内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:南アフリカ
2015-09-30 Wed 10:55
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年9月30日号が先週刊行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回は南アフリカの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ナタール・シャロンヘッド

 これは、現在の南アフリカ共和国の一部になっているナタールで、1863年に発行された1ペニー切手です。

 1488年に喜望峰を“発見”したのはポルトガル人のバルトロメウ・ディアスですが、1652年、この地に最初の植民地としてケープタウンを築いたのは、ヤン・ファン・リーベック率いるオランダ人でした。その後、ナポレオン戦争中の1806年、英国はそれまでオランダ領だったアフリカ南端のケープ植民地を接収し、1815年のウィーン議定書により、正式に英領として編入します。

 これに伴い、ケープ植民地には英国人の移民が大量に流入。このため、ファン・リーベック以来、この地に定住していたオランダ系のアフリカーナー(ボーア人とも)は、英国の圧迫を逃れて北東部の奥地へ大移動を開始し(グレート・トレック)、先住アフリカ人諸民族と戦いながらトランスヴァール共和国やオレンジ自由国、ナタール共和国を建国しました。

 このうち、1839年に建国を宣言したナタール共和国は、1842年には英国の攻撃を受け、翌1843年、英領ナタールとなりました。英領ナタール最初の切手は着色紙に王冠をエンボス加工した簡素なもので、1857年の発行ですが、1859年以降はヴィクトリア女王の肖像を描く本国製の切手が使用されています。

 さて、 『世界の切手コレクション』9月30日号の「世界の国々」では、ボーア戦争南アフリカ連邦の結成、およびアパルトヘイトマンデラの時代を扱った長文コラム2本のほか、ケープワインテーブルマウンテン特産品のダチョウなどの切手をご紹介しています。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧ください。また、併せて、拙著『喜望峰』もご覧いただけると幸いです。

 なお、次回の僕が担当する「世界の国々」は、1週お休みをいただいて、次回は10月7日発売の10月14日号での旧ユーゴスラヴィアの特集になります。こちらについては、10月14日にこのブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

スポンサーサイト
別窓 | ナタール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 125年前の女性交換手
2015-09-29 Tue 22:55
 1890年9月29日、わが国の電話創業に先立ち、“女子電話交換手”の募集が始まってから、きょうでちょうど125年です。というわけで、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      電話創業75年

 これは、1965年12月16日に発行された“電話創業75年”の記念切手で、当時の電話のダイヤルの枠内に、創業時の電話交換機に向かう女性交換手のようすが描かれています。まぁ、僕の世代だと、相手先によっては電話を交換台でつないでもらうという体験もしているわけですし、もちろん、ダイヤル式の電話は日常的に使っていましたから、この切手を見てもすぐに電話のことを描いているとわかるのですが、現在の20代くらいの人がみたら、説明がないと、このデザインから電話を連想するのは難しいかもしれません。

 グラハム・ベルがテレフォンを発明したのは1876年のことでしたが、翌1877年には、早くも、その機械がわが国にもたらされています。当時の工部省 は、ただちに、その研究を始め、1878年にはテレフォンの機械を模造することに成功。これを“電話機”と名づけました。

 その後、工部省電信局を引き継いだ逓信省は電話の実用化にこぎつけ、1890年12月16日、電話の実用化にこぎつけ、東京=横浜間の電話交換を開始するわけですが(今回ご紹介の切手は、ここから起算して75周年になるのを記念して発行されました)、これに先立ち、9月29日には“女子電話交換手”の募集を開始しました。その時の応募条件は、「小学校高等科出で夫なく家事に関係せざること。品行方正なこと。視力聴力善良にして言語明瞭なること。筆算に優秀なこと。交換局所在地に居住すること」でした。

 切手に取り上げられている電話交換のようすは、東京電話交換局(現在の東京都千代田区丸の内1丁目、工業クラブの場所にあった)内で撮影されたものです。当時、東京交換局の交換手は女性9人、男性2人、横浜交換局の交換手は男性4人でした。女性交換手は、羽織に日本髪、耳にレシーバーをかけているのが特徴です。
 
 電話創業に際して、当初、逓信省は東京300、横浜100の加入者を見込んでいましたが、実際の加入数は東京155、横浜42と、予想の半分程度でした。これは、電話を雇うよりも“小僧”を雇って直接メッセージのやり取りをするほうが割安という感覚があったことに加え、おりしもコレラが蔓延していた京浜地区では、電話回線を通じてコレラ菌が感染するという噂を信じていた人が相当数いたことによるものと見られています。

 ちなみに、東京の電話番号は、東京府庁が1番、日本鉄道会社(現・JR)が15番、三菱財閥の祖・岩崎弥太郎が160番で、郵便の父・前島密は248番でした。
 

 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1961~1966 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 カタルーニャ州議会選挙は独立派が勝利
2015-09-28 Mon 23:40
 スペイン北東部、バルセロナを中心とするカタルーニャ州で、きのう(27日)、スペインからの独立の是非を最大の争点に州議会選挙が行われ、135の議席のうち独立を主張する3つの政党が合わせて72議席と過半数を獲得しました。独立派は、これまで、過半数議席を獲得すれば18ヶ月以内に一方的に独立を宣言すると表明しています。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      アル・マズノウ(1937)

 これは、スペイン内戦期の1937年、共和国支配下のアル・マズノウでローカルに発行された戦時税切手です。

 1936年7月に始まったスペイン内戦では、共和国側とフランコ側がそれぞれ独自の切手を発行し、支配下の住民に使用させていましたが、それとは別に、地方ごとに、それぞれの中央政府が発行するものとは別に、戦時税を集めるためのローカル切手(戦時税切手)やラベルが独自に発行され、郵便物にも貼られることがありました。

 共和国政府の郵政は、こうしたローカル・ラベルの発行を表向きには認めていませんでしたし、それを“戦時税切手”のようなかたちで強制的に郵便物に貼らせるということはなかったのですが、各地の指導者たちは戦意高揚と義捐金集めの意味を込めてこうしたラベルを盛んに発行しました。

 特に、反フランコ勢力の強かったカタルーニャではさまざまなラベルが作られたのですが、今回はその中から、地中海に面した北東部の港町、アル・マズノウで発行された1枚をご紹介しました。2色刷りで、港の風景とカタルーニャの紋章を組み合わせたデザインなのが良い感じです。

 スペイン内戦は、切手や郵便の面でもいろいろと面白いモノがあって、いずれはじっくりと取り組んでみたいテーマであるのですが、実際にはなかなか手が回りません。ただ、来年は内戦勃発80年ですし、くわえて、今回の選挙結果を受けてカタルーニャ問題がクローズアップされてくるとなると、そろそろ、真面目に腰を入れて取り組んでみても良いかなぁ…と思っています。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | スペイン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 月明かりに照らされた美女
2015-09-27 Sun 23:18
 きょう(27日)は中秋節です。というわけで、現時点での僕の最新作『日の本切手 美女かるた』の中から、“月”にまつわる切手ということで、この1枚を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

      橋姫

 これは、2008年に発行された“『源氏物語』一千年紀”のシートのうち、『源氏物語絵巻』の「橋姫」を取り上げた1枚です。

 光源氏の異母弟・八の宮は、かつては冷泉院の次の春宮(皇太子)候補でしたが、その話は立ち消えになり、本人には何の非もないのに、世間から疎まれる存在になっていました。また、彼には大君と中の君の2人の娘がいましたが、妻は中の君を産んですぐに死亡。俗世に関心を失った八の宮は出家を考えたものの、幼い娘を育てなければなりません。次第に家臣も去り、生活も不如意になっていく中で、彼は娘を育てながら、仏道の勤行に励んでいました。

 その後、八の宮の邸宅は火事で焼けてしまい、一家はやむなく宇治の山荘に移り住みますが、都を離れたことで、ますます世の中からは忘れられていきました。

 一方、宇治には八の宮と交流のある阿闍梨がいました。阿闍梨は冷泉院にも進講しており、折に触れ宇治の様子を院に話していました。院のそばで控える薫(光源氏の正妻・女三の宮と柏木の不義の子)は、そこから八の宮のことを知り、興味を持ちます。

 阿闍梨の仲介を経て、宇治に赴き八の宮に会った薫は、その人徳にすっかり感服し、以後、宇治へと通うようになりました。

 それから3年後のある秋の日、薫が八の宮の山荘に近づくと、箏と琵琶の優美な演奏が聞こえてきました。

 屋敷の者に尋ねると、そもそも、八の宮は2人の娘がいることを公にはしておらず、客人があるときは彼女たちも楽器を弾かないが、誰もいないときには、このように演奏を楽しんでいるとのこと。興味を惹かれた薫は、しばらく物陰に潜んで姉妹の演奏を聴いていましたが、その顔は良く見えません。そこへ、月明かりが射し込み、中の君が「扇ならで、これしても、月は招きつべかりけり(扇でなくて、いま手にしている琵琶の撥でも月を招きよせていいのね)」といいます。『和漢朗詠集』にある「月重山に隠れぬれば、扇をあげて之を喩ふ」を踏まえた物言いです。

 今回ご紹介の切手はこの場面を取り上げたもので、オリジナルの絵巻物では画面の右側に薫の姿が描かれていますが、切手ではトリミングでカットされています。

 月明かりに照らされた中の君の顔は「いみじくらうたげに 匂ひやかなるべし(たいそう可愛らしくつやつやしているのであろう)」、大君の顔は「今少し重りかによしづきたり(中の君よりももう少し落ち着いて優雅な感じがした)」。こうして、田舎に埋もれさせておくには惜しい風情の姉妹に、薫は心惹かれていくことになります。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:平成 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 聖骸布のレプリカ、西宮で公開
2015-09-26 Sat 10:33
  十字架で処刑された直後のイエス・キリストの遺体を包んだとされる“聖骸布”の原寸大レプリカが、きょう・あす(26・27日)、兵庫県西宮市のカトリック夙川教会で公開されるそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ヴァチカン・聖骸布(2015)

 これは、ことし(2015年)、ヴァチカンが発行した“トリノの聖骸布”の切手です。

 聖骸布とは、イエス・キリストが磔刑に処せられて亡くなった後、その遺体を包んだとされる布で、かつては、聖ヴェロニカの聖骸布、自印聖像など、複数が存在していましたが、現在では、主要なものとしては、イタリア・トリノの聖ヨハネ大聖堂に保管されている“トリノの聖骸布”しか存在していません。

 トリノの聖骸布は、縦4.36m、横1.1mの杉綾織の亜麻布で、男性の全身像が転写されているように見えます。1353年、フランス・リレのシャルニー家が所有しているところを発見され、その後、何人かの手を経て、1453年にサヴォイア家(1861-1946年の統一イタリア王国の王家)が入手し、1578年、同家の拠点であるトリノへ移されました。

 聖骸布は、発見以来、キリストの遺骸を包んだ布であると信じられてきましたが、その真偽について確証はなく、教皇クレメンス7世(在位1523-34)は、これを布に描いた絵であると宣言。“神聖物”とされないよう、展示にあたっては蠟燭を点けない、香を焚かないなどの条件をつけました。なお、1988年にオックスフォード大学、アリゾナ大学、スイス連邦工科大学によって行われた放射性炭素年代測定(炭素14法年代測定)の結果、聖骸布に用いられている布は1260年から1390年の間に作られたものと推定されるとの結果が出ています。ただし、聖ヨセフ病院の外科医長ピエール・バルベの再現実験によって、聖骸布の陰影は誰かによって人為的に描かれたのではなく、実際に磔刑にされた人物(ただし、それがイエス・キリストであるか否かは不明)によるものであることが医学的に確認されています。

 1946年、イタリアで王制が廃止され、サヴォイア家が国外退去処分となった後も、聖骸布の所有権は同家が有していましたが、1983年、ローマ教皇に譲渡され、現在はトリノ大司教が管理しています。

 通常は一般公開されていませんが、その代わり、レプリカが聖骸布博物館に展示されており、大聖年にあたる2000年に一般公開された後、2002年の修復作業を経て2010年に修復後初めて一般公開されました。

 ことしは、サレジオ修道会創立者である聖ヨハネ・ボスコ(1815-1888)の生誕200年にあたっていることから、6月21-22日の両日、教皇フランシスコがトリノを司牧訪問するとともに、記念行事の一環として、4月19日から6月24日まで聖骸布の特別公開が行われ、世界中から200万人以上が見学に訪れました。ちなみに、今回、夙川教会で公開されるレプリカは、聖骸布公開期間中の5月、聖骸布研究に長年取り組んできた東京都調布市のガエタノ・コンプリ神父に対して、イタリア・トリノの大司教がその功績を認めて、トリノ教区から原寸大のレプリカを贈られたものです。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 教皇領・ヴァチカン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 小さな世界のお菓子たち:チョコレートの切手
2015-09-25 Fri 23:18
 ご報告が遅くなりましたが、大手製菓メーカー(株)ロッテの季刊広報誌『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』の第29号(2015年秋号)ができあがりました。僕の連載「小さな世界のお菓子たち」では、今回は、こんな切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

      エクアドル・カカオ

  チョコレートの原料となるカカオには、大きく分けて、クリオロ(カカオの原生種)、フォラステロ(南米原産の栽培種)、トリニタリオ(クリオロとフォラステロの交配種)の3系統がありますが、このうち、フォラステロの突然変異で派生したのが、南米エクアドル原産のアリバ種です。

 アリバ種は、酸味が少なく独特の渋み(これを“コク”という人もあります)があり、ジャスミンや桃の花を思わせる香りが特徴で、エクアドル国内で生産される20種以上のカカオの中でも、特に高級品種として知られています。

 アリバ種のみならず、カカオの苗木は非常にデリケートなため、赤道直下の強烈な日差しはカカオの生育に悪影響を与えます。このため、エクアドルのカカオ農家は、直射日光に強いバナナをカカオの傍に植えることで日除けにするのが一般的です。さらに、カカオが収穫までに2-3年かかるのに対して、バナナは9カ月程度で収穫が可能なため、カカオと並行してバナナを栽培すれば、農家にとってはカカオの収穫までの間の現金収入を得られます。このため、エクアドルでは、バナナとカカオは密接な関係にあり、そのことが、アリバ種の独特の芳香にも影響しているのかもしれません。

 エクアドルが発行したカカオの切手と言えば、1930年に発行された建国100周年(1830年にコロンビア共和国から分離独立したことから起算)の記念切手が有名なのですが、2008年に発行の「エクアドルのカカオ」の切手は、その1930年の切手を中心に4種連刷の田型形式で、右上のカカオの花の切手から、反時計回りに、カカオの実、カカオの収穫と乾燥、そして、チョコレートを配したユニークな1点です。

 純粋なカカオの生産量だけでいえば、エクアドルは、コート・ディヴォワールガーナなどのアフリカ諸国に遠く及びませんが、エクアドルの場合は、最終的な製品としてのチョコレートも盛んに生産しており、単純な原料輸出国ではないことが、この切手からもうかがえます。

 ところで、切手をよく見ていただくと、額面の数字の脇に“USD”の文字が見えます。

 じつは、エクアドルでは、2000年1月8日までは自国通貨としてスクレと補助通貨センタヴォ(1スクレ=100センタヴォス)を使っていたのですが、移行期間を経て、同年3月以降、自国通貨を廃止して、法定通貨を米ドルに変更。以来、現在でも、エクアドルでは米ドルが国内の通貨として流通しており、そうした独特の国内事情が切手にも反映されているというわけです。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | エクアドル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ナポレオンの愛したワイン
2015-09-24 Thu 19:49
 きのう(23日)、英イングランド南部ソールズベリーで開催されたオークションで、セントヘレナ島で流刑生活を送っていた皇帝ナポレオン1世の食事ぶりを示す目録が976ポンド(約18万円)で落札され、ワイン50本、カモ4羽、ブタの丸焼きなどの豪華な内容が話題となっているそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      グルート・コンスタンシア

 これは、南アフリカ連邦が1939年に発行した南ア最古のワイナリー、グルート・コンスタンシアの切手(国名表記が英語のモノとアフリカーンス語のモノの連刷)です。
 
 南アフリカのテーブル・マウンテンの山麓にオランダ人が建設したステレンボッシュの開拓地は1682年に地方自治体となり、翌年には学校も開設されるなど、急速に発展。1685年には総督のファン・デル・ステルが近郊にマナー・ハウスと呼ばれる住居を建設するとともに、オランダ改革派教会の教区も設定されました。さらに、1689年、マナー・ハウスの周囲に750ヘクタールのブドウ畑を開拓。これが、現在、南ア有数のワイン生産地となっているコンスタンシア地区のルーツとなり、マナーハウスは、切手に取り上げられているグルート・コンスタンシアとなりました。

 1778年、グルート・コンスタンシアの経営者であったヘンドリック・クローテは、デザート・ワインの傑作とされる“コンスタンシア”を作り出すことに成功。ヘンドリックの死後、コンスタンシアのワイナリーは息子のヘンドリックJrを経て、孫のヤコブ・ピーターが後を継ぎます。このヤコブ・ピーターはフランス語を巧みに操り、パリにコンスタンシアの代理店を開設しました。

 時あたかも、ナポレオン戦争の時代で、フランスのワイン産業が大きな打撃を受けたことに加え、英仏間の貿易も途絶したことから、コンスタンシアはその空白を埋めるかのように、シャトー・ディケム(フランス産の最高級貴腐ワイン)、トカイ(ハンガリー産貴腐ワイン)、マデイラ(ポルトガル産ワイン)に勝るとも劣らぬ最上級のデザート・ワインとしてヨーロッパの上流社会を席捲します。

 ナポレオン失脚後、王政復古を果たしたフランス国王、ルイ・フィリップはコンスタンシアを輸入するためケープ植民地に使者を派遣し、セントヘレナに流された失意のナポレオンもコンスタンシアを飲み無聊を慰めたとされています。今回のニュースに登場した目録にも、おそらく、コンスタンシアについての記述があるはずです。

 その後、クローテ家はグルート・コンスタンシアの経営権を南ア政府に売却。その結果、グルート・コンスタンシアは実験的なワイン農場となり、コンスタンシアの生産も下火になっていました。しかし、コンスタンシア地区の農場の一部を引き継いだワイナリー、クレイン・コンスタンシアが、1980年代に入り、かつての記録をもとに“ヴィン・デ・コンスタンス”の名でコンスタンシア・ワインを復活させました。

 その製法は、干しぶどうになるまで完熟させてから収穫したムスカデ・フロンティニャン種をステンレス・タンクで発酵させた後、フレンチ・オークの樽で18ヶ月熟成させ、さらに瓶詰め後2年熟成させるというもので、出荷までには4年以上の年月が必要となします。また、ワイナリーのこだわりとして、ボトルも、19世紀以前の職人が手作業で作っていた時代の形を再現し、わざとゆがんだ形になっています。(画像はボトルの写真です)

      コンスタンシア・ボトル

 手間のかかるワインだけに量産は不可能で、年間の生産数はわずか3000本。日本国内には数十本しか入荷しないという貴重品で、1本1万数千円の値がつけられていることが多いようです。世界の高級ワインの中には、1本3万円以上というものもざらにあることを考えると、絶対に手が届かない高嶺の花ということにはならないでしょうが、何分にも数が少ないので、値段以上に入手は難しいのではないかと思います。僕自身は1回だけ飲んだ経験からすると、まぁ、デザート・ワインですから、基本的に甘いことは甘いのですが、たしかに、上品で王侯貴族が好みそうな雰囲気ではありましたな。

 なお、コンスタンシア・ワインを含む南アワインの歴史については、拙著『喜望峰』でもまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細はこちらをご覧いただくか、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 南アフリカ連邦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の国々:日本
2015-09-23 Wed 11:00
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年9月23日号が先週刊行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回は日本の特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ルーマニア・雪舟

 これは、1956年にルーマニアが発行した「世界十大文化人」の切手のうち、雪舟を取り上げた1枚です。この切手と、ソ連で同時に同趣旨で発行された雪舟の切手が、個人名が特定できるかたちで日本人が外国の切手に取り上げられた最初の例となります。

 室町時代の画僧、雪舟は、1402年、備中国赤浜(現岡山県総社市赤浜)生まれ。幼年期に井山宝福寺で修行していた際の、涙でネズミを描いたエピソードは有名です。

 その後、京都の相国寺で禅と絵の修行を重ね、1467年、遣明使に随行して明国に渡り水墨画を学びました。このとき、現地の巨刹「天童山景徳寺」にて第一座という高位(ただし、これは遠路はるばるやってきた外国僧への儀礼的なもの)を授けられ、明国政庁からも礼部院中堂の壁画を依頼されています。

 1469年に帰国した後は、豊後国府内(現大分県大分市)に画房・天開図画廊を開いたほか、諸国を旅し、各地に画跡を残しましたが、1486年以降は山口の雲谷庵に留まり、多数の名作を残しました。遺作のうち「秋冬景山水図」「破墨山水図」「天橋立図」「山水長巻」「山水図」などが国宝に指定されているほか、重要文化財も12件あります。

 切手の題材となった世界十大文化人とは、1955年、“世界平和会議”によって選ばれたもので、雪舟の他には、ベンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家・科学者。独立宣言起草委員の一人で、避雷針の発明者としても有名)、モーツァルト(音楽家)、ドストエフスキー(作家)、ハインリッヒ・ハイネ(詩人)、ピエール・キューリー(科学者)、ヘンリク・イプセン(劇作家)、レンブラント(画家)、バーナード・ショウ(作家)、カーリダーサ(古代インドの詩人)、です。

 雪舟は、水墨画の最高峰の画家であり、画聖とも呼ばれているくらいですから、世界十大文化人の一人に取り上げられても、それ自体はなんら不思議ではありません。ただし、世界十大文化人を選んだ世界平和会議が、東西冷戦が激化していった1949年に、“恒久平和の確保”をスローガンとして、全世界の左翼勢力によって設立された団体であることを考えると、選考にあたって、雪舟が中国大陸(当時、日本は大陸の共産党政権とは国交がなかった)と関係の深い画家であったことも考慮されたと考えるのが妥当でしょう。

 なお、切手に取り上げられた肖像は雪舟71歳の自画像の写しです。烏沙帽(中国の僧がかぶる帽子)をかぶっており、雪舟本人は、この作品により、自らが入明画家であることを誇示する意図をもっていたことがうかがえます。

 さて、 『世界の切手コレクション』9月23日号の「世界の国々」では、日本の建国神話伊勢神宮を扱った長文コラムのほか、ショートコラムでは、日本を題材としたまともな外国切手の特集として、今回ご紹介の切手のほか(以下、カッコ内は発行国)、トヨタ・カローラ(ニュージーランド)、広隆寺弥勒菩薩(韓国)、富士山(スイス)、東京タワー(インド)日露戦争(ロシア)寿司(香港)ソメイヨシノ(米国)の切手をご紹介しています。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の9月30日号では「世界の国々」は南アフリカにフォーカスをあて、僕が原稿を書いていますが、こちらについては、来週、このブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ルーマニア:共産時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 プラザ合意30年
2015-09-22 Tue 19:21
 1985年9月22日のプラザ合意から、きょうでちょうど30年です。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      航空書簡(30円還付)

 これは、1988年4月、東京からシンガポール宛に差し出された航空書簡で、プラザ合意後の円高の進行により外国郵便の料金が値下げされたため、旧料金との差額分の30円が過納として還付されています。

 1980年代前半、米国のレーガン政権はインフレ抑制政策として高金利政策を採りましたが、その結果、世界中のマネーが米国に集中してドル高が進行し、インフレは抑制されました。しかし、その副作用として、輸出減少と輸入拡大により国際収支が大幅な赤字となり財政赤字も拡大して、“双子の赤字”と呼ばれる状況になってしまいます。

 このため、米国ではインフレの沈静を受けて金融緩和が行われ、景気も回復しましたが、そのことでさらに輸入が拡大。貿易赤字はさらに増大し、為替市場におけるドル相場が不安定になりました。

 そこで、1985年9月22日、ニューヨークのプラザホテルで、ドル危機の再発を恐れたG5(先進5ヵ国)蔵相・中央銀行総裁会議が行われ、ドル安を誘導することで合意が成立。特に、当時は米国の対日貿易赤字が深刻であったため、 実質的に円高ドル安に誘導することとされました。これがプラザ合意で、発表翌日には、ドル円レートは1ドル235円から約20円下落。1年後にはドルの価値はほぼ半減し、150円台で取引されるようになりました。

 さて、プラザ合意が成立した1985年9月の航空書簡の料金は120円でしたが、円高が急速に進行したことで、ドル建てでの郵便料金は急騰し、内外の料金格差も急速に拡大してしまいます。それを是正するための措置として、1987年、料金は110円に値下げされましたが、それでも円高の進行が止まらなかったので、1年後の1988年には一挙に30円値下げして80円となりました。今回ご紹介のモノは、1988年に行われた2度目の値下げに対応して生まれたマテリアルです。

 なお、プラザ合意後の1986年、日銀は公定歩合を引き下げると、これを契機として不動産や株式に対する投機が盛んになり、いわゆるバブル経済が発生するわけですが、考えてみれば、それももう30年近く前の話なんですねぇ。そういえば、何年か前、娘の大学入試の問題で山一證券の破綻や橋本竜太郎内閣のことが出題されていたのを見て、軽いショックを受けたのですが、その年代の若い人たちからすると、つい最近のことのように思えるプラザ合意やバブルなんてのも、完全に歴史上の出来事なんでしょうねぇ。
 

 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1985~1989 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ネパールが7年越しの新憲法を公布
2015-09-21 Mon 16:50
 ネパールで、きのう(20日)、連邦共和制に移行した2008年から7年以上を経て、ようやく、国内を7州に分けることなどを定めた新憲法が公布されました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ネパール・王政復古50年

 これは、2001年にネパールで発行された“民主主義50周年”の記念切手で、1951年にインドから帰国した国王トリブヴァンを迎える国民が描かれています。

 ネパールでは、1845年のクーデターで実権を掌握したジャンガ・バハドゥルが、1847年、国王ラジェンドラを追放し、皇太子のスレンドラを傀儡の国王として擁立。以後、宰相職を世襲するラナ家(ジャンガ・バハトゥルに下賜された姓)による独裁体制が続いていました。

 1911年、第8代国王として即位したトリブヴァンの時代、ネパールは2度の世界大戦に参加し、戦勝国となりましたが、国民生活は向上せず、独裁体制に対する不満は高まります。第二次大戦後の1950年、ラナ家と対立した国王トリブヴァンがインドに亡命すると、ラナ家はトリブヴァンの孫で当時3歳のギャネンドラを新国王として擁立しました。しかし、ギャネンドラの即位に対しては、隣国のインドをはじめ国際社会がこれを承認しなかったため、1951年、トリブヴァンが帰国して複位し、首相のモハン・シャムセールは退陣を余儀なくされました。

 今回ご紹介の切手は、この時の国王帰国の場面を描いたものですが、それが、同国にとっての民主主義の原点とされているのは、国王の帰国による王政復古の結果、立憲君主制が宣言されたことを踏まえたものです。

 その後、1959年公布されたネパール最初の憲法の下で行われた総選挙では、ネパール国民会議派(現ネパール会議派)が大勝し、党首のビシュウェシュワール・プラサド・コイララが国会で首班指名を受けましたが、リベラル色の強いコイララを嫌った国王マヘンドラ(1955年に即位)は、コイララの首相就任を阻止しようとしましたが、隣国インドの圧力で断念しました。

 はたして、コイララは改革の一環として、封建的土地制度の改革に着手し、貴族への課税を強化したため国王と対立。1960年、国王はクーデターを起こして憲法を停止するとともに、内閣・議会を解散してコイララら政党指導者を逮捕したうえで、1962年には政党の禁止などを定めた新憲法が公布され、国王に極端に有利な間接民主制のパンチャヤット制が導入されます。

 その後ながらく、ネパールでは立憲君主制とは名ばかりの独裁体制が続いていましたが、1990年、パンチャヤット制廃止を求める民主化運動が発生。国王ビネンドラ(1972年即位)はこれを受けて、パンチャヤット制を廃止し、新憲法を公布します。そして、翌1991年、複数政党制による選挙が行われ、ネパール会議が圧勝しました。

 一方、1996年には、ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)が王制打倒を唱えて人民戦争を開始。ネパール国内は内戦状態に陥ります。

 混乱の中で、2001年、王宮内で国王ビネンドラらの暗殺事件が発生すると、新国王となったギャネンドラは非常事態を理由に議会を停止。国王親政を行ったが、内戦は国王・議会・マオイストの三つ巴の様相となり、長期化します。

 その後、議会と内閣は復活したものの、2005年、国王は再び議会・内閣を停止して絶対王政と非常事態宣言を発令。非常事態宣言はすぐに解除されたものの、これを機に反独裁で一致する議会とマオイストの和解が成立し、2006年には反国王派によるゼネストも実施されました。

 このため、2006年4月、国王は直接統治を断念し、国民への権力移譲、議会の復活を発表。同年11月にはネパール政府とマオイストの和平が成立し、内戦は終結します。

 内戦終結を受けて、1990年憲法は廃止され、2007年に暫定憲法が成立。その規定に従い、2008年4月に実施された制憲議会選挙では、マオイストが第1党を占めたほか、王制廃止派の諸政党が議会の圧倒的多数を占め、王制の廃止と連邦民主共和制への移行が正式に宣言され、ギャネンドラは退位しました。

 しかし、その後も、州の区割りを含む連邦制のあり方をめぐり、特に、州名を民族に基づくものにするべきだと主張するマオイストと他党の溝が埋まらず、新憲法の草案の取りまとめは難航。今回、ようやく、①国家元首は大統領、②議会は2院制、③国内は7州に分け、州議会を設置、④政教分離の世俗国家(王制時代はヒンドゥーが国教)、などを骨子とする恒久憲法が成立したというわけです。

 ただし、今回の憲法案をめぐっては、南部の少数民族などが州の区分けに反対して抗議活動を展開しているほか、野党の一部がゼネストを呼びかけており、一連の抗議による死者は40人以上にも達したとの報道もあります。今年4月の大地震からの復興のためにも、新憲法が定着し、国内が安定を取り戻すことを祈るばかりです。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ネパール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ラグビー日本代表が大金星
2015-09-20 Sun 11:43
 現在開催中のW杯イングランド大会で、19日(現地時間・日本時間では20日未明)、日本(世界ランキング13位)が、南アフリカ代表(同3位)を後半ロスタイムに逆転し、34-32で破る大金星を挙げました。日本のW杯での勝利は、1991年大会でのジンバブエ戦以来、24年ぶりだそうです。というわけで、きょうはラグビーの切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      第8回国体(ラグビー)

 これは、1953年に発行された第8回国民体育大会(国体)の記念切手の1枚で、日本切手の中では、ラグビーを取り上げた最初の切手です。

 1953年の第8回国体(秋季大会)は、10月22日から26日までの5日間にわたって、四国4県(愛媛・香川・高知・徳島)を会場として開催されました。参加選手は約2万人。全体の開・閉会式は四国最大の都市である松山市で行われています。ちなみに、今回ご紹介の切手に取り上げられたラグビーも、松山市で行われました。

 切手の図案は、1952年9月17日に行われた英国オックスフォード大学と早稲田大学との親善試合に際して朝日新聞社が撮影した写真のうち、前半34分、早稲田の青木選手がトライを決める直前の様子を撮影したものをベースに、周囲に3名の選手を配する構図の原画を渡辺三郎が作成しています。なお、試合は11-8でオックスフォード大学が勝利しました。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1952~1960 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アポイ岳が世界ジオパークに
2015-09-19 Sat 23:40
 世界遺産の地質版とされる自然公園・世界ジオパークに、きょう(19日)、北海道のアポイ岳が認定されました。国内では、洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、室戸隠岐諸島阿蘇に続いて8例目です。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ヒダカソウ

 これは、1985年7月31日に発行された高山植物シリーズ第5集の“ヒダカソウ”の切手です。

 ヒダカソウはキンポウゲ科の多年草で、アポイ岳や周辺の草原にのみ生育しています。高さは10-25cmで、5-6月に直径2cmほどの白い花を咲かせます。生育環境の変化だけでなく、その可憐な姿のため、園芸的採取がさかんに行われたことから個体数が激減。このため、北海道ではヒダカソウの採取を禁止するとともに、「特定希少野生動植物事業者」を登録して、違法品の販売・流通を抑制する対策がとられています。

 今回、世界ジオパークに登録された“アポイ岳ジオパーク”は、北海道日高地方の様似町のアポイ岳(810メートル)を中心とする364平方キロのエリアで、マントルがほとんど変質せずに固まった橄欖岩が露出しているのが特色です。また、気候が冷涼なことから、3000メートル級の高山植物も多数棲息していますが、切手に取り上げられたヒダカソウはその代表例というわけです。

 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:昭和・1979~1985 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 パリーグはホークスが優勝
2015-09-18 Fri 11:40
 プロ野球のパリーグは、昨年に続き、福岡ソフトバンクホークスが2連覇を果たしました。というわけで、ホークスにちなんで“タカ”の切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      イスラエル・ボネリークマタカ

 これは、1985年にイスラエルで発行された“聖書の鳥”の切手のうち、ボネリークマタカを取り上げた1枚です。

 ボネリークマタカは英名では“Bonelli's Eagle”となっていますが、タカ目タカ科ケアシクマタカ属に分類される鳥で、和名もタカですので取り上げました。まぁ、ワシとタカの違いは、基本的には大きさだけなので、堂々とワシの切手を持ってきても良いのでしょうが、現在のプロ野球には“ゴールデンイーグルス”もありますので…。

 さて、ボネリークマタカは、かつては、カルメル山やガリラヤ地方など、現在のイスラエル国家の領域の山間部で一般的にみられる鳥でしたが、農薬が普及した影響で現在では個体数が激減しました。時速200キロを超えるスピードで飛ぶことができ、獲物となるヤマウズラ、イワバト、野ウサギなどを急襲します。メスは1度に2個の卵を生み、42日にわたって温めます。1960年頃には、イスラエル国家の領域内では絶滅したと考えられていましたが、1980年代に入って、ガリラヤ地方などで野生のボネリークマタカの巣が複数発見され、絶滅していなかったことが確認されました。聖書に登場する鳥は無数にありますが、ボネリークマタカが切手の題材として選ばれた背景にはそうした事情があるのかもしれません。

 ちなみに、今回ご紹介の切手では、タブに旧約聖書・ヨブ記28章7節の「その道は猛禽も知らず、たかの目もこれを見ず」の文言が印刷されています。ヨブ記28章は、銀は銀山から取り出し、鉄は砂から採り出し、銅は岩を溶かして得るが、人間は知恵や分別が備えられた場所を知らないという趣旨のことが述べられており、切手に取り上げられている章句もその文脈に沿った1節です。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | イスラエル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手に見るソウルと韓国:潭陽世界竹博覧会
2015-09-17 Thu 14:56
 『東洋経済日報』9月11日号が発行されました。今回は、きょう(17日)からスタートする潭陽世界竹博覧会にちなんで、ストレートにこの切手をご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます)

      韓国・潭陽世界竹博覧会

 これは、8月14日に韓国で発行された“2015潭陽世界竹博覧会”の記念切手です。

 世界には1500種余りの竹がありますが、朝鮮半島にもともと自生していたのは真竹、淡竹、孟宗竹を中心に19種ほどでした。現在では、これに、日本統治時代に持ちこまれた品種を含め、156種が確認されてます。

 韓国では、忠清南道・泰安半島から江原道・高城を結ぶラインが竹の北限となっており、今回の博覧会が行われる全羅南道の潭陽などの湖南地方と晋州・巨済などの嶺南地方が主な産地ですが、このうち潭陽は、韓国全体の竹林面積(7039 ha)の4分の1に相当する約1800 haの竹林があり、竹の里として有名です。

 このため、現地には竹工芸品の展示や販売、工芸体験などを通じ、竹文化の伝統を継承・振興を目的とした韓国竹博物館が設立され、同館が現在地の川辺里に移転した1998年以降、毎年、全国の竹製品の品評会などを含む竹祭りが行われてきました。

 今回の博覧会は、それを国際イベントとして大幅に拡大し、「竹の森で見つけた緑色の未来」をテーマに、強い成長力を持つ竹の可能性を追求し、竹への関心を世界的に高めることを目的として開催されるもので、敷地面積約5万坪の庭園、竹緑苑をメイン会場の“屋根のないテーマ館”として、さらに生態館、歴史館、科学館などが設けられるそうです。ちなみに、竹緑苑は2003年にオープンし、その竹林は映画やテレビドラマ、韓国観光公社のCMなどにも使われているので、それと意識しなくても、目にしたことのある人は多いかもしれません。

 韓国の伝統文化の中では、竹は民間信仰で神を招いたり、降臨させたりする場所を示す神竿の材料として使われるほか、ソルラル(旧正月)の早朝、門の外で竹を燃やし、その音によって雑鬼を追い払う習慣があります。

 また、新羅時代の説話「竹筒美女」も有名です。

 物語では、新羅による朝鮮統一に功績のあった将軍・金庾信(595-673)が西州からソウルに戻る道で、ある旅人と出会い、道中を共にしました。旅人は竹筒を持っていて、それを振ると、なかから2人の美女が出てきます。ソウルに着いた後、庾信と旅人、2人の美女は南山の松の下で宴を開きましたが、宴も終わりに近づくと、旅人は「自分は西海(黄海側)の者だが、東海(日本海側)の女と結婚した。これから、 妻と共に両親を尋ねに行くところだ」と言い、突然起きた風雲と共に、消えてしまいました。

 この物語や、伝統的な神竿などからは、かつての韓国人が、竹に神霊や人間の霊魂・正名が宿ると考えられていたことがうかがえます。

 朝鮮王朝以降、社会に浸透した儒教の世界観では、竹は梅・蘭・菊とともに四君子の一つとされ、志操や節義、気概を象徴するものとされました。韓国語で「細く竹を割ったような人」という表現は、不義不正と妥協しないまっすぐな人を指す言葉として用いられています。

 1905年の日韓保護条約に抗議して大韓帝国侍従武官長の閔泳煥が自決した場所から“血竹”が生えたという伝説の真偽はともかく、高麗末期、李成桂を王として推戴することに反対した忠臣・鄭夢周の殺害された場所が“善竹橋”と命名されたことなどは、朝鮮の文化的伝統における“竹”のイメージがうかがえて興味深いものといえましょう。

 韓国の竹に関して僕が個人的に一番親しみを覚えるのは、生真面目な竹も、年に一度(旧暦5月13日もしくは8月8日)、酒に酔って正気を失うことがあるとの民間伝承ですかね。

 竹林などでは、この日を選んで竹の移植などを行うそうですが、年に一度といわず、週に一度は酒に酔って記憶がなくなる僕としては、今宵は、潭陽名物のトッカルビと筍の和え物を肴に、焼酎で一献とやりたいところです。もちろん、焼酎の銘柄は、ラベルに竹が大きく描かれたチャミスルで。


 ★★★ トークイベント「切手に見る美女たち」のご案内 ★★★ 

 10月8日(木) 18:30-20:30 東京・飯田橋の東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅横・ラムラ・セントラルプラザ10階)で、日本ガルテン協会主催のリレー講座に内藤が登場。『日の本切手 美女かるた』の著者として「切手に見る美女たち」と題するトークを行います。

 参加費は、ガルテン協会会員の方2000円(一般3000円)で、お茶とお菓子がつきます。詳細は、NPO日本ガルテン協会(講座担当宛・電話 03‐3377-1477)までお問い合わせください。皆様のご参加をお待ちしております。  

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日(金) 19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 皆様のご参加をお待ちしております。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 韓国:朴槿恵時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の国々:タジキスタン
2015-09-16 Wed 12:23
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2015年9月16日号が先週刊行されました。2週間ぶりに、僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はタジキスタンの特集です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ゴルノ・バダフシャン自治州カバー

 これは、タジキスタン内戦中の1993年、ゴルノ・バダフシャン自治州から差し出されたカバーです。

 旧ソ連時代のタジク・ソヴィエト社会主義共和国では、ホジェンド(北西部ソグド州の州都)地方やクリャーブ(南部ハトロン州の東部)地方の出身者が政府と軍の要職を占めており、ゴルノ・バダフシャン自治州のパミール人やガルム地方の民族集団、イスラム勢力などは不遇をかこっていましたが、共産党一党独裁の下、彼らの不満は抑え込まれていました。

 ところが、1991年9月の独立後、タジキスタンでは民族対立が一挙に噴き出し、1992年春、イスラム勢力やパミール人、ガルム人などによるナビエフ政権への抗議行動が発生。5月には、政府側の警備兵と反政府勢力の間で戦闘が勃発し、いわゆるタジキスタン内戦に突入します。

 反政府勢力の攻撃を受け、1992年9月、ナビエフが退陣に追い込まれると、事態を憂慮したロシアとウズベキスタンはホジェンド派とクリャーブ派からなる人民戦線を軍事支援。人民戦線は1992年末に反政府勢力を圧倒し、クリャーブ出身のエマモリ・ラフモノフを最高会議議長とする新政権を樹立しました。

 こうした状況の下で、ゴルノ・バダフシャン自治州南部など反政府勢力が実行支配していた地域では、ドゥシャンベの中央政府の発行した切手とは別の切手が使用されることもありました。今回ご紹介の書留便は、アフガニスタンとの国境に位置する州都ホログから差し出されたもので、反政府側の正刷切手とドゥシャンベ政府側の切手にアラビア文字の額面を加刷した暫定切手を貼ってロシア宛に差し出されています。内戦期の反政府勢力が発行したとする“切手”は多いのですが、その実逓使用例は意外と少ないので、個人的にはお気に入りのマテリアルです。

 さて、ラフモノフ政権は反政府勢力の民族浄化を行うなど強硬姿勢で臨み、1993年3月頃までに、国土の大半を掌握。ただし、大量の難民がアフガニスタンに流入し、タジク野党連合(UTO)を結成し、タジキスタン南部での抵抗を続けました。

 その後、1994年4月以降、国連・ロシア・イランの3者の仲介により、モスクワでラフモノフ政権とUTOの仲介に和平交渉がはじまり、交渉の進展を受けて、同年11月6日、憲法改正が行われ、ラフモノフは正式にタジキスタン共和国大統領に就任。さらに、同年12月16日、国連タジク監視団が創設され、停戦状況の監視と状況の報告、人道支援協力、CIS平和維持軍の協力による警備などを行った。こうした経緯を経て、1997年6月27日、和平協定が成立し、タジキスタン内戦はとりあえず終結しました。

 さて、 『世界の切手コレクション』9月16日号の「世界の国々」では、タジキスタン現代史を扱った長文コラムのほか、アジナ・テパ遺跡の仏教寺院で発掘された涅槃仏や高山植物、ノウルーズの祝祭の切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、本日発売の9月23日号では、「世界の国々」は日本にフォーカスをあて、僕が原稿を書いていますが、こちらについては、来週、このブログでもご紹介する予定です。


 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | タジキスタン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 河内憲兵隊検閲済のカバー
2015-09-15 Tue 23:11
 ヴェトナム最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長が、きょう(15日)来日し、安倍首相と会談して、中国が南シナ海で岩礁を埋め立て、軍事拠点化を進めていることについて、「深刻な懸念を表明する」などとした共同ビジョン声明を発表しました。というわけで、ハノイから訪日の書記長に敬意を表して、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      河内憲兵隊検閲済カバー

 これは、第二次大戦中の1942年12月、フランス領インドシナ(仏印)のハノイから名古屋宛に差し出されたカバーで、現地で日本軍の憲兵隊による開封・検閲を受けています。カバーの左側には角型の“河内憲兵隊 検閲済”の印が、裏面には円型の“河内憲兵隊 検閲済”の印(下の画像です)が、それぞれ押されています。念のために申し上げておくと、ここでの河内はハノイのことです。

       河内憲兵隊検閲印(円形)

 第二次欧州大戦勃発後の1940年6月14日、ドイツ軍はパリに入城。同22日、フランスは降伏します。これにより、フランス北部と大西洋沿岸はドイツによって占領され、フランス南部は、親独ヴィシー政府が管轄することになりました。

 この結果、現在のヴェトナム・ラオス・カンボジアに相当する仏印は、いわば主なき状態に放り出されます。そして、この機に乗じて、日本はヴィシー政府に圧力をかけ、8月30日、フランスのアンリ大使との交渉で、北部仏印に関する協定をまとめることに成功しました。

 この協定に基づき、日本側は、極東におけるフランスの権益とインドシナの領土保全を認めた上で、ハノイ経由での援蒋物資の輸送を停止するため、9月23日、北部仏印に進駐し、ここを事実上の軍事占領下に置きます。

 今回ご紹介のカバーは、このカバーは、太平洋戦争勃発後の1942年12月に東洋綿花株式会社(現トーメン)のハノイ支店が差し出したものですが、上述のように、この地域の主権は日本軍の進駐後もフランス側にあったため、仏印当局の発行した切手が貼られ、フランス側の消印で抹消されています。その一方で、カバーはハノイ駐留の日本軍憲兵隊によって開封・検閲されており、フランス側がこの地域の主権を維持していたとはいっても、実際には、相当程度、日本軍の統制下に置かれていたという状況を見て取ることができます。

 なお、その後も、仏印は日本に対して好意的な中立を保つという状況が戦争末期まで続いていましたが、戦争末期になって、東南アジア各地からの撤退を余儀なくされた日本軍は、日本本土と中国戦線の交通が途絶することを恐れ、1945年3月、“明号作戦”を発動し、フランス植民地政府を武力によって解体。ヴェトナムラオスカンボジアに旧王族を担いだ親日政府を樹立しました。

 しかし、ほどなくして、1945年8月に日本軍が降伏すると、これらの地域では、独立を主張する現地の人々と、植民地支配を再開しようとするフランス当局の間で(第一次)インドシナ戦争が勃発することになります。

 
 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | フランス領インドシナ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ユダヤ新年
2015-09-14 Mon 11:05
 きのう(13日)の日没をもって、ユダヤ暦5776年の“ローシュ・ハッシャーナー”(新年。直訳すると“年の頭”の意)となりました。というわけで、きょうはストレートにこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      イスラエル・ロシュハシャナ(2015)

 これは、ことし(2015年)9月2日に発行された“(秋の)祭り”の切手のうち、ローシュ・ハッシャナーを取り上げた1枚です。イスラエルでは、例年、この時期にユダヤ暦の新年を題材とした切手を発行していますが、今年は「子供の頃の思い出」をテーマに、伝統的な秋の祭りの日の子供の姿を描いた切手を発行しました。

 古代ユダヤには、春から1年が始まる宗教暦と秋から1年が始まる政治暦が併存していました。政治暦は旧約聖書・レビ記23章24節に「第七の月の一日は安息の日として守り、角笛を吹き鳴らして記念し、聖なる集会の日としなさい」とあるのを根拠として、宗教暦の7月1日から始まります。ただし、ユダヤ暦は太陰暦ですので、毎年、新年の日付は異なります。また、ユダヤ暦の紀元は、ユダヤ教において神が世界を創世した日を西暦に換算したとして、紀元前3761年10月7日とされています。

 さて、ユダヤ暦の“お正月”としてのローシュ・ハッシャナーは、旧約聖書の記述に倣い、シナゴークでラビが雄羊の角笛(ショファー)を吹き鳴らされることから“ラッパの祭り”とも呼ばれています。個人の生活としては、家族や親戚が集まり、今後1年間が“甘い年”となるようにリンゴやパンを蜂蜜に浸して食べたり、“実がいっぱいに詰まった年”となるようにザクロざくろを食べるほか、食事のメインには“年の頭”にちなんで尾頭付きの魚を食べる習慣があります。

 今回ご紹介の切手に、リンゴと蜂蜜、ザクロの実が描かれているのこのためで、ユダヤ教徒の間でやり取りされる年賀状のデザインも、蜂蜜のかかったリンゴを描くのが定番です。

 リンゴと蜂蜜というと、僕などは、ハウスのバーモントカレーを思い出すのですが、事情を知らないユダヤ系の人があのパッケージをみると、新年を連想するということになるのかもしれません。そういえば、「おせちもいいけどカレーもね」というコピーでククレカレーのCMを流していたのも、ハウス食品でしたな。ひょっとして、ハウス食品の担当者に、ユダヤ文化に詳しい人がいたということなのかなぁ。


 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | イスラエル | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 カールカー=シムラー鉄道
2015-09-13 Sun 16:37
 インドの山岳鉄道の一つとして世界遺産にも取り上げられているカールカー=シムラー鉄道のパーヌワー付近で、きのう(12日)、列車が脱線し、乗客の英国人2人が死亡、9人が負傷しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々には心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      インド・カールカー=シムラー鉄道

 これは、2003年にインドで発行された“カールカー=シムラー鉄道100年”の記念切手で、雪中を進む鉄道車両が描かれています。

 カールカー=シムラー鉄道は、インド北部・ハリヤーナー州のカールカーから、ヒマーチャル・プラデーシュ州の州都シムラー間の96kmを結ぶ登山鉄道で、両端の駅の標高差は1420m (カールカーは656 m、シムラーは2076 m)で、途中には103ヶ所のトンネルと864ヶ所の橋があります。

 英領インド帝国の時代、英国人はインドの夏の酷暑に耐え兼ね、夏の間の仕事や生活の場として高原地帯にいくつかの“ヒル・ステーション”を設けていました。帝国の首都は、1911年にデリーへの遷都宣言が発せられるまで、カルカッタ(コルコタ)が首都でしたが、ここも3-10月の平均最高気温が30-35℃と英国人にとっては高温だったため、1864年、ヒマラヤ山麓のシムラー(同じ期間の平均最高気温は20℃前後)が夏の首都とされ、軍司令部や政府部局も置かれます。ちなみに、チベットをめぐる英国と清朝ないしは中華民国との交渉が、しばしば、シムラーで行われたのも、このためです。

 シムラーへの鉄道の建設は、1864年以降、何度か計画されたものの、急峻な地形ゆえになかなか実現できませんでした、しかし、1889年に、デリーからアンバーラー経由でカールカーまで鉄道が到達したことで、カールカー=シムラー間の鉄道建設が具体的に検討されるようになり、1898年、建設工事が開始されました。鉄道建設を担ったのは民間のデリー=アンバーラー=カールカー鉄道会社で、1903年11月にはシムラーまでの全線が開通しましたが、開通後の同鉄道は経営的には厳しい状況が続いたため、1906年、英領インド政府により買収され、国営に移管されています。

 ちなみに、世界遺産としての“インドの山岳鉄道”は、1999年に“ダージリン・ヒマラヤ鉄道(ニュー・ジャルパーイーグリー=ダージリン間)”の名で同鉄道のみが取り上げられたのが最初で、2005年にニルギリ山岳鉄道(タミル・ナードゥ州ニーラギリ県のメットゥパラヤム=ウダカマンダラム間)が登録対象に加えられた際に、現在の名称に変更されました。今回の脱線事故が起きたカールカー=シムラー鉄道が拡大登録されたのは2008年のことです。なお、インドには山岳鉄道が4本あり、残りの一つとして、ムンバイ郊外のネーラル=マテラン間を結ぶマテラン鉄道がありますが、同鉄道は、2010年、世界遺産に登録しないことがインド政府に対して勧告されています。


 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | インド:ヴァージペーイー時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 メッカの聖モスク
2015-09-12 Sat 11:57
 昨晩(11日)、イスラムの聖地メッカのカーバ神殿を囲んで建てられている聖モスク(マスジド・ハラーム)に向かって、工事中のクレーンが倒れる事故が発生し、この記事を書いている時点で、少なくとも107人が死亡、238人が負傷したそうです。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々には心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      サウジ・メッカ聖モスク拡張紀念

 これは、1989年にサウジアラビアで発行された“メッカの聖モスク拡張”の記念切手で、拡張後の聖モスクの全体像が描かれています。切手の右側に見える黒い箱型のものが、いわゆるカアバ聖殿で、報道写真(下にアップしました)などを見ると、クレーンはその周囲を囲むように建てられている2階建ての建物部分に倒れ込んでいるのがわかります。

      聖モスクのクレーン事故

 さて、メッカの聖モスクは、西暦630年、預言者ムハンマド(メッカの出身ながら、イスラムの戦況を開始したことでメッカの支配層と対立し、622年にメディナに逃れ、ここを拠点にメッカと戦っていました)がメッカを制圧した後、義理の息子のアリーとともに、カアバ神殿の周囲に祀られていたイスラム以前の偶像を破壊し、かわりに、カアバを囲むように礼拝施設を建てたのが始まりです。

 当初の建物は木造でしたが、8世紀末に拡張された際に大理石造りとなるとともに、ミナレット(尖塔)が設けられています。1570年、オスマン帝国のスルターン、セリム2世は聖モスクの大掛かりな改築をおこない、このとき、ドーム型の屋根のある建物が作られました。なお、現在の聖モスクに残っている最も古い部分は、この時代につくられたものです。

 その後、1621年と1629年には大雨と洪水のためモスクの建物は大きな打撃を受けたため、1629年、オスマン帝国のムラド4世によって再建・拡張工事が行われました。なお、メッカを含むアラビア半島で大雨と洪水というのは、通常ではイメージしにくいのですが、今回の転倒事故も激しい雷雨と強風が原因でしたし、意外と侮れない危険性があるものだということは留意しておいた方が良さそうです。

 毎年、イスラム暦ズー・ル・ヒッジャ月(巡礼月)8日以降、全世界からムスリムが数百万人規模でメッカ巡礼に訪れますが、それゆえ、これまでにも、巡礼者が将棋倒しになるなどして死者が出る事故が何度も起きています。比較的最近に限っても、1990年に1426人、1998年と2004年には数百人規模、2006年には363人が、巡礼中の事故で亡くなっています。

 このため、メッカの管理責任を追うサウジアラビア政府は、モスクの収容能力を向上させるため、これまでにも3次にわたる拡張工事を行って(ちなみに、今回ご紹介の切手の題材となっているのは、1983-88年の第二次大拡張です)を行っており、現在も2020年の完成を目指して第4次拡張工事が進められている最中でした。

 なお、今年のズー・ル・ヒッジャ月は9月14日から始まり、22日からは大巡礼の各種儀式が本格的に始まりますので、今回の事故やその原因となった悪天候が、全世界から集まる巡礼者の方々に悪影響を及ぼさないことを祈るばかりです。


 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 レーニン像復活の物語
2015-09-11 Fri 22:05
 ドイツ統一後の1991年にベルリン近郊の森に埋められていたレーニン像の頭部が掘り起こされ、市内の博物館で展示されることになったそうです。というわけで、きょうはこんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      アイスレーベンのレーニン像(縦型)

 これは、1960年に東ドイツで発行された“アイスレーベンのレーニン像”の切手です。

 東西冷戦の時代、東側諸国の各地にはおびただしい数のレーニン像が立てられていましたが、それらのレーニン像にはさまざまなバリエーションがあります。そのうち、レーニンのトレードマークともいうべき禿頭を露出しておらず、スーツにレーニン・キャップをかぶり、右手をズボンのポケットに突っ込み、左手でジャケットの襟をつかんでいるタイプは、1927年に彫刻家のマニザーが原型をつくったモノです。

 さて、第二次大戦中の1943年、レニングラード近郊のプシュキノはドイツ軍の占領下に置かれており、ドイツの占領当局は、この地にあったマニザー・タイプの像を鋳つぶそうとします。これを察知したアイスレーベン出身のドイツ人が、像をひそかに隠し、ドイツ敗戦まで保管していました。ちなみに、アイスレーベンは、旧東ドイツ地域のザクセン=アンハルト州の郡の一つで、マルティン・ルターの生誕の地にして終焉の地であったことにちなんで、1946年、ルター生誕400年を機に“ルターシュタット”の称号を与えられました。
 
 1945年7月2日、ソ連赤軍がアイスレーベンに進駐すると、この地の共産主義者は赤軍を歓迎して記念碑建立の計画を発表。これを受けて、アイスレーベンの出身者によるプシュキノでの“英雄的行為”がクローズアップされ、ソ連は“感謝のしるし”としてプシュキノにあった像と同型の、マニザー・タイプのレーニン像をアイスレーベンに贈りました。この答礼として、1949年に発足した東ドイツ政府は、プシュキノにドイツ共産党の党首だったテールマンの像を贈っています。

 こうしたことから、アイスレーベンの像は、“アイスレーベンのレーニン”で反ナチスのレジスタンスと東独=ソ連友好の象徴とされ、東ドイツの切手にも取り上げられたというわけです。まぁ、今回とは事情が異なりますが、これもまた、レーニン像復活の物語の一つといえましょうか。ちなみに、アイスレーベンのレーニンは東ドイツに設置された最初のレーニン像ということもあり、現在はベルリンの歴史博物館の収蔵品となっています。

 さて、今回、掘り起こされるレーニン像は、もともと1970年に設置されたものですが、1991年、130個に分解したうえで、これまで埋められていました。当局者の話によると、今回掘り起こされるのは頭部のみで、その他の部分は、今後も埋めたままになるそうです。まぁ、レーニンの一般的な漢字表記は列寧ですから、博物館の展示も仏頭ならぬ列頭ということになるのでしょうが、この字面だと、レーニンの頭部だけがずらっと並んだ風景が連想されて、ちょっと不気味ですな。


 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ドイツ:東ドイツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 QEII、在位記録を更新
2015-09-10 Thu 22:22
 英国のエリザベス女王は、きのう(9日)、在位63年216日を数え、大英帝国繁栄の象徴である高祖母のヴィクトリア女王を抜き、在位期間が歴代最長の英国君主となりました。というわけで、両女王が同時に描かれている切手として、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      香港・QV像角ヴァラエティ

 これは、1962年に英領香港で発行された香港切手発行100年の記念切手の10セント切手で、ヴィクトリア・パークのヴィクトリア女王像と、エリザベス女王の肖像が並べて描かれています。この切手は、シートの3番切手(最上段の左から3番目の切手)に有名な定常変種として“角”の字に点がついたものがありますので、今回は、そのポジションがわかるようなブロックを持ってきました。ちなみに、カタログの図版から起こしたヴァラエティ部分の拡大図を下に貼っておきます。 

      角の字ヴァラエティ

 切手に取り上げられたヴィクトリア女王像は、もともとは、1897年、女王の即位60周年を記念して、英本国のピムリコで制作され、現在のスタテュー・スクエア(皇后像廣場。この銅像を置くための広場として作られたので、この名があります)に設置されました。1941年末に始まる日本占領時代には鋳つぶして軍事資材とするため、占領当局によって接収されて、広場から外されましたが、実際に鋳つぶす前に終戦となったため、銅像は香港政府に返還され、修復されました。

 現在、この像が置かれているヴィクトリア公園の場所は、第二次大戦以前は、銅鑼湾避風塘として、嵐などの際に船ごと逃げ込む避難所がありましたが、1950年代になって埋め立てられた後、1954年8月以降、修復された女王像を設置するための公園として整備が進められ、1957年10月に完成しました。香港の中心部にあるだけでなく、19ヘクタールもの敷地を有していることから、今回のデモに限らず、政治的な集会の出発点等でしばしば利用されています。

 さて、今年11月に香港で開催予定のアジア国際切手展<HONG KONG 2015>ですが、コミッショナーだった山田廉一さんが事情によりコミッショナーの業務を行うことができなくなったため、アシスタント・コミッショナーの井上和幸さんがコミッショナーとなり、僕がアシスタントとしてお手伝いすることになりました。今後、同展に関して、ご出品者の皆様をはじめ、皆様にいろいろお世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


* きのう、アクセスカウンターが156万PVを超えました。いつも閲覧していただいている皆様には、あらためてお礼申し上げます。

 ★★★ 講座「アウシュヴィッツの手紙」(10月16日)のご案内 ★★★ 

     ポーランド・アウシュヴィッツ解放30年   アウシュヴィッツの労務風景

 10月16日19:00~20:30、愛知県名古屋市の栄中日文化センターで、「アウシュヴィッツの手紙」と題する講座を行います。

 第二次大戦中、ポーランド南部のアウシュヴィッツ(ポーランド語名・オシフィエンチム)は、ナチス・ドイツの強制収容所が置かれ、ユダヤ人を中心に150万人以上が犠牲となった悲劇の地として知られています。今回の講座では、収容者の手紙を中心に、第二次大戦以前の状況を物語る郵便物・絵葉書、アウシュヴィッツを題材とした戦後の切手などもご紹介しつつ、さまざまな角度からアウシュヴィッツを考えてみたいと思います。

 申込方法など詳細は、こちらをご覧ください。(画像は、ポーランドが発行したアウシュヴィッツ解放30周年の記念切手、右側は収容者による労務風景を取り上げた戦後作成の絵葉書です) 

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 サミュエル・ドゥ処刑25年
2015-09-09 Wed 12:40
 リベリア内戦の当事者の一人だった独裁者サミュエル・ドゥが1990年9月9日に処刑されてから、きょうでちょうど25年です。というわけで、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      リベリア・第2共和国

 これは、1988年にリベリアで発行された“第2共和政発足”の記念切手で、大統領就任に際して、法服の最高裁長官エマニュエル・グバラゼと握手する背広姿のドゥが描かれています。

 ドゥは、1951年5月6日、リベリア内陸部グランドゲデ郡の寒村トゥゾンの先住民クラン族の農家に生まれました。1969年に高校を中退して陸軍に入隊し、米軍から派遣されたグリーンベレー出身者による訓練を受けます。上級軍曹時代の1980年4月12日、軍事クーデターを敢行し、ウィリアム・R・トルバート大統領を殺害しました。

 もともと、リベリアは、米国の解放奴隷が“帰還”して建国した国で、そうした解放奴隷の子孫であるアメリコ・ライベリアンが支配層を形成していましたから、ドゥのクーデターはそうした国家の基本構造を根本から覆すものでした。

 クーデター後、ドゥは憲法を停止。統治機溝として人民救済評議会(PRC)を設置し、ドウ本人は評議会議長(事実上の大統領)となって独裁体制を敷き、批判勢力を容赦なく弾圧していました。その一方で、タックス・ヘイブンとして西側の船舶・資本を集める政策を推進していたため、米国はドゥ政権による人権抑圧には批判的であったものの、東西冷戦下でアフリカの振興独立国の多くが東寄りのスタンスを採っていたこともあり、基本的には、ドゥ政権を支援していました。

 その後、国際社会からの批判を受けたドゥ政権は、1985年までに文民統治に復帰すると宣言。公約通り、1985年10月15日には総選挙が行われましたが、9野党のうち3党しか参加が許されず、政権側による露骨な選挙干渉や投票箱の不法投棄などの不正が横行。選挙後、ドゥは51%の支持を獲得し、PRCを母体に結成された与党リベリア国民民主党(NDPL)が上院で全26議席中21議席、下院では全64議席中51議席を得たとの選挙結果が発表されました。今回ご紹介の切手の題材となっている“第2共和政発足”とは、この不正選挙による“民政復帰”のことを指しています。

 独裁傾向を強めるドゥに対しては、選挙後の1985年11月12日、1980年のクーデターに際してはドゥの同志であったトーマス・クィウォンパ(ギオ族出身)が、亡命先のシエラレオネから潜入してマノ族らともにクーデターを試みたものの失敗。その報復として、ドゥは、出身部族のクラン族のみで結成したリベリア軍(AFL)をギオ族とマノ族の居住地域に派兵し、徹底した破壊と虐殺を行いました。

 反対派を粛清したドゥは、翌1986年1月6日、大統領に就任(切手に描かれているのはこの場面です)すると、野党議員による新聞の発行停止、政治活動の禁止など強権支配をさらに強めていきました。

 これに対して、1987年、アメリコ・ライベリアンのチャールズ・テーラーは、ドゥ政権打倒を掲げ、リビアでリベリア国民愛国戦線(NPFL)を結成。NPFLはカダフィ政権の支援で軍事訓練を受けた後、1989年12月24日、コートディヴワール側から国境を越えリベリアのニンバ郡ブトゥオ村に侵入してリベリア軍部隊を襲撃。リベリア軍の兵士250人を殺害しました。

 この事件が契機となって、いわゆるリベリア内戦が勃発。1990年に入ると戦火はリベリア全土に拡大します。

 独裁体制に対する国民の不満もあって、反政府側は政権側を徐々に追い詰め、ドゥ政権の支配は首都モンロビアとその近郊にしか及ばなくなっていきます。しかし、反政府側も、リビアとの関係を深めるテーラーのやり方に反発した親米派のプリンスジョンソンがNPFLから離脱してリベリア独立国民愛国戦線(INPEL)を結成するなど、分裂状態に陥っていきます。

 こうした中で、首都モンロヴィアでは、1990年5月、米海兵隊による在留米国人の救出作戦が行われましたが、これを受けて、現地のキリスト教関係者は内戦終結のために米軍介入を求めるデモを展開。ここにいたり、ドゥは米国への亡命を申請しますが、米国はこれを拒否します。

 米国に見放されたドゥは、西アフリカ諸国経済共同体監視団(ECOMOG)の仲介でINPELとの交渉を行おうとしましたが、モンロヴィアのECOMOGに現れたところを逮捕され、INPEL側に身柄を引き渡されます。その後、耳や指、鼻を切り落とすなど残酷な拷問の後、9月9日、銃殺刑に処せられました。なお、ドゥの拷問・処刑の場面はINPELによって撮影されて全世界に配信され、前年末のルーマニアのチャウシェスク処刑同様、全世界に大きな衝撃を与えました。

 こうして、内戦の原因となったドゥ政権は打倒されたわけですが、その後も、NPFLとINPELの抗争に加え、反テーラーを揚げるマンディンゴ族のアルハジ・クロマー ひきいるムスリム系組織リベリア民主統一解放運動(ULIMO)が武装蜂起するなど、諸派が入り乱れてのリベリア内戦は、1996年に西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の監視の下で総選挙が行われ、テーラーが大統領に当選するまで続くことになります。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | リベリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 切手に見るソウルと韓国:米軍政庁
2015-09-08 Tue 12:31
 ご報告が遅くなりましたが、 『東洋経済日報』8月17日号が発行されました。今回は、韓国にとっての“解放70年”に近い刊行日でしたので、こんなモノをご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます)

      米軍政庁構内局

 これは、解放切手に押された、発行初日(1946年5月1日)の“米軍政庁構内郵便局”の消印です。

 1945年8月15日、大日本帝国の降伏が発表されると、当時の朝鮮総督であった阿部信行と朝鮮軍司令官の上月良夫は、朝鮮総督府の屋根から日章旗を下ろし、太極旗を掲揚させました。敗戦によ日本の朝鮮統治が終了することを意識しての行動でしたが、法手続き上は、連合軍が進駐してくるまで、朝鮮総督府は従前どおり、朝鮮の治安と社会秩序に責任を負わねばなりません。

 一方、朝鮮各地では日本支配からの解放を喜ぶ高揚した気分があふれ、戦前からの独立運動家であった呂運亨は、早くも8月15日夜、朝鮮建国準備委員会(建準)を組織して委員長に就任。日本留学を経験した宋鎮禹・曺晩植・金性洙・安在鴻ら知日派を糾合して、日本とも提携の上で独立朝鮮の国家建設を行うとの青写真を描いていました。

 このため、日本降伏後の政治的空白から朝鮮が無政府状態に陥ることを懸念した朝鮮総督府政務総監の遠藤柳作は呂を呼んで、民衆保護のための協力を要請。この要請は、あくまでも、遠藤と呂の個人的な関係に基づくもので、法的な裏付けは何もなかったのですが、呂らは、朝鮮総督府から行政権の移譲を受けたと理解(“誤解”というべきかもしれません)し、政治犯の釈放などを行います。

 9月2日、東京湾に停泊していた米軍艦ミズーリ号上で降伏文書が正式に調印され、その後、連合国側で各地の日本軍の降伏を受理する担当割を決めた“一般命令第一号”が発せられ、朝鮮半島は、とりあえず、北緯38度線を境として、北側はソ連が、南側は米国が進駐して日本軍の武装解除と行政機構の接収を行い、軍政を施行するとの方針が発表されました。

 この時点で、米国は、米軍が南朝鮮に進駐するまでは日本の朝鮮総督が従来通り、南朝鮮の行政実務に責任を負うのが当然という理解です。

 ところが、解放イコール即時完全独立と無邪気に考えていた建準には、そうした認識は全くなく、9月6日夜、朝鮮人民共和国の樹立を宣言。人民共和国は、あらゆる党派の政治指導者を網羅的に主要閣僚として指名していましたが、主席に指名された李承晩をはじめ、そのほとんどは未だ朝鮮に帰国さえしておらず、組織としての実体はなきに等しいものでした。当然、人民共和国が朝鮮総督府に代わって社会の秩序と安定を維持できるはずもなく、日々治安が悪化していく状況を目の当たりにして茫然自失の朝鮮総督府は、朝鮮進駐の準備を進めていた米陸軍第10 軍第24 軍団のホッジ司令官に対して、「朝鮮の治安が急速に悪化しているので、一刻も早く米軍に進駐してもらいたい」と報告します。

 かくして、9月5日、第24 軍団が沖縄から朝鮮に向けて出発。同8日、米軍は仁川港に上陸し、翌9日早朝、京城へ進駐。ホッジらは朝鮮総督府第一会議室で日本側・朝鮮総督の阿部信行らと降伏文書に署名しました。この間、8日に在朝鮮米陸軍司令部軍政庁(以下、米軍政庁)が発足し、9日付でホッジは軍政長官として朝鮮における米陸軍最高司令官の全権を委任されています。

 就任に当たり、ホッジは「現行政府の機構を通じて施行することが必要である」との声明を発表。建準と朝鮮人民共和国を否定し、旧朝鮮総督府の機構とスタッフを基本的に継承する“現状維持”の意向を示しました。

 しかし、“独立”気分が高揚していた社会の空気に冷や水を浴びせるようなホッジの対応は、朝鮮人の感情を逆なでし、米軍に対する彼らの信頼感は大きく損なわれます。このため、米国務省やマッカーサーの指示もあり、9月12日、ホッジは朝鮮総督府を廃止して日本人官吏を解任。アーノルド少将を長官として、米軍政庁による直接統治を実施することとしました。

 こうして、1948年8月の大韓民国政府の正式発足までの米軍政期が開幕するわけですが、この間、米軍政庁のオフィスとしては旧朝鮮総督府庁舎が使われていました。

 ちなみに、旧朝鮮総督府時代、総督府の庁舎内には郵便局がありましたが、この建物が米軍政庁となった後も郵便局は業務を継続しています。ただし、局名は“軍政廳構内郵便局”と変更されましたが…。
 
 このあたりの事情については、拙著『朝鮮戦争』でもいろいろご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 南朝鮮:米軍政時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ボロディノの戦い
2015-09-07 Mon 22:41
 1812年9月7日、ロシア・モスクワ西郊のボロディノで、ナポレオン1世ひきいるフランス遠征軍とロシア軍が戦った“ボロディノの戦い”を再現するイベントが、きのう(6日)、かつての戦跡で行われたそうです。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      反共フランス義勇軍団・ボロディノ

 これは、1942年4月20日、ボロディノの戦い130年を記念して発行された反共フランス義勇軍団の発行した“切手”で、1812年のフランス軍の兵士と、切手発行時の兵士が並べて描かれています。

 1941年、独ソ戦が勃発すると、親独ヴィシー政権下のフランス国内では、ドイツ軍に所属して共産主義(ソ連)と戦うためのフランス人義勇兵部隊として、反共フランス義勇軍団が創設されました。彼らは、ポーランドでの訓練を終えた後の1941年11月、ドイツ陸軍第638歩兵連隊としてドイツ陸軍第7歩兵師団に所属し、東部戦線におけるモスクワの戦いに参加したのを皮切りに、ソ連軍と戦いました。

 反共フランス義勇軍団に参加した将兵の郵便物は、20グラムまでは無料で、20グラムから1キロまではヴィシー政権とドイツの協定によって決められています。今回ご紹介の“切手”は、ボロディノの戦い130年の名目で、無料の軍事郵便に1フランの国防献金を課すため、5種セットで発行されたものの1枚で、1万セットが製造され、パリ、リヨン、マルセイユで販売されました。
.
 さて、“切手”の題材となったボロディノの戦いでは両軍ともに大きな損害を出したものの決定的な勝利は得られず、ロシア軍の戦略的撤退によって戦闘はいったん終息します。これを受けて、9月14日、フランス軍はモスクワに入城しましたが、陸軍部隊が健在のロシア皇帝アレクサンドル1世は和平交渉を拒否。このため、10月19日、ナポレオンはモスクワからの撤退を余儀なくされ、その帰途、フランス軍は冬のロシアで壊滅的な敗北をこうむることになります。まぁ、この“切手”を企画・発行した時点では、独ソ戦のドイツ軍もナポレオン同様の運命をたどるとはあ、ゆめゆめ考えてはいなかったでしょうが。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | フランス:ヴィシー政権 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ハンガリーからオーストリアへの難民
2015-09-06 Sun 10:22
 中東や北アフリカから多数の移民や難民がハンガリーに流入している問題で、オーストリアのファイマン首相は、きのう(5日)、ドイツとオーストリアがハンガリーに流入した難民らを受け入れると発表。これを受けて、5日夕までにハンガリーからオーストリアに6500人が入国し、オーストリアから特別列車でミュンヘンに到着した難民は1000人に達したそうです。というわけで、きょうはこんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      オーストリア・ハンガリー難民

 これは、1956年、いわゆるハンガリー動乱(1956年革命)で発生した難民救済のため、オーストリアが発行した寄附金つき切手です。

 第二次大戦後、ソ連に占領されたハンガリーは、1949年にソ連の衛星国として共産化され、スターリンの意向に忠実なラーコシ・マーチャーシュが首相兼ハンガリー勤労者党(共産党)書記長として、スターリン路線を推進することになりました。

 1953年にスターリンが亡くなると、後継のフルシチョフはスターリン批判を行い、スターリン時代の政策を修正し始めます。ハンガリーでも、ソ連の意向を受けてスターリン路線に批判的な改革派のナジ・イムレが首相となり、経済改革を進めようとしましたが、書記長の座に留まったラーコシは1955年にナジを追放します。そのラーコシも1956年7月にソ連の圧力で権力の座を追われますが、後継書記長となったのは、ラーコシ以上に強硬なスターリン主義者のゲレー・エルネーでした。

 心ならずもソ連の衛星国にさせられたハンガリーの人々は、ナジの失脚とスターリン主義者の復活に反発。首都ブダペストでは、1956年10月23日、市民の大規模デモが発生し、反ソ感情が高まるなか、ゲレー退陣を求めるデモ隊と警官隊との衝突を機に、大規模な暴動が発生し、ハンガリー全土に波及します。これが、いわゆるハンガリー動乱です。

 動乱当初、ソ連は懐柔策としてナジの復権とゲレーの辞任を決め、ナジによる平和的な事態の収拾を期待していました。しかし、脱ソ連化を求める市民の声に押されたナジが複数政党制の導入と(=共産党一党独裁の否定)ハンガリーの中立国化(=ワルシャワ条約機構からの脱退)を打ち出すと、ソ連は軍事介入してハンガリーの“革命”を武力で鎮圧。ナジも逮捕されました。

 動乱の終結後、ソ連の支援により成立したカーダール・ヤーノシュ政権は、ナジを含む政府・議会の指導層の約1200名を処刑。戦闘によって亡くなったハンガリー国民は1万7000人にも上り、20万人が難民となって亡命しました。今回ご紹介の切手は、こうした経緯で、隣国ハンガリーから大量の難民が押し寄せてきた状況に対応してオーストリアが発行したものです。
 
 日本国内でも、西尾末廣や芦田均らが、オーストリアの難民キャンプを訪問し、救援物資や義捐金を届ける活動を行いましたが、ソ連と社会主義を信奉する進歩的知識人の多くは、そうした活動には極めて冷淡な態度を取っていました。たとえば、野上弥栄子が「事件が起こるまで“ハンガリー”がどこにあるかすら知らなかった者がにわかに地球儀を買いに走り、またにわかに募金活動をはじめだす光景に複雑な思いがする」と発言しているほか(外交官としてトルコ駐在の経験があり、ローザンヌ条約を題材とした論文で博士号を取得した芦田が、ハンガリーの位置を知らなかったということはありえないわけですが…)、ハンガリーを“百姓国(大内兵衛)”、“社会主義の進歩性にそぐわない遅れた国(山川均)”などとして、ソ連の軍事介入を正当化する者も少なくありませんでした。まぁ、このあたりは、現在でも、いわゆる平和運動をしている人々の大半が、中国や北朝鮮の軍事的脅威について、ほとんど批判することがないのと同じ構造ですな。

 さて、ハンガリー動乱によって生じた20万人の難民は、当時のオーストリア、ドイツにとって深刻な問題となり、今回ご紹介の切手が発行されるまでになったわけですが、現在の欧州の難民問題では、ドイツ政府は今年の保護申請者数が最大80万人になると予測しています。さらに、一部では、最終的に難民としてドイツで保護申請を行う人は100万人に膨れ上がるとも見られています。その数は、ハンガリー動乱時の難民の実に4-5倍。そう考えると、あらためて、事態の深刻さに慄然とするばかりです。
 
 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 ポーツマス条約110年
2015-09-05 Sat 12:11
 日露戦争の講和条約としてのポーツマス条約が、1905年9月5日(日本時間)に調印されてから、きょうで110年です。ろいうわけで、きょうはストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      日露戦争凱旋観兵式(1銭5厘)

 これは、1906年4月29日に発行された“明治三十七八年戦役陸軍凱旋観兵式”の記念切手のうちの1銭5厘切手です。“明治三十七八年戦役”というのは日露戦争のことで、明治の頃はこのように呼ばれていました。

 1895年の三国干渉以来、わが国は、“臥薪嘗胆”のフレーズの下、帝政ロシアを仮想敵国として国力の充実に備えていました。そうした状況の中で、北清事変(義和団事件)が8ヶ国連合軍によって1901年に鎮圧された後も、ロシアが満州から撤退せず、さらに朝鮮半島へ南下する姿勢を示したことから、日露関係は決定的に悪化。1904年、ついに日露開戦となりました。

 戦争は、翌1905年3月の奉天会戦、5月の日本海海戦で日本が勝利を収め、9月のポーツマス条約によって終結しました。講和条約は、日本側が賠償金を放棄し、樺太の南半分の割譲ならびに南満洲鉄道の敷設権を得て成立しました。

 日露戦争の終結後、戦地からの兵士たちの復員を待って、講和翌年の1906年4月30日、明治天皇御隣席の下、東京・青山の練兵場で陸軍凱旋観兵式が行われます。

 天皇や政府高官の前で陸軍の将兵が整列・行進する観兵式は、わが国では1870年9月8日に行われたのが最初です。その後、陸軍の軍人にとって晴れの舞台として定着し、日露戦争の勝利を祝う1906年の観兵式は、当時最大規模の祝祭となりました。

 これにあわせて、政府は観兵式前日の4月29日に今回ご紹介の記念切手を発行し、あわせて観兵式当日の30日に特印を使用しました。ちなみに、日本で公式の消印としての特印が用いられたのは、このときが最初です。また、葉書料金用の記念切手が発行されたのは、今回が最初のことでした。

 記念切手は中央の円形の帯の中に右書きで「明治三十七八年戦役陸軍街宣観兵式紀念郵便切手」の文字が白抜きで入っており、中央上部の菊花紋章の周囲は勝利と名誉の象徴である月桂樹と椰子の折枝で囲われています。また、枠の外側、上部の左右に配されている星は陸軍の象徴です。

 円の中には陸軍を象徴するものとして、連隊旗をはじめ、小銃、ラッパ、野砲、槍、十字鍬(一般にいう“つるはし”のこと)等が取り上げられていますが、これは、それぞれ、陸軍の歩兵、騎兵、砲兵、工兵を表現しています。

 これらの題材は、樋畑雪湖が選択し、磯部忠一が原図を作成。細貝為次郎が原版彫刻を担当しました。原版の完成は1905年3月9日のことで、3月末までに1銭5厘切手291万枚、3錢切手108万枚が製造されています。

 切手は内地の1等局・2等局で発売されたほか、陸軍の旅団司令部または連隊の所在地の3等局(東京の世田谷、千葉の市川など)13局のほか、当時の日本の植民地であった台湾や、第二次日韓協約(1905年11月17日調印)によって日本の保護国となっていた朝鮮半島、中国大陸各地に設けられていた日本局でも各額面5万枚が発売され、大いに人気を博しました。

 
 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月 3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 日本:明治 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 岩のドームの郵便学(33)
2015-09-04 Fri 23:48
 『本のメルマガ』583号が先月25日に配信となりました。僕の連載「岩のドームの郵便学」では、今回は、コモロについて取りあげました。その中から、この1枚をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      コモロ・岩のドーム(1980)

 これは、1980年にコモロで発行された“岩のドーム”の切手です。

 シーラカンスの島として知られるインド洋のコモロ諸島は、もともと、アフリカ系のマダガスカル人やマレー・ポリネシア系の諸民族が先住民として生活していましたが、10世紀頃からアラブ系およびペルシャ系のムスリム商人が来航するようになり、イスラム化します。

 ヨーロッパ人の来航は、1505年にポルトガル人が上陸したのが最初で、その後、17世紀初頭になると英国とオランダがアンジュアン(現地語名:ンズワニ)島に来航するようになり、同島はスエズ運河の開通まで、東方貿易の重要な中継地となりました。

 なお、コモロ諸島全体をみると、アンジュアン島は単一の王朝による統一支配が行われていたのに対して、グランドコモロ(現地語名:ンジャジャ)島は小規模な王国の分立する状況が続いています。また、マヨット(現地語名:マオレ)島とモヘリ(現地語名:ムワリ)島は、アンジュアン島のスルターン(ムスリムの地方君主)の支配が及ぶこともあれば、マダガスカルの属領となることもありました。

 19世紀に入り、英仏がインド洋に進出するようになると、長年にわたり海賊の被害に悩まされ続けてきたマヨット島の島民はフランスの庇護を得ることを希望。これに対して、当時の同島の宗主国であったマダガスカルのメリナ王国は、“辺境”の治安維持には無関心であったため、1843年、マヨット島をフランスに売却します。

 さらに、1886年、グランドコモロ島を統治していたスルターン、サイード・アリー・ビン・サイード・ウマルはフランスと保護条約を締結。同年、アンジュアン島とモヘリ島もフランスの保護下に入り、コモロ諸島全域がフランスの支配下に入りました。

 当初、コモロ諸島は、行政上、「マヨット島およびその属領」とされていたが、1896年、マダガスカルがフランスの植民地となると、“仏領マダガスカル”に編入されます。

 第二次大戦後の1958年、マダガスカルがフランス共同体の自治共和国になると、コモロ諸島はマダガスカルから分離され、“仏領コモロ諸島”となり、1974年の住民投票を経て、1975年7月6日、マヨット島を除く3島が“コモロ共和国”として独立します。

 ところで、1974年に行われた独立の是非を問う住民投票では、マヨット島を除く3島では独立賛成の票が95%を占めましたが、マヨット島では64%がフランス領への残留を希望したため、旧仏領コモロ諸島は二分されました。

 この投票結果について、新生コモロ国家やアフリカ諸国は不正があったとしてフランスを批難したため、1976年、再度、マヨット島での住民投票が行われますが、今度は99%以上がフランスへの残留を希望するとの結果が発表されます。ただし、コモロ政府は、現在なお、フランスによるマヨット島の領有を批難し、同党は自国領であると主張し続けていますが…。

 実は、旧仏領コモロ諸島時代の首府は、当初、マヨット島のザウジに置かれていたにもかかわらず、1962年にグランドコモロ島のモロニに遷移。このため、マヨット島の住民は、独立後のコモロ共和国において、モロニを有するグランドコモロ島の風下に置かれることを嫌って、フランス残留を選択したという事情があります。

 はたして、マヨット島が参加しなかったコモロ共和国ではグランドコモロ島のプレゼンスが突出することになり、他の2島は、実質的にその属領として扱われ、2島の不満は次第に募っていきました。

 こうした事情もあって、独立後のコモロ共和国の政情は常に不安定で、独立から1ヶ月もたたない1975年8月3日には、アンジュアン島出身の大統領アーメド・アブダラに対して、グランドコモロ島出身のアリ・ソイリが、フランスの傭兵、ボブ・ディナールの部隊を使ってクーデターを起こし、アブダラを追放します。

 ソイリは、独立以前の1970年、毛沢東主義の影響を受けたコモロ人民民主連合を結成。クーデター後の1976年1月、革命評議会の議長に就任し、1977年には選挙を経て大統領に就任しました。

 しかし、ソイリ政権の政策は、端的にいえば、中国の文化大革命の劣化コピーともいうべきものでした。

 すなわち、選挙権獲得年齢を14歳にまで引き下げたうえで、紅衛兵をモデルに、10代の青少年を中心とした政治警察のモアシーを組織し、長老を中心とした伝統的な村落コミュニティの秩序を否定。結婚式や葬儀は極端に簡素化することを要求され、“自給自足”のスローガンの下、急進的な社会主義政策が強行されます。

 当然のことながら、コモロ社会は大混乱に陥り、旧宗主国のフランスはマヨット島をインド洋の拠点として確保していたこともあって、コモロ国家を完全に見捨て、経済援助も停止しました。もともと、さしたる産業もなく、フランスからの援助に大きく依存していたコモロ経済は壊滅的な打撃を受け、一般市民の不満は鬱積。わずか2年半の間に4回のクーデター未遂事件が発生し、ソイリ政権はそれを強権で抑え込むという状況が繰り返されます。

 こうした情勢を見て、パリに亡命していた前大統領のアブダラは、自分を追い落としたクーデターの実行部隊であったボブ・ディナールを雇い、1978年5月13日、ソイリを襲撃・殺害させました。

 ソイリの死後、アブダラは大統領として復権し、ソイリ時代の“文革もどき”の政策・制度は一掃され、とりあえず、独立時の状態にリセットされます。

 復権したアブダラは、社会不安の要因となっていた地域間対立を解消すべく、新憲法を採択し、各島に自治権を与えて連邦制を導入するとともに、国名を“コモロ・イスラム連邦共和国”に変更した。90%を超える国民がムスリムであるということを踏まえ、イスラムを国家統合の核に据えようとしたのです。

 アブダラ政権下の1980年、コモロ郵政が唐突に今回ご紹介の切手を発行した背景には、こうした状況の下で、国民に対してムスリムとしての団結を強調するという側面があったと考えるのが自然でしょう。

 現在、コモロ国内に残る最古のモスクは首都モロニのバジャナニ・モスク(1427年建立)ですが、コモロ国内の特定の地域のモスクを取り上げれば、他の2島の反発を買うおそれがあるります。このため、コモロ政府としては、地域間の対立感情を刺激しないよう、あえて、全世界的に広く認められたイスラムのシンボルの題材を国外に求め、岩のドームを選択したものと推測できます。

 また、岩のドームのアイコンは、アラブ・イスラム世界では、イスラエルによって不当に占領されているアラブとムスリムの聖地を象徴するものという共通の認識があります。コモロの公用語は土着語のコモロ語に加え、旧宗主国のフランス語と、ムスリムのリンガ・フランカであるアラビア語ですから、アラブ・イスラム世界の末端に連なるコモロ国民もそうした感覚を共有しています。そうした土台の上に、マヨット島の領有権をめぐるフランス(およびマヨット島の住民の圧倒的多数)との対立しているコモロ政府としては、岩のドーム(に象徴される占領下のエルサレム)は、国家として回復すベき“失地”のシンボルとしても使い勝手が良かったといえましょう。

 もっとも、1978年以降、アブダラ政権が地域宥和の方針を打ち出した後も、現実の問題として、グランドコモロ島が他の二島を圧倒するという状況は基本的に改められなかったため、社会の根本的な不安定要因は解消されず、依然としてクーデター未遂が頻発するなど、混乱が続いきます。これに対して、アブドラは強権をもって臨み、そのことがますます、“反主流派”の国民の政府に対する不満を増幅させるという悪循環を招き、コモロ情勢は長らく迷走を続けることになるのです。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | コモロ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 中国の抗日戦勝記念日
2015-09-03 Thu 12:44
 きょう(3日)は、中華人民共和国では“抗日戦勝記念日”だそうで、北京では記念の軍事パレードも行われました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      晋察冀辺区(10分)

 これは、日中戦争下の1938年6月、中国共産党(以下、中共)が現在の山西省、河北省、遼寧省、内モンゴル自治区にまたがる地域に設置した“抗日根拠地(解放区)”の晋察冀辺区で発行された1角(10分)切手で、中国国民政府(以下、国府)の象徴である青天白日章が描かれています。

 1937年、日中戦争(支那事変)が始まり、日本軍が華北の諸都市を占領すると、共産党の八路軍第115師団は山西省北部の五台地区に展開し、同年11月7日、八路軍総司令官であった朱徳により晋察冀軍区の成立が宣言されました。さらに、1938年1月10日、晋察冀辺区第1回軍政民代表大会が阜平県で開催され、同31日には晋察冀辺区政府が正式に成立しました。今回ご紹介の切手も、そうした経緯の下で発行されたものです。

 しかし、同年9月20日、日本軍の五台攻略により五台、完県、唐県、曲陽県、霊丘、淶源の各県が日本軍により占領されます。さらに、翌1939年10月、日本軍は掃討作戦を行い、晋察冀辺区のうち阜平県以外のすべての県を占領しました。しかし、その後の戦闘により、この地域では、日本軍ならびにその影響下にある親日派政権の支配地域と、共産党の影響下にある遊撃区が入り乱れる状況が1945年の終戦まで続くことになります。

 ところで、日中戦争下の1937年9月、国共合作が正式に成立し、国府はそれまで非合法としていた中共を合法的存在とし、中共の紅軍は国民革命軍第八路軍(八路軍)新編第四軍(新四軍)に改編されました。中共支配下の解放区の切手に晴天白日章が堂々と描かれているのもこうした事情によるものです。

 ちなみに、一般に第二次大戦での連合国側の対日戦勝記念日は、東京湾に停泊していた米戦艦ミズーリ号上で降伏文書の調印が行われた9月2日とする国が多いのですが、中国に関しては、国府が調印翌日の3日から3日間を戦勝記念の休暇としたことにちなんで、3日を戦勝記念日としています。

 このように、歴史的事実から言えば、第二次大戦で日本と戦った“中国”というのはあくまでも国府のことであって、中共は(少なくとも制度上は)あくまでも国府の下で戦闘に参加したにすぎません。実際、中共は9月2日の降伏文書調印には参加できなかったことはその何よりの証拠であり、翌3日なって国府の定めた戦勝記念休暇の開始日を“戦勝記念日”とせざるを得ないところにも、そうした彼らの立場が表れているわけです。

 いずれにせよ、中国で“抗日戦争の勝利”を祝うのであれば、抗日戦争後の1949年に成立した中華人民共和国の五星紅旗ではなく、国府の青天白日旗を掲げなければ筋が通らないわけですが、今年(2015年)5月には、陝西省延安市で青天白日旗を掲げた中国の青年が“国家転覆罪”で逮捕された事件があるくらいですから、まず無理でしょうな。

 まぁ、今回の式典は、“中国人民抗日戦争および世界反ファシズム戦争勝利70周年”を祝うということになっていますが、現在、世界最悪のファシスト国家である連中が恥ずかしげもなく、そう自称している時点で、彼らに“正しい歴史認識”など望むべくもないわけですが。
 

 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | 中共解放区 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 世界の寄附金つき切手⑨
2015-09-02 Wed 21:02
 ご報告が遅くなりましたが、雑誌『キュリオマガジン』2015年9月号ができあがりました。僕の連載「世界の寄附金つき切手」は、今回は、この切手を取り上げています。(画像はクリックで拡大されます)

      スイス・チューリヒ100年

 これは、1943年、そのチューリヒ最初の切手の発行から100周年を記念して発行された児童福祉募金切手のシートです。

 1648年、ウェストファリア条約(ヨーロッパのほぼ全域を巻き込んだ宗教戦争、30年戦争の講和条約)により、神聖ローマ帝国からの独立を認められた当初のスイスは、統一国家というよりも、独立性の高いカントン(州)の連合体という性質の強いものでした。ちなみに、現在の連邦国家体制が確立するのは、1874年に連邦憲法が採択されてから後のことです。

 そうしたスイス連邦を構成するカントンのうち、チューリヒは、1843年3月1日に最初の切手を発行。1840年にペニーブラックを発行した英国に次いで、世界で2番目に古い切手発行主体となりました。

 切手は、4ラッペンと6ラッペンの額面数字を大きく描いた実用本位のデザインで、オレル・フュースリ社が制作し、偽造防止のため、細かい赤線の印刷された用紙の上に印刷されています。“LOCAL-TAXE”と表示された4ラッペンは市内便の基本料金で、6ラッペンは“CANTONAL-TAXE”と表示された6ラッペンは州内全域へ配達可能な料金に対応していました。製造枚数が多くなかったため、現存数も少なく、オリジナルの切手は非常に高価な珍品です。

 今回ご紹介のシートは、そのチューリヒ最初の切手の発行から100周年を記念して発行されたもので、最初の切手の4ラッペンと6ラッペン描く“切手の切手”12枚で構成されています。

 オリジナルの切手では、国名表示として切手の上部に“ZURICH”の文字が入っていますが、1943年の切手では、下部に“HELVETIA”の国名表示が入っており、上部には“1843-1943”の年号が入っています。ちなみに、多言語国家(公用語はドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4言語)のスイスでは、連邦の正式名称も4言語に対応して4種類ありますが、それらをすべて併記する余裕のない場合には、単独で使用することが許されるラテン語の国名として“HELVETIA”が用いられています。

 オリジナルの切手が発行された当時のチューリヒの通貨はクロイツェルと補助通貨のラッペン(1クロイツェル=21/2ラッペン)でしたが、連邦発足後の1850年、共通通貨としてスイス・フラン(1スイス・フランの100分の1に相当する補助通貨は言語ごとに呼称が異なり、ドイツ語でラッペン、フランス語でサンチーム、イタリア語でチェンテージモ、ロマンシュ語でラップ)が制定されました。

 1943年の切手は、単片では10ラッペンで、シートとしての単純な額面合計は1.20フランとなりますが、郵便局の窓口では、児童福祉のための募金を上乗せして5スイス・フランで販売されています。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | スイス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 アウシュヴィッツ博物館でミストが物議
2015-09-01 Tue 23:45
 第2次世界大戦中のアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所の跡地に設けられたアウシュビッツ博物館が、暑さ対策のため、入り口付近にミストを散布する設備を取り付けたところ、「ガス室での虐殺に使われた『シャワー』を連想させる」として物議を醸しているそうです。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      アウシュヴィッツ葉書(ヒンデンブルク)

 これは、1942年2月2日、アウシュヴィッツ強制収容所からポーランド南部のホジュフ(当時はドイツ占領下でドイツ名ケーニヒスヒュッテ)宛に差し出された葉書で、印刷されている収容所名が“Konzentrationslager Auschwitz”となっています。アウシュヴィッツの収容者専用の葉書には、このほか“Konz.-Lager Auschwitz”と省略形の表示となっているモノもあります。

 1939年9月、ポーランドに侵攻したナチス・ドイツは、1940年5月、ポーランド南部のオシフイエンチム(ドイツ語名アウシュヴィッツ)郊外の旧ポーランド軍兵営をアウシュヴィッツ第1強制収容所として、犯罪常習者とポーランド人政治犯の収容を始めました。その後、ブジェジンカ(ドイツ語名ビルケナウ)に第2、モノヴィッツに第3収容所が設置され、1945年1月27日にソ連軍が解放するまでの間に、100万人のユダヤ人と、25万人以上の非ユダヤ人が計3ヶ所の“アウシュヴィッツ強制収容所”で犠牲になりました。

 収容者の通信には専用の封筒・便箋・葉書が使用されていましたが、外部から差し入れられるなどして、通常の葉書等が用いられることもありました。その後、戦況の悪化に伴い、封筒と便箋が一体となったレターシートが使われるようになります。

 さて、以前も少し書きましたが、現在、“アウシュヴィッツ”を題材にした拙著を刊行すべく準備を進めています。同書の中では、今回ご紹介しているような収容所関連の様々なマテリアルだけでなく、そもそも、オシフィエンチムないしはアウシュヴィッツとはどういう場所だったのかという点についても、歴史的に遡って、関連するマテリアルをいろいろと読み解いていく予定です。詳細が決まりましたら、このブログでもいろいろご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。


 ★★★ よみうりカルチャー荻窪の講座のご案内 ★★★

 10月から毎月1回(原則第1火曜日:10月6日、11月3日、12月1日、1月5日、2月2日、3月1日)、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で下記の一般向けの教養講座を担当します。(下の青い文字をクリックしていただくと、よみうりカルチャーのサイトに飛びます)

 ・イスラム世界を知る 時間は15:30-17:00です。

 初回開催は10月6日で、途中参加やお試し見学も可能ですので、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊  『日の本切手 美女かるた』  好評発売中! ★★★ 

        税込2160円

 4月8日付の『夕刊フジ』に書評が掲載されました!

 【出版元より】
 “日の本”の切手は美女揃い!
  ページをめくれば日本切手48人の美女たちがお目見え!
 <解説・戦後記念切手>全8巻の完成から5年。その著者・内藤陽介が、こんどは記念切手の枠にとらわれず、日本切手と“美女”の関係を縦横無尽に読み解くコラム集です。切手を“かるた”になぞらえ、いろは48文字のそれぞれで始まる48本を収録。様々なジャンルの美女切手を取り上げています。

 出版元のサイトはこちら、内容のサンプルはこちらでご覧になれます。ネット書店でのご購入は、アマゾンboox storee-honhontoYASASIA紀伊國屋書店セブンネットブックサービス丸善&ジュンク堂ヨドバシcom.楽天ブックスをご利用ください。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。

別窓 | ドイツ:ナチス収容所 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/