女の子がいかにも憎々しげに批林批孔の文字を並べていますが、実際、当時の中国では孔子の人形を作り、鉄砲で撃たせたりすることも行われていたそうです。まぁ、批林批孔の本質は、4人組を中心とした文革グループが、自分たちの意のままにならない最後の大物、周恩来を追い落とすために、彼の暗喩として孔子を持ち出したというのが事の本質ですから、文革が終わると自然とうやむやになってしまいます。

 ちなみに、現在の中国共産政府は、孔子は人類に誇るべき思想家だなどと以前とは180度評価を逆転させています。今回の孔子平和賞という名称もその一例であるのはいうまでもありません。まぁ、一党独裁国家というのは、思想やイデオロギーの解釈権を一部の人間が独占しているものですから、孔子の評価も彼らの都合次第ということなんでしょう。ただ、「三つ子の魂百まで」と言いますからねぇ。この切手の少年少女と同年代の中国人の中には、お上にたてつく極悪非道な劉暁波こそ、孔子呼ばわりするにふさわしいという人もあるかもしれません。まぁ、中国以外では、別の意味で、劉暁波こそが孔子と平和の名にふさわしいという人が多いのでしょうけれど。
 

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 中国:毛沢東時代 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
 聖母無原罪瞻禮
2010-12-08 Wed 10:44
 きょう(8日)は、カトリックの教義でいう“無原罪の御宿り”の祭日。聖母マリアが罪無くして(すなわち原罪を受け継がずに)母アンナの胎内に宿り生まれた記念日で、マカオでも“聖母無原罪瞻禮”として祝日になっています。というわけで、きょうは聖母マリアを描くマカオ切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

        マカオ・慈悲聖母印花税票(1953)     慈悲聖母レリーフ(実物)

 これは、1953年にマカオで発行された慈善印花票の50アヴォス切手で、民政總署中庭の“慈悲聖母”のレリーフが取り上げられています。右側には、そのレリーフの実物の写真も貼っておきます。 

 マカオで慈悲聖母を描いた慈善印花票が最初に発行されたのは1930年のことでした。その発端は、1930年8月30日付の『憲報』紙に掲載された投書で、その内容は「増大する一方の政府の福祉予算を賄うために、募金の一環として、郵便料金とは別に郵便物に貼付させる印花票(一般には“印紙”と訳されるが、郵便物に貼られる場合は“郵便税切手”の訳語があてられることが多い)を発行したらどうか」というものでした。この提案が受け入れられ、11月8日、マカオ政庁は印花票の発行を決定。12月25日、慈悲聖母を大きく描いたデザインをジョゼ・ダス・ネヴェス・カステラが制作し、香港で印刷された“慈悲聖母”の印花票が発行されました。

 このとき発行された印花税票の額面は5アヴォスで、翌1931年1月1日から7日までの間に差し出された郵便物に貼付することが義務づけられていました。これが、一定の成果を挙げたため、翌年以降も継続して発行されるようになり、以後、1981年まで、同じ図案で額面と刷色を変更した慈善印花票が各種発行されています。今回ご紹介のモノは、そのうちの1953年発行の50アヴォス切手で、マカオで製造された“第5組”と呼ばれているモノの1枚です。

 なお、今回ご紹介の慈悲聖母のレリーフがある民政総署については、拙著『マカオ紀行』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。
 

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | マカオ:葡植民地~1951 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 佐渡で放鳥のトキ、長野へ
2010-12-07 Tue 14:34
 11月に新潟県佐渡市で放鳥された0歳の雄のトキが長野県佐久穂町に飛来していたことが、きょう(7日)確認されました。2008年から始まった放鳥で、雄のトキが新潟県外で確認されたのは初めてだそうです。というわけで、きょうはトキの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         第12回国際鳥類保護会議

 これは、1960年5月24日に発行された“第12回国際鳥類保護会議”です。

 1922年、ベルギー・オランダ・ルクセンブルグの3ヶ国の提唱により、第1回の国際鳥類保護会議が開催されました。これは、野性鳥類の保護のために国際協力を進めていくことを目的としたもので、会議の結果、ロンドンに本部を置く国際鳥類保護委員会の設立が正式に決定されました。この会議には、日本鳥学会の鷹司信輔と蜂須賀正の2人も参加し、日本は当初から正式な委員会メンバーとなっています。その後、国際鳥類保護委員会は、開催間隔こそ不定期でしたが、第2次大戦中の1944年にも開催され、1958年にフィンランドで開かれた第11回会議からは国際鳥類保護会議と名称が変更されました。

 その第12回会議は、1960年5月24日から29日まで、東京・麻布の国際文化会館で開催されました。

 会議の運営は、日本鳥類保護連盟会長で、山階鳥類研究所の理事長であった山階芳麿を中心に進められ、日本代表は、①汎太平洋区域における渡り鳥の調査および保護についての協定を結ぶよう各国政府に要望する。②アジア諸地域において鳥類保護の教育を徹底させるよう関係各国政府に要請する、③汎太平洋区域において絶滅のおそれある鳥類を積極的に調査士保護をはかるよう関係各国政府に勧告する、の3件を会議に提案しています。また、すでに日本国内で1952年3月に特別天然記念物に指定されていたトキが、今回の会議の結果、国際保護鳥に選定されたことも特記すべき事柄といえましょう。

 国際鳥類保護会議に先立ち、はやくも会議前年の1959年3月24日には、山階芳麿ら関係者が郵政事務次官を訪問し、記念切手の発行を要望。皇族・山階宮菊麿王の次男である山階が陣頭指揮を取って行われる会議だけに、関係官庁はこれを全面的に支援。5月14日には衆議院第2議員会館第5会議室において関係官庁連絡会議が開催されたのに続き、6月2日には、やはり衆議院第2議員会館の第6会議室において官庁関係連絡小委員会の第1回会合が行われるなど、入念な準備が進められました。

 そうした準備作業の過程で、8月4日、山階は郵政大臣・寺尾豊宛に記念切手発行の申請書を提出。郵政サイドも、記念切手発行のための準備を水面下で進めます。そして、1960年1月19日、山階鳥類研究所のスタッフが山階の著書『日本の鳥類と其生態』を持参し、切手にはトキを取り上げて欲しいとの要望を出しています。こうした要望書や資料をもとに、郵政審議会・郵便切手図案審査専門委員会において、今回の記念切手発行が正式に決定されたのは、1月27日のことでした。

 さて、実際の切手制作作業としては、デザイナーたちが2月1日までにトキを描く原画を5点制作。このうち、渡辺三郎の作品が切手の原画として採用されました。なお、会議の記念名称は和文と英文が表記されることになりましたが、英文に関しては、文字数が多く、小さな文字では印刷の際に潰れてしまうので、正式名称から“12TH CONFEREBCE OF”の部分を除き、残りを全て大文字で表記することになりました。

 先ごろ、通常切手6種の書体が変更されることが報道され話題となりましたが、新しい欧文書体は現在のモノよりも大きめですからねぇ。今回のようなケースだと、今後は、思い切って会議名を略号表記にするか、開き直って2行使うか、そのいずれかとなりそうですな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:昭和・1952~1960 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 サメ騒動のシャルム・シェイク
2010-12-06 Mon 17:03
 シナイ半島南端のビーチリゾートとして名高いシャルム・シェイク(シャルムエルシェイク)で観光客がサメに襲われる被害が拡大し、11月末からきのう(5日)までに5人が死傷。ビーチは一時閉鎖されるなどの騒ぎになっているそうです。というわけで、きょうはこんなモノをもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        イスラエル・シャルムシェイク使用

 これは、1971年9月、イスラエル占領下のシャルム・シェイクで使用された切手のオンピースです。

 シャルム・シェイクは、アカバ湾に面したシナイ半島の南端、ティラン海峡の出口に位置する観光地で、行政的にはエジプト南シナイ州に属しています。

 20世紀の前半まで、この地はひなびた漁師町で、人口もごくわずかでした。しかし、1948年にイスラエルが建国されると、一挙に戦略上の要衝になります。

 すなわち、1979年にエジプトとイスラエルの平和条約が結ばれるまでスエズ運河を通行できなかったイスラエルにとっては、エイラート(アカバ湾最奥の港湾都市)からティラン海峡を抜けるルートが紅海からインド洋へ抜ける重要な通商路でした。このため、エジプトがシャルム・シェイクを拠点にティラン海峡の封鎖を行えば、イスラエルは紅海へのアクセス権を失い、経済的に大きな損失をこうむるという状況が長らく続いていました。

 こうしたことから、1956年11月、エジプトによるスエズ運河国有化宣言をめぐって第2次中東戦争が勃発すると、運河の国有化を阻止しようとする英仏側にたって参戦したイスラエルは、シナイ半島に進駐。シャルム・シェイクも占領されます。

 第二次中東戦争の後、イスラエルは、エジプトがティラン海峡を封鎖しないことを条件に停戦協定を結び、シャルム・シェイクから撤退。代わって、この地には国連の平和維持部隊が駐留しました。

 ところが、1967年4月、シリア=イスラエル国境で両国空軍の空中戦が起こると、イスラエルへの制裁を求めるアラブ諸国の世論が沸騰。こうした状況の中で、エジプトの大統領だったナセルは、同年5月、国連の平和維持軍の撤兵を要求し、ティラン海峡を封鎖します。

 これに対して、同年6月5日、イスラエルはアラブ諸国への先制攻撃を行い、第3次中東戦争が勃発。シナイ半島全域を占領し、ティラン海峡の航行権を確保しました。

 この結果、シャルム・シェイクもイスラエルの占領下に置かれましたが、この時期から本格的な観光開発が開始されます。ナーマ湾の北側6キロにもわたって高級ホテル街や各種リゾート施設が立ち並ぶ“プロムナード”の基礎はイスラエルの占領下で作られたものです。今回ご紹介のオンピースも、この時期のモノです。

 1982年、エジプト=イスラエル和平条約によってシナイ半島が返還された後、エジプト政府はイスラエル時代に始まったシャルム・シェイクの観光開発をさらに加速させ、積極的に外国資本を誘致し、現在のような国際的なビーチ・リゾートができあがりました。宿泊施設が充実していることに加え、周辺の人口が少なく警備が容易であるという環境は、首脳会談や国際会議の会場としても好都合で、1999年9月の中東和平会議、2000年10月のアラブ首脳会議をはじめ、しばしば、各国の首脳が訪れる外交上の重要都市にもなりました。

 国際的観光地としての地位が確立するにつれ、シャルム・シェイクにとっては、イスラエルよりも、いわゆるイスラム原理主義勢力のテロの方が深刻な脅威となっていきます。実際、2005年7月に起きた大規模なテロ事件では、結果的に、外国人旅行者以上にエジプト人が犠牲となり、観光業は大きな打撃を受けました。その傷がようやく癒えて来たところで、今度はサメ騒動ですからねぇ。もしかすると、この土地ではリゾート開発なんかせず、昔のようにひなびた漁村のままにしておけという神の思し召しなのかもしれませんな。

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | エジプト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 コート・ディヴォワールの大統領
2010-12-05 Sun 23:02
 先月28日、2002-03年の内戦後初の大統領選挙が行われた西アフリカのコートディヴォワールで、きのう(4日)、再選を狙う現職のバグボ大統領と元首相で野党候補のワタラがともに勝利宣言し、大統領就任を宣誓。2人が“大統領”を名乗る異常事態が起きています。というわけで、きょうはこんなモノをもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ボワニMC

 これは、1959年12月4日に発行されたコート・ディヴォワール自治共和国発足1周年の記念切手のマキシマムカードで、切手には初代大統領のフェリックス・ウフェ=ボワニの肖像が取り上げられています。ちなみに、コート・ディヴォワールが完全独立を果たすのは、翌1960年8月7日のことでした。

 ウフェ=ボワニは、1905年10月18日、コート・ディヴォワール中南部のヤムスクロ出身。第二次大戦後、フランス第4共和政が成立し、植民地からも議員が選出できるようになると、1946年、アフリカ民主連合(フランス領西アフリカとフランス領赤道アフリカの政治家が集まって結成)の総裁に就任。同党のコート・ディヴォワール支部としてコートジボワール民主党(PDCI)を設立し、党首として独立運動を主導しました。

 その後、アフリカ民主連合内で、仏領各植民地の分離独立論と汎アフリカ主義・仏領西アフリカ連合論が対立すると、分離独立派の中心人物として活動。1960年にコート・ディヴォワールの完全独立を達成します。

 独立後は、親仏政策を取るとともに、コート・ディヴォワール民主党による一党独裁体制を敷き、主要産業であるカカオの生産と輸出を国家が管理する体制を構築し、1960年代から1970年代にかけて年平均8パーセントの驚異的な経済成長を達成。アフリカの新興独立国の多くが経済的に低迷を続ける中で、彼の国家運営は“イヴォワールの奇跡”と称賛されました。

 しかし、1980年代以降はカカオの国際相場の下落による経済の悪化や、PDCIの一党独裁に対する国民の不満が高まったこともあり、1990年10月には初めて複数候補による大統領選を実施せざるを得なくなります。このときの選挙ではボワニが圧勝して7選したものの、翌11月の総選挙では、イボワール人民戦線(FPI)など野党もわずかながら初めて議席を獲得しました。

 その後、ウフェ=ボワニは大統領在任中の1993年に現職のまま亡くなりますが、それにより、国内の対立が表面化。後継大統領となったコナン・ベディエの能力不足もあって、コート・ディヴォワール情勢は一挙に不安定化し、2002年の内戦勃発を招くことになります。

 今回の事件も、建国の父であるウフェ=ボワニ亡き後、国家をまとめきれる人物が育たなかったがゆえに起きたともいえるわけですが、そう考えると、明らかに国家を束ねるだけの力量にかける人物が首相の座にかじりついていても、なんとか社会秩序が維持できている日本は、やはり、幸せな国なんでしょうな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | コート・ディヴォワール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 東北新幹線全線開通
2010-12-04 Sat 13:34
 東北新幹線がきょう(4日)、新青森まで延伸して全線開業しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        東方新幹線開通

 これは、1982年6月23日に発行された“東北新幹線開通”の記念切手です。

 東京=新青森間をむすぶ東北新幹線の建設は、1970年に制定の「全国新幹線鉄道整備法」に基づき、1971年11月、東京=盛岡間での工事が始まりました。

 その後、1982年6月23日に、大宮=盛岡間の465.2キロで暫定開業したのを皮切りに、1985年3月14日には上野=大宮間の27.7キロが、1991年6月20日には東京=上野間の3.6キロが、2002年12月1日には盛岡=八戸間の96.6キロが順次開通。今回の八戸=新青森間の開通で、713.7キロが全線開通しました。

 今回ご紹介の切手は、1982年6月の大宮=盛岡間の暫定開業にあわせて発行されたもので、東北新幹線の車両と暫定開業時の路線図を描くものと、東北線開業時の蒸気機関車と路線図を描くものの2種連刷になっています。

 切手に取り上げられた東北新幹線の車両(200系)は、東北の積雪慣例地帯を走行することを想定して作られた、当時の最新車両で、車体はクリームとグリーンの2色になっています。背景の地図は、今回の開業区間が大宮=盛岡間であることを示しています。

 ところで、現在の東北本線のルーツにあたる日本鉄道会社の東北線は、1891年9月1日に上野=青森間で全線開通しましたが、このうちの上野=大宮間は1883年7月28日に開通の前橋線(上野=熊谷間)の一部として開通していました。

 前橋線は日本鉄道会社の最初の路線で、当初は10両の機関車で運行されていましたが、うち9両は官設鉄道から借り受けたもので、日本鉄道会社の機関車は主として建設用に用いるC形タンク車が1両のみでした。このC型タンク車はイギリス製で、1882年、官設鉄道から移管されて前橋線の川口=熊谷間の工事に用いられる際、新橋駅から船で運搬され、荒川左岸の川口の善光寺付近に陸揚げされたことから、“善光号”と命名されました。その後、1906年の鉄道国有化法によって日本鉄道会社が国有化されてからは1290式と呼ばれるようになり、田端駅で入換用に使用された後、廃車となって、鉄道教習所を経て鉄道博物館(現・交通博物館)に移管されました。

 今回ご紹介の記念切手の一種には、この“善光号”と上野=大宮間の地図を取り上げられていますが、これと東北新幹線の車両を描く切手と組み合わせることによって、東北新幹線の開業が「一日行動圏の拡大や、国土の開発と国民生活領域の拡大に極めて重要な意味を持つ」という意図があるのだそうです。
 
 なお、この切手を含む1980年代前半の記念特殊切手については、拙著『近代美術・特殊鳥類の時代』で詳しく解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 日本:昭和・1979~1985 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 2022年W杯はカタール
2010-12-03 Fri 22:08
 サッカーW杯2022年の開催地がカタールに決まりました。日本が落選したのは残念ですが、気を取り直して、きょうはカタールの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        カタール・1957年加刷

 これは、1957年、英本国の切手に加刷して発行されたカタールの10ルピー切手です。

 カタールが正式にイギリスの保護領となったのは第一次大戦中の1916年のことでしたが、1950年まではカタール半島内には郵便局は設置されず、カタールからの郵便物は対岸のバハレーンに運ばれ、そこから域外へ配達されるというシステムになっていました。

 ドーハに郵便局が開設され、一般向けの郵便サービスが実施されるようになったのは1950年のことですが、当時はカタール独自の切手というものはなく、イギリス東アラビア郵政庁の加刷切手が使用されていました。ちなみに、カタール2番目の郵便局がウンム・サイドに開設されたのは、1956年2月のことでした。

 カタール独自の切手としては、1957年4月1日、英本国の切手にカタールの地名とインド・ルピーでの額面表示(英領インド帝国以来、この地域では、インド・ルピーが通貨として用いられていました)を加刷した切手が発行されたのが最初のことで、今回ご紹介の10ルピー切手は、その最高額面となります。

 カタールといえば、2012年には首都のドーハで世界切手展が開かれることになっています。2012年まではまだまだ間がありますし、まずは、切手展にあわせてドーハに行き、そこから湾岸諸国周りをしてみるのも、悪くはないかもしれません。
 

* 本日午前中、カウンターが78万PVを超えました。いつも、遊びに来ていただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | カタール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 陳水扁の収監
2010-12-02 Thu 22:24
 汚職の罪で懲役11年以上の実刑が確定している台湾の陳水扁・前総統が、きょう(2日)、台北近郊の台北監獄(刑務所)に収監されました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        台南刑務所宛カバー

 これは、1931年1月17日、台湾の佳冬から台南刑務所宛の書留便です。刑務所の教務主任を経て受刑者宛に届けられたもので、差出人の名前の上には受刑者との関係として“甥”との書き込みがあります。

 刑務所に収監されている受刑者といえども現金を必要とすることはあるわけで、そうした時のために関係者が現金を差し入れることがあります。しかし、外部の人間が受刑者と直接現金をやり取りすることは規則上できないため、いったん、刑務所側の人間(この場合は教務主任)宛に現金を送り、そこから受刑者の口座に“領置金”として入金されることになります。その場合、送金者に対して、彼(ないしは彼女)が送った金額がきちんと受刑者に渡っていることを示すため、差出人に対して領収書が発行されます。下の画像はその半券です。

        台南刑務所・領収書

 現在の台湾の受刑者の処遇がどうなっているのか、手もとに資料がないので詳しいことはわからないのですが、おそらく、今後、陳水扁への差し入れに対しても、似たような手続きがなされるのではなかろうかと思います。かつてのマカオでは、看守の汚職が甚だしく、マフィアの有力者などは逮捕・収監されても、当局者への賄賂や子分たちによる関係者への脅迫などにより、優雅な生活を維持していたケースが少なからずありましたが、曲がりなりにも民主化された現在の台湾では流石にそういうわけにもいかないでしょうな。

 それにしても、かつて台湾独立派の旗手であった陳が汚職で逮捕され、収監されたということには、なんとも言えない感慨を覚えます。ただ、陳がどのような罪で逮捕されようとも、台湾が“中国”の一部ではないことは明らかなわけで、台湾の中国への併吞に抵抗しようとしている人々への支援を続けていくことが重要であろうと思います。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 

別窓 | 台湾:日本統治時代 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ | NEXT
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/