内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界漫郵記:パレンバン
2013-02-28 Thu 11:19
 『キュリオマガジン』2013年3月号が出来上がりました。僕の連載「郵便学者の世界漫郵記」は、今回から、“蘭印戦跡めぐり”として、インドネシア各地を取り上げます。今回は、その第1回として、“空の神兵”で知られるパレンバンにスポットを当てました。その記事で使ったモノの中から、この切手をご紹介します。(以下、画像はクリックで拡大されます)

        蘭印IPL加刷

 これは、日本占領下のパレンバンで発行されたIPL加刷切手です。

 現在、インドネシア南スマトラ州の州都となっているパレンバンは、古代シュリーヴィジャヤ王国の支配下で、西暦600年以降、都が置かれたこともある古都で、かつては仏教の一大中心地でもした。

 17世紀にはじまるオランダ植民地時代には、当初は香料貿易の拠点として、後には、油田が発見され、東南アジア有数の油田地帯として知られるようになります。その産出量たるや、大東亜戦争開戦時のわが国の年間石油消費量を上回るほどでした。このため、1941年8月以降、米国による石油禁輸措置で経済的に追い詰められ、“石油一滴は血の一滴”という言葉が身に沁みていた大日本帝国にとっては、12月8日の開戦後、最重要攻略目標となりました。

 パレンバンの市街地はムシ川の両岸に広がっており、河口からは約100キロの地点にあります。このため、河口から遡上して上陸しようとすると、その間に、オランダ側は油田設備を破壊してしまう可能性がありました。そこで、わが陸軍は空挺部隊を用いて油田とロイヤル・ダッチ・シェルの製油所を奇襲攻撃して電撃的に占領するというプランを立案します。

 かくして、1942年2月14日、第1挺団が、陥落直前のシンガポールからたなびく黒煙で視界不良の中、パレンバンの油田・製油所と飛行場に対して落下傘で降下。翌15日午後には、第2悌団がパレンバン市街地南側の湿地に降下し、パレンバン市全域を占領し、肝心の油田と製油所もほぼ無傷で確保することに成功しました。いわゆる“空の神兵”です。

 2月14日の奇襲攻撃でパニックをきたしたパレンバン市内では郵便業務も一時停止されましたが、この間、略奪行為が横行し、郵便局でも額面総計20万ギルダーもの切手が盗難に遭っています。

 このため、占領行政の責任者となったパレンバン州軍政支部長の松木大佐が3月23日付でパレンバン中央郵便局のI・P・レンコン局長に、略奪された切手と区別できるよう、再開後に販売する切手には加刷を施すように」と命令。これを受けて、翌24日からパレンバン州での郵便業務が再開され、州内(および隣接するベンクーレン州のケパヒアン局とジャンビー州のサルラングン局)では、レンコン局長のイニシャル“IPL”の文字などを加刷した切手が4月以降、順次発行されることになりました。今回ご紹介の切手もその1枚です。

 さて、今回の記事では、パレンバンの精油所を訪れた際のレポートに加え、神兵たちが降り立った70年前とほとんど変わっていないように見える風景などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。
 

 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集期間延長!】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。当初、現地事務局への出品申し込みは2月28日〆切(必着)でしたが、〆切日が3月31日まで延長されました。つきましては、2月14日に締め切った国内での出品申し込みを再開します。出品ご希望の方は、3月20日(必着)で、日本コミッショナー(内藤)まで、書類をお送りください。なお、同展の詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | 蘭印(日本占領時代) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 気球で運ばれた郵便
2013-02-27 Wed 18:54
 エジプト南部の観光地ルクソールで、きのう(26日)、観光客ら21人を乗せた熱気球が高度約300メートル上空で爆発して墜落し、日本人4人を含む乗客19人が死亡、2人が負傷しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。というわけで、きょうは、こんなマテリアルをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        トンブクトゥ=バマコ間気球便

 これは、1972年12月、マリで行われた気球郵便で運ばれた葉書です。

 サハラ砂漠南縁部、モーリタニア、マリ、チャド、ニジェール、ブルキナファソに広がる半乾燥地域であるサヘル地域は、降水の状況が不安定で、しばしば旱魃に見舞われています。

 1960年代、例外的にサヘルの一時的に降水量が伸びたため、マリ政府は北部への開拓農民の移住を奨励しましたが、そのことが、過剰な放牧と薪炭材の過伐採を招くことになり、1968年から降水量が激減すると旱魃被害が発生。100万人が亡くなり、5000万人が影響を受けるなど、深刻な事態に陥りました。

 このため、国連は問題解決のための専門機関として国連スーダン・サヘル事務所(UNSO)を設置したほか、1974年に国際農業開発基金が設立するなどの対策を講じましたが、それと並行して、民間でもさまざまな救済運動が展開されました。

 その一環として、1972年12月29日、国際NGO組織の“キンダードルフ(子供の村)”は、義捐金を集めるチャリティ・イベントとして、トンブクトゥから首都バマコへ向けて気球で郵便を運ぶイベントを実施。これに合わせて、“第1回気球郵便”の記念切手を発行しました。

 今回ご紹介の葉書は、そのキンダードルフによる気球郵便によって運ばれたものですが、トンブクトゥからバマコへ向けて出発したものの、実際には途中で不時着し、そこから先は通常の郵便ルートに乗せられてバマコ経由で宛先地のアウグスブルクに届けられています。

 さて、今年に入ってからのフランスの軍事介入以来、わが国でもマリ情勢に関する報道が目につくようになってきました。そこで、4月下旬をめどに、拙著『マリ近現代史』(仮題)を刊行すべく、現在、鋭意制作作業を進めています。正式なタイトルや価格などが決まりましたら、随時、このブログでもご案内していきますので、よろしくお願いいたします。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | マリ共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アカデミー作品賞は『アルゴ』
2013-02-26 Tue 11:57
 第85回米アカデミー賞は、イスラム革命後のイランで起きた米国大使館占拠事件での人質救出の舞台裏を描いた「アルゴ」が作品賞を受賞しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        アメリカ大使館占拠8周年

 これは、1987年11月にイランが発行した“米国大使館占拠8周年”の記念切手で、星条旗の背後にヒビの入った米国会議事堂と米国の国章が描かれています。ちなみに、切手の表記では、米国大使館ではなく、“米国のスパイの隠れ家”となっています。

 1979年2月のイスラム革命は、開発独裁政策を進めてきた親米パーレビ体制に対する不満が爆発したものでした。このため、パーレビ王制崩壊後、国民の矛先は旧王制を支え続けてきた米国へも向かうことになります。そして、亡命中の国王が治療を名目に米国に入ったことで、急進革命派の反米感情は沸騰。1979年11月、国王の身柄引渡しを求めて急進派学生らがテヘランのアメリカ大使館を占拠する事件が発生しました。

 これが、いわゆるテヘランの米国大使館占拠事件で、これを機に、イランと米国は国交を断絶。1981年1月20日に人質が解放された後も、現在にいたるまでの両国の険悪な関係が決定的になりました。

 イランでは、一時期、米国大使館占拠事件の周年記念切手を毎年発行していましたが、今回ご紹介の切手が発行された1987年は、7月に国連安保理の停戦決議(安保理決議598)が可決され、対イラク戦争の終結が現実味を帯びて語られるようになっていた時期でした。

 安保理決議598は、受諾を拒否する国に対しては、制裁などの措置を行いうるとして受諾圧力をかけた上で、停戦とともに双方が占領地域から撤退することを掲げていたため、当時、イラン領内に占領地を持たないイラクにとっては有利でしたが、イラク領内に占領地を有していたイランにとっては不利な内容でした。このため、一部では、イランがこの決議を拒否することを見越して、対イラン制裁措置を導き出そうとするアメリカの意図に沿って作成されたものとの解釈もなされています。

 今回ご紹介の切手は、こうした状況の中で発行されたもので、イラン国内の反米感情が、ふたたび沸騰していった状況を彷彿させるものともいえましょう。

 ちなみに、今回のアカデミー賞ではミシェル・オバマ大統領夫人が作品賞の発表を行うなど、政治的な演出には米国内でも批判の声が上がったそうで、当然のことながら、イラン政府は猛反発しています。収集家としては、ついつい、久しぶりにイランで“人質事件”を題材とした切手が発行されるかも…と期待(?)してしまいますな。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | イラン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 さらば2MB
2013-02-25 Mon 11:59
 韓国で朴槿恵新大統領が就任し、李明博政権が正式に終了しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        李明博就任

 これは、いまから5年前の2008年、李明博の大統領就任に発行された“第17代大統領就任”の記念切手です。韓国では、李承晩退陣後の1960年に大統領に就任した尹潽善を除き、毎回、新大統領の就任に合わせて大統領の肖像の入った記念切手を発行しており、きょう、朴槿恵の大統領就任の記念切手も発行されています。残念ながら、未入手ですが…。

 切手では大統領がパソコンをいじっている写真が取り上げられていますが、これは、彼の愛称が“2MB”であることを意識したものかもしれません。韓国では、しばしば、金泳三をYS、金大中をDJなど呼ぶように、名前の漢字の2文字をローマ字で略すことが行われますが、これでいうと、李明博はMBになります。これに、韓国語で2と李が同じ発音であることを組み合わせて、2MBが大統領を示す略号として、この5年間、頻繁に使われました。

 なお、政権末期には、この書き方は大統領に批判的な人たちが主としてネット上で用いていたため、大統領に対する侮蔑表現だと説明されることもありますが、もともとは、大統領選挙の時代に、李明博陣営が自ら“経済のことは2MBに!”というスローガンを掲げていたこともあり、もとから侮蔑的な用語だったわけではありません。

 さて、李明博政権の5年間を一言で総括すると、“外華内貧”という、韓国のある種本質的な欠陥が強調された時代だったといってよさそうです。

 5年前、李明博は、若くして財閥系・現代建設の経営者となったキャリアから、“経済大統領”、“経済のことは2MBに!”をスローガンに、「国民に豊かな安定した暮らし」を約束して、新政権をスタートさせました。

 たしかに、政権発足直後の2008年9月、リーマン・ショックが発生し、世界経済全体が落ち込むなかで、韓国の金融不安への懸念から急激な株価下落とウォン安が進行すると、それを逆手に取って、従来以上に積極的な外資導入・輸出主導の経済を展開し、金融危機を回避して韓国経済を成長軌道に乗せたという点は、韓国の大統領としては、それなりに評価されるべきものでしょう。

 また、サムソンに代表される韓国ブランドの国際的な認知度を高めることに国策として力を注ぎ、貿易量も急増させるとともに、大統領みずからが原発や武器の売り込み、資源確保などで世界を飛び回るビジネス外交を展開。わが国が民主党政権下で迷走を続け米国の信頼を大きく損なう中で、盧武鉉時代のマイナスを払拭して対米関係を改善することに成功し、釜山での主要20ヵ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議、ソウルでのG20開催を実現したことも、政権の業績としてあげることができましょう。北朝鮮政策でも、延坪島砲撃など軍事挑発に対して、対北宥和路線を求める世論の圧力に屈せず、国際社会の対北制裁に協力したことも、フェアに見て評価されてよいと思います。

 ただし、そうした“外華”に対して、国民に対する再分配は不十分で、不動産バブルが崩壊して中小金融機関の破綻が相次ぎ、家計の負債も急増。雇用情勢も悪化したことから、ごく一部の反映する財閥と“成長”の恩恵にあずかれない多数の国民の格差は大幅に拡大し、社会的な不満が鬱積するなかで、大統領の支持率も急落していきました。

 これに対して、結局、困った時の反日頼みという韓国政治の悪弊が繰り返され、政権末期の2012年8月には、大統領本人の竹島上陸、天皇謝罪要求発言、中国と連携しての反日包囲網戦略などを展開したものの、支持率は一向に回復せず、対日関係を悪化させただけで終わったことは記憶に新しいところです。 
 
 まぁ、日進月歩のコンピューターの世界では、かつては2MBの容量でも重宝された時代があったものの、ギガ、テラが当たり前の時代となってしまえば、2MBなんてのは全く使い物になりません。韓国では歴代大統領の末路は悲惨なことが多いとはいえ、みずから2MBと名乗ってしまった時点で、その価値が5年後にどうなっているかは、ある程度予想できなかったんでしょうかねぇ。まぁ、それができなかったからこそ、2MBが揶揄の言葉となってしまったんでしょうけれど。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 韓国:李明博時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 米、ニジェールに派兵
2013-02-24 Sun 22:23
 アメリカ政府は、22日、アフリカ西部ニジェールに米兵100人を派遣したと発表しました。今後、米軍は同国内の基地から無人偵察機を運用し、隣国マリで国際テロ組織の掃討作戦をしているフランス軍の支援を本格化させることになります。というわけで、ニジェールとマリの両方にまたがるものとして、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        セネガンビア・ニジェール葉書

 これは、1904年8月、現在のマリの首都、バマコから北東に15キロの地点にあるカティからパリ宛に差し出された葉書で、仏領セネガンビア・ニジェールの切手が貼られています。

 1880年代から90年代にかけて、アフリカにおけるフランスの支配地域は大きく拡大し、各地に植民地が建設されていきました。このため、1895年、ガボンより西側の各植民地を統括するため、在セネガル(1902年まではサン・ルイ、以後はダカール)の総督の下に、セネガル、仏領スーダン(現マリ)、仏領ギアナ、コート・ディヴォワールの緩やかな“連邦”が組織されました。

 連邦の法律・法令は本国植民地相の権限で制定・施行され、連邦総督は、その枠内で中央集権的に各植民地を統括しました。各植民地で徴収された関税収入は連邦のもので、道路・鉄道・通信・港湾・保健・高等教育は連邦の権限に属していましたが連邦の発足後も、切手に関しては、1943年までは連邦統一のモノは発行されず、各植民地でそれぞれ個別に発行されています。

 連邦を構成する各植民地は、行政単位としては、最小規模の町村(コミューン)がいくつか集まって圏(セルクル)を構成し、さらに圏が集まって地域(レジヨン)を構成するという構造になっていました。そのうち、セネガルの4コミューン(ゴレ、サン・ルイ、ダカール、ルフィスク)のみは住民が“準フランス人”として市民権を有し、地方議会も置かれていましたが、その他の地域のアフリカ系住民は、“原住民制”の下、従属民としてほぼ無権利状態に置かれていました。

 たとえば、従属民には“徴用”として10年間の公共事業での労働が義務付けられていましたが、その労働は非常に過酷なものでした。当然のことながら、徴用を逃れようとする者も少なくなかったのですが、フランス当局は徴用に応じなかった者や税金の未納・滞納者には、容赦なく、裁判なしで5日間の投獄と15フランの罰金が科されました。

 さて、連邦の発足に伴い、1899年10月、仏領スーダンの一部が仏領ギニア、コート・ディヴォワール、ダホメに編入され、残りは、1902年、仏領セネガンビア・ニジェールに再編成されます。その地域は、おおむね、現在のセネガル・マリ・ニジェールにまたがる広大なものでした。

 今回ご紹介の葉書は、この時期に差し出されたもので“SENEGAMBIA ET NIGER”の切手が貼られ、カティ郵便局もそれを略した“SNEBIE NIGER”となっています。ところが、中継地のカイの消印では、“仏領スーダン(SOUDAN FRANCAIS)”という旧称がそのまま使われており、制度変更直後の過渡的な使用例となっています。

 なお、1895年に発足した連邦は、1904年にダホメが加わり、正式に“仏領西アフリカ連邦”が創設されます。これを受けて、仏領セネガンビア・ニジェールは、旧仏領スーダンの古称であるオート・セネガルの名を冠した仏領オート・セネガル・ニジェールへと再編され、今回ご紹介のセネガンビア・ニジェール名義の切手も短命に終わってしまいました。

 さて、今年に入ってからのフランスの軍事介入以来、わが国でもマリ情勢に関する報道が目につくようになってきました。そこで、4月下旬をめどに、拙著『マリ近現代史』(仮題)の刊行を目指して、現在、鋭意制作作業を進めています。今回ご紹介したような仏領時代の複雑な制度変更についても、できる限りわかりやすく解説しております。正式なタイトルや価格などが決まりましたら、随時、このブログでもご案内していきますので、よろしくお願いいたします。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | セネガンビア・ニジェール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手が語る宇宙開発史(24・最終回)
2013-02-23 Sat 15:36
 ご報告が遅くなりましたが、雑誌『ハッカージャパン』の2013年3月号が出来上がりました。僕が担当している連載「切手が語る宇宙開発史」は、今回は、ガガーリンの有人宇宙飛行を取り上げました。その中から、きょうはこのマテリアルです。(画像はクリックで拡大されます)

        ガガーリン(ソ連・1961年)

 これは、人類初の有人宇宙飛行を記念してソ連が発行した記念切手のうち、ガガーリンの肖像を大きく取り上げた1枚です。

 ソ連空軍のパイロットだったユーリ・ガガーリンは、1961年4月12日午前9時7分、ボストーク3KA-2(ボストーク1号)でバイコヌール宇宙基地を飛び立ち、地球を1周した後、10時25分に逆噴射をかけて大気圏に再突入。高度7000mからパラシュートで降下し、無事帰還を果たしました。

 人類初の有人宇宙飛行の成功と同時に、ソ連当局は東西冷戦における自国の優位を示すものとしてこれを大々的に宣伝しましたが、準備段階では、計画は極秘裏に進められていました。ちなみに、ガガーリンは飛行中(帰還後ではなく)に中尉から少佐に二階級特進したことを告げられていますが、そこには、彼が無事に帰還できない可能性が少なからずあると判断したソ連当局の“温情”があったとも言われています。したがって、不幸にして彼が無事に帰還できなかったときには、事前に用意されていた切手もすべて破棄されていたものと思われます。

 結局、ガガーリンが無事に帰国したことを確認して、ソ連は人類初の有人宇宙飛行の成功を記念する切手を発行するのですが、その実際の発行日をどう考えるかということは、ちょっと厄介な問題です。

 すなわち、ソ連当局の公式な記録では、飛行当日の4月12日に切手が発行され、即日、各地の郵便局で売りさばかれたということになっていますが、前日の4月11日まではソ連の一般国民はガガーリンのことを全く知らされていません。当然、各地の郵便局にも記念切手は配給されていなかったと考えるのが自然でしょう。したがって、飛行成功が確認されてすぐに切手の配給を始めたとしても、モスクワなどの主要都市でさえ、最短で4月12日の午後にならないと郵便局の窓口で売り出すことはきわめて困難です。

 ちなみに、世界の切手カタログでは、ソ連のガガーリン切手は4月15日発行の切手と22日発行の切手の間で、日付不詳の4月発行としてリストされています。僕の個人的な経験としては、ソ連のガガーリン切手を貼って、“発行日”の消印として4月19日付の印を押した記念の封筒を見たことがありますが、おそらく妥当な日付と思われます。なお、現在残されているソ連のガガーリン切手に押されている“発行初日”の記念印は、公式見解通り、大半が飛行当日に当たる4月12日付となっていますが、それらは、後になって消印の日付を遡って押印したものだろうと思います。

 ちなみに、ガガーリンが1968年に飛行訓練中の事故で亡くなった時の詳細が公表されたのは2011年のことです。人類初の宇宙飛行士として、ソ連の優位を象徴する英雄の地位に祭り上げられたガガーリンに関しては、歴史的事実とプロパガンダの物語を弁別することが容易ではない面も多々ありますが、それは、彼にまつわる切手についても例外ではないと言えそうです。

 なお、『ハッカージャパン』2009年5月号から24回にわたって連載してきた「切手が語る宇宙開発史」ですが、今回で最終回となりました。今まで4年間にわたりお付き合いいただきました皆様には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ソ連:フルシチョフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 竹島の日
2013-02-22 Fri 12:14
 きょう(22日)は“竹島の日”です。というわけで、ストレートにこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        竹島切手・贈呈シート

 これは、1954年に韓国が発行した竹島切手のうち、2ファン切手の贈呈シートです。

 日本と韓国との国交正常化交渉は、すでに日本占領中の1951年10月に予備会談がスタートしていましたが、朝鮮戦争の最中で日本を反共の防波堤として育成することを企図していたアメリカは、韓国側の対日賠償請求を押さえ込もうとしていました。このため、国交正常化交渉を進める上で、新たな交渉材料を作り出す必要に迫られた韓国側は、1952年1月、「大韓民国隣接海洋の主権に対する大統領の宣言」を発します。

 この宣言は、国防と漁業資源の保全を理由として、当時、韓国沖合に設定されていた“マッカーサー・ライン”よりも日本寄りに“平和線”(いわゆる“李承晩ライン”です)を設定。これを韓国の領海として、水域内のすべての天然資源、水産物の利用権を主張したものでした。

 その際、韓国側は、1946年にGHQが発した「外郭地域分離覚書」に、竹島を日本の行政区域から分離する旨の記載があることを根拠として、李承晩ラインの内側に竹島(韓国名“独島”)を含め、その領有権があると主張。これが、いわゆる竹島問題の発端となりました。

 ちなみに、もともと韓国は漁場の確保という目的から竹島の不法占拠を始めたということもあり、ソウルの市内には「“独島”で獲れた新鮮な魚介類」を売りにする店が何軒かあります。たとえば、下の画像は地下鉄・駅三駅近くの店と路上に出されたメニューの看板です。

        駅三・竹島料理の店     駅三・竹島料理の店メニュー

 また、下の画像はソウル大学入口駅近くの交差点にあった“独島料理”の店です。

        ソウル大入口駅前・竹島料理

 さて、韓国側の李承晩ライン設定に対して、明治以降、第二次大戦の終結まで一貫して竹島の領有権を主張していた日本側は猛反発。1952年2月からはじまった国交正常化交渉(第1次会談)は、請求権問題(日本側は、韓国内で接収された旧日本資産の補償を強硬に主張していた)や日本の植民地支配についての責任の有無とも絡んで、同年4月には早くも無期延期となりました。

 その後、日韓交渉(第2次会談)は1953年4月にようやく再開されたものの、同年6月、韓国側が朝鮮戦争の休戦成立に備える必要から中断。さらに、同年10月の第3次会談では、日本側代表の久保田貫一郎(外務省参与)が「日本としても朝鮮の鉄道や港を造ったり、農地を造成したりした」、「当時、日本が朝鮮に行かなかったら中国かロシアが入っていたかもしれない」などと発言したことから、日韓双方による非難の応酬となり、会談は決裂し、国交正常化交渉は1958年4月まで中断されてしまいます。

 日韓両国の対立を懸念した米国大統領のアイゼンハワーは、1954年7月、韓国に対して李承晩ラインの撤回など日本への宥和を求めたのですが、これは逆効果となり、態度を硬化させた韓国側は米国との交渉をも決裂させ、翌8月には対日経済断交措置を発動してしまうといったありさまでした。

 今回ご紹介の竹島切手は、こうした状況の中で、1954年9月、あらためて、竹島の領有権と李承晩ラインの正当性を主張するために発行されたものです。

 当時、日本側は、竹島切手の貼られた郵便物を韓国に返送することで対抗しようとしたものの、膨大な郵便物の中から竹島切手の張られたものだけを返送するというのは実務上きわめて困難で、実際には、この切手が貼られたまま日本国内で配達された郵便物も少なくありません。したがって、歴史書などに時々見られる「日本側は竹島切手の有効性を認めず、この切手が貼られた郵便物を韓国側に返戻した」という記述は事実と異なります。

 その後も現在にいたるまで、日本政府は竹島の領有権を主張しつづけていますが、韓国が警備隊を常駐させてこの島を実効支配しているのを黙認してきたのが現実です。

 竹島に限らず、領有権を巡って複数の国が争っている地域に関しては、あらゆる機会をとらえて、それが自国の領土であることを繰り返し訴え続けるというのが国際社会では常識なわけで、その意味では、韓国が官民挙げて“独島”の領有権をアピールすることに余念がないのは、その主張の是非とは別の次元で、ある意味当然の行動でしかありません。むしろ、そうした韓国側の主張に対して、多くの日本国民が竹島問題には無関心で、日本政府もほぼ無策のまま60年間を過ごしてきたということが、今日の事態を招いてしまったのだという現実を受け止め、真剣に反省することが必要とされているはずです。

 最後に、竹島に関する彼我の温度差を象徴するかのような写真をご紹介しましょう。

        光化門近くのレストラン(全景)     光化門近くのレストラン(入口)

 これは、ソウル中心部、光化門近くの交差点に面したレストランで壁面にはでかでかと“独島は韓国の東海(全世界的には日本海と言われている海)にある”とのスローガンが掲げられています。ところが、店の入口(右の画像)には、しっかりと日本語で“かんこくいんしょく(韓国飲食)”と書かれており、日本語併記のメニューも掲げられています。
 
 場所柄、日本人のお客を呼び込みたいということなのでしょうが、そういうことなら、壁面のスローガンは撤去していただきたいものです。少なくとも、日本人ならそういう店は利用しないというぐらいの気構えがあってほしいのですが、実際には、何も考えない日本人観光客が「ここなら日本語のメニューがあるぞ」などと言って何も考えずに入っちゃうケースが少なくないんでしょうねぇ。困ったものです。

 なお、竹島問題と切手の関係については、拙著『韓国現代史』『事情のある国の切手ほど面白い』でもまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 韓国:李承晩時代 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
 ホッツェンプロッツ
2013-02-21 Thu 16:22
 『大どろぼうホッツェンプロッツ』などで知られる児童文学者、オトフリート・プロイスラーさん(以下敬称略)が18日、ドイツ南部プリーン・アム・キームゼーの自宅で亡くなっていたことが公表されました。享年89。謹んでご冥福をお祈りいたします。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ホッツェンプロッツ葉書

 これは、1938年11月、“ホッツェンプロッツ”から差し出された葉書です。

 ホッツェンプロッツはチェコ・シレジア地方の小都市で、ハプスブルク帝国支配下の1898年には鉄道が開通しました。ちなみに、1910年にハプスブルク帝国が行った人口調査によると、2853 人の住民の99%がドイツ語を日常言語としており、宗教は98%がカトリック、2%がユダヤ教徒という構成です。ちなみに、ホッツェンプロッツというのはドイツ語名で、ユダヤ系住民の使うドイツ語方言のイディッシュでは、ホッツ・プロッツ、チェコ語ではオソブラハとなります。

 ハプスブルク帝国の解体後はチェコ・スロバキアに編入されましたが、1938年9月30日に行われたミュンヘン会談によって、ズデーテン地方の一部としてドイツへの割譲が決定されました。今回ご紹介の葉書はその初期のもので、ドイツが持ち込んだヒンデンブルグ葉書の差出地の書き込みはチェコ語のオソブラハですが、消印は、ドイツ語のホッツェンプロッツ表示に変更されています。

 第二次大戦では壊滅的な打撃を受けましたが、1945年3月22日、チェコ地域では最初にソ連軍が進駐した地域となり、戦後はチェコ・スロバキア領に復しました。

 一方、18日に亡くなったプロイスラーは、1923年10月20日、チェコスロバキアのリベレツ生まれ。第二次世界大戦中の1942年に学校を卒業すると、徴兵されてドイツ陸軍へ入隊し、東部戦線へ従軍しました。1944年、ソ連軍の捕虜となり、エラブガなどタタール自治共和国内の数箇所の捕虜収容所で5年間をすごしたのち、1949年に解放されました。。

 彼の生まれたリベレツは、ドイツ語名をライヒェンベルクと言い、かつてはボヘミア第2の都市として多数のドイツ人が居住していました。第一次大戦後、この地のドイツ人はチェコ・スロバキアへの併合に抵抗し、ライヒェンベルクを首都とするスデーテン独立国が樹立しましたが、結局、チェコスロバキアに統合されました。こうしたことから、1930年代にリベレツは汎ゲルマン主義の中心地となりましたが、第二次世界大戦後、共産党政権により、この地域のドイツ人は国外追放されてしまいます。

 このため、ドイツ人としてのプロイスラーも故郷への帰還はかなわず、一足先に西ドイツのバイエルン州ローゼンハイムで移住していた親族と婚約者の元へ合流し、その後は西ドイツで小学校の教師を務めていました。もともと児童文学者を志していたというわけではなく、教え子たちに語り聞かせた物語が評判となって出版され、作家・イラストレーターとして高く評価されるようになったというキャリアの持ち主です。

 こうしたキャリアを考えると、プロイスラーが、自分の作品に登場する“大どろぼう”の名前に、ズデーテン地方の地名、それもチェコ語のオソブラハではなく、ドイツ語名のホッツェンップロッツをあて、物語を教え子たちに読み聞かせていた気持ちが何となくわかるような気がします。現実の世界では、ホッツェンプロッツは盗む側ではなく、盗まれる側だったわけですが。

 
 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | チェコ・スロヴァキア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ベルギーでダイヤ47億円強奪
2013-02-20 Wed 16:24
 ベルギーのブリュッセル国際空港で、18日夜(日本時間19日未明)、警察官を装った8人の男が警備会社の車両から航空機に積み込み作業中だったダイヤモンド(以下、ダイヤ)などが入った120の荷物を奪い、車に乗って逃走しました。被害総額は5000万ドル(約46億8000万円)相当で、宝石の巨額強盗事件としては過去最大規模だそうです。というわけで、ベルギーのダイヤにちなんで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        イスラエル・ベルギー国際切手展

 これは、2001年にベルギー・ブリュッセルで開かれた国際切手展<BERGICA 2001>に際してイスラエルが発行した記念小型シートで、ダイヤが取り上げられています。

 かつてダイヤはインド亜大陸でのみごく少量が産出するだけでしたが、1730年代に入ると、ブラジルからダイヤの原石がヨーロッパに持ち込まれるようになり、アムステルダムやアントワープなどにダイヤの加工場が設立されるようになります。その際、ダイヤの輸入・加工・販売のほぼすべては、ユダヤ系商人が独占していました。

 その後、1860年代にはブラジル産のダイヤは枯渇し始めますが、1866年、アフリカ南部・オレンジ自由国のキンバリーでダイヤの大鉱脈が発見されます。ダイヤを求めて鉱山開発がすすめられていく中で、1881年、ユダヤ系資本のロスチャイルドの支援を得たセシル・ローズがデビアス鉱山会社を設立。同社は、1988年にキンバリー鉱山を買収したのを皮切りに、ウェッセルトン、ヤーガースフォンテインなどの鉱山を買収し、19世紀末までには、当時の生産地の9割以上を支配することに成功しました。

 しかし、ローズ没後の1902年、プレミア鉱山が発見されたほか、1908年にはドイツ領南西アフリカ(現ナミビア)でもダイヤの鉱脈は発見されたこともあって、1870年に年間10万カラットであった生産量は1913年には600万カラットに激増。デビアス社のシェアも大きく低下し、ダイヤの市場価格も不安定になります。

 このため、1930年にデビアス社の会長に就任したドイツ系ユダヤ人のオッペンハイマーは、市場価格を維持するべく、①生産調整を行うためのダイヤモンド生産者組合、②生産されたダイヤを一括して買い上げ、分類を行うダイヤモンド貿易会社、③販売を独占する中央販売機構、という3つの組織を設立。生産調整を行うと同時に、生産実績に応じて販売内容と価格を決定し、利益をプールすることで、生産調整に不可欠な買い入れ資金を得るという循環システムを作り上げ、市場をコントロールすることに成功しました。

 1948年、ユダヤ人国家としてイスラエルが建国されると、イスラエル国家は、ダイヤ産業が伝統的にユダヤ人によって担われてきたことを踏まえて、ダイヤの輸出入には関税をかけないなどの優遇策を講じて国策としてダイヤ産業を育成しました。当初、業界最大手のデビアス社もユダヤ系企業としてイスラエルのこうした方針を支援。この結果、イスラエルのダイヤ輸出は、建国直後の1949年には512万ドルでしたが、1960 年には5632万ドルに 1970年には2億204万ドルに、1980年には14億906万ドルへと飛躍的に拡大しました。

 ところが、急成長を果たしたイスラエルのダイヤ産業は、次第に、デビアス社からの自立を目指すようになります。すなわち、イスラエルは、インド資本を巻き込んで彼らがデビアス社から買った原石を買い取ったり、軍事部門で協力関係にあった南アフリカからデビアス社を通さず直接、原石を買い付けたりするなどして、デビアス社による市場独占のシステムに挑戦。その結果として、デビアス社の傘下にあったアントワープの零細加工業者の間で、数千人規模の失業者が生じる事態となりました。

 恩を仇で返された格好のデビアス社(まぁ、イスラエルに言わせれば、いままでだいぶ高値でつかまされてきたということなんでしょうが)は、1978年、イスラエルに対して原石割当量の20%削減を通告しますが、これを機に、イスラエルは大っぴらに南アなどからデビアス社を通さない原石の直接買い付けで対抗。デビアス社と同レベルの原石在庫を確保します。

 この結果、ダイヤ原石は一挙に供給過剰となり、ダイヤの末端市場価格は大暴落。この間に、イスラエルは(デビアス社から見れば)ダイヤのダンピング攻勢を仕掛けて、1980年には14億 900万ドル(235万カラット)まで輸出を伸ばしました。

 一方、デビアス社は国際金融界を通じて、イスラエルのダイヤモンド産業に融資した銀行や、イスラエルとの直接取引を行ったアフリカ諸国や業者に徹底的に圧力をかけることで対抗。この結果、イスラエルのダイヤ輸出は、1982年には 9億400万ドル、1983年には6億2500万ドルまでに急落し、今度はイスラエル国内のダイヤ産業に数千人規模の失業者が出ることになりました。

 その後、イスラエルがデビアスに妥協することで両者の和解が成立。現在では、原石の買い付けはデビアス社、研磨加工はイスラエルという住み分けが行われています。

 その過程で、デビアス社はもともと世界のダイヤ取り引きの中心地の一つであったアントワープをより重要視するようにになりました。その理由としては、上述のように、イスラエル国家と同社の利害が必ずしも一致しない以上、ダイヤ産業の拠点をイスラエルに置くのはリスクがあることに加え、アメリカの巨大市場であるニューヨークではデビアス社のビジネスモデルは米国独占禁止法その他の法令に抵触すること、さらに、インドや南アフリカなどの生産地はインフラ面伝整備が立ち遅れていることなどもあげられます。

 このような歴史的な経緯を考えてみると、ベルギーで開催の切手展に際して、イスラエルがダイヤの切手を発行するというのは、何とも意味深長な組み合わせで、よくもまぁ、こんな切手を出したものだと唸ってしまいます。

 なお、イスラエルと南アフリカとの関係については、拙著『喜望峰』でも、南アフリカ側からの視点で簡単にまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 
 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | イスラエル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界遺産トンブクトゥを修復へ
2013-02-19 Tue 22:48
 昨年6月、反政府勢力によって破壊されたマリの世界遺産トンブクトゥの遺跡群について、きのう(18日)、ユネスコは日本円でおよそ10億円かけて破壊された遺跡の調査や復元作業を始めることを正式に決めました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        トンブクトゥ遺跡

 これは、1961年、独立間もないマリが発行した200フラン切手で、トンブクトゥの遺跡群が描かれています。

 トンブクトゥは、もともと遊牧民のトゥアレグ人がオアシスに設けていた季節限定の野営地でしたが、サハラ以南と北アフリカを結ぶ金、象牙、塩などの通商ルートの拠点となったことで都市として成長。この地を拠点にガーナ王国、マリ帝国、ソンガイ帝国の諸王朝が繁栄し、最盛時には10万の人口を抱えていました。

 良く知られているのは、16世紀初頭、この地を訪れたアラブの旅行家、レオ・アフリカヌスの『アフリカ誌』の記述で、それによると、トンブクトゥの支配者は、金で出来た杯や笏を数多く持ち、その重量は1300ポンドにもなったという。また、王の下には常時3000人の騎手がおり、さらに多くの医者や裁判官、学者などがおり、彼らは王の財によって手厚く養われていたそうです。このイメージが広く欧州全域に流布した結果、極東のジパングと並ぶ黄金郷のトンブクトゥを求めて、多くのヨーロッパ人がアフリカ探検に出かけていきました。

 ところが、皮肉にも、そうしたトンブクトゥのイメージが定着しつつあったのとほぼ時を同じくして、スペイン・ポルトガルによる大航海時代が幕を開け、ヨーロッパ人は海路、西アフリカに上陸するようになります。その結果、サハラ交易は次第に衰退し、それに伴い、トンブクトゥも繁栄の基盤を失うことになるのです。

 さて、今年に入ってからのフランスの軍事介入以来、わが国でもマリ情勢に関する報道が目につくようになってきました。そこで、4月下旬をめどに、拙著『マリ近現代史』(仮題)を刊行すべく、現在、鋭意制作作業を進めています。


 同書では、主として、近代以降のトンブクトゥをめぐる状況などについてもいろいろとご説明する予定です。正式なタイトルや価格などが決まりましたら、随時、このブログでもご案内していきますので、よろしくお願いいたします。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | マリ共和国 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 岩のドームの郵便学(2)
2013-02-18 Mon 15:24
ご報告が遅くなりましたが、『本のメルマガ』490号が先月25日に配信となりました。僕の連載「岩のドームの郵便学」は、今回はイギリス委任統治領としてのパレスチナの形成過程について切手やカバーなどを使ってご説明しました。その中から、きょうはこんなモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        パレスチナ・OETA

 これは、第一次大戦の終結直後の1919年1月20日、英占領下のエルサレムから差し出された葉書です。なお、貼られている切手は、この時期の中東における他の英軍占領地同様、英国エジプト遠征軍用の切手です。

 1918年10月30日、オスマン帝国が連合国に降伏。さらに翌11月にはオーストリアとドイツも降伏し、第一次大戦は連合国の勝利をもって終結しました。オスマン帝国を占領下に置いた連合国は、大戦の戦後処理のため、1919年1月からヴェルサイユ講和会議を開催します。

 大戦中、英国はアラブに対しては戦後のアラブ国家の独立を約束する密約(フサイン・マクマホン書簡)を結んでいながら、その一方で、フランスとは旧オスマン帝国を両国で分割するサイクス・ピコ協定、シオニストに対してはパレスチナにユダヤ人国家を樹立することを支持するとのバルフォア宣言を発していました。

 このため、大戦後の講和会議では、互いに矛盾する3つの密約をどのように処理するかが問題となります。結局、講和会議には、アラブ代表としてシリア攻略の英雄、ファイサルがヒジャーズ代表団の団長として招待され、「列強が中東を支配するのは大義に反する」と主張しましたが、これはほとんど顧みられることはなく、シリア・パレスチナ地域は、①英支配の南部OETA(敵国領土占領行政区域:Occupied Enemy Territory Administration):現在のイスラエル国境とほぼ同じパレスチナ、②アラブ支配の東部OETA:アカバからアレッポにいたる内陸部、③フランス支配の西部OETA:ティールからキリキア(シリアとトルコの国境地帯で、現在はトルコ領)にいたるレバノンとシリアの海岸地帯、に分割されることになりました。

 今回ご紹介の葉書は、そうした状況の下で差し出されたもので、、消印は不鮮明ですが、OETAの文字とエルサレムの地名表示の一部が読み取れます。


 なお、会議にはシオニスト代表としてワイズマンが出席し、パレスチナをユダヤ人が排他的に支配することを主張していました。結局、“パレスチナ”の範囲はワイズマンの主張よりも大幅に縮小されましたが、会議では、バルフォア宣言に従い、パレスチナを英国の委任統治領としてシオニストの移民を受け入れ、将来、シオニストに対して自治を付与するという大枠が決定されています。

 なお、1920年7月、英国によるパレスチナ統治が実質的にスタートすると、これを受けて、同年9月、パレスチナでは、それまで無加刷で使用されていたエジプト遠征軍用の切手に、(上から)アラビア語・英語・ヘブライ語の3か国語で“パレスチナ”と加刷した切手が発行されました。いずれにせよ、現在の中東の国境が確定されていく過程で、当初、英国の占領ないしは支配地域ではエジプト遠征軍用の切手が幅広く使われていたわけですが、次第に、それらに代わって各地で独自の図案の切手が発行されていくことになります。

 英領パレスチナで岩のドームを描く最初の切手もまた、そうした経緯を経て発行されるのですが、そのあたりの事情については、次回、詳しくご説明することにしたいと思います。


 【世界切手展BRASILIANA 2013の出品について】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。出品の国内受付期間は14日で終了しましたが、出品をお考えの方で、まだ書類をお送りいただいていない方は、至急、内藤までご連絡ください。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。なお、現時点でお申込みいただいている出品の件数は、伝統1、郵便史1、テーマティク5、文献4です。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 英委任統治領パレスチナ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 グアム事件犠牲者追悼のミサ
2013-02-17 Sun 20:07
 米自治領グアム島で日本人3人が死亡するなどした無差別殺傷事件で、犠牲者を追悼する特別ミサが、きょう(17日)、中心部の聖母マリア大聖堂で行われ、遺族のほか、島民数百人が参列して犠牲者と遺族に祈りをささげました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         グアム・ローカル

 これは、1930年にグアム島内のローカル郵便用の切手で、アガナ湾をあしらったグアムの紋章が大きく描かれています。
 
 1898年の米西戦争の結果、グアムは米国に割譲され、米国による郵便制度が導入されました。ところが、現地の郵便局は戸別配達を行わなかったため、これに不便を感じた軍事総督のウィリス・ウィンター・ブラッドリーJr.は、1930年4月8日、ローカル郵便“グアム・ガード・メール”をはじめました。

 “グアム・ガード・メール”は、当初、ボルダロ社のタクシーを利用して、グアム島中部のアガナ(現ハガニア)からアサン、ピティ、スマイなど中部の都市を経由して15マイル先のアガットまで、週6回・1日1便が運ばれました。その後、同年8月29日には“グアム・ガード・メール”は島の南部のメリッソ、ウマタック、イナラハンにも拡大されています。ボルダロ社による郵便輸送は、旅客を輸送する際のついでに無償で行われていましたが、後に郵便の取扱量が増えると同社はグアム政府から月5ドルの支給を受けるようになりました。

 料金を納付するための切手に関しては、1930年4月8日、フィリピン切手に“GUAM / GUARD / MAIL”と加刷した切手が発行されましたが、7月10日、フィリピンからの切手到着が遅れたため、現地の印刷所で今回ご紹介の切手が暫定的なものとして製造されました。ちなみに、遅れていたフィリピンからの加刷切手は8月21日に到着しています。

 “グアム・ガード・メール”がそれなりの利用者を獲得したこともあって、米国郵政は、1930年1月1日からグアム島北部においても(南部では同年4月8日から)郵便物の戸別配達を行うようになり、ローカル郵便は姿を消すことになります。

 ちなみに、今回のいたましい事件の舞台となったタモン地区はハガニアに隣接するタムニンにありますが、ミサが行われた聖母マリア教会は、スペイン時代の1669年、グアム最初の教会としてハガニアに建設されました。


 【世界切手展BRASILIANA 2013の出品について】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。出品の国内受付期間は14日で終了しましたが、出品をお考えの方で、まだ書類をお送りいただいていない方は、至急、内藤までご連絡ください。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。なお、現時点でお申込みいただいている出品の件数は、伝統1、郵便史1、テーマティク5、文献4です。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | グアム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 マリで7月7日に大統領選
2013-02-16 Sat 16:04
 フランスが軍事介入している西アフリカのマリの暫定政府が、きのう(15日)までに、ことし7月7日に大統領選挙を実施すると発表しました。選挙で1位になった候補者の得票数が過半数に達しない場合は、7月21日に決選投票が行われる予定だそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        トラオレ大統領(2012)

 これは、昨年(2012年)のクーデター後、ディオンクンダ・トラオレ(暫定)大統領の就任を記念して発行された小型シートで、シートの余白にはマリの国旗と国章、アフリカ大陸における位置を示す地図などが印刷されています。

 2007年4月の大統領選挙で70%強の得票を得て再選されたアマドゥ・トゥマニ・トゥーレ前大統領の2期目の政権は、当初、順調な滑り出しを見せましたが、2011年に起こったリビアの内戦とその後のカダフィ政権崩壊により、カダフィ政権下で傭兵として活動していたトゥアレグ人(1990年代前半、北部を拠点に、マリからの分離・独立を唱えて反政府武装闘争を展開していた者も少なからず含まれていました)の帰国が相次ぎ、マリ北部の情勢が不安定化。2012年1月以降、ついに、トゥアレグ人による独立国家樹立を目指すアザワド解放民族運動(MNLA)による武装蜂起が勃発しました。

 これに対して、トゥーレ政権の対応は後手に回り、武器・弾薬の不足などもあって、軍内部には政権に対する不満が鬱積。このため、3月21日、国防大臣に就任したばかりのサディオ・ガサマは、首都バマコ郊外のカティ軍事キャンプを視察し、将兵の士気を高めようとしましたものの、武器・弾薬の充実を求める将兵の要求に対して色よい返事をしなかったことから、これに抗議する兵士たちがバマコに向けて進軍。国営放送局を占拠して大統領府を攻撃し、トゥーレはセネガルへ出国してしまいました。

 これを受けて、陸軍将校のアマドゥ・サノゴを長とする民主主義制定のための全国委員会が権力を掌握。憲法の規定により、国民議会議長のトラオレが暫定大統領に就任し、次期大統領選挙の実施と民政への復帰を目指すことになりました。

 暫定大統領となったトラオレは、1942年、カティの生まれ。ソ連留学のほか、アルジェリアのアルジェ大学、フランスのニース大学等で学んだ後帰国し、1977年から1980年まで、バマコの師範学校で教鞭をとっていました。ところが、当時はムーサ・トラオレ(“トラオレ”はマリではポピュラーな姓で、ディオンクンダとは血縁・姻戚関係にはありません)による軍事独裁政権の時代で、ディオンクンダも非合法の組合活動にかかわった容疑で逮捕され、北部のメナカに左遷され、国立技術学校の校長という閑職に追いやられました。

 これを機に、ディオンクンダは本格的に反ムーサの民主化運動にも参加。マリ民主同盟(ADEMA)の創設メンバーなり、1991年3月の民衆蜂起とそれに続く軍事クーデターでムーサ政権が崩壊し、民主化運動の旗手であったアマドゥ・トゥマニ・トゥーレが暫定大統領に就任すると、第2副大統領として政権の中枢メンバーとなりました。

 翌1992年に行われた大統領選挙は、ムーサ・トラオレ政権下でスポーツ文化相を務めた後、ムーサと太一るして民主化運動に身を投じたアルファ・ウマル・コナレが当選すると、ディオンクンダは公共事業・労働・機構改革担当大臣に就任。その後、1993年4月に国防大臣、1994年10月に外務大臣に就任するなど、政権中秋の要職を歴任しました。また、1994年9月には、与党ADEMAの副党首に就任しています。

 1997年の国会議員選挙ではナラ選挙区から選出され、ADEMAの院内総務となりましたが、同年8月、外相就任に伴い議員を辞職。2000年の選挙では、まさかの落選という苦杯をなめましたが、2007年7月の選挙で当選を果たし、同年9月、国民議会の議長に選出されました。

 2012年3月のクーデター後は、一時、避難のため出国していましたが、4月7日に帰国。4月12日に暫定大統領に就任し、現在にいたるというわけです。

 さて、今年に入ってからのフランスの軍事介入以来、わが国でもマリ情勢に関する報道が目につくようになってきました。そこで、4月下旬をめどに、『マリ近現代史』(仮題)と題する書籍を刊行すべく、現在、鋭意制作作業を進めています。正式なタイトルや価格などが決まりましたら、随時、このブログでもご案内していきますので、よろしくお願いいたします。


 【世界切手展BRASILIANA 2013の出品について】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。出品の国内受付期間は昨日(14日)で終了しましたが、出品をお考えの方で、まだ書類をお送りいただいていない方は、至急、内藤までご連絡ください。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。なお、現時点でお申込みいただいている出品の件数は、伝統1、郵便史1、テーマティク5、文献4です。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | マリ共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ロシアの隕石
2013-02-15 Fri 18:29
 ロシア中部で、けさ(15日午前)、隕石とみられる物体が落下し、ウラル地方のチェラビンスク州からカザフスタンにかけての広い範囲で、窓ガラスが割れるなどの被害が出たほか、400人以上が負傷したそうです。というわけで、“ロシアの隕石”と言えば、やはりこの切手でしょうか。(画像はクリックで拡大されます)

        ツングースカ大爆発50年

 これは、1958年にソ連が発行したツングースカ大爆発50年の記念切手で、切手には隕石を意味するロシア語の“МЕТЕОРИТА”の語も入っており、この切手が発行された時点では、ソ連当局はツングースカ爆発が隕石によるものと考えていたことがわかります。なお、切手に描かれている人物は、現地調査を行った天文学者レオニード・クーリックです。

 ツングースカ大爆発は、1908年6月30日、中央シベリア・エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現クラスノヤルスク地方)の上空で起こった爆発で、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、1000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたといわれています。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できたほか、イルクーツクでは、衝撃による地震も観測されました。ただし、爆発が起きた場所は非常な僻地であったため、死者は報告されていません。

 爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されていることから、爆発は何らかの物体(破壊規模からして大きさは最小3m、最大70mと推定されています)が地球に落下したことによるものであるのは確実なのですが、いわゆる隕石の痕跡が発見されていないことから、何が落下してきたのかは現在でも諸説があり、結論は出ていません。

 爆発事故が起きたのは、帝政末期で日露戦争の終戦から間もない時期でもあったため、現地調査はしばらく行われず、ロシア革命後、ボリシェヴィキ政権下の1921年になって、ようやく、レオニード・クーリックを中心とする調査団による最初の現地調査が行われました。なお、クーリックはその後もツングースカ大爆発についての調査を重ね、計4度の現地調査を行っています。

 ちなみに、今回、落下した物体についても、現時点では“隕石とみられる物体”として報じられていますが、今後、調査が進めば、小惑星など、隕石以外の何かということになるかもしれません。


 【世界切手展BRASILIANA 2013の出品について】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。出品の国内受付期間は昨日(14日)で終了しましたが、出品をお考えの方で、まだ書類をお送りいただいていない方は、至急、内藤までご連絡ください。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。なお、現時点でお申込みいただいている出品の件数は、伝統1、郵便史1、テーマティク5、文献4です。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ソ連:フルシチョフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ふんどしの日
2013-02-14 Thu 13:43
 きょう(14日)は、2と14で“ふんどし”と読む語呂合わせから、日本ふんどし協会(2011年12月14日設立)が制定した“ふんどしの日”です。というわけで、昨年同様、“ふんどしの日”を祝して、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      遣明船     遣明船(拡大)

 これは、1975年8月30日に発行された「船シリーズ」第1集のうち“遣明船”を取り上げた1枚です。

 船シリーズの発行にあたって、当時、郵政省の切手室長だった深海司朗は「切手の魅力を知りつくしている大人の収集家に喜んでもらおうと考えていました」として、そのために、原画の制作には、省内の技芸官ではなく、TEM研究所を採用し、緻密なデザインを精巧な凹版彫刻で再現するという手法が採用されました。その際、切手の出来栄えをアピールするための具体例として、深海は、今回ご紹介の切手については「船員の褌まできっちりと描きこまれている」ことを挙げています。日本切手の歴史上、郵政当局が切手に描かれた褌に言及したのは、おそらく、これが最初ではないかと思います。

 切手に描かれた遣明船は、室町時代を代表する船で、いわゆる勘合貿易のための貿易船でした。船型、構造、艤装のいずれも中国の技術に影響されない、日本独自のもので、幅広い棚板(外板)、多数の船梁、舷外の櫓床、舵などには、その後の和船形式の典型とされる特徴を備えています。船の大きさは、1466年の例で見ると、大半が1000石積以上で、大きなものでは2500石積に及んでいます。

 切手は、「真如堂縁起絵巻」などを元に、TEM研究所の村山麗子を中心に原画が作られました。船尾を中心としたデザインとなっているのは、原画制作の主たる資料として用いられた「真如堂縁起絵巻」では選手の部分の構造がはっきりとは分からないためで、同時に連刷で発行された遣唐使船の船体の向きとのバランスも考慮された結果といわれています。なお、原版彫刻者は相沢尚生でした。

 さて、切手の褌ですが、一件、六尺褌のようにも見えますが、歴史的に見ると、六尺褌は木綿が普及した江戸時代以降のものですので、室町時代の絵ということであれば、麻の割褌と考えるのが妥当でしょう。

 割褌は、長さ150~160cm幅30~40cm程度の布を使用し、片一方の布端を約55~60cm程真中から切って、切った部分を腰に巻く方式の褌で、室町時代にも使われていましたが、江戸時代に入って六尺褌が普及すると次第に衰退しました。

 さて、相撲のまわしまで含めると、ふんどし姿の男性を描く切手はいろいろとあります。やはり日本男児たるもの、来年も2月14日にはそうした切手をご紹介しなければなりませんな。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1972~1979 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
 レスリング、五輪から除外か
2013-02-13 Wed 10:04
 きのう(12日)、国際オリンピック委員会(IOC)の理事会がスイスのローザンヌで開かれ、昨夏のロンドン五輪で実施された26競技のうち、2020年の夏季五輪でも確実に行われる25の中核競技を決定しましたが、その中から、第1回大会からおこなわれてきたレスリングが除外されることになり、波紋を呼んでいます。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        アテネ五輪(1896)・レスリング

 これは、1896年にアテネで開かれた第1回近代五輪に際してギリシャが発行した記念切手12種のうち、レスリングを描く2レプタ切手です。切手は、大会の開催資金を捻出するために発行され、その収益はじっさいに会場建設費の一部に充てられています。ただし、売上げは期待されたほどではなく、高額切手の多くは半数以上が売れ残ったため、そのうちの5種は後に改値加刷を施して再発行されました。

 アテネ五輪の記念切手は、いずれも、フランス政府印刷局によって印刷され、12種のデザインの内訳は、レスリング(1及び2レプタ)、ミュロンの“円盤投げ”(5および10レプタ)、アテナイの女神を描く花瓶(20および40レプタ)、戦車競技(25および60レプタ)、アクロポリスの丘と競技場(1ドラクマ)、プラクシテレスの“ヘルメス”(2ドラクマ)、パエオニウスの“勝利の女神”(5ドラクマ)、アクロポリスとパルテノン神殿(10ドラクマ)となっています。

 これを見ると、“近代五輪”とはいいながら、古代ギリシャのイメージが濃厚ですが、切手に取り上げられたレスリングと円盤投げは近代五輪でも第1回のアテネ大会以来、昨年のロンドン大会まで欠かさず実施されてきた競技であり、いわば、時代を超えて五輪を象徴する競技の一つといってよいでしょう。ちなみに、今回の理事会では、円盤投が中核競技から外されたということはないようです。

 さて、今後の五輪でのレスリングの扱いですが、次回、2016年のリオデジャネイロ大会では従来通り正式競技として行われるものの、2020年の大会に関しては、月にロシア・サンクトペテルブルクで開催のIOC理事会で復活を目指す野球・ソフトボールや空手など他の7競技とともに絞り込みを行い、最終的に9月の総会で2020年の大会で追加実施される1競技に選ばれるかどうか、ということになっています。

 まぁ、競技数の制限があるのでいずれかの競技が外れなければならないとはいえ、第1回からの伝統競技で日本人選手の活躍も期待できる種目、さらには、女子王者の吉田沙保里選手が2020年の大会を東京に招致するための日本の顔として活動をしているだけに、なんとかならないのか、というのが僕を含めて多くの日本人の率直な気持ちではないでしょうかね。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ギリシャ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 北朝鮮が3度目の核実験
2013-02-12 Tue 22:45
 北朝鮮が、きょう(12日)、3回目の核実験を行いました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        北朝鮮・反核2010

 これは、2010年に北朝鮮が発行したプロパガンダ切手の1枚で、中朝両国が団結して核武装した“米帝”に対抗しようとの趣旨の宣伝画が取り上げられています。

 今回の核実験に関して、北朝鮮外務省の報道官は、「今回の核実験は我々が最大限の自制をもってとった最初の対応にすぎない」とした上で、「もし米国が敵視を続け、状況を複雑にするようであれば、より強力な第二、第三の対応を連続的に取らざるを得ない」との声明を発表。自分たちの核実験は、あくまでも米国の敵視政策に対する自衛の行動であるとの姿勢を強調しています。今回ご紹介の切手は2005年に北朝鮮自身が公式に核兵器保有宣言をした後に発行されたものですから、米国の核は悪い核、自分たちの核は良い核というロジックは一貫しているわけですな。

 一方、中国外務省は、今回の北朝鮮の核実験に対して、「北朝鮮は国際社会の反対を顧みず、再び核実験を実施した。中国政府は断固とした反対を表明する」「非核化の約束を守り、再び事態を悪化させるような行動を取らないよう強く促す」との声明を発表するとともに、楊潔チ(チは竹かんむりに褫のつくり)外相が北朝鮮の池在竜中国大使を外務省に呼び、核実験について厳重に抗議したそうです。北朝鮮が先月、核実験実施の意欲を表明して以来、中国は公式の場で北朝鮮を含む各国に繰り返し慎重な対応を求めていただけに、メンツを完全につぶされた格好ですな。

 もっとも、中国は現在なお北朝鮮に対する“ヤミ支援”を継続し、北朝鮮を自らの拠点として温存しようとしているわけですし、米国も、将来的に中朝関係が悪化すれば、北朝鮮の核は中国の喉元を牽制する有効な手段となりうるという観点から、北朝鮮が核保有国であるという現実を事実上追認しているのが実情です。したがって、今回の核実験に関しても、当面は国際世論は北朝鮮を非難するでしょうが、いつの間にか有耶無耶になってしまうといういつものパターンではないかという懸念がぬぐえません。

 かつての中ソ対立の時代には、北朝鮮は対立する両大国との“等距離外交”を展開することでしたたかに生き残ってきました。あらゆる意味で金日成時代への回帰を志向している(ように僕には見える)現指導部としては、その応用として、今度は、米中双方の対立する思惑を最大限に活用しようと考えるのが自然な発想なわけで、そのためにも、核兵器がその最大の切り札となっているのはいうまでもありません。

 いずれにせよ、イラクのサダム・フセインやリビアのカダフィの政権が崩壊する一方で、核武装を果たした北朝鮮やパキスタンが核保有を理由に体制崩壊に追い込まれたわけではないという現実の前には、「核兵器を持たない独裁国家が欧米と対立した場合にその存続が危うくなるのに対して、いちど核兵器を持ってしまえば欧米といえどもそれを排除できない。それゆえ、政権安定のためには何が何でも核武装をすべきである」というテーゼは、ますます、真実味を持って語られることになるでしょう。

 核兵器のない世界という理想論は、理念としては御立派なものなのでしょうが、どうやら、現実の世界はそれとは逆の方向に向かいつつあるのではないかと僕は思っています。そうであるなら、わが国も、現実に核武装するか否かはともかく、その気になれば(少なくとも技術的には)すぐにでも核武装が可能であることを内外に示しておく必要があるはずです。その点からも、中国や北朝鮮の核兵器に対してはほとんど批判をしないまま、沖縄へのオスプレイ配備反対を唱え、“反原発”のお祭り騒ぎに興じている人たちに対しては、どうにも胡散臭さを感じずにはいられませんな。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 北朝鮮:金正日時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 建国記念の日
2013-02-11 Mon 21:50
 きょう(11日)は建国記念の日です。というわけで、ストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        霧島神宮

 これは、1940年8月21日に発行された「霧島国立公園」の切手のうち、霧島神宮を描く10銭切手です。

 霧島神宮は、建国神話に登場するニニギを主祭神とする神社で、伝承によれば6世紀の欽明天皇の時代、慶胤という僧侶が高千穂峰と火常峰の間に社殿を建立したのが始まりとされいます。火山のふもとにあることからたびたび炎上していますが、現在の社殿は、1715年に再建されたものです。今回ご紹介の切手は、紀元2600年にあたる1940年の発行ということもあって、建国神話にゆかりの深い神宮参道の一の鳥居が大きく取り上げられたのでしょう。

 さて、以前の記事にも書きましたが、天孫降臨や神武東征などの記紀神話は、それがそのまま歴史的事実であるとは考えられません。ただし、そういうレベルでいえば、『聖書』の記述なんかも歴史的事実としては認めがたいわけで、欧米のキリスト教世界で(信じるか信じないかは別の問題として)『聖書』の物語をたしなみとして国民に教えているのであれば、わが国でも民族の物語としての記紀神話を日本人の大半が常識として共有しているのが本来の姿でしょう。

 したがって、僕に言わせれば、歴史の授業ではなく、国語の授業で、小学生のうちから徹底的に記紀神話を教え込むべきだと思うのですが、そういうことを言うと、左巻きの人たちは「戦前の皇国史観が大日本帝国の侵略戦争を支える役割を果たした」などと主張して反対するんでしょうな。

 いずれにせよ、今年は伊勢神宮と出雲大社の遷宮が行われるということもありますので、これを機に、日本の建国神話についても関心が高まってほしいものです。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:公園 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 春節愉快 万事如意
2013-02-10 Sun 10:24
 きょう(10日)は春節です。というわけで、巳年の正式なスタートですから、ストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        南ア・年賀(2001)

 これは、2001年2月1日、前回の巳年用の年賀切手として南アフリカ(以下、南ア)が発行した小型シートで、ブームスラング(Dispholidus typus)が取り上げられています。

 ブームスラングはサハラ砂漠を除くアフリカ大陸に住む全長100-180センチほどのヘビで、名前はオランダ語ないしはアフリカーンス語で“木のヘビ”という意味です。なお、切手にはアフリカーンス語を直訳した英語の“Tree Snake”と表示されていますが、一般に、英語で“Tree Snake”というと、別のヘビを指すようです。

 ブームスラングは、目は非常に大型で前方にあるのが特色で、名前の通り、樹上性です。咬まれると成人男性でも命を落とすほどの猛毒を持っていますが、性質が温和なため、こちらから手を出さない限り、攻撃を仕掛けてくる可能性は低いとされています。

 さて、南アでは1996年5月に北京で開催されたアジア国際切手展に合わせて、同年の干支であるネズミの小型シートを発行したのを皮切りに、毎年、その年の干支の動物を取り上げた小型シートを発行しています。ただし、初期の段階では、1996年のモノがそうであったように、必ずしも年賀切手ということではなく、アジア切手展などのイベントに合わせて干支の動物切手を発行するということもありました。今回ご紹介の2001年に関しては、2月1日から5日の日程で開催された香港でのアジア切手展に合わせて発行されたため、結果的に、年賀切手を兼ねています。

 さて、南アで干支を題材とした切手が発行されているのは、現在の南ア社会において中国系が社会的に少なからぬ影響力を持っているためです。

 南アにおける中国系コミュニティは、19世紀後半、ヨハネスブルグ周辺でのゴールド・ラッシュの時代に華人労働者が渡ってきたのが起源です。アパルトヘイトの時代、反共を国是としていた南ア政府は北京政府ではなく台湾と国交を維持し、台湾人は日本人とともに“名誉白人”の扱いでした。このため、南ア政府は台湾との長年の外交関係を維持したまま、北京政府との国交を樹立する“二重承認”を模索していました。

 ところが、1997年の“香港返還”を前に、北京政府は、外交関係のない国には返還後の香港総領事館設置を認めないとの方針を打ち出し、南アに対して国交樹立を強く迫ります。この結果、1998年1月1日付で、南アは北京政府と国交を樹立し、台湾と断交せざるを得なくなりました。香港返還前年の1996年、北京で開催のアジア切手展というタイミングに合わせて、南アで最初の干支の切手が発行されたのも、こうした時代背景によるものと考えてよいでしょう。
 
 一方、1980年代初頭に1万人程度だった南アの中華系コミュニティは、北京政府との国交樹立以降、福建省出身者を中心とする“新移民”が大量に流入。不法移民を含まない統計上の数字だけでも、南ア国内には約40万人の中国系が居住し、ヨハネスブルク近郊のシリルデーンには、南ア最大の華人街が作られるほどになりました。ちなみに、南アの総人口は5000万人前後で、旧宗主国の英国旅券を持つ者は25万人ほどですから、中国系はそれをはるかに圧倒しています。

 なお、拙著『喜望峰』では、南アとその近現代史について切手や絵葉書などをご紹介しながらまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 南アフリカ共和国 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 スケボーでスピード違反
2013-02-09 Sat 10:42
 南アフリカの有名スケートボーダー、デシオ・ロレンソが、ケープタウン市内クルーフ・ネックの公道で、制限時速60キロのところを110キロで滑走。その模様を撮影したヴィデオがユー・テューブで人気を集めるとともに、ロレンソは危険運転で逮捕される可能性もあることが明らかになりました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        クルーフ・ネックからのキャンプス・ベイ

 これは、南アフリカ連邦(以下、南ア)で発行された観光宣伝葉書の1枚で、ケープ・タウン郊外のキャンプス・ベイを取り上げた1枚です。キャンプス・ベイは南アを代表する観光地ですので、絵葉書などにもさまざまな構図で取り上げられていますが、そのうちの定番ネタの一つともいうべきなのが、今回ご紹介の葉書に取り上げられているクルーフ・ネックから見下ろした構図です。

 クルーフ・ネクはケープタウン市内からテーブルマウンテンを越えて大西洋岸にいたる道路としては最も早い時期に建設された道路で、テーブルマウンテンへのケーブルウェイ乗り場があるほか、ビーチやライオンズヘッドの景観が楽しめる場所としても知られており、観光客も少なからず訪れる場所です。ケープタウンでも最も傾斜がきつい道路の1つでもあることから、以前、交通を封鎖した上でスケートボードの大会に使われたこともあります。

 今回問題となったロレンソのビデオでは、幸い、彼の滑走が事故を引き起こしたわけではないようですが、制限時速60キロの急な坂道を50キロオーバーで下っていくというのは、どう考えても危険きわまりない行為ですからねぇ。彼自身が激突するなり、カーブを曲がりきれずに道から落下して死んだとしても自業自得ですが、無謀なスケートボーダーをよけようとして善良なドライバーが事故に遭ったりしたらと思うとぞっとします。こういう輩はユーテューブのアクセスが多いと自分がヒーローになったものと勘違いするのが常ですから、ぜひとも、南ア当局はきっちり彼を逮捕して、しっかりとお灸をすえていただきたいものですな。

 ちなみに、今回ご紹介の葉書には1952年のケープタウンの機会印が押されていますが、その標語部分が英語とアフリカーンス語“道路の安全はあなた次第”となっています。ロレンソや彼をもてはやす人たち、標語の意味がわからないとわ言わせませんよ。

 なお、ケープタウンとその近郊については、拙著『喜望峰』でもいろいろとご紹介しております。機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 南アフリカ連邦 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
 ソチ五輪まであと1年
2013-02-08 Fri 12:03
 2014年2月7日にロシアのソチで行われる冬季五輪の開会式まで1年となったことをうけ、昨日(7日)、ソチの五輪公園ではプーチン大統領や国際オリンピック委員会のロゲ会長らが出席し、記念式典が行われたそうです。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ソチ150年

 これは、1988年にソ連で発行されたソチ150年記念の切手つき封筒にソチ150年の記念切手を貼り、ソチからムルマンスク宛に差し出された書留便です。印面などに描かれている建物は、ソチのランドマークとなっている中央駅の時計塔です。

 2014年冬季五輪の開催地となったソチは、黒海に面し、アブハジアとの国境に近い位置にあります。この地域がロシア領に編入されたのは1829年のことで、1838年、ソチ川の河口にアレキサンドリア要塞が建設されたのが、都市としての始まりとされています。

 ソ連時代の1923年、観光客・療養者目的の鉄道が開通。スターリンのお気に入りの避暑地として政府要人の別荘が置かれたほか、一般向けの保養地としての開発も進み、多くのホテルが建設され、ロシア最大のリゾート地に成長しました。ちなみに、スポーツ施設も整っており、かのシャラポアはこの地のテニススクールで修業を積んだそうです。

 ところで、ソチを含むコーカサス地方は、民族や言語が複雑に入り組んでいて、切手や郵便史の面でもいろいろと興味深いマテリアルが少なからずあります。その一部は、先日のヨーロッパ切手展でも展示作品としてまとめてみました。まだまだ発展途上の未熟なコレクションですが、近々刊行予定の同展の作品集(詳細についてはこちらをご覧ください)にも掲載されるということですので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ソ連:ゴルバチョフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 あすからJTPC展です
2013-02-07 Thu 14:40
 あす(8日)から10日まで、東京・目白の切手の博物館で第4回テーマティク出品者の会(JTPC:Japan Thematic Philatelists Club)の切手展が行われます。今回は、電気通信(ダイヴィング)を題材とした作品を御出品の勝井明憲さんの御尽力で、会期中の8・9日はケーブルを描いた下のデザインのような小型印が使用されます。(画像はクリックで拡大されます)

        テーマティク出品者の会小型印(2013)

 というわけで、きょうは、勝井さんの御尽力に敬意を表するとともに、開催のご挨拶を兼ねて、ケーブルを取り上げたこんな切手を持ってきました。

        太平洋横断ケーブル

 これは、1964年6月19日に発行された「太平洋横断ケーブル開通」の記念切手で、図案は、ケーブルの断面にケーブルのルートを示す地図を配したものです。切手に描かれているケーブルは、一条式無鎧装海底同軸ケーブルと呼ばれるもので、直径は、3.2センチ。41本の撚鋼線を中心に、内側から、鋼被覆(内部導体)・ポリエチレン(絶縁層)・銅テープ(外部導体)・黒色ポリエチレンの順に覆われています。

 東京オリンピックの開催に合わせて、日米間の電話回線の混雑を緩和するため、太平洋横断ケーブルを建設しようという計画は、1959年から日米間で交渉と研究が進められていましたが、1960年4月に具体化され、1961年4月から海上保安庁の測量線(拓洋)が線路確定のための海底調査が始められました。この結果、二宮(神奈川県)からグァム、ウェーク、ミッドウェイを経てハワイを結ぶ9900キロをつなぎ、既設のハワイ=サンフランシスコ線(3960キロ)につなぐ総延長1万3923キロのルートが最適との結論が下されます。

 これを受けて、1962年2月、ニューヨークのアメリカ電信電話会社(ATT)とハワイ電話会社(HTC)、そしてわが国の国際電信電話会社(KDD、当時)の間で、「太平洋ケーブルの建設、保守に関する協定」が正式に調印されました。

 こうして、1964年1月、まず、グァム=ハワイ線の海底ケーブル敷設作業が開始され、同年5月3日、最終区間として二宮=グァム間での工事が着工となりました。二宮=グァム間の工事は5月14日に完了し、翌15日にはグァムでケーブルの接続作業が行われました。

 その後、日米間での試験運用を経て、6月19日、帝国ホテルとホワイトハウス、イオラニ・パレス・ホテル(ハワイ)の3ヶ所を結んで、横断ケーブルの開通式が行われ、首相の池田勇人とアメリカ大統領のリンドン・ジョンソンが記念のメッセージを交換しています。

 太平洋横断ケーブルの敷設は、郵政省所管の電信事業にとって重要な意味を持っていたために、開通にあわせて記念切手を発行することは、工事の早い段階から計画されていたようです。もっとも、当初、開通の記念式典は1964年7月1日の予定でしたが、予想以上に工事が順調に進んだことから、式典の日程も6月19日に繰り上げられ、記念切手の発行もそれに合わせて繰上げとなりました。

 切手のデザインに関しては、当時、年配の収集家の間では、ケーブルの断面図を菊花紋章に見立てて、明治銀婚菊切手を連想した人が多かったようです。また、ケーブルの外側が地図の部分と重なって破損しているように見えるのは、開通記念の切手としては縁起でもないという批判の声も上がっています。

 ところで、今回のブログの記事を書くので、切手に描かれた日本地図を改めてチェックしてみたところ、樺太(ロシア名サハリン)は描かれていますが、沖縄や千島列島は描かれていないことに気が付きました。(下の図です)

        太平洋横断ケーブル(日本地図部分)

 まぁ、縮尺的に、竹島や尖閣を表示することは難しかったかもしれませんが、沖縄本島や国後・択捉などは描きこむことも十分に可能だったように思います。国後・択捉に関しては日本郵便の“日”の字に重なるということもあるかもしれませんが、年号の“6”部分にはケーブルのルートを示す地図の一部が重なっているのですから、やはり、日本政府が発行する切手としては、自国の領土についてはきちんと表示するのが筋でしょう。ソ連(当時)による北方領土不法占拠の非を責めるのであれば、なおさらです。

 領土問題に関しては、可能な限りの機会をとらえて、国際社会に対して、きちんと自国の主張を発信していかないと、領有権を放棄したとの誤解を与えかねません。どうにも、困った話ですな。きょう(7日)は“北方領土の日”でもありますので、余計に気になりました。

 さて、JTPCは、テーマティクならびにオープン・クラスでの競争展への出品を目指す収集家の集まりで、毎年、全国規模の切手展が開催される際には作品の合評会を行うほか、年に1度、切手展出品のリハーサルないしは活動成果の報告を兼ねて会としての切手展を開催しています。今回の展覧会は、昨年に続き4回目の開催で、会場では、フレーム切手等も販売します。会期は10日までで、9日(土曜日)の午後3時頃からは、展示作品の解説も行います。入場は無料ですので、ぜひ、遊びに来てください。

 *本日未明、カウンターが117万PVを越えました。いつも閲覧していただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
  

 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1961~1966 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ソロモン諸島でM8.0の大地震
2013-02-06 Wed 18:21
 きょう(日本時間6日)午前10時12分、太平洋の島国ソロモン諸島のサンタクルーズ諸島近くでマグニチュード8.0の大きな地震が発生。というわけで、きょうはソロモン諸島の切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

        ソロモン諸島・ラージカヌー

 これは、1907年に発行された英領ソロモン諸島最初の切手です。

 1893年に英領となったソロモン諸島には、1896年に弁務官としてチャールズ・モリス・ウッドフォードがツラギに派遣されましたが、当初、この地域では近代郵便は実施されておらず、外部との通信は幸便に託され、オーストラリアに持ち込まれた後に、持ち込んだ人が差出人から預かったお金で切手を購入して投函するという形式が取られていました。
 
 このため、ウッドフォードはニューサウスウェールズ切手を持ち込んで欧米系の住民に販売。ニューサウスウェールズ切手を貼った郵便物はツラギに集められ、一括してシドニー郵便局長宛に送られ、シドニーで消印された後宛先地に届けるという方式が採用されます。

 ウッドフォードは、ソロモン諸島独自の切手発行を目指して、1903年、フィジー駐在のイギリス太平洋地域の高等弁務官ヘンリー・ジャクソンに対して、ニュー・ヘブリデスギルバート&エリスの先例に倣い、フィジー切手に“Solomon Islands”と加刷した切手をソロモン諸島でも使用したいと申し出ましたが、却下されてしまいました。ただし、1906年になると、ツラギでのニューサウスウェールズ切手の販売は停止され、代わりに、“BRITISH SOLOMON ISLANDS PAID”と表示された印が使用されるようになります。この印が押された郵便物は、シドニー以遠の料金相当の小切手とともに一括してシドニーに送られ、シドニーでニューサウスウェールズ切手を貼り、宛先地へ届けられるようになりました。

 翌1907年9月、英領ソロモン諸島がUPUに加盟を認められると、こうした方式は廃止され、ソロモン諸島独自の切手が発行されることになります。このため、ウッドフォードはシドニーのW.E.スミス社に切手の製造を委託。こうして作られたのが、今回ご紹介の切手です。なお、翌1908年には、同じデザインで印面を若干縮小したトマス・デ・ラ・ルー社製の切手が発行されましたので、シドニーで作られた切手は“ラージ・カヌー”、デ・ラ・ルー社の切手は“スモール・カヌー”と呼ばれています。

 さて、今回のソロモン諸島の地震に関しては、気象庁が北海道から沖縄にかけての太平洋沿岸に津波注意報が出し、警戒を呼び掛けています。当該地域の皆様は、十分にご注意ください。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ソロモン諸島 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手に描かれたソウル:江西大墓壁画
2013-02-05 Tue 11:06
 ご報告が遅くなりましたが、『東洋経済日報』1月25日号が刊行されました。僕の月1連載「切手に描かれたソウル」では、今回はともかくも今年最初の掲載ということで、干支にちなみ、江西大墓四神図のうち、玄武の図を取り上げました。その記事の中から、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        江西大墓・玄武

 これは、1975年に北朝鮮が発行した江西大墓四神図のうちの玄武を取り上げた切手です。残念ながら、韓国では江西大墓の玄武を取り上げた切手は発行されていないので、今回は次善の策として北朝鮮切手の中からのご紹介です。

 古代王朝の高句麗 (紀元前37-紀元後668年)は、鴨緑江中流で建国され、おおむね、現在の中国東北部(満洲)の南部から朝鮮半島中部までを支配し、最盛期には朝鮮半島の大部分を版図としていました。

 西暦5世紀から滅亡までは平壌を王都としていたこともあって、現在の北朝鮮の平壌市と南浦市の周辺には高句麗後期の遺跡も多く、それらは、“高句麗古墳群”として2004年には中国東北部の“高句麗前期の都城と古墳”とともにユネスコの世界遺産に登録されています。

 このうち、高句麗墓壁画の最高峰とされているのが、南浦市にある江西大墓の壁画です。

 江西大墓は、平壌から車で1時間半の平安南道江西郡にあり、これに寄り添うように並ぶ中墓と小墓をあわせて江西三墓と総称されることもあります。大墓は直径51mの大型円墳で、 玄室は一辺3.1mの花崗岩を積み上げた正方形で、590年に没した平原王が埋葬されていたと考えられています。

 壁画は石の表面に直接描かれ、漆喰は用いられていません。このうち、四神図は東西南北の壁一面に、写実性の高い描写で大きくダイナミックに描かれており、高句麗後期絵画の傑作として有名です。わが国でキトラ古墳が発見された時には、両者の壁画の類似性から、一時期、日本のマスコミでもさかんに紹介されましたので、ご記憶の方も多いでしょう。

 さて、江西大墓の壁画が文化遺産として広く人々に知られるようになったのは、旧大韓帝国時代の1900年頃のことで、日本統治時代の1912年から本格的な内部調査と壁画の模写制作が行われました。

 この模写図は、現在、ソウルの国立中央博物館に収蔵されており、脚の長い亀にヘビが巻きついた姿の玄武の図も見ることができます。“切手に描かれたソウル”という連載の趣旨としては、まぁ、ぎりぎりセーフというところでしょうか。

 なお、朝鮮総督府博物館からの依頼を受けて模写を担当した東京美術学校の小場恒吉と太田福蔵は、当時の壁画の状態を忠実に(すなわち、損傷しているところは損傷した状態のまま)に、実物大の模写図を制作しました。この結果、模写図は、芸術性のみならず史料的な価値も非常に高いものとなっています。

 現在、北朝鮮国内にあるオリジナルの古墳壁画の劣化は相当に深刻化しているそうです。そういう話を聞くと、壁画の正確かつ緻密な模写をソウルにも残してくれた2人の日本人画家のことは、韓国の人たちにももっと知られていても良いと思うのですが…。

 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 北朝鮮:金日成時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ユーゴスラビア消滅10年
2013-02-04 Mon 15:38
 2003年2月4日に旧ユーゴスラビアが緩やかな国家連合としてのセルヴィア・モンテネグロに改組され、“ユーゴスラヴィア”が地上から消滅して、今日でちょうど10年です。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        セルビア・モンテネグロ最初の切手

 これは、2003年に発行された“セルビア・モンテネグロ(セルビア語でSrbija i Crna Gora)”表示の最初の切手です。

 第二次大戦後、ティトーが建国したユーゴスラビア社会主義連邦共和国は、ティトーの存命中は彼のカリスマ性と強権支配により国家としての統一が維持されていましたが、1980年にティトーが亡くなると各地から不満が噴出した。まずは、コソヴォで独立を求める運動が起こります。

 1989年の東欧革命により、ユーゴスラビアでも共産党の一党独裁体制が崩壊し、1990年には自由選挙が実施されました。その結果、連邦を構成していた各共和国にはいずれも民族色の強い政権が誕生。 1991年6月にはスロベニアとクロアチアが連邦からの独立を宣言。セルビアが主導する連邦軍とスロベニアとの間に10日間戦争、クロアチアとの間にクロアチア紛争が勃発し、ユーゴスラビア紛争が始まりました。

 さらに、1992年3月、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立を宣言すると、独立に反対するセルビア人と独立賛成派のクロアチア人・ボシュニャク人(ムスリム人)の対立が軍事衝突に発展。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が起こります。ボスニア・ヘルツェゴビナにはセルビア人とクロアチア人も相当数居住していたため、セルビア、クロアチア両国が介入し、ボスニア紛争は泥沼化しました。こうした状況の下、1992年4月28日、連邦に留まっていたセルビアとモンテネグロは、人民民主主義・社会主義を放棄した“ユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)”の設立を宣言しています。

 クロアチア紛争とボスニア紛争は1995年に終結しましたが、1998年にはアルバニア人が多く住んでいるコソボ自治州で独立強硬派のコソボ解放軍(KLA)とセルビア治安部隊との間に武力衝突が発生。これにユーゴ連邦軍が介入し、コソボ紛争が本格化します。紛争は、1999年5月にG8外相間で合意された和平案をもとに、同年6月10日、国連安保理決議1244が採択されて終結。セルビア人部隊は撤退し、コソボは国連コソヴォ暫定行政ミッション(UNMIK)の統治下、すなわち、“独立国ではない”ものの“特定国家の実効支配下にない”という微妙な立場におかれることになりました。

 一方、新ユーゴ内でも、多数派を占めるセルビアが議会・政府をコントロールすることや、セルビアと連邦を構成したことにより、各種の紛争でセルビアとともに国際社会から経済的・政治的制裁を受けるようになったことに対してモンテネグロの不満が鬱積。モンテネグロは独立を志向するようになりましたが、欧州連合(EU)は、セルビアとモンテネグロに対して3年間猶予期間の後、モンテネグロ独立の是非を問う国民投票を行うことを提案。これを受けて、新ユーゴは解体され、ゆるやかな共同国家としての“セルビア・モンテネグロ”に改組されました。今回ご紹介の切手がEUをデザイン化した内容と名会っているのはこのためです。

 結局、2006年5月23日に行われた国民投票では、モンテネグロの独立が認められ、同年6月3日、モンテネグロは連合を解消して独立を宣言。セルビア側およびEUもこれを承認したため、モンテネグロの独立が確定し、“セルビア・モンテネグロ”は3年間の短命国家に終わりました。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | セルビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 半世紀前の節分
2013-02-03 Sun 14:35
 きょうは節分です。というわけで、ストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        せつぶん

 これは、いまからちょうど半世紀前の1963年2月3日に発行された「季節の行事切手」第4集の“せつぶん”です。

 節分は、もともとは、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日をさしていましたが、旧暦の時代では“立春正月”といって、一年の始まりを立春付近に求めたことから、その前日の節分が、現在の大晦日と同じような感覚で重視されることになりました。

 立春の節分に豆をまく“豆まき”の行事は、中国から伝来した“追儺”がそのルーツです。追儺は、弓矢などで悪鬼、厄神などを追い払う行事で、文武天皇時代の706年に宮中で初めて行われました。これが、寺社で邪気を払うために行われていた“豆打ち”と融合して、現在のような節分の“豆まき”になったと考えられています。

 このほかにも、節分に際しては、魔よけのため鰯の頭を柊の小枝に刺して戸口に挿す風習や、恵方に向かって巻寿司を食べる風習などがあります。このうち、巻寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、主に関西地方で行われていました。それが、大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った“巻寿司のまるかぶり”の行事を、マスコミが取り上げ、それを見た全国の食品メーカーが便乗し全国へ広まったものです。

 さて、“せつぶん”の切手の原画は、大塚均によって1962年7月末に最初の3種類が作られました。この3点は、いずれも、子供の豆まきを題材としたものでしたが、服装がそれぞれ、稚児姿、和服、洋服となっていました。

 原画の完成後、大塚は早大演劇博物館長の河竹繁俊の紹介で、風俗研究家で画家の宮尾しげおに考証を求めます。宮尾は、大塚と郵政省の事務官・瀬川清に対して、①稚児の服装は本来は寺で供養等を行うときのものなので一般向けの和服姿のほうが良い、②男女の子供を描く場合には男の子だけが豆をまくようにしたほうが良い、などとアドバイス。これを受けて、8月中旬までに大塚は原画を書き直し、宮尾の校閲を経て、9月3日、洋服姿のものが切手として採用となりました。

 ちなみに、発行枚数は、1000万枚、初日印の指定局は、節分会で有名な成田山新勝寺にちなみ、成田局でした。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1961~1966 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 フランス大統領のマリ訪問
2013-02-02 Sat 15:04
 マリに軍事介入したフランス軍が、きのう(1日)までに、イスラム武装勢力の拠点だった北部の要衝キダルをほぼ制圧したことを受けて、きょう(2日)、フランスのオランダ大統領がファビウス外相とルドリアン国防相都ともにマリを訪問し、情勢を視察するほか、マリのトラオレ暫定大統領らと会談し、今後の情勢について協議するそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         ジスカールデスタン・マリ訪問

 これは、1977年にマリで発行されたジスカールデスタン・フランス大統領のマリ訪問の記念切手で、トンブクトゥの大モスクを背景に大統領の肖像が描かれています。

 1960年の独立以来、マリでは、1968年11月まで、スーダン同盟の総裁だったモディボ・ケイタ大統領の下、社会主義政策がとられてきました。しかし、経済失政もあって、1968年11月19日、ムーサ・トラオレによるクーデターが発生。ケイタは逮捕され、“国民解放軍事委員会(CMLN)”による暫定政府(軍事政権)が組織されました。

 トラオレ率いるCMLNは経済再建を最優先課題としていましたが、1970―74年の大旱魃により経済状況はさらに悪化。このため、CMLNは諸外国からの支援を得るため民政復帰を目指すことを宣言。1974年6月、民政復帰のための新憲法案についての国民投票が実施されます。この時の憲法案は一党制・大統領制を規定したもので、CMLNは賛成票は99%に達したと発表しましたが、実際にはCMLNの独裁体制に対する批判も根強く、政府批判のリーフレットなどが大量に配布されたこともあり、軍事政権は今後5年間は政権にとどまると宣言。民主化勢力を牽制しました。

 その後、1976年9月、政府は民政復帰の第1歩として“マリ人民民主同盟(UDPM)”を創設することを発表。翌1977年にはUDPM地方支部を設置を約束したほか、軍事委員会メンバーによる全国遊説などを行い、政治活動を緩和する姿勢を示しています。

 今回ご紹介の切手の題材となっているジスカールデスタンのマリ訪問は、こうした状況の下、1977年2月13日から15日まで行われたもので、CMLNの唱える“民主化”に対して、旧宗主国のフランスがお墨付きを与えたことの証左として大々的に宣伝されました。ちなみに、実際にUDPMの創立大会が開かれたのは、それからさらに2年後の1979年3月のことで、民政以降のための大統領・国会議員選挙が行われたのは同年6月のことです。

 さて、今回、マリを訪問するオランド大統領は、首都バマコでトラオレ暫定大統領と会談後、フランス軍主導の部隊が奪還したばかりのトンブクトゥを訪れる予定だそうです。1977年のジスカールデスタン大統領のトンブクトゥ訪問は(こう言っては失礼かもしれませんが)一種の物見遊山という雰囲気だったのでしょうが、今回は、まぁそういうわけにもいかないでしょうねぇ。いずれ、オランド大統領のマリ訪問を題材とした切手は出るのかもしれませんが。


 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | マリ共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 国庫の残金217ドル
2013-02-01 Fri 11:23
 経済的に破綻状態にあるアフリカ南部のジンバブエで、テンダイ・ビティ財務相が記者会見を行い、先週末の公務員給与を支払った後、国庫には米ドルで217ドルしか残らなかったことを明らかにしました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        ジンバブエ・米ドル表示

 これは、昨年(2012)、ジンバブエで発行された額面が米ドル表示の通常切手のうち、1ドル切手です。

 現在のジンバブエに相当する地域は、かつてイギリスの植民地支配下で南ローデシアと呼ばれていました。1960年代に入って黒人の独立運動が激しくなると、1965年、現地の植民地政府は白人中心のローデシア共和国として独立を宣言し、南アフリカ共和国のアパルトヘイトにならった人種差別政策を展開。これに対して黒人側はゲリラ活動で抵抗し、1980年、イギリスの調停により、ローデシア共和国を解消したうえで、あらためて独立国家ジンバブエが誕生しました。初代大統領はカナーン・バナナ、首相はロバート・ムガベです。

 首相に就任したムガベは、当初、黒人と白人の共存した国づくりを訴え、白人の土地を黒人に分け与える農地改革の実施も凍結。イアン・スミス元首相ら旧政権の白人指導者も逮捕されず、教育や医療に資金を充てたことで低い乳児死亡率とアフリカ最高の識字率を達成し、経済運営も順調でした。現在となっては信じられないことですが、独立当初のジンバブエ・ドル(ZWD)の対外レートは、米ドル1に対してZWD0・68と、ZWDの方が米ドルよりも価値が高かったほどです。

 ところが、1987年末、大統領に就任したムガベは次第に独裁傾向を強め、徐々に教育や医療の予算は削られ、一族による国費の濫費が目立つようになります。はたして、1990年には17%(年率。以下同)だったインフレ率は、1991年には一挙に48%にまで急上昇。その後、1993-97年には、インフレ率はおおむね20%で落ち着きますが、1998年には再び48%を記録。1999-2000年には50%台となりました。

 その背景には、1998年に勃発したコンゴ内戦がありました。1999年、ムガベは、コンゴ国内に一族の名義で所有していたダイヤモンド鉱山を守るとともに、コンゴでの新たな資源獲得を目指して、大規模な兵力を派遣しましたが、経済状況が悪化する中での大義なき戦争は、当然のことながら、国民の怨嗟の的になります。

 このため、対応を迫られたムガベは、2000年8月、白人の所有していた大農場を強制的に接収し、協同農場で働く黒人農民に分配し始めました。いわゆる“ファスト・トラック”政策です。この結果、白人の持っていた農業技術や農場経営のノウハウが失われ、ジンバブエの農業は壊滅状態に陥り、食糧危機が発生しました。インフレは加速され、2001年にはついにインフレ率132%を記録。以後、ZWDの価値はつるべ落としのごとく急落し、2004年にはインフレ率624%に到達します。

 国家経済の破綻に直面したジンバブエ準備銀行(中央銀行)は、2006年8月、1000旧ZWDを1第2ZWDとするデノミネーション(デノミ)を断行。米ドルに対する交換レートも1米ドル=101第2ZWDへと切り下げ、事実上の預金封鎖や暴力による交換の阻止などを行って、マネー・サプライの22%に相当する数十兆の旧ZWDを第2ZWDに交換させずに紙屑とするという荒療治に打って出ます。ちなみに、資産防衛の必要に迫られた人々が、手持ちの旧ZWDを使いきるために証券を買いあさったため、ジンバブエ証券取引所の株価指数は、2006年6月から2007年6月までの1年間で株価が3万9000%上昇するという異常なバブルとなりました。

 しかし、こうした荒療治を持ってしても、政府の根本的な経済政策が改まらない以上、物価は沈静化せず、2006年のインフレ率は1281%を記録。苛立つジンバブエ準備銀行は、インフレーションを“違法”と宣言。生活必需品の値上げが法律によって禁止され、製品を値上げしたとの理由で会社経営者が逮捕されるという前代未聞の出来事まで起こっています。もはや、ジンバブエにまともな経済政策が存在しなくなったことは誰の目にも明らかになり、2007年のインフレ率は6万6212%にまで跳ね上がりました。

 このため、2008年8月1日、100億第2ZWDを1第3ZWDとする再デノミが行われましたが、インフレはとどまるところを知らず、2008年のインフレ率は35万5000%を記録。日本でも話題となった100兆ZWD紙幣の登場は、この第3ZWDの時期のことです。

 その後、2009年2月2日には1兆第3ZWDを1第4ZWDとするデノミが行われましたが、第4ZWDの寿命も長くはないものと予想されたため、第4ZWDの導入に先立ち、ジンバブエ政府は、米ドルおよび南アフリカ・ランドでの国内決済を可能とし、公務員の2月分の給与を米ドルで支払いました。ついに、政府が自ら自国通貨での支払いをストップしたのです。

 以後、ジンバブエのハイパー・インフレは急速に終息していくのですが、同時に、このことは、ZWDという彼らの通貨が完全に壊死してしまったことの裏返しでしかないといえましょう。

 さて、ハイパー・インフレの進行に伴い、郵便料金も毎日のように値上げされ、それに伴い、新発行の切手の額面もうなぎ上りにつりあがっていきましたが、当然のことながら、度重なる料金の改定に新額面の切手の供給が追い付かず、また、多数の切手を貼らなければ葉書1通差し出せないという状況が続いていました。

 このため、2008年4月24日に発行された“ネズミの切手”を最後に、ジンバブエ郵政は額面数字の入った切手の発行を断念。切手には、額面数字の代わりに、国内向け料金を意味するZ、アフリカ諸国宛料金を意味するA、ヨーロッパ諸国宛料金を意味するE、その他諸国宛料金を意味するRの文字が表示され、日々の郵便料金に応じて切手を発売するという方式が採られるようになりました。

 当初、料金の精算は“X月X日のE切手は51万7000ZWD”といった具合に、ZWD建てとなっていましたが、政府がみずから実質的にZWDを放棄したことから、現在では米ドルないしは南アフリカランド建てとなりました。現在、ジンバブエ郵政のHPは閉鎖されてしまったようでアクセスできないのですが、2010年3月に僕がチェックした時には、2009年9月1日以降の郵便料金として、国内宛の郵便物の基本料金は米ドルで25セント、外国宛の郵便物に関しては、アフリカ諸国宛が米ドルで50セント、南アフリカ・ランドで5ランドとなっていました。

 その後も、ジンバブエ切手の額面はアルファベットでの略号表示になっていましたが、実質的に、ジンバブエの郵便局では米ドルでの決済が行われていたこともあって、2010年以降、米ドル表示の切手が発行されるようになりました。今回ご紹介の切手も、その1種というわけですが、現在の国家財政では、217枚しか買えないという感情ですな。
 
 なお、ジンバブエの経済状況については、拙著『事情のある国の切手ほど面白い』でもまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 
 【世界切手展BRASILIANA 2013・出品募集中】

 今年11月、ブラジル・リオデジャネイロで世界切手展 <BRASILIANA 2013> が開催される予定です。現在(国内での受付期間は14日まで)、僕が日本コミッショナーとして、その出品作品を募集しております。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ジンバブエ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/