内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 1年間ありがとうございました。
2012-12-31 Mon 09:50
 2012年もいよいよ大晦日です。今年も皆様には本当にいろいろとお世話になりました。おかげさまで、主なものだけでも、下記のような仕事を残すことができました。

 <単行本>

        韓国現代史・韓国語版
 ・『우표로 그려낸 한국현대사(切手で描き出した韓国現代史)』(イミラン訳) 한울아카데미

        切手、歴史を送る(正面)
 ・『우표,역사를 부치다:232개 우표가 담은 역사의 의문(切手、歴史を送る:232枚の切手が盛った歴史の疑問)』(安恩美訳) 延恩文庫

        『喜望峰』表紙画像
 ・『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』 彩流社

 <連載>
 ・「郵便学者の世界漫郵記」 『キュリオマガジン』(1月~2013年も継続)
 ・「泰国郵便学」 『タイ国情報』(1月号~2013年も継続)
 ・「切手に描かれたソウル」 『東洋経済日報』(1月~2013年も継続)
 ・「日豪戦争」『本のメルマガ』(1月~2月)
 ・「切手が語る宇宙開発史」 『ハッカージャパン』(1月~2013年も継続)
 ・「小さな世界のお菓子たち」 『Shall we Lotte』(1月~2013年も継続)
 ・「切手で訪ねるふるさとの旅」 『散歩人』(1月~2013年も継続)
 ・「ケープ周郵記」 『本のメルマガ』(3月~10月)
 ・「岩のドームの郵便学」 『本のメルマガ』 (12月~2013年も継続)

 <単発モノの論文・エッセイなど>
 ・「シベリア抑留前期の捕虜郵便と検閲」 『メディア史研究』第32号
 ・「<CHINA 2011> 中国・無錫展レポート」 『全日本郵趣』2012年1月号
 ・「無錫展コミッショナー報告」 『全日本郵趣』2012年8・9月号(合併号)
 ・「中華郵政」「郵便制度」「東北の郵政」 『二〇世紀満洲歴史事典』(貴志俊彦・松重充浩・松村史紀 編)吉川弘文館

 <切手展>
 ・A History of Hong Kong (世界切手展<INDONESIA 2012>)
 ・冷戦と朝鮮(全国切手展<JAPEX 12>)

 このほかにも、公私にわたり、実に多くの方々より、ご支援・ご協力を賜りました。関係者の皆様には改めてこの場を借りて、皆様に厚くお礼申し上げます。明年も引き続き、ご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 最後に、来る年の皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げ、年末のご挨拶といたします。どうぞ、良いお年をお迎えください。

 内藤陽介拝

 【世界切手展BRASILIANA 2013のご案内】

 僕が日本コミッショナーを仰せつかっている世界切手展 <BRASILIANA 2013> の作品募集要項が発表になりました。国内での応募受付は2月1―14日(必着)です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト
別窓 | 内藤陽介の本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 泰緬鉄道、ビルマで復活
2012-12-30 Sun 14:32
 第2時大戦後、ながらく廃線となっていた泰緬鉄道のビルマ(ミャンマー)領内のルートに、ビルマ政府が新たに鉄道と幹線道路を建設する計画であることが、きのう(29日)、明らかになったそうです。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。

        パヤトンズPOWカバー

 これは、1943年、ドイツ占領下のオランダ・ハーレムノルトからムイデンを経て、泰緬鉄道のビルマ側建設現場宛に近くのシュウヨウショに届けられたカバーです。カバー下部の“No3Gr”の書き込みは名宛人がビルマ側にあった泰俘虜収容所第3分所の管理下に置かれていたことを、また、カバー上部の108の書き込みは、宛先がビルマ側起点のタンビュザヤから108キロの地点にあったパヤトンズ・キャンプであることを示しています。

 戦後、旧泰緬鉄道は維持管理コストがかかりすぎることもあって、ビルマ側の全線とタイ側の国境から3分の2にあたる一部のレールが撤去され、現在では、タイ国鉄のナムトク線、ノン・プラドック=ナムトク間のみが継承されています。このうち、タイ領内の部分に関しては、車をチャーターすればとりあえず鉄道の跡をたどることは不可能ではないのですが、三仏塔峠から先は、国境から2キロ以内までの一時入国しか認められていない状況が長らく続いていました。

 今回明らかにされた鉄道再生計画は、少数民族武装勢力の新モン州党やカレン民族同盟とビルマ政府との停戦協定委が結ばれたことで可能になったもので、計画では、旧泰緬鉄道のほぼ全線が再建される見通しだそうです。すでに、今月中旬からルートの現地調査は始まっており、モン州の州都モールメン(モーラミャイン)周辺には貿易港を整備する計画もあるのだとか。実現の暁には、ぜひとも、現地を訪ねてみたいものです。

 なお、泰緬鉄道の建設に動員された捕虜たちの郵便については、拙著『タイ三都周郵記』でも1章を設けて解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 *本日未明、カウンターが115万PVを越えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。

 【世界切手展BRASILIANA 2013のご案内】

 僕が日本コミッショナーを仰せつかっている世界切手展 <BRASILIANA 2013> の作品募集要項が発表になりました。国内での応募受付は2月1―14日(必着)です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | ビルマ・ミャンマー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 タタ財閥の総帥交代
2012-12-29 Sat 10:37
 インド最大の財閥タタ・グループを20年以上率いてきたラタン・タタ会長が、きのう(28日)、75歳の誕生日を迎えたのを機に正式に引退し、元大手総合建設会社経営のサイラス・ミストリーが後継のグループ会長となりました。インドの財閥で“脱世襲”のトップとなった。

        タタ(1965)

 これは、1965年にインドで発行されたタタ財閥の創始者、ジャムシェトジー・タタの切手です。ちなみに、今回引退したラタン前会長は、ジャムシェトジーの曾孫にあたります。

 ジャムシェトジー・タタは、1839年3月3日、グジャラートで生まれました。一族はペルシャからインドに渡ってきたゾロアスター教徒(パールシー)です。ジャムシェトジーは1868年、ボンベイ(ムンバイ)で綿貿易会社を興し、その利益をもとに1870年代には綿紡績工場を建ててインド有数の民族資本家へと成長しました。

 その後、彼は民族資本家として、世界的な教育機関、大ホテル、水力発電所をインドに建設しようと考えました。1904年に亡くなるまでに実現されたのはタージマハル・ホテルのみでしたが、彼の計画は、死後、タタ・スチール、インド理科大学院、タタ・パワーなどとして実現され、現在のグループ企業は100以上、2011年度の売り上げは1000億ドルという巨大財閥になっています。

 1991年に叔父から会長職を引き継いだラタンの実績といえば、やはり、英高級車のジャガーとランド・ローバーを買収し、世界最安価格車“ナノ”を開発したということになりましょうか。ちなみに、動物としてのジャガーの北米大陸南部から南米大陸にかけて棲息していますが、インド亜大陸には棲息していないそうです。まぁ、そのあたりはご愛嬌ということで。

 【世界切手展BRASILIANA 2013のご案内】

 僕が日本コミッショナーを仰せつかっている世界切手展 <BRASILIANA 2013> の作品募集要項が発表になりました。国内での応募受付は2月1―14日(必着)です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | インド:シャーストリー時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 泰国郵便学(23)
2012-12-28 Fri 11:47
 ご報告が遅くなりましたが、財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第46巻第6号ができあがりました。僕の連載「泰国郵便学」では、今回は1963年前半の状況について取り上げました。その中から、きょうはこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        タイ・飢餓救済運動

 これは、1963年3月に発行された「飢餓救済運動」のキャンペーン切手で、コメを収穫する農村の女性が描かれています。

 国際連合(国連)の専門機関である食糧農業機関(FAO:Food and Agriculture Organization)は、世界経済の発展と人類の飢餓からの解放を実現するため、①世界各国国民の栄養水準と生活水準の向上、②食糧及び農産物の生産および流通の改善、③農村住民の生活改善、のためのさまざまな活動を行っていますが、その一環として、1960年から1965年にかけて、FAOは全世界規模で“飢餓救済運動(Freedom from Hunger Campaign)”を展開。その運動期間の中間にあたる1963年の春分の日(3月21日)を中心に、各国で啓蒙のためのさまざまなイベントを展開することとなりました。

 これに伴い、1961年10月18日付で、ローマのFAO国際事務局長から加盟各国に対して、1963年のイベントへの協力要請の文書が発せられましたが、その中には、寄附金付き切手を発行するか、あるいは、発行した切手の一部をFAO事務局に無償で譲渡して欲しいとの要望が含まれていました。

 ただし、要請を受けた各国の中には、飢餓救済運動の記念切手を発行することには同意できても、寄附金つき切手の発行や、ましてや発行した切手の無償譲渡について難色を示す国も少なからずあった(たとえば、わが国の場合、発行した切手を無償で譲渡することは財政法によって禁止されていました)ことから、1962年11月9日、飢餓救済運動調整官チャールズ・ワイツは、あらためて、切手の無償譲渡は必要ないから飢餓救済運動の特殊切手を発行して欲しいと各国に再度要請。これを受けて、タイでもFAOの要請通りにキャンペーン切手が発行されることになったというわけです。

 ところで、タイは世界有数のコメの生産国ですが、タイの切手において、農業が中心的な題材として取り上げられたのは、1941年発行の普通切手以来、今回が2回目のことです。

 1855年のボーリング条約による開国後、タイのコメ輸出は、いわゆる“大東亜戦争”直前の1940年まで、ほぼ一貫して増加していました。その背景には、ボーリング条約によって決定されたコメの輸出税率が1.5トン当たり4バーツという低率であったことに加え、国内でのコメ不足の時期を除き、政府がコメの輸出を促進する政策を展開してきたという事情があります。

 大東亜戦争が勃発し、国内消費のためのコメを確保する必要が生じると、タイ政府は「米と砕米の輸出入統制法」を制定・施行。この結果、タイ米の輸出は激減する。さらに、大東亜戦争が日本の敗戦によって終わると、タイ政府は混乱に備えるため、コメ輸出の国家独占を宣言しました。

 1946年1月1日、タイは英国およびインドとの間に和平協定を結びましたが、同協定では、タイが日本とともに連合諸国に宣戦布告したことの賠償として、タイに対してコメ150万トンの供与が義務付けられていました。

 この賠償米の受け渡しは、当初は、英国の指示の下、タイ米穀購買局と英国食糧省サイアム・ライス・ユニットとの間で行われていましたが、1946年5月6日、タイならびに米英3国の合同シャム米委員会が設立され、タイ米の輸出促進とタイ経済の復興に対する勧告と協力が行われるようになりました。

 しかし、タイ政府による国内でのコメ買い入れ価格はきわめて低く抑えられていたため、輸出に必要なコメを十分に確保することができず、1947年8月末、賠償米の供与が終了し、合同シャム米委員会が廃止された時点で、タイ米の輸出は225万トンの目標に対して76万2000トンしか達せられませんでした。ただし、不足分については不問に付されています。

 合同シャム米委員会の廃止後、タイのコメ輸出は国際緊急食糧委員会(IEFC:The International Emergency Food Committee)の管理下に置かれ、米穀購買局は米穀庁に改組されました。IECFの下で、コメの輸出は依然として政府の独占事業とされていましたが、政府によるコメの買い入れ価格は急激に引き上げられ(1947年にはトン当たり50ドルだった買い入れ価格は、1948年には63.1ドルになりました)、輸出価格も上昇した(1947年にトン当たり95.1ドルだったものが1948年には138.8ドルとなりました)たため、タイのコメ輸出は急激に拡大し、戦前の水準を回復します。

 IEFCは1949年に解散しましたが、その後も、タイ政府は国家によるコメの輸出独占体制を継続しようとします。ところが、1950年6月に朝鮮戦争が勃発。この結果、国際的なコメの需要が高まり、コメの市場価格も高騰したため、タイ米を輸入していた国は“公定価格”で必要量を確保することが困難になりました。そこで、タイ政府は国内の米穀業者がタイ米穀庁に売り渡すコメ4.5トンつき1トンの割合で民間輸出の許可を業者に与え(ただし、輸出業者に対しては、輸出によって得られた外貨をタイ銀行に指定のレートで売却することが義務づけられていました)、市場価格よりも低めに設定された“公定価格”の政府輸出米をできるだけ少なくし、市場価格が反映される(=より高価で取引される)民間輸出米を増やす政策を採用します。

 1953年7月、朝鮮戦争の休戦により戦時景気が終焉を迎えると、国際市場における米価も下落。タイからのコメの輸出も伸び悩んだため、タイ政府はコメの輸出手続きの簡素化ならびにコメ輸出の自由化を模索するようになりました。

 そこで、1955年1月、政府はコメ輸出独占制ならびに民間のコメ輸出業者に課していたタイ銀行への外国為替の売却義務規定を廃止。コメの輸出を自由化する代わりに、輸出業者に対して輸出許可書発行費用の名目で課徴金を徴収する“ライス・プライム制度”を導入します。その建前は、輸出の自由化により、国内のコメが品薄になり、国内の米価が急騰することを防ぐというものでしたが、政府としては税収源を確保する狙いがあったことは言うまでもありません。

 新制度の下、1956年になると、民間の輸出業者と競合するかたちで、タイ政府はコメの輸出を再開。以後、1960年にいたるまでコメの輸出における政府のシェアは徐々に増加し、1960年代以降、全体の30-50%を占めるようになり、政府にとって重要な財源の一つとなりました。こうした状況は、1986年にライス・プレミアム制度が廃止されるまで続くことになります。

 1963年3月に発行された“飢餓救済運動”の切手が、飢餓救済のための寄付金を上乗せするのではなく、また、運動のテーマを直接的に表現するデザインのものでもなく、コメの収穫場面を大きく取り上げるデザインとなったのは、上述のような経緯を踏まえ、コメの輸出国としてのタイの存在を内外にアピールする意図が込められていたためと考えるのが妥当でしょう。

 なお、サリット政権下で進められた開発政策の余波として、この時期、タイでは飼料用トウモロコシのメイズや麻袋やロープの原料となるケナフ等の商品作物の生産が盛んになり、特に、この両者は瞬く間にタイの主要輸出品としての地位を獲得しています。ただし、それらコメ以外の農産物は、1960年代においては、タイの象徴としてはみなされることはなかったため、国家のメディアである切手にも取り上げられてはいません。


 【世界切手展BRASILIANA 2013のご案内】

 僕が日本コミッショナーを仰せつかっている世界切手展 <BRASILIANA 2013> の作品募集要項が発表になりました。国内での応募受付は2月1―14日(必着)です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | タイ:ラーマ9世時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 返り咲き
2012-12-27 Thu 11:03
 きのう(26日)、第182特別国会が召集され、自民党の安倍晋三総裁が衆参両院本会議での首相指名選挙の結果、第96代首相に選出されました。一度、首相の職を辞した政治家が政権の座にカムバックするという事例は、1948年の吉田茂以来、戦後2例目のことです。というわけで、きょうは“返り咲き”の切手のご紹介です。(画像はクリックで拡大されます)

        南ア・新三角

 これは、1926年に南アフリカで発行された4ペンス切手です。ケープ植民地時代に発行された三角切手とほぼ同図案ですが、国名表示は英語ないしはアフリカーンス語で南アフリカとなっています。今回ご紹介のモノは、そのうちの英語バージョンのモノです。ちなみに、印刷所は、1853年の三角切手はパーキンス&ベーコン社ですが、今回ご紹介の切手はブラッドバリー・ウィルキンソン社でした。

 ケープ植民地の三角切手は1900年にすべて使用禁止となり、それ以降は、ケープ植民地およびそれを継承した南アフリカ連邦では目打入りの四角切手のみが使われていました。それが、1926年になって、突如、普通切手として無目打の三角切手が復活した理由については、いろいろ調べてみたのですが、どうもよくわかりません。

 ちなみに、切手の発行日は表向きには1926年1月1日ですが、この日は日曜日だったため、ケープタウン市内の一部の局を除いて営業しておらず、大半の局では翌2日から発売されました。このため、初日カバーには1日のモノと2日のモノがありますが、1日のモノは数が少なく高価なために後押しのモノも多いので、鑑定書なしには手を出さない方が無難なようです。

 さらに、この切手に関しては、マージンの狭いシートと広いシート(今回ご紹介の切手はこちらから切り取った単片です)の2種類があり、マージンの広いシートは1926年4月26日の発売です。また、シェードについても基本の青味灰色のほか、緑味灰色のモノがあります。

 無目打の三角切手というのは、記念切手としてならともかく普通切手としては使いづらかったようで、この切手を貼ったまともな(=フィラテリックではない)国内宛の実逓カバーというのは滅多にお目にかかれません。考えようによっては、ケープ植民地時代の三角切手のカバーよりも、入手は難しいともいえそうです。

 なお、ケープ植民地ならびに南アフリカの三角切手をめぐる物語については、拙著『喜望峰』でも詳しくまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 【世界切手展BRASILIANA 2013のご案内】

 僕が日本コミッショナーを仰せつかっている世界切手展 <BRASILIANA 2013> の作品募集要項が発表になりました。国内での応募受付は2月1―14日(必着)です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 南アフリカ連邦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 BRASILIANA 2013 のご案内
2012-12-26 Wed 09:40
        ブラジル展(ロープウェイ)

 明年(2013年)11月、ブラジル・リオデジャネイロにおいて世界切手展<BRASILIANA 2013>(以下、リオ展)が開催される予定です。同展の日本コミッショナーは、不詳・内藤がお引き受けすることになりましたが、その特別規則が発表になりましたので、出品に関する事項を抜粋し、その概要をお知らせいたします。正式な特別規則の文言などは同展の公式ウェブサイトをご覧ください。なお、印刷・製本された状態のブルテン等は12月25日現在、制作されていません。

 また、昨年の<CHINA 2011>(無錫展)・本年の<SHARJAH 2012>(シャルジャー展)同様、今後のリオ展に関する連絡は、原則として全て電子メールにて行います。電子メールをお使いになれない方で関係書類をご希望の方は、データをプリントアウトしてお送りいたしますので、実費として500円(送料込・切手代用不可)をコミッショナー宛、ご送金ください。

 以下、展覧会の概要です。

1.開催時期 2013年11月19日 – 25日(7日間)

2.開催場所 PIER MAUÁ, Rio de Janeiro

3.運用される諸規則
- The General Regulations of the FIP for Exhibitions (GREX)
- The General Regulations of the FIP for the Evaluation of Competitive Exhibits at FIP Exhibitions (GREV)
- The Special Regulations of the FIP for the Evaluation of Competitive Exhibits at FIP Exhibitions (SREVs)
- Brasiliana 2013 特別規則。正式な文言はリオ展の公式ウェブサイトをご覧ください。

4.出品申込と結果の通知
 出品申込に際しては、所定の書式(リオ展の公式ウェブサイトでダウンロードできます)に必要事項を記載の上、作品の内容を説明するページ(タイトルないしはプランのリーフ。英文で記載のこと)のコピーを添えて、ナショナル・コミッショナーの内藤陽介(ないとう・ようすけ)宛にお送りください。連絡先は文末に記載しております。

 現地組織委員会への提出期限が2013年2月28日となっておりますので、国内の受け付け期間は2月1-14日(コミッショナー必着)とします。
 
 お申込みいただいたご出品の可否は、組織委員会での検討を経て、2013年4月30日までにコミッショナーに告知されることになっています。出品が受理された場合、正当な理由なく、出品をキャンセルすることはできませんのでご注意ください。

5.出品クラス
 競争出品
― Class 1:FIPチャンピオン・クラス (2003-2012年までの10年間にFIP展で3回以上ラージ・ゴールドを受賞した作品)
― Class 2:国別伝統
 A)ブラジル
 B)ブラジルを除く南北アメリカ
 C)ヨーロッパ
 D)アジア、オセアニア、アフリカ
― Class 3:郵便史
 A)ブラジル
 B)ブラジルを除く南北アメリカ
 C)ヨーロッパ
 D)アジア、オセアニア、アフリカ
― Class 4 ポスタル・ステーショナリー
― Class 5 航空郵趣
― Class 6 宇宙郵趣
― Class 7 テーマティク A)自然、B)文化、C)科学
*出品申込書には作品がA-Cのどのサブクラスに該当するかを記入してください。
― Class 8 マキシマフィリー
― Class 9 収入印紙
― Class 10ユース
 A) 2013年1月1日時点で10歳から15歳
 B) 2013年1月1日時点で16歳から18歳
 C) 2013年1月1日時点で19歳から21歳
― Class 11文献
 1) 2008年1月1日以降に出版された書籍
 2) 2011年1月1日以降発行の雑誌
 3) 2011年1月1日以降に出版されたカタログ
*文献の出品には、通常の出品申込書に加え、文献専用の申込書も提出してください
― Class 12ワン・フレーム(1フレーム出品)
  出品申込書には、以下のA-Hのどのサブクラスに該当するか、ご記入ください。
  A)国別伝統
  B)郵便史
  C)ポスタル・ステーショナリー
  D)航空郵趣
  E)宇宙郵趣
  F)テーマティク
  G)マキシマフィリー
  H)印紙

 *ワン・フレーム出品には賞状のみでメダルは授与されません。また、マルチ・フレームからの抜粋展示は好ましくありません。テーマティク部門に関しては、マルチ・フレーム出品同様、出品申込書には作品がA-Cのどのサブクラスに該当するかを記入してください。

 *以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、必ず、以前のタイトルを出品申込書に記載してください。

 なお、組織委員会は理由を開示することなく、出品作品の展示を拒否する権限を有します。

6.リーフのサイズとフレームの割当数
 フレームの大きさは98cm x 120cmで、1フレームは16リーフ構成です。A4またはレターサイズのリーフは問題ありません。通常より大きなリーフについては、一部、重ねての展示となります。大型マテリアルを展示するためのダブル・リーフについては、過去の先例からして、おそらく受け付けられるものと思いますが、展示不可となる場合もあり得るとご理解ください。黒色ないしは濃色のリーフは受け付けられません。

 出品に割り当てられるフレーム数は以下の通りです
 8フレーム :チャンピオン・クラスならびに一般競争出品のうち、過去にFIP展/FIAP展で大金銀賞以上を受賞した作品
 5フレーム :過去のFIP展/FIAP展で金銀賞以下を受賞した作品
 ユース部門 :出品者の年齢によって以下のように異なります。
  1-3フレーム (10.A)
  2-4フレーム (10.B)
  3-5フレーム (10.C)
 ワン・フレーム:1フレーム

7.出品料:出品作品の決定後、所定の出品料に送金手数料(人数割り)を加算した金額をご請求いたします。なお、日本から組織委員会への入金は2013年7月31日までに完了することとなっております。

 ユース、文献、1フレームを除く各部門の出品料は1フレーム50米ドル
 ユースの出品料は無料
 文献の出品料は1件につき50米ドル
 1フレーム部門の出品料は1件につき70米ドル

8.作品のセキュリティ
 組織委員会は会期中の作品のセキュリティについて相応の対策を講じますが、作品の輸送時、会期中の展示・撤去の際のマテリアルの紛失・汚損などについては責任を負いません。出品物の保険については、出品者個人の責任と負担においてかけるものとします。

9.作品の搬入と返却
 作品搬入の期日については、現時点では指定がありませんが、組織委員会からの発表があり次第、関係者にご案内いたします。なお、作品の搬入に関しては、組織委員会はコミッショナーによる持込みを強く推奨しております。ただし、作品をお預かりする際には、別途、コミッショナー(内藤)の指定する条件をご承諾いただくことが前提となります。また、今回のリオ展のコミッショナー業務は、経費の都合上、内藤による調査取材のためのブラジル出張(予定)に合わせてお引き受けしておりますので、お預かりした作品の返却は、内藤が帰国する(予定の)2013年12月初旬以降になります。そのほか、コミッショナー持込みに関する詳細については、内藤までお問い合わせください。

 文献出品は2013年9月30日までに各タイトルにつき2部ずつ、組織委員会に送付してください。組織員会の所在地は別記の通りです。なお、文献出品につきましては、帰国時、カタログ・メダル類の運搬に関する費用の一部をご負担いただくことがあります。

 展示作品・文献ともに、組織委員会指定の〆切を過ぎて現地に到着した作品は審査の対象外となります。作品未着の場合、出品料は返金されません。

 出品物は取り外し可能な保護カバーをつけ、各リーフの表面左下に転じ順の番号を記してください。また、出品物は組織委員会の支給する指定の封筒に入れて搬入してください。

 作品の受領後、組織委員会はしかるべき受領証を発行します。コミッショナーの持ち込んだ出品物はその受領証と引き換えにコミッショナーに返却します。それ以外の出品物については、搬入時と同じ方法で返却します。

10.関係連絡先(スパム対策のため、メールアドレスの★は@に置き換えてください)
・組織委員会 BRASILIANA 2013 - WORLD STAMP EXHIBITION
 Organizing Committee
 Rio de Janeiro, RJ - 21941-960
 B R A Z I L

・ゼネラルコミッショナー Rubem Porto Jr.
 郵便宛先は組織委員会と同じ
 Telephone + 55 21 3383 8137
 Cel. + 55 21 9602 9665
 Fax + 55 21 2240 5267
 Email rubempjr★gmail.com

・FAP コーディネーター Peter P. McCann RDP
 Address 6660 St James Crossing, University Park, FL 34201-2238, USA
 Telephone +1 941 3588455
 Fax +1 941 3588283
 Email ppm103226706★aol.com

・日本コミッショナー 内藤陽介(ないとう・ようすけ)
 ご連絡は本ブログ右側、プロフィール下のメールフォームをご利用ください。


 なお、本日の記事の冒頭に掲げた切手は、今年発行された“ポン・ヂ・アスーカルのロープウェイ100年”の記念切手ですが、シートの余白に、<BRASILIANA 2013>のロゴマークが入っており、同展関連のマテリアルとなっております。

 1人でも多くの皆様のお申込み・お問い合わせを心よりお待ちしております。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | ブラジル:民政移管以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 聖母子像切手の混貼
2012-12-25 Tue 09:28
 きょうはクリスマスです。というわけで、聖母子関連のマテリアルの中から、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        カタンガ・カバー

 これは、1961年2月6日、第一次コンゴ動乱期のカタンガ政権下のコルウェジから差し出されたカバーで、ベルギー領コンゴ時代の1959年に発行された聖母子像のクリスマス切手に“CONGO”加刷の切手(キンシャサ政権発行)と“KATANGA”加刷(カタンガ政権発行) の切手が混貼されているのがミソです。切手に加え、カタンガ独立を訴えるラベルも貼られているのも良いですな。

 1960年、アフリカ諸国が相次いで独立する中で、同年6月30日、ベルギー領コンゴもコンゴ共和国(キンシャサ政権)として独立。コンゴ族同盟(アバコ党)の指導者であったジョセフ・カサヴブが初代大統領に、コンゴ国民運動(MNC)を率いたパトリス・ルムンバが初代首相に就任しました。

 しかし、コンゴ駐留のベルギー軍撤退問題をめぐり、急進左派のルムンバにベルギー軍が反発。コンゴ在住のベルギー国民への攻撃も相次いだため、7月8日、自国民保護のため、ベルギー軍が首相官邸を襲撃し、首都キンシャサの国際空港を占領すると、ルムンバはベルギーとの国交断絶を表明します。

 混乱の中で、地下資源の豊かなカタンガ州(たとえば、カタンガの銅生産量は当時の世界総生産量の70%を占めていたほか、いわゆるレアメタルも豊富でした)を地盤とするモイーズ・チョンベは、7月11日、ベルギーの支援を受けて、カタンガの独立を宣言。親西側のカサヴブと急進民族主義路線を掲げるルムンバの路線対立もあり、独立間もないコンゴは政府が機能不全に陥り、四分五裂の状態に陥りました。いわゆる第1次コンゴ動乱です。

 ルムンバの要請を受けた国連は、7月14日、安保理決議143を採択。ベルギー軍のコンゴからの撤退を求め、コンゴ国軍が治安維持を行なえるようなるまでコンゴ共和国と協議の上、各国から軍事援助を行なえる手段を取ることを国際連合事務総長に求めました。こうして“国連軍”が編成されてベルギー軍と交代し、カタンガ州内へも独立問題へ関与しないことを条件に進駐します。

 国連軍の進駐により、治安が次第に回復すると、ベルギーと米国は、治安が安定しているカタンガ州への国連軍進駐は、“暴動によって混乱した治安の回復”を目的とする国連軍の目的を越え、コンゴへの内政干渉にあたると抗議。これに対して、ルムンバ政権とソ連をはじめとする東側諸国はカタンガ州への国連軍進駐を強硬に主張し、両社は激しく対立しました。

 カタンガ政権は、「我々は共産主義(彼らの理解ではルムンバ派や国連のことです)の魔の手からアフリカの白人を護るための十字軍である」との大義名分の下、南アフリカや英領中央アフリカ連邦(現在のジンバブエ・ザンビア・マラウイで構成)で身体頑健で軍隊経験のある白人をリクルートしました。基本給は、士官が月250ポンド、下士官が180ポンド、兵卒が70-120ポンドでした。

 このとき、南アの傭兵の中心人物となったのが、マイク・ホアレです。

 ホアレは、1919年、インドでアイルランド系の両親の下に生まれました。8歳でロンドンの寄宿学校へ入学し、高校卒業後、英国国防義勇軍に入隊。その後、下士官養成学校と将校養成学校を首席で卒業し、偵察連隊へ配属。第二次世界大戦ではビルマで戦い、コヒマの攻防戦にも参加しています。退役後は、1949年に南ア・ナタール州に移住し会計士として働いていましたが、1961年2月、白人傭兵部隊「インターナショナル・カンパニー」を設立し、第1次コンゴ動乱に参戦しました。

 各派入り乱れての泥沼の内戦の中で、1960年9月、大統領のカサヴブが首相のルムンバを更迭すると、ルムンバ内閣は大統領の解任を決議。政府機能は完全に麻痺し、首都の治安も崩壊する中で、9月14日、ついに国軍が動くことになります。すなわち、CIAの支援を受けた陸軍参謀長ジョセフ・デジレ・モブツ大佐がクーデターを決行したのです。

 クーデターは大統領の支持を受けて成功し、ルムンバは逮捕され、翌1961年1月に殺害されました。これに対して、ルムンバ派は、コンゴ東部のスタンレーヴィル(現キサンガニ)を拠点に、ソ連やアラブ諸国からの支援を受けて新政府の樹立を宣言。ルムンバの殺害によって国際世論の同情を集めたスタンレーヴィル政権は、国連からコンゴの正統政権として承認を受けました。

 これに対して、同年7月、カサヴブは、カタンガ以外の勢力(ルムンバ派も含む)をまとめあげてシリル・アドウラを首相とする挙国一致体制(アドウラ政府)を樹立。この挙国一致政府を支援するかたちで、国連軍が外国人傭兵の逮捕・追放のための大規模な作戦を開始し、カタンガ政権に対する経済制裁も発動されました。資金源を断たれたカタンガ政権は急速に弱体化し、1963年1月に降伏。大統領のチョンベもスペインに亡命し、ようやく、第一次コンゴ動乱も終結しました。

 さて、拙著『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』では、マイク・ホアレとの関連で、今回ご紹介のカバー以外にも、コンゴ動乱がらみのマテリアルをいろいろとご紹介しております。機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | コンゴ民主共和国(旧白領) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 Merry Christmas!
2012-12-24 Mon 10:43
 今夜はクリスマス・イヴです。というわけで、こんなクリスマス・カードを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ケープ城塞・クリスマスカード

 これは、1904年12月16日、英領ケープ植民地のポート・エリザベスから英国宛に差し出されたクリスマスカードで、キャスル・オブ・グッド・ホープの門が取り上げられています。

 キャスル・オブ・グッド・ホープは、もともとはオランダ東インド会社の総督の居城として1666-79年にかけて建てられた城砦です。五角形に囲まれた城壁の一辺は175メートルで、高さ10メートル。現在でも西ケープ陸軍の司令部として使われていますが、その一部は公開されています。

 葉書の画面右側にある鐘楼はケープタウンを代表する建造物として切手にも取り上げられたことがあります。城砦の完成当時、入口は海側に設けられていましたが、鐘楼の下にある現在の入口は1683年に現在の位置に建てられました。

 入口の手前には1720年から1740年にかけて、雌雄のライオン像のある門が建てられ、観光客はここを通って城塞の敷地内に入ることになります。狛犬ならぬ狛獅子といった風情ですが、獅子の口は阿吽の一対ではなく、両方とも開いたままなので、日本人の感覚としては、なんとなくしまりのないようにも思えてしまいます。まぁ、クリスマス休暇ののんびりした雰囲気には、ちょうどいいのかもしれませんが…。

 なお、拙著『喜望峰』では、ケープタウンを代表する観光地であるキャスル・オブ・グッド・ホープについて、ケープタウンの歴史も交えて詳しくご紹介しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | ケープ植民地 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手に描かれたソウル:明洞聖堂
2012-12-23 Sun 15:10
 ご報告が遅くなりましたが、『東洋経済日報』12月14日号が刊行されました。僕の月1連載「切手に描かれたソウル」では、今回はクリスマスの時期に合わせて明洞聖堂を取り上げました。その記事の中から、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        明洞聖堂

 これは、2000年11月1日に韓国で発行されたミレニアム・シリーズ第8集のうち、明洞聖堂を取り上げた1枚です。ついでに、今年8月にソウルに行った際に撮影した明洞聖堂の正面と内部のステンドグラスの画像を下に貼っておきましょう。

        明洞聖堂(正面)     

 明洞聖堂は、ソウルを代表するカトリックの教会建築であり、韓国最初のレンガ聖堂として史跡第258号に指定されています。

 一般に、韓国におけるカトリックの歴史は、1784年、外交使節の一員として北京に派遣された李承薫が、かの地で教理を学び、洗礼を受けて帰国したことにはじまるとされています。ただし、李承薫が最初に礼拝所を建設したのはソウルではなく平壌でした。

 朝鮮王朝の下では、“天主教(=カトリック)”はながらく邪教として弾圧されていましたが、1876年の開国に伴い、欧米諸国との外交上の必要から、キリスト教の禁止は解除されます。この結果、韓国内でも、新たにプロテスタントの宣教師も加わって新旧キリスト教の宣教が本格化。朝鮮王朝末期の1890年から1910年にかけて、カトリックとプロテスタントを合わせた全クリスチャン人口は1万7842名から24万869名へと飛躍的に増加しました。

 こうした時勢を反映して、1882年、フランス人のプルラン司教は明洞に聖堂の建設を計画。現在の明洞聖堂の土地の一部を購入します。

 司教は、まず、この地に私塾を設けて予備神学生を養成しながら機会をうかがい、1886年に韓仏修好条約が調印されると、翌1887年5月、私塾の敷地に隣接する土地も購入して、現在の聖堂の敷地全域を確保。同年秋以降、信徒を動員して整地作業に乗り出しました。ところが、朝鮮王朝は首都の風水に並々ならぬこだわりを持っており、丘を削っての整地作業は地脈を乱すとして反対したため、工事は難航。その心労もあってか、1890年にはプルランも亡くなってしまいます。

 プルランの後を継いで赴任したトゥセは苦心の末に聖堂建設に対する宮廷の理解を得ることに成功し、1892年5月、国王(高宗)隣席の下、ようやく聖堂の起工式が行われました。

 聖堂の設計と工事の実務的な指揮監督はフランス人司祭のコステが担当することになりましたが、こんどは、1894-95年に日清戦争が勃発し、日清両軍が朝鮮を舞台に戦闘を展開。戦後の1896年には建設責任者のコステが亡くなるというアクシデントが重なり、聖堂建設は遅々として進まず、1898年5月、コステの後任となったプワネル神父の指導の下、ようやく工事は完了しました。

 完成した聖堂は、装飾的な要素を排除した純粋なゴシック様式で、上から見るとラテン十字架形になっています。本堂の高さは23m、鐘塔の高さは45m。聖堂内は三廊式になっており、前方の祭壇には中心に聖母子像が、向かって右側に聖ベネディクト像、左側に韓国最初の司祭、金大建の像が祀られています。なお、祭壇の下は地下聖堂となっていて、朝鮮王朝の弾圧で殉教した聖人5名をはじめとする聖骸が安置されています。(下の画像は、聖堂内部と金大健の像です)

         明洞聖堂・内部      明洞聖堂・金大健

 教会内で目を引くステンドグラスは、もとはフランスのベネディクト修道会の修道士によって制作されたものですが、傷みが激しくなったため、1982年、李南奎によって復元されました。(下の画像はステンドグラスの一部)

         明洞聖堂・ステンドグラス

 ちなみに、先ごろ、当選を果たしたばかりの朴槿恵次期大統領は、カトリックのイエズス会が創設した西江大学の卒業生ですが、信仰としては無宗教だそうです。
 

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 韓国:金大中時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 小さな世界のお菓子たち:レープクーヘンの切手
2012-12-22 Sat 15:02
 大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第18号(2012年冬号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、クリスマス・シーズンでもありますので、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

        東独・ビスケット

 これは、1969年に東ドイツ(当時)で発行されたクリスマス切手で、左はレープクーヘンの焼型、右は男女のペアをかたどったレープクーヘンが描かれています。

 クッキーやビスケットの原型といわれるレープクーヘンは、シュトーレンと並んで、クリスマスの時期のドイツを代表する焼き菓子で、一説には、童話の「ヘンゼルとグレーテル」に登場するお菓子の家の材料ともいわれています。

 レープクーヘンは、アーモンド、スパイス、蜂蜜、オレンジやレモンのピールを合わせた生地をオブラートに塗るように盛って焼きます。その発祥には諸説ありますが、ベルギーのディナンで考案された焼き菓子が、ベルギー・オランダとの国境に近いドイツの街、アーヘンに受け継がれ、そこから各地の修道院に広まり、14世紀に南ドイツ、ニュルンベルクの修道院で作られていたものは、現在の姿とほぼ同じであったと考えられています。

 修道院でレープクーヘンが好んで作られたのは、長期の保存が可能なためで、もともとはクリスマスの時期に限らず、復活祭や四旬節(復活祭の日曜日を除く40日前=日曜日を含めると46日前の水曜日から復活祭前日までの期間のこと)の際にも“料理”の一品として、ビールなどとともに供されていました。たしかに、レープクーヘンに使われるスパイスは、シナモン、クローブ、アニスが基本で、これに、カルダモン、コリアンダー、ショウガ、ナツメグが加わることもありますから、蜂蜜の甘みを抑えれば、ビールとの相性も悪くなさそうです。

 さて、ドイツでは、毎年、クリスマスの4週間前の日曜日からアドベントと呼ばれるクリスマスの準備期間が始まり、多くの家庭では、レープクーヘンづくりが行われます。レープクーヘンづくりはクリスマス前、初冬のドイツの風物詩となっており、家庭によっては、この期間に冬の間のクッキーをまとめて焼いてしまうこともあるのだとか。

 今回ご紹介の切手は、それに合わせるかのように、1969年11月25日に東ドイツで発行されたもので、右側の切手のレープクーヘンは、生地にチョコレートを練りこみ、ピンクのアイシングなどで装飾を施しているのが、何とも楽しげな雰囲気です。

 生地を成型してオーブンに入れたら、焼き上がるまでの間に、レープクーヘンの切手を見ながら母娘で一緒にクリスマスカードを書いている――かつての東ドイツの家庭で見られたであろう、そんな光景が目に浮かんできそうです。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | ドイツ:東ドイツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界最後の日
2012-12-21 Fri 09:43
 古代マヤ文明の暦が西暦に換算すると2012年12月21日で終わることから、この日が人類週末の日になるという説が唱えられているそうです。まぁ、単純に今日の分まで作っておけば十分とマヤの人たちが考えただけだと思いますが…。というわけで、きょうはマヤ文明がらみの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         マヤ文明(英領ホンジュラス)

 これは、1938年に英領ホンジュラス(現ベリーズ)で発行されたマヤ文明の出土品を取り上げた1セント切手です。マヤ文明というとメキシコというイメージが強いのですが、現在の国名でいうと、ユカタン半島南東部のメキシコ・グアテマラ・ベリーズにまたがる地域がそのエリアとなっており、最古の土器が出土した遺跡のクエリョ遺跡は現在のベリーズ領内にありますので、こちらを選んでみました。まぁ、こういう機会がないと、ベリーズの切手は取り上げにくいということもありますが…。

 現在のベリーズに相当する地域は、スペインによる征服の後、グアテマラ総督府の管轄となりましたが、辺境の地であったため、総督の支配は十分には及んでいませんでした。このため、1638年、イギリスの武装船団が到達して、沖合のセント・ジョージ島に勝手に入植を開始。以後、この地の支配をめぐり、イギリスとスペインの係争が続きましたが、イギリス側はベリーズ定住の実績を積み重ね、1763年のパリ条約、1783年のヴェルサイユ条約を通じて、スペインに同島を自由に使用収益させることを認めさせました。さらに、1784年、セント・ジョージ島の人口増大などを理由として、イギリス人は対岸のベリーズ・シティに移転。1798年にはスペイン軍を破ってこの地を確保します。

 ところが、1821年に隣接するグアテマラが独立すると、グアテマラ新政府はベリーズ地域の支配権を含むスペイン統治時代の全ての権利はグアテマラに継承されていると主張。以後、この地の支配権をめぐっては、イギリスとグアテマラが対立する構図となり、1862年、イギリスは、ひとまずこの地域をジャマイカ総督管轄下のイギリス王室植民地として“英領ホンジュラス”を宣言しました。その後、1884年に“英領ホンジュラス”はジャマイカから離れて単独の植民地となります。

 第二次大戦後の1963年、英領ホンジュラスは英連邦内の自治政府となりますが、あくまでも自国領を主張するグアテマラとイギリスとの間で独立についての交渉が決裂。1973年の“ベリーズ”への正式な改称を経て、最終的に英連邦加盟国“ベリーズ”として独立したのは1981年9月21日のことでした。ちなみに、グアテマラがベリーズの領有権を放棄し、独立を承認したのは、1986年11月のことです。

 郵便に関しては、1786年以降、ジャマイカ経由で域外との通信が行われていたことが確認されており、“ベリーズ”の地名の入った郵便印の押されたカバーは19世紀初頭から存在しています。なお、1809年には最初の郵便局が開設されました。英国貨物船会社による定期便の開始は1830年1月7日のことで、これに合わせて、常勤の郵便局長としてモリアティが任命されています。ちなみに、ベリーズ当局では、このことを持ってベリーズ郵政の紀元としています。

 1858年には英本国の切手が持ち込まれ、“A06”の抹消印も使用されるようになりましたが、1860年には切手の配給がストップし、しばらくはスタンプレス時代に戻りました。その後、“英領ホンジュラス”の発足宣言を受けて、1866年には“英領ホンジュラス”名の切手発行が開始されました。当初の額面はポンド表示でしたが、1888年からはセント/ドル表示に変更されています。

 * 昨日の「ビーバップ・ハイヒール」の放送は、無事に終了いたしました。ご視聴いただいた皆様には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。なお、次回のテレビ出演は、年明け1月19日の予定です。年が明けましたら、このブログでも、詳細を告知いたしますので、よろしくお願いします。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 英領ホンジュラス/ベリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 韓国次期大統領は朴槿恵
2012-12-20 Thu 21:06
 きのう(19日)、投開票が行われた韓国の大統領選挙は、与党セヌリ党の朴槿惠候補が勝利しました。というわけで、この切手を持ってきました。

        陸英修

 これは、1974年11月29日に発行された朴正煕大統領(当時)夫人にして朴槿惠次期大統領の母である陸英修の追悼切手です。

 陸英修は、1925年11月29日、日本統治時代の朝鮮・忠清北道沃川郡で生まれました。培花高等女学校(現・培花女子高等学校)卒業後、1950年に、陸軍中佐時代の朴正煕と結婚しました。

 温厚な人柄で知られ、 孤児院や保育園、ハンセン病患者の収容施設ベトナム戦争派遣将兵の家族や災害現場などをしばしば訪問し、不遇の人々を慰め、勇気づけたほか、子供大公園や子供会館、貧困者を対象とする職業訓練施設を設立するなどの福祉活動に尽力し、ファーストレディとして尊敬を集めました。こうしたこともあって、夫の朴正煕大統領の強権姿勢に反感を持つ人々の間でも、“国母”として人気がありました。

 ところが、1974年8月15日、ソウル・南山の奨忠洞国立劇場大ホールで開かれた光復節記念式典会場において、朝鮮総連の指示と援助を受けた在日朝鮮人、文世光による大統領暗殺未遂事件が発生。その際、夫人は文の撃った銃弾が頭部に命中し、亡くなりました。享年49。

 夫人がなくなった当時、22歳だった朴槿惠は、西江大学を卒業後、電子工学の研究のためにフランスに留学していましたが、急遽帰国。以後、1979年に朴正煕大統領が暗殺されるまで、“ファースト・レディ”として父親を支えました。

 今回の大統領選挙に際して、反朴槿惠陣営は、執拗な朴正煕批判を行い続けた結果、9月24日には、彼女自身が父親の独裁を謝罪する記者会見を開かざるを得ない状況に追い込まれています。

 かつて、2001年に当時の金大中大統領がベトナムのチャン・ドゥック・ルオン国家主席に対して、朴正煕政権下での韓国軍のベトナム戦争参戦を謝罪した際、朴槿恵は、「これは朝鮮戦争のとき、韓国の自由と民主主義を守るために戦った16ヵ国の将軍や指導者が金正日に『不幸な戦争に参加して北朝鮮の国民に苦痛を与えたことを謝罪する』というのと同じくらいとんでもないことだ」と批判したこともあり、朴正煕の娘であるがゆえに朴槿惠を支持してきた人々の中には、今回の選挙戦でも、左派陣営の攻撃に対して毅然とした態度を取ってほしかったという声が少なからずあったようです。ちなみに、2001年の彼女の発言のロジックを敷衍すれば、日本が特定のアジア諸国に対して謝罪しつづけるということも“とんでもないこと”ということになりそうですが、まぁ、今日のところは、何も言いますまい。

 しかし、金大中・盧武鉉と左派政権が2代続いたことで、韓国メディアの内部では左派系の影響力が相当強まったこともあり、メディアを敵にできない“候補者”の立場にあった彼女としても、妥協の産物として9月24日の会見を余儀なくされたという面は否定できません。

 こうしたこともあって、選挙戦終盤の朴槿恵は、“国母”として尊敬を集めた陸英修のイメージを連想させる言動を意識的に行っています。たとえば、選挙戦最終日の18日、支持者の前で「(独身の)私には面倒をみる家族も、財産を譲る子供もいない。国民が私の家族で、家族のためにすべてをささげる母の気持ちで国民に尽くす」と演説したのは、その典型的な事例と言えましょう。

 いずれにせよ、韓国社会における保守と左派(ないしは革新)の間には、長年にわたって深刻な亀裂が生じており、それが今回の大統領選挙で一層深刻化したという面は否定できません。新政権にとっての最大の課題の一つが“国民和解”にあるとするなら、当面、朴槿恵は、“朴正煕の娘”以上に“陸英修の娘”という自己演出を迫られることになりそうです。まぁ、我々としては、“困った時の反日頼み”に走るのは、良い加減、勘弁してもらいたのですがね。
 

 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 韓国:朴正熙時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 クイーン・エリザベス・ランド
2012-12-19 Wed 21:26
 英外務省は、きのう(18日)、エリザベス女王在位60周年を記念して、同国が領有権を主張する南極大陸の一部、英国の約2倍となる43万7000平方キロメートルの面積の土地に“クイーン・エリザベス・ランド”と名付けることを発表しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        英領南極・最初の切手

 これは、1963年に発行された英領南極最初の切手の1枚です。

 英国による南極地域の領有の主張は、1819年2月19日、ウィリアム・スミスがサウス・シェトランド諸島を発見し、僚友宣言を行ったのが最初です。翌1820年には英探検隊によりグレアムランドが、ついで1821年にはサウス・オークニー諸島が発見されました。このうち、グレアムランドについては、1832年、英国が領有宣言を行っています。その後、1943年になると、イギリスは南極に軍事基地を建設しています。

 南極において英国が領有を宣言した地域は、ながらく、行政上はフォークランド諸島の属領とされていましたが、1962年3月3日、南緯60度以南の地域については、新たに“英領南極”としてフォークランド諸島から分割して、英本国の外務・英連邦省の海外領土局に移管しました。

 今回ご紹介の切手は、こうした“英領南極”の発足に伴い発行されたものです。英領南極の発足は、1952年のエリザベス女王即位後の出来事ですから、当然のことながら、ジョージ6世以前の切手はありません。

 ちなみに、かつてのフォークランド紛争に関して、日本では、しばしば「英国は、自国の領土であれば、遠く離れた南半球のちっぽけな島であっても、決して侵略を許さなかった」という説明がなされることがあります。こうした物言いは、領土防衛の重要性を強調するという点ではまさに正論なのですが、上述のように、英国の南極政策にとってフォークランド諸島が重要な戦略拠点となってきたという歴史的経緯を考えると、フォークランド諸島は決して“遠く離れた南半球のちっぽけな島”ではなかったことがわかります。ましてや、英領南極の地域は、チリとアルゼンチンも領有権を主張しているとなれば、なおさら、アルゼンチンの“侵略”を看過するわけにはいかなかったわけです。

 そういえば、今年2月、英国のウィリアム王子がフォークランド諸島に空軍のパイロットとして着任し、アルゼンチン政府がこれに激しく反発したという事件がありましたが、今回の“クイーン・エリザベス・ランド”命名も、それと無関係ではないと考えるのが自然でしょう。

 そうだとすると、今後、何らかのかたちで“クイーン・エリザベス・ランド”の名前が国家のメディアとしての切手や消印に登場する可能性は十分にありそうです。要チェックですな。


 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 南極 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 1897年・日本生まれ
2012-12-18 Tue 18:17
 いままで世界最高齢とされてきた米女性・ディナ・マンフレディニさんが、現地時間17日、アイオワ州ジョンストンの高齢者施設で亡くなりました。これにより、誕生日が15日違いで現在115歳の木村次郎右衛門さん(京都府京丹後市)が世界最高齢になりました。いつまでもお元気ていていただきたいものです。というわけで、木村さんと同じ、1897年の“メイド・イン・ジャパン”をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

         日本版蟠龍・半分

 これは、1897年8月16日に清朝国家郵政が発行した半分切手で、日本の築地活版印刷所で作られたため、日本版蟠龍票と呼ばれています。

 1897年の国家郵政発足以前の中国の郵便事情は、非常に複雑で、実質的な清朝郵政として機能していた海関にくわえ、政府の公用便を運ぶ駅站、地方の官公署の文書を運ぶ文報局、民間の飛脚に相当する民信(日本の飛脚よりも相当に規模が大きく、シンガポール、マレー、ジャワにまで及ぶ通信網を完備していた業者もあった)、開港地に置かれた列強の郵便局、在住外国人の通信組織である書信館などが、それぞれ、併行して文書の通信を担っていました。

 1895年、日清戦争での敗戦という事態に直面した清朝では、日本の明治維新をモデルとして立憲君主制を樹立しようとする変法の運動が起こり、科挙の改革、近代的な学校の建設、農工商業の振興、新式陸軍の建設などの詔勅が次々に発布されました。その一環として、四分五裂状態にあった郵便の統一もはかられるようになり、海関総税務司のロバート・ハートは総理各国衙門を通じて「郵政開辨章程」を上奏。国家郵政発足のための具体的なプランを提案します。

 ハートの上奏案は、1896年3月20日、皇帝の「覧」を得ます。この結果、1897年2月の国家郵政(大清郵政局)の開業へ向けての具体的な動きがスタートし、海関郵政から国家郵政への移行作業が進められました。

 この過程で、郵便料金の基準通貨も、海関時代の銀両から、中国自鋳の銀円(当時、民間では「洋銀」と呼ばれていた)に変更され、新通貨に対応した切手を発行する必要が生じます。

 当初、ハートらは、切手の製造をロンドンのウォータールー・アンド・サン社(Waterlow & Sons Co. Ltd. 中国語では華徳路公司)に発注する予定であったといわれていますが、現実には、ロンドンに切手製造を発注していたのでは、1897年2月の開業までに新切手の到着は、とうてい、間に合いません。このため、応急的な措置として、郵政局は、海関時代の切手に「暫作 洋銀 X分」と加刷した切手を暫定的に発行することとし、上海にあった海関の印刷工場(上海海関造冊處)で加刷作業を行うことで対応しました。これらの切手は、その加刷の文字から、「暫作洋銀加蓋票(加蓋は加刷、票は切手の意)」と呼ばれています。

 こうして、突貫作業が進められた結果、暫作洋銀加蓋票は、国家郵政発足に先駆け、1897年2月2日(光緒23年の元日に相当)から一般に発売されました。

 これと並行して、郵政局は、書信館の切手製造を受注していた実績があり、欧州の印刷所に比べてはるかに地の利がある日本の東京築地活版印刷所(以下、築地活版所)に切手製造を発注します。

 築地活版所は、日本の活版印刷の父と呼ばれる本木昌造の流れを汲む印刷所です。

 本木は、オランダ語の通詞(通訳)として語学のほか諸学に通じた知識人で、幕府直轄の長崎製鉄所の主任・頭取などを歴任し、上海の印刷出版所、美華書館のウィリアム・ガンブルの指導の下、日本語活字の製造に成功しました。ちなみに、現在の日本語活字の主流を占める明朝体は、本木の採用した書体です。

 明治維新後の1869年、本木は長崎製鉄所・頭取の職を辞し、旧士族子弟の教育機関として「新町私塾」を開設。塾の運営費を捻出するために、塾に併設して「長崎新町活版所」を設立しました。翌年には、これを拡張して「長崎活版製造会社」とし、活字の製造ならびに印刷を本格的に開始するとともに、門人を派遣して、大阪(長崎新塾出張大阪活版所、後に大阪活版製造所と改称)、京都(點林堂活版所)、横浜の各地に活版所を開設します。

 もっとも、本木は優れた知識人にして教育者ではあったのですが、経営の才には乏しく事業はすぐに行き詰まってしまいます。このため、門人の平野富二が長崎活版製造会社の経営を引き継ぎました。

 平野は、1877年に石川島平野造船所を設立して現在の石川島播磨重工業の基礎を一代で築いたほどの人物で、本木の期待にたがわず、短期間のうちに長崎活版製造所の経営再建に成功。1871年、本木の門人、小幡正蔵の東京での活字販売が好調なのに目をつけて、翌年以降、本格的に東京での事業展開を開始しました。

 平野は、おりから、大量の布告文書を発していた明治政府に活字を販売したほか、1872年末の太陽暦の採用にともなう新暦5万部の印刷も受注。さらに、新聞・雑誌の創刊ラッシュの中で急激に社業を拡大し、1873年、築地に当時としては東京第一の大工場を建設し、本社機能を移転しました。これが「東京築地活版製造所」の直接のルーツです。

 その後、平野は1883年に築地活版所の上海出張所として、松野直之助を責任者として修文書館を設立します。

 築地活版所の上海進出は、1879年、活字父型を彫刻する熟練の職人を求めて、同社の曲田成が上海に派遣されたのが発端で、後に修文書館は印刷業務一般にも事業を拡大し、1885年には築地活版所から正式に独立。1890年には上海最初の日本語紙「上海新報」(ニュースだけではなく、小説や挿絵も掲載されていた)を創刊しました。ただし、同紙は、翌1891年5月、同紙は日清貿易研究所についての特集記事を掲載したことから、関係筋から圧力を受け、廃刊に追い込まれてしまうのですが…。

 一方、築地活版所の本体は、1884年に印刷部を設置。顧客の印刷業者との競合を避けるため、活字の鋳造と販売を中心としていた体制を転換し、本格的に印刷業にも参入しました。

 築地活版所が経営方針を転換した背景には、佐久間貞一ひきいる秀英舎(現在の大日本印刷)の成功がありました。

 秀英舎は、1876年に設立され、当初は仏教系新聞『明教新誌』の印刷を行っていた。その後、明治初期のベストセラー、スマイルズ著・中村正直訳の『西国立志編』の活版印刷による翻刻版(オリジナルは木版の和装本)の印刷を受注したことから経営を軌道に載せ、1879年からは『東京横浜毎日新聞』の印刷も担当するようになっていました。

 当初、秀英舎は築地活版所から活字を購入していましたが、事業の拡大に伴い、1881年、活字の自家鋳造を開始。翌1882年には活版製造所製文堂を創設し、一般の印刷業者への活字販売を開始して、築地活版所の縄張りに正面から切り込んできます。このため、築地活版所も、活字の製造と印刷を分離するという従来の建前をかなぐり捨てざるをえなくなったのです。

 こうして、築地活版所と秀英舎は、互いに切磋琢磨するかたちで日本の印刷技術をリードしながら急成長を遂げ、その顧客網はアジア諸国にまで広がり、築地活版側は宜昌書信館、鎮江書信館、南京書信館のローカル切手の製造を請け負うことになりました。

 さて、築地活版所の製造した清朝国家郵政の切手は、国家郵政発足から半年後の1897年8月16日に発行されました。

 切手のデザインは、蟠龍(龍が天に昇らず地上にわだかまること)を描くもの、跳ねる鯉を描くもの、飛雁を描くものの3種類がありました。これらの切手は、低額の蟠龍のものにちなんで「日本版蟠龍票」と総称されています。

 なお、日本版蟠龍票の発行から、さらに約5ヶ月が経過した1898年1月28日、日本版蟠龍票とほぼ同じデザインで、ロンドンのウォータールー・アンド・サン社の製造した凹版印刷の切手が発行され、以後、清朝の滅亡まで使用されることになりました。こちらの切手は、日本版と区別して、「倫敦(ロンドン)版蟠龍票」と呼ばれています。

 日本版と倫敦版の両蟠龍切手を比べてみると、どうしても、日本版の方が見劣りしてしまうのですが、これは当時の日英両国の国力を考えれば致し方ないことでしょう。とはいえ、わずか半世紀前、黒船に慌てふためいていた極東の島国が、急激な近代化(=西洋化)を成し遂げて近隣諸国の近代化改革のモデルとなり、隣国の国家郵政創業の際には、切手の製造をも請け負うほどに成長していたことは、記憶に留めておく価値があると思います。


 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 清朝:~1911 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 民主党壊滅の総選挙
2012-12-17 Mon 15:34
 きのう(17日)、投開票が行われた衆議院選挙は、与党・民主党が壊滅的な惨敗を喫しました。というわけで、きょうはこんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

         選挙事務証紙

 これは、1949年1月23日投開票の第24回衆議院選挙に際して、候補者に配布された選挙事務証紙(いわゆる“選挙切手")です。“選挙切手”は、第24回総選挙の候補者1人につき1000枚ずつ配布され、候補者はこれを郵便局に持ち込んで同数の官製はがきと交換するか、そのまま開封の郵便物に貼って差し出すことができました。

 1947年4月の第23回衆議院選挙後、日本社会党(社会党)・民主党・国民協同党の三党連立による片山哲(社会党)内閣が発足したものの党内対立で崩壊。後を継いだ芦田均(民主党)内閣は、いわゆる昭電疑獄によって崩壊し、内閣総辞職後は前首相の芦田も逮捕されるという惨憺たる有様でした。このため、GHQ(連合国軍総司令部)内の反吉田茂派(主として民政局)は民主自由党幹事長・山崎猛首班での新政権構想を画策したものの失敗に終わり、民主自由党単独の第2次吉田内閣成立が成立。吉田内閣により、衆議院が解散され、その結果として行われたのが第24回衆議院選挙でした。

 選挙の結果は、前政権与党の民主党が124議席から69議席に、社会党が143議席から48議席に激減するという惨敗で、元首相の片山哲や政権の芦田内閣の副総理だった西尾末広らが落選しています。もちろん、当時の民主党と現在の民主党とは全くの無関係ですし、占領下だった当時と現在を単純に比較するわけにはいかないのですが、単純に、民主党という名前の政党が自滅する格好で惨敗し、首相経験者の管直人が小選挙区で落選(比例で復活)、影の総理と呼ばれた仙谷由人が落選したことなどは、63年前とどこかパラレルな感じがしてしまいます。

 ちなみに、1949年の選挙で与党を勝利に導いた吉田茂は、以前、1946年5月22日から1947年5月24日まで約1年間、政権を担当したものの、下野を余儀なくされ、政権に返り咲いたというキャリアの持ち主です。戦後日本では、一度、総理の職を辞した政治家が政権の座にカムバックするという事例は、このときの吉田以来、絶えて久しくなかったことで、近々、安倍晋三内閣が発足すれば戦後2例目ということになります。“民主党”の惨敗による保守安定政権の成立という構図と合わせて、ますます、63年前とかぶってきますな。

 なお、1949年の総選挙で圧勝した吉田内閣は、その後、対日講和条約を調印し、ともかくも占領時代を終わらせるという業績を残したわけですが、新たに発足するであろう安倍内閣が金看板として掲げる“(吉田が作った)戦後レジームからの脱却”を実現できるかどうか、今後に十分期待したいところです。いずれにせよ、「歴史は繰り返す」という有名な箴言には「ただし一度目は悲劇として、二度目は喜劇として」 という続きがありますが、僕たちが見たいのは、悲劇にしろ喜劇にしろ猿芝居ではなく、あくまでも現実的な成果だということだけは強調しておかねばなりますまい。

 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 日本:昭和・1945~1952 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 投票しませう③
2012-12-16 Sun 09:25
 きょう(16日)は、衆議院議員総選挙と東京都知事選挙の投票日です。僕も、この記事を書いたら投票所に行きますが、投票は20時までですから、まだ投票がお済みでない有権者の方は、ぜひ、お出かけください。というわけで、きょうはこの切手です。

         南ア・投票

 これは、1997年4月26日に南アフリカ共和国(以下、南ア)で発行された“民主化5周年”の記念切手で、1994年4月に行われた全人種参加の総選挙の際の投票所のイメージが取り上げられています。きょうの投票所でも、この切手に描かれているように有権者がわんさと押し寄せるという光景が見られると良いですな。

 1948年に政権を獲得した南アの国民党は、国際世論の非難を無視してアパルトヘイト政策を展開していましたが、1989年9月に大統領に就任したデ・クラークは、従来の国民党政権の方針を転換。黒人との交渉によって南アフリカを決めていくといった現実的で柔軟な民主改革路線を採用し、アフリカ民族会議 (ANC) やパン・アフリカニスト会議 (PAC) 、南ア共産党の非合法化を解除し、アフリカ民族会議指導者のネルソン・マンデラを釈放しました。

 さらに、1990年6月には非常事態宣言も解除して、1991年2月に国会開会演説ですべてのアパルトヘイト法を廃止すると宣言。同年6月には人口登録法、原住民土地法、集団地域法を廃止し、アパルトヘイトを全廃しました。

 これを受けて、1994年4月に行われた全人種参加の総選挙ではANC)が勝利。議長のマンデラが大統領に就任し、副大統領には、ANCのターボ・ムベキと国民党党首のデ・クラークが就任しました。これを受けて、南アはイギリス連邦と国連に復帰するとともにアフリカ統一機構に加盟。新憲法制定のための制憲議会が開会しています。
  
 なお、アパルトヘイトの時代を含む南アの近現代史については、拙著『喜望峰』でもいろいろと解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 南アフリカ共和国 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
 切手が語る宇宙開発史(23)
2012-12-15 Sat 13:25
 雑誌『ハッカージャパン』の2013年1月号が出来上がりました。僕が担当している連載「切手が語る宇宙開発史」では、前回に続き、1959-60年の米国の状況を取り上げました。その中から、きょうはこのマテリアルです。(画像はクリックで拡大されます)

         エクスプローラー6号

 これは、1959年8月のエクスプローラー6号の打ち上げの記念カバーです。

 1957年10月にソ連がスプートニク1号の打ち上げに成功した後、米国は1958年1月31日、人工衛星エクスプローラー1号を搭載したジュノーIロケットをフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地から打ち上げることに成功しました。この計画を主導したのは米陸軍で、衛星を製造したのはジェット推進研究所でしたが、ロケットは、米陸軍弾道ミサイル局が、それまで開発を進めてきたレッドストーン短距離弾道ミサイルの技術を活用し、84日間で組み立てたものです。米国としては、ともかくもソ連による宇宙の独占を一刻も早く打破したいという思いが強かったのでしょう。

 もっとも、軍主導の計画ではありましたが、エクスプローラー1号の打ち上げは国際地球観測年事業の一環でもあったことから、実際の衛星の活動は科学目的の計測が優先され、衛星にはガイガー・カウンターが搭載されています。その観測結果は、エクスプローラー3号によるものとあわせて、ヴァン・アレン帯(地球を取り囲む放射線帯)の発見という成果に結びつきました。

 その後も、1958年3月のヴァンガード1号(太陽電池パネルを利用した最初の衛星)、12月のプロジェクト・スコア(世界初の通信衛星)、1959年2月のヴァンガード2号(世界初の気象衛星)、ディスカバラー1号(世界初の極軌道周回衛星)など、米国の宇宙開発は着々と専門的な実績を積み上げていったものの、プロパガンダを主目的としたソ連の衛星に比べると地味な印象はぬぐえず、当初は記念切手も発行されていません。

 それでも、なにかしら、1950年代後半、アイゼンハワー政権期の米国の宇宙開発の直接的な記念品が残っていないかと探してみたところ、エクスプローラー6号の打ち上げ当日の1959年8月7日、打ち上げられるロケットのデータを印刷した封筒に、ケープ・カナベラル空軍基地近くのポート・カナベラル郵便局の消印を押して作成された記念カバーを入手することができました。

 この時打ち上げられたエクスプローラー6号は、捕捉放射線観測、電磁圏の電波伝播観測、流星塵のフラックス測定などを目的として打ち上げられ、その目的を達したが、一般には、衛星軌道から撮影した地球の写真データを初めて地上に送信した衛星というイメージの方が強いようです。一般の米国民にとっては、理解しづらい専門的な業績よりも、衛星写真は、ソ連に対する“ミサイル・ギャップ”を埋める対抗手段になりうるものとして、その意義がわかりやすかったものと思われます。

 ちなみに、カバーに貼られている切手は、エクスプローラー6号の打ち上げから4ヶ月ほど前の1959年4月に発行された北大西洋条約機構(NATO)創立10周年の記念切手ですが、カバーを制作・販売した業者が、こうした切手を封筒に貼ることを選択したこと自体、エクスプローラー6号による衛星写真の撮影成功に喜ぶ一般市民の心情に寄り添ったものと考えてよいでしょう。

 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 米国:1945~1980 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 雅楽に前代未聞の著作権請求
2012-12-14 Fri 23:03
 雅楽演奏家の岩佐堅志さんが今年9月に兵庫県西宮市で行った公演に関して、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、著作権がとっくに消滅している1000年以上前の“がらく(担当者の読み方による)”の著作権使用料を申告するよう要求していた問題で、JASRAC側は、きょう(14日)、公式サイト上で事情を説明するとともに、岩佐さんに対して謝罪したことを明らかにしました。というわけで、きょうは雅楽の切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         萬歳楽


 これは、1976年11月10日に発行された昭和天皇の御在位50年の記念切手のうち、雅楽の「萬歳楽」を取り上げた1枚です。今回問題になった岩佐さんの公演の演目は、ご本人のツイッターによると、2部公演で1部が管絃「平調調子」「越殿楽残楽三返」「陪臚」朗詠「嘉辰」舞楽「萬歳楽」、2部が管絃「双調調子」「鳥急」「賀殿破・急」催馬楽「山城」舞楽「賀殿」だったということですので、その演目の中から、切手に取り上げられたものを持ってきました。

 萬歳楽は、雅楽のうち、唐楽(天竺=インド、林邑=ベトナム、唐=中国などから伝えられた後、古代の日本人になじむように改良され、平安時代に完成されたもの)と呼ばれるジャンルのもので、そのルーツについては、①随の煬帝が白明達に作らせたという説、②賢王の治世の時、鳳凰が飛来して、「堅王萬歳」と囀る声を楽に、飛ぶ姿を舞にしたとする説、③唐の宮中で飼っていた鳥が人語を解し、よく萬歳を唱えたので、武太后が「鳥歌萬歳楽」に作らせたという説、などがあります。

 左方四人平舞の代表的な名舞曲で、祝い事・祝辞には、良く演奏される楽曲の一つですが、特に、古来より皇室では天皇の即位に用いられることでも知られており、昭和天皇の即位の大礼に際しては、1928年11月17日夜から18日午前にかけて開かれた「大饗宴の儀」に際して舞われた演目です。

 さて、 著作権法第51条では、著作権の保護期間は原則として著作者の死後50年継続するとされていますが、無名または変名の著作物の場合は同第52条で、その著作物の公表後50年となっています。平安時代に完成された雅楽の演目であれば、当然、著作権の対象外です。

 今回の件に関して、JASRAC側は、「雅楽は平安時代から伝わる古典芸術であり、通常は著作権が存在するような楽曲ではありません」とした上で「しかし、現代雅楽など著作権の存続する楽曲がこれら催物において利用される場合もある」と説明しているそうです。

 まぁ、理屈としてはそうなんでしょうが、電話をしてきた担当者が雅楽を“がらく”と称していたというのではねぇ。何も知らずに、取れそうなところにはダメもとで請求してしまえという、さもしい根性だったのではないかと勘繰られても仕方ないでしょうな。

 なお、今回ご紹介の切手が発行された昭和天皇の在位50年記念式典については、拙著『皇室切手』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 日本:昭和・1972~1979 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ノートルダム大聖堂着工850年
2012-12-13 Thu 22:35
 ゴシック建築の最高傑作とされるパリのノートルダム大聖堂(以下、大聖堂)の着工850周年を祝う記念式典やイベントが、きのう(12日)から始まりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        ノートルダム大聖堂・ステンドグラス

 これは、1964年5月23日に発行されたフランス美術切手の1枚で、大聖堂のバラ窓のステンドグラスのうち、中央に位置する聖母子像の部分が取り上げられています。

 現在の大聖堂の敷地は、ローマ時代にはローマ神話の主神とされるユピテル(ジュピター)の神域とされていた場所ですが、ローマ帝国の崩壊後、キリスト教徒によって教会堂が建設されました。その後、1163年に司教モーリス・ド・シュリーにより、現在の大聖堂の工事が開始され、1225年に基本部分は完成しましたが、その後も工事は続けられ、最終的に大聖堂の建物が完成したのは1345年のことでした。かの皇帝ナポレオン1世の戴冠式が行われたのも、この大聖堂です。

 昨日は着工850年記念の最初のイベントとして記念式典が行われ、パリの大司教や神父らが建物の前に特別に設けられた壇の上で祈りを捧げた後、列になって大聖堂の中に入り、ミサが厳かに執り行われました。今後、実際に大聖堂が着工された1163年から850周年にあたる来年(2013年)には、鐘の交換をはじめさまざまな記念行事が予定されているのだとか。大聖堂関連の切手はこれまでにもいろいろ発行されていることですし、来年は何度かこの話題を取り上げることになりそうですな。


 ★★★ テレビ出演のご案内 ★★★

 ABCテレビ 2012年12月20日(木) 23:17~24:17 「ビーバップ!ハイヒール」

 今回は「年賀状にまつわる物語を紹介! 心に響く年賀状」と題して年賀状の特集で、内藤が『年賀状の戦後史』の著者としてゲスト出演します。ご視聴可能な地域の皆様は、よろしかったら、ぜひ、聞いてやってください。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | フランス:第5共和政 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 北朝鮮がミサイル発射
2012-12-12 Wed 13:55
 きょう(12日)午前9時49分ごろ、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルとみられる機体を南方に向かって発射しました。北朝鮮によるミサイル発射は今年4月(この時は失敗)以来です。機体は沖縄県上空を通過し、10時05分頃、フィリピン・ルソン島から136kmの太平洋に落下した模様です。それにしても、昨日の時点では不具合が見つかったとして北朝鮮政府による発射予告期間も延期されていただけに、まんまとしてやられたという感じですな。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        乙支文徳(10ウォン)

 これは、1959年2月11日に北朝鮮が発行した乙支文徳の10ウォン切手です。ちなみに、切手発行直後の2月13日には、北朝鮮では、朝鮮戦争後のインフレに対応して旧100ウォンを新1ウォン(=100チョン)とする通貨改革が行われたため、同年4月1日には、図案はそのままで10チョンとする新通貨対応の切手も発行されました。

 切手に取り上げられた乙支文徳は、薩水の戦いで知られる朝鮮の武将です。

 西暦612年、隋の煬帝は大軍を率いて第二次高句麗遠征を行いました。このとき、高句麗の将軍だった乙支文徳は嬰陽王の命を受けて、隋軍の内実を探るために偽りの投降を行なって敵陣に入り込み、隋軍の兵士たちが餓えていることを察知して隋軍を抜け出します。そして、隋軍が追ってきたところを、1日に7回戦ってその度にわざと負けて敵を誘い込んだうえで、敵将・于仲文に対して、撤兵すれば高句麗の王を隋の皇帝の仮御所に連れていくといって再び偽りの投降を行いました。今度こそ、本当に高句麗が降伏したものと思った隋軍は薩水(現在の北朝鮮の清川江)を渡って凱旋帰国のつもりで引き揚げていきますが、そこを乙支文徳ひきいる高句麗軍が背後から奇襲し、隋軍に壊滅的な打撃を与えたとされています。

 この薩水大勝により、朝鮮半島では、南北を問わず、乙支文徳は外敵の侵入から祖国を守った英雄として尊敬を集めることになったのですが、単純に事実関係を並べてみると、日本人の感覚では、嘘に嘘を重ねて相手をだまし討ちにした卑劣な戦法という印象はぬぐえませんな。
 
 まぁ、今回のミサイル発射にいたる経緯を振り返るまでもなく、これまでにも、偽りの核廃棄の約束を繰り返したうえ、結局は核武装した国ですからねぇ。やはり、民族の英雄である乙支文徳将軍のDNAはしっかりと現在にも受け継がれているということなんでしょう。実に困ったものですが、好むと好まざるとにかかわらず、隣国であることには違いありませんからねぇ。ともかくも、彼らはそういう人たちであるということを前提に、二度と騙されることのないよう、十分に注意したうえで接していくしかありませんな。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 北朝鮮:金日成時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 日本の再軍備を強く歓迎
2012-12-11 Tue 14:18
 10日付の英紙フィナンシャル・タイムズによると、フィリピンのデルロサリオ外相が同紙とのインタビューに応じて、「地域バランスを保つ役割として日本が重要」であり、日本が再軍備するなら「強く歓迎する」と語ったそうです。背景には、アジア最悪の侵略国家・中国の脅威があるわけですが、こうした声には真摯に耳を傾け、わが国としてもしかるべき責任を果たさねばなりませんな。というわけで、きょうは日本軍を取り上げたフィリピン切手ということでこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

         バタアン・コレヒドール陥落1周年(書留便)

 これは、日本占領下のフィリピンで1943年5月7日に発行された「バターン・コレヒドール陥落1周年」の記念切手が貼られた書留便です。消印には局名と日付の表示がありませんが、書留印にはイロコス州ラオアグと1943年6月29日の表示があり、裏面には7月3日のマニラの着印が押されています。

 1941年12月8日の日米開戦とともに、日本軍はアメリカの保護領であったフィリピンへの攻撃を開始します。

 アメリカは、日露戦争時より、フィリピンを防衛するため、日本を仮想敵国とするオレンジ戦略案を策定していましたが、現実には日米開戦時には米比軍(開戦直前、フィリピン軍はアメリカ極東軍に統合されました)の戦争準備は完了していませんでした。このため、米比軍の司令官であったダグラス・マッカーサーは、マニラの非武装都市を宣言してバターン半島方面に撤退。日本軍は1942年1月2日、マニラに無血入城しました。

 その後、3月17日にマッカーサーはフィリピンを脱出し、“アイ・シャル・リターン”と語ってオーストラリアで再起を期していましたが、バターン半島では、米比軍がジャングルの地形を利用して日本軍に激しく抵抗していました。そして、5月6日、ついに日本軍は半島全域を占領。バターン・コレヒドールでの勝利は、真珠湾攻撃やシンガポール攻略と並び、日本軍の輝かしい戦果の代表的な事例として、大々的に宣伝されました。

 一方、バターン半島で捕虜となった米比軍8万人は、バターン半島からサンフェルナンドまで約60キロの距離を徒歩で行軍させられたまし。この間、炎熱や疲労、食糧や衣料品の不足などから、1200人の米兵と1万6000人のフィリピン兵、さらに民間人抑留者が死亡しました。この護送は“バターン死の行進”と呼ばれ、日本軍の残虐行為を示すものとして、いわゆる南京事件などと共に連合国側によって大きく報じられています。

 いわゆる“死の行進”の実態は、日本軍が積極的に捕虜を虐待したということではなく、食糧・医薬品の不足と無理な行軍スケジュールのゆえに、結果として、多くの犠牲者が生じたと理解すべきものでしょう。もちろん、捕虜の管理者として、多大な犠牲者を出した日本側の責任は免れるものではありませんが、基本的には、重過失という性格のものと考えるのが妥当と思われます。しかし、アメリカにとっては、敵国日本に対する国民の敵愾心を煽り立てるためにも、“死の行進”は日本軍の残虐性を示す格好の素材として活用されなければなりませんでした。

 こうして、“悲劇の将軍”マッカーサーと彼の名フレーズ“アイ・シャル・リターン”、さらには、“死の行進”の3つが重なり、アメリカにとっての“バターン”は、真珠湾と並んで、日本に対するアメリカのリベンジを象徴する重要な記号としての地位を獲得することになりました。

 なお、このあたりの事情については、マッカーサーについて扱った拙著『大統領になりそこなった男たち』でも書いてみましたので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | フィリピン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 マンデラ元大統領入院
2012-12-10 Mon 11:20
 南アフリカのズマ大統領は、きょう(10日)までに、ネルソン・マンデラ元大統領が検査のためにプレトリアの病院に入院したと明らかにしました。ただし、検査のための入院で体調は良好だとのことで、まずは一安心ということでしょうか。というわけで、きょうはマンデラ切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

         セネガル・マンデラ(死神)

 これは、1986年に西アフリカのセネガルで発行された反アパルトヘイトの切手で、アパルトヘイトの死神を地球から追い払う平和の鳩をメインに、右上にマンデラの肖像を配するデザインとなっています。

 ネルソン・マンデラは、1918年7月18日、東ケープ州トランスカイのウムタタ近郊クヌ村で、テンブ人の首長の子として生まれました。ウィットワーテルスランド大学法学部在学中の1944年、アフリカ民族会議(ANC:African National Congress)に入党し、独立運動家としての道を歩き始めます。

 1948年、マラン政権が“アパルトヘイト”政権を発動すると、ANCはこれに抵抗。1955年6月には、人種差別に反対する多人種の人民会議の開催を呼びかけ、ヨハネスバーグ近郊のクリップタウンで、“人種差別のない民主南アフリカ”を目指す「自由憲章」を採択し、1960年には当時議長のアルバート・ルツーリがアフリカ出身者として初のノーベル平和賞を受賞しました。

 当初、ANCは非暴力主義を掲げていましたが、1960年3月、デモ隊に対する警官隊の発砲で67名が犠牲となるシャープビル事件が発生すると、これを機に、副議長のネルソン・マンデラを指揮官とする軍事部門、ウムコント・ウェ・シズウェ(“民族の槍”の意味)を設立。これに対して、南ア政府は非常事態宣言を発してANCを非合法化。1963年にはマンデラら幹部が一斉逮捕され、ロベン島の監獄に送られました。

 その後、マンデラの身柄は、1982年、ケープタウン郊外のポルスモア刑務所に移監されましたが、1990年2月の釈放まで、彼は27年間を獄中で過ごし、アパルトヘイトに抵抗する南ア黒人の象徴的な存在となりました。

 この間、世界各国でマンデラの釈放を求める切手が発行されたり、絵葉書が作られたりしたのですが、アパルトヘイト時代の南ア政府はマンデラの姿を対外的に公表しなかったため、各国で発行されたマンデラ切手の肖像は、逮捕前の写真をもとに、デザイナーの空想によって描かれています。今回ご紹介の切手もそうした1枚で、現在から見ると、マンデラとされている人物の肖像は「誰だこりゃ?」という感は否めませんな。

 ちなみに、拙著『喜望峰』では、今回ご紹介の切手以外にも、マンデラとアパルトヘイトについて、関連の切手や郵便物をご紹介しながらまとめております。書店などで実物を目にする機会がありましたら、ぜひ、お手にとってご覧いただけると幸いです。

* 昨晩、カウンターが114万PVを越えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | セネガル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 GEA加刷
2012-12-09 Sun 06:03
 1961年に英国王を元首に戴く英連邦王国の一国として独立したタンガニーカ(現在のタンザニアの大陸部分)が、1962年12月9日に共和制へ移行してから、きょうでちょうど50年です。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        GEA加刷

 これは、第一次大戦後、タンガニーカの地域で発行されたGEA加刷の切手です。

 タンガニーカの地域は、第一次大戦までは、現在のブルンジ、ルワンダとともに、ドイツ領東アフリカとしてドイツの支配下に置かれていました。郵便に関しては、1890年10月からバガモヨとダル・エス・サラームのドイツ局に無加刷の本国切手が持ち込まれて取り扱いが開始されましたが、後に、現地通貨のペサに対応した額面の切手が使用されるようになりました。

 第一次大戦期のドイツ領東アフリカでは、30万を擁するイギリス軍がドイツ軍の守備隊1万4000(ヨーロッパ人将校3000、原住民の兵士1万1000)を攻撃しましたが、ドイツ軍の名将パウル・フォン・レットウ=フォルベックは、圧倒的に不利な状況を覆し、緒戦のタンガの戦い(1914年11月)でイギリス軍を撃退。その後も、ゲリラ戦や奇襲攻撃を駆使して、イギリス軍に累計6万名以上の損失という大打撃を与え、1918年11月に本国が降伏するまで領土を守り抜きました。

 この間、1916年には、東アフリカ戦線での指揮はヤン・スマッツが執っていたこともあって、1万3000名ものアフリカーナー兵が南アフリカから東アフリカに派遣されました。しかし、疫病の蔓延などもあり、アフリカーナーの損耗は激しく、たとえば、1916年2月に1135名だった第9南アフリカ歩兵隊が10月には116名にまで激減したほどです。

 第一次大戦でドイツが敗れると、旧ドイツ領東アフリカは解体され、イギリス委任統治領タンガニーカとベルギー委任統治領のルワンダ=ウルンディに分割されます。この過程で、英領東アフリカおよびウガンダ保護領の切手に“(旧)ドイツ領東アフリカ”を意味する“GEA”加刷の切手が1921年から22年にかけて使用されました。これが今回ご紹介している加刷切手で、タンガニーカ表示の切手が発行されるようになったのは、1922年にイギリス委任統治の正式スタートしてからのことです。

 その後、第二次世界大戦を経て民族運動が活発化すると、1961年12月9日、英連邦王国の一国としてタンガニーカが独立。1963年に対岸のザンジバルがザンジバル・スルタン国として独立したものの、翌1964年の革命でスルタン政府が倒れて混乱が広がると、1964年4月、タンガニーカはザンジバル革命政府の要請を受けるかたちで警官隊を投入。最終的に、ザンジバルを併合して、同年4月26日、タンガニーカ・ザンジバル連合共和国を成立させました。この連合共和国が現在のタンザニアの直接的なルーツとなります。

 なお、第一次大戦中、南部アフリカのドイツの植民地で戦った南アフリカ軍については、拙著『喜望峰』でも簡単にまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 *けさ、カウンターが114万PVを越えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | タンガニーカ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 香港切手150年
2012-12-08 Sat 11:48
 1862年12月8日に香港最初の(というよりも東アジア最初の)切手が発行されてから、今日でちょうど150年です。というわけで、きょうはこの切手です。

        香港12セント(1862)

 これは、1862年に発行された香港最初の切手のうち、12セント切手です。

 アヘン戦争以来の香港の植民地建設がそれなりの体裁を整えるとともに、香港の郵便局が取り扱う郵便物の量も増加。その結果、それまで着払いの郵便物(すなわち、差出時には料金を支払っていない郵便物)が主流を占めていた香港にとっては、郵便物を取り扱うコストの負担が重くのしかかるようになり、1858年5月1日以降、郵便料金は差し出し時に前納することが義務化されます。

 また、植民地の行政機構が整備されていく過程で、1860年5月1日、それまでロンドン中央郵便局の管轄下に置かれていた香港の郵便業務も、現地の総督府の下部組織である香港郵政局の管轄に移管されました。

 こうしたことから、香港でも郵便には切手を使う必要が生じ、1860年8月、香港総督のH・ロビンソンは本国の植民地大臣のニューキャッスル公に、香港でもイギリス本国の切手を使用したいと申し出ます。しかし、ロンドン中央郵便局は、植民地政府は自前の郵政を持っているではないかと指摘して、香港独自の切手を発行するよう指示。そこで、このため、ロビンソンは1861年3月に本国植民地省に対して、自らの考えたデザインの雛形とともに、香港独自の切手の製造を委託しています。

 香港総督から新たに発行する切手のデザインの雛形を受け取った本国では、植民地省、大蔵省、中央郵便局、王室関係者などが約1年間かけてこれを検討し、最終的にトーマス・デ・ラ・ルー社に切手製造の実務を発注。デ・ラ・ルー社は、1862年9月10日に最初の香港切手(2セント、8セント、12セント、18セント、24セント、48セント、96セントの7種)を製造し、香港に発送しました。そして、切手は、同年11月に香港に到着し、12月8日から発行されることになったというわけです。

 ちなみに、当時の香港では英本国に倣い12進法の通貨が流通していましたので、今回ご紹介の12セントはキリのいい額面だったこともあり、7額面中最多の1345シートが印刷されています。また、12セントという額面は、4分の1オンス以下のサウザンプトン経由英国宛の郵便料金に対応したものでした。

 なお、香港で最初の切手が発行された当時の状況については、拙著『香港歴史漫郵記』でもいろいろとご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 香港:~1941 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 UAE立体切手の実逓便
2012-12-07 Fri 09:25
 先日閉幕した<SHARJAH 2012>会場内のアラブ首長国連邦(UAE)郵政のブースで売られていたレンチキュラーの切手(いわゆる“立体切手”というヤツですな)を貼って差し出した書留便が到着しましたので、ご報告します。(画像はクリックで拡大されます)

         UAE レンチキュラーカバー

 問題の切手はカバーの右側に貼られている10ディルハム切手で、2008年12月2日、国立公文書館40周年を記念して発行された3種セットのうちの1枚(他の2種は通常の印刷方式の切手)です。角度をずらしながらデジカメで撮影してみると、下のような感じで肖像が変化します。

         UAE・レンチキュラー(1)       UAEレンチキュラー(2)

         UAE・レンチキュラー(3)     UAE・レンチキュラー(4)

 現在のUAEの切手発行政策はしごく健全ですが、連邦結成以前、後にUAEの構成国となる首長国の中には外貨獲得を主たる目的とした“いかがわしい切手”を濫発するケースも少なからずありました。現在なお、そうした“いかがわしい切手”を発行している国の中には、実際に郵便に使用できる切手と収集家向けの輸出用で郵便には使用できない“切手”を分けているケースもあります。そこで、切手展の会場で買った切手が実際に郵便に仕えるかどうか確認してみようと、11月25日に、シャルジャーの郵便局に行ってきました。

 シャルジャーの郵便局は、官庁街のど真ん中、政府庁舎広場に面した場所にあり、外観はこんな感じです。

         シャルジャー局外観

 郵便局の入口(下の画像左)はアラブ・イスラム建築をイメージしたデザインですが、局内(下の画像右)は特に凝った装飾があるわけではなく、シンプルで機能的な作りです。

         シャルジャー局入口     シャルジャー局内

 局内は貯金や送金などの窓口と郵便の窓口が分かれていて、郵便の窓口であらかじめ立体切手(額面10ディルハム)を貼っておいた封筒を渡し、日本までの書留を送りたいと頼んでみました。(下の画像)

         シャルジャー局窓口

 日本までの通常の航空便は基本料金で6ディルハム(当時のレートで、1ディルハムは22-23円程度)ですが、書留にすると11.5ディルハムということで、差額分については、適当に局側のストックの中から選んで貼ってもらいました。切手には目の前で消印を押してもらったのですが、いまいち印影がはっきりしなかったのが残念です。このため、余白に捨印を押してもらうように頼んだのですが、こちらも不鮮明ですので、メンテナンスが良くないということなのでしょう。

 こうして待つこと10日ほど、今月5日に、無事、カバーはわが家に到着しました。もっとも、配達時はあいにく留守にしておりましたので、ようやく、昨日、実物を受け取ったという次第です。

 まぁ、今回の“立体切手”の場合、切手発行の名目も、またデザイン的にも、(失礼ながらら)広く外国人収集家の購買意欲をそそるようなものではありませんので、真面目な記念切手と見るのが妥当でしょう。それでも、この切手の実逓使用例は決して多くはないでしょうから、まぁ、話のネタぐらいにはなったといえそうですな。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | アラブ首長国連邦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 “20世紀最後の巨匠”逝く
2012-12-06 Thu 17:12
 ル・コルビュジエの弟子で、1940年代に米ニューヨークの国連本部ビル設計に参加したほか、1960年にブラジルの新首都ブラジリアの主要建築群を手掛け、“20世紀最後の巨匠”と呼ばれた建築家、オスカー・ニーマイヤーがきのう(5日)、リオデジャネイロ市内の病院で亡くなりました。享年104。謹んでご冥福をお祈りします、というわけで、彼の代表作の一つである国連本部ビルに関するマテリアルをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        国連韓国承認15年(原画)     国連韓国承認15年

 左は、1963年12月に韓国で発行された「国連、韓国承認15周年」の記念切手の原画で、太極旗と国連ビルが描かれています。参考までに、実際に発行された切手の画像を右側に貼っておきました。

 大韓民国の成立に先立つ1948年5月10日、米軍政下の南朝鮮で単独選挙が行われると、選挙監視のために派遣されていた国連の臨時朝鮮委員会は、選挙が成功裏に終了したと宣言。同年6月25日、選挙により成立した南朝鮮国会を正統議会として認定しました。

 これを受けて、南北両政府成立後の1948年9月24日(北朝鮮での朝鮮民主主義人民共和国政府成立は9月9日です)に開催された国連総会本会議では、朝鮮問題の審議は第一委員会(軍縮・安全保障)に付託されることになりました。

 第一委員会では、①臨時朝鮮委員会の報告を承認する、②新しい朝鮮委員会を設置する、③総会では大韓民国を朝鮮の正統政府とする、④新たに設置される朝鮮委員会は朝鮮の統一を援助する、ことを、アメリカ、オーストラリア、中国(中華人民共和国ではなく、台湾の国民党政府)の3ヶ国が共同決議案として提出。これに対して、ソ連は、臨時朝鮮委員会の監視下で行われた南朝鮮の単独選挙は、政治的拘束と抑圧の中で実施された不当なものであるとしたうえで、①そもそも朝鮮問題はモスクワ協定で処理すべきものであり、国連総会は朝鮮に関して行動を起こす権利はない、②大韓民国は元対日協力者と米軍により構成された傀儡政権である、③(彼らの主張では)南北双方の代表からなる朝鮮民主主義人民共和国こそが朝鮮人民の意思を代表している、④朝鮮人民の代表こそが国連に招請されるべきである、などとする決議案を提出して対抗しました。

 結局、1948年12月8日、国連総会はソ連決議案を否決して共同決議案を採択。これを受けて、12月12日、①臨時朝鮮委員会の報告を承認する、②大韓民国政府は、臨時朝鮮委員会が観察した選挙で樹立された、朝鮮にある唯一の合法的な政府である、③臨時朝鮮委員会の任務を継承する組織として朝鮮委員会を設置する、ことを骨子とする総会決議195(Ⅲ)が採択され、国連の場では韓国が朝鮮半島の正統政府として認知され、1949年2月12日、新たな朝鮮委員会がソウルで活動を開始しました。今回ご紹介の切手(とその原画)は、総会決議195(Ⅲ)の採択から起算して15年になるのを記念して発行されたものです。

 さて、来年(2013年)は、朝鮮戦争の休戦(1953年)から60年という節目の年になります。今年は11月の<JAPEX>に「冷戦と朝鮮」と題して出品して金賞をいただいたことでもありますし、メモリアル・イヤーに合わせて、なにか残る仕事をしたいですな。鬼にはしっかり笑われそうですが。 

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | 韓国:朴正熙時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ビアナバクト共和国のカバー
2012-12-05 Wed 22:29
 台風24号がきのう(4日)、フィリピン南部ミンダナオ島を直撃し、5日までに少なくとも270人が死亡しました。政府災害当局などによると、現在なお、数百人が行方不明で、17万人以上が避難を余儀なくされているそうです。被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。というわけで、フィリピンの復興を祈って、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

         ビアナバクト・カバー

 これは、1897年12月に差し出されたビアナバクト共和国の軍事郵便です。

 1896年8月、当時、スペインの植民地だったフィリピンでスペインからの独立を求める革命戦争が勃発します。革命は、当初、労働者出身のインテリ、アンドレス・ボニファシオひきいる秘密結社のカティプーナンの蜂起によりはじまりましたが、革命がフィリピン各地に波及し、諸勢力がこれに加わるようになると、革命の主導権はエミリオ・アギナルドに代表されるプリンシパーリア層(スペイン統治下で地域レベルの行政に従事していた役職者)が握るようになり、一般住民とプリンシパーリアとの路線対立が表面化。さらに、こうした対立に地域間対立も加わって、革命派内部は混乱が続き、戦況はスペイン有利に展開されることになります。

 こうした状況の中で、革命派内の主導権を掌握したアギナルドは、1897年5月10日、ボニファシオを処刑。同月31日には、ともかくも、自らを大統領としてフィリピン共和国(総司令部の置かれていた地名にちなみ、ビアクナバト共和国とよばれることもあります)の成立を宣言しました。

 しかし、新たにビアクナバト共和国が発足したものの、依然として戦況はスペイン側有利に展開されていました。このため、アギナルドら共和国指導部は次第にスペイン側との妥協を模索。その結果、革命政府の成立からわずか半年後の12月20日、革命派とスペイン側との間で停戦が結ばれ、革命指導部は80万ペソ(40万米ドルに相当。ただし、この段階でスペイン側がアギナルドに支払ったのは半額の40万ペソ)の補償金と引き換えに香港へ亡命しました。

 今回ご紹介のカバーは、そのビアクナバト共和国時代の革命軍の軍事郵便で、カバーの上部にそのことを示す“Ejercito revolucionario de Filipinas”との印が押されています。差出日は、中身の文面によると、停戦協定の成立した1897年12月20日、宛先は革命政府の財務大臣であったバルドメーロ・アギナルド(エミリオの従兄弟)です。

 当時の革命政府には、独自の切手を発行するだけの余裕はありませんでしたが、スペイン側の発行した切手を用いれば、間接的にせよ、スペインの支配を認めることになるため、少なくとも建前としては、これを認めるわけにはいきませんでした。そこで、彼らは、切手の代用として、革命政府のシンボルである太陽と三星の入ったスタンプを郵便物に押すことで料金収納済みであることを示していたのです。なお、この時期、切手の代わりに用いられたスタンプは、革命政府が統一的に配給したわけではなく、各地で暫定的に作られたため、そのデザイン等にはさまざまなヴァリエーションが存在しています。

 毎年のように台風に襲われ、大きな被害が出ているフィリピンですが、今回の災害からの一日も早い復旧・復興のためにも、まずは太陽と青空がかの地に戻ってほしいという思いで、きょうは“太陽”のマテリアルをご紹介したという次第です。

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
別窓 | フィリピン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 “ファラオの新聞”も休刊
2012-12-04 Tue 23:17
 エジプトのモルシー大統領が自身に絶対的な権限を付与する憲法宣言を発した問題で、同国の主要独立系紙11紙は、同宣言への抗議としてきょう(4日)付の新聞を発行しませんでした。というわけで、エジプトの新聞といえば、やはりこの切手でしょうか。(画像はクリックで拡大されます)

         アハラーム100年

 これは、エジプトを代表する新聞の『アル・アハラーム(アラビア語で“ピラミッド”の意。以下、アハラーム)』の創刊100年を記念して1976年にエジプトで発行された切手で、創刊時と現在の同紙の題字が対比して取り上げられています。

 『アハラーム』は1875年に民間の新聞として創刊されましたが、ナセルひきいる自由主義将校団による革命後の1960年、他の大手出版社とともに国民連合(後のアラブ社会主義者連合)に所有権を移され、事実上、国有化されました。以後、ナセル時代には政権の主張をエジプト国内のみならず広くアラブ世界に発信する媒体としての地位を確立しました。1面トップには、ほぼ毎日、エジプト大統領や政府高官、もしくはパレスチナ関連の記事が載せられるのはその名残で、典型的な“御用新聞”でした。(まぁ、そうであればこそ、記念切手の題材にもなったわけですが)

 ところが、昨年のエジプト民主化とムバーラク政権の崩壊、それに続く、イスラム原理主義組織・ムスリム同胞団出身のモルシー大統領の就任により、『アハラーム』とエジプト政府の関係も大きく変化。世俗主義の同紙も今回の抗議の休刊に参加しているようです。なお、同紙の英語版オンラインには、休刊日のきょう、以下のような文言が掲載されていました。

 Ahram Online: declaration of support for Egypt media strike in defence of freedoms
 Tuesday 4 Dec 2012

 Ahram Online declares its full support for the strike action undertaken on Tuesday by a large number of major Egyptian newspapers and TV stations in defence of freedom of the press, freedom of expression, civil liberties and the rule of law. In view of our particular status as a web-based news outlet, however, we will maintain our updates throughout this crucial day of protest, not in contravention of the strike action, but in full solidarity with it. These decisions were consensually adopted by an all-staff meeting of Ahram Online, and in consultation with members of the board of the Press Syndicate and striking news media.

 Throughout the day we will only publish stories relevant to the day of protest, including, naturally, the reactions of governmental and other political actors opposed to the protests.

 At 1:45 Ahram Online will suspend its work for some two hours, so that its newsroom staff can take part in the Press Syndicate march scheduled for 2pm. We will resume our updates at 3:45pm.

 ちなみに、エジプトでは、政権を批判する場合に、しばしば、ネガティブな意味で“ファラオ(古代エジプトの王”という表現が用いられており、たとえば、サダト大統領暗殺犯のハリド・イスランブリは「ファラオに死を!」と叫んで大統領に爆弾を投げつけています。昨年の民主化運動の際も、ムバーラク前大統領に対しては“ファラオ”という罵声が浴びせられたわけですが、サダト・ムバーラクの両政権をともに支えていた新聞が、古代エジプトのファラオの遺産ともいうべきピラミッドのアラビア語を名乗ってきたのも、偶然とはいえ面白い話です。

 もっとも、そうした“(かつての)ファラオの新聞”が、現在のモルシー政権に対しては「モルシーは新たなファラオだ」との批判しているというのも、なんとも皮肉な話ですな。いずれにせよ、新たなファラオが確定するまで、エジプトの混乱はしばらく続くということいなりそうです。
 

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | エジプト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 新世界の七不思議・自然版
2012-12-03 Mon 15:39
 昨年(2011年)、南米アマゾンの熱帯雨林、ベトナムのハロン湾、アルゼンチンのイグアスの滝、韓国の済州島、インドネシアのコモド国立公園、フィリピンのプエルトプリンセサ地底河川国立公園とともに“新世界七不思議・自然版”に選出された南アフリカのテーブル・マウンテンの山麓で、きのう(2日)、選出を祝う記念式典が開かれたそうです。というわけで、きょうはこんなものを持ってきました(画像はクリックで拡大されます)

        テーブルマウンテン葉書(ケープ)

 これは、南アフリカ連邦発足以前の1899年、ケープタウンから差し出されたケープ植民地の絵入りはがきで、テーブル湾に面したケープタウンの港から見たテーブル・マウンテンが取り上げられています。テーブル・マウンテンを取り上げた切手は、1900年の1ペニー切手以来、幾度となく発行されていますが、今回はちょっとひねったマテリアルのご紹介です。

 ケープタウンのシンボルともいうべきテーブル・マウンテンは、ケープタウン南部、切り立った崖が特徴の山で標高は1087メートル。地上から見ると、頂上がナイフで切ったかのように平らに見えるのが名前の由来です。これは、地盤のやわらかい部分が風雨で削り取られ、固い地盤だけが台形状に残ったことによるもので、ケープタウン以外にも、南米ヴェネズエラのギアナ高地にも同じ名前の山がありますが、やはり、世界的に有名なのはケープタウンの方でしょう。ちなみに、実際にテーブル湾から眺めたテーブル・マウンテンの景色はこんな感じです。

        テーブル・マウンテン(テーブル灣から)

 テーブル・マウンテンの頂上へと昇るロープウェイの乗場は、標高300メートル地点のコル地区にあって、山頂からはケープタウン市内とテーブル湾を一望することができます。また、山全体が国立公園に指定されていて、野生の動植物の宝庫としても有名です。こうしたこともあって、以前から世界的な観光地として人気を集めていましたが、今回の七不思議選定の影響で、先月(11月)の観光客数は記録的な人数に達したのだとか。

 ちなみに、拙著『喜望峰』でも、テーブル・マウンテンについてはかなりのスペースを割いていろいろとご紹介しております。この年末年始に現地へ行かれる予定のある方も、そうではない方も、機会がありましたら、ぜひとも同書をお手にとってご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ケープ植民地 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 エルサレムのフランス局
2012-12-02 Sun 12:50
 おととい(日本時間30日、米東部時間29日)、パレスチナの国連オブザーバー資格を“組織”から“国家”に格上げする国連総会決議が採択されましたが、これに対して、イスラエル政府は、きのう(日本時間1日・現地時間30日)、報復措置として占領地の東エルサレムとヨルダン川西岸の入植地に約3000戸の入植者住宅を建設することなどを決定しました。というわけで、最近入手したパレスチナ関連のマテリアルをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

         エルサレム・フランス局

 これは、1913年にエルサレムのフランス局から差し出された葉書です。消印下部の地域名が“シリア(パレスチナを含む歴史的シリアのことです)”ではなく、“パレスチナ”となっているのがミソです。

 第一次大戦以前、オスマン帝国領内では、オスマン帝国の郵政とは別に、列強諸国の郵便局が活動していました。パレスチナの地域に関しては、1852年にフランスとオーストリアの両国が郵便局を開設したのを皮切りに、1856年にロシアが、1898年にドイツが、1908年にイタリアが、それぞれ、郵便局を開設しています。

 このうち、フランスが1852年に最初に開局したのはヤッファ(ジャッファ)局で、エルサレム局は1890年、ハイファ局は1906年の開局でした。当初、ヤッファのフランス局ではフランス本国の切手がそのまま使われていましたが、1885年以降、現地通貨に対応した加刷切手が発行され、1902年からは“仏領レヴァント”切手が持ち込まれて使用されました。

 パレスチナのフランス局が取り扱った郵便物は、フランス本国のほか、イタリア、イギリス、アメリカ宛に限定されており、各局から集められた郵便物は地中海東岸沿いに、アレクサンドレッタ、コンスタンティノープル(イスタンブル)を経由して、各地に運ばれました。

 さて、来年早々のイスラエルの総選挙をにらんで、イスラエルのネタニヤフ政権のみならず、パレスチナ側でも、今後、さまざまな動きが出てくるものと思います。前々から、パレスチナに関しては、2002年に刊行の拙著『中東の誕生』のアップデート版を作らねば…と思っているのですが、なかなか実現できずにいます。まだまだ鬼に笑われるレベルかもしれませんが、来年こそ、なんとか実現しないといけないなぁとニュースを見ながら考える今日この頃です。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 歴史的シリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ | NEXT
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/