FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 大統領になりそこなった男たち
2008-09-08 Mon 22:32
 以前からこのブログでもご案内しておりましたが、9月10日付で中公新書ラクレの1冊として拙著『大統領になりそこなった男たち』が刊行となります。その現物が出来上がってきましたので、あらためてご挨拶申し上げます。(画像は帯つきの状態での表紙カバーのイメージ。クリックで拡大されます)

 大統領になりそこなった男たち

 今回の拙著は、現在、雑誌『中央公論』に連載中のコラムを大幅に拡大して新書としてまとめたものです。

 世界の最高権力者の一人、アメリカ合衆国の大統領を決める選挙は、4年に1度、夏季五輪と同じ年に行われます。

 大統領の椅子に座るためには、民主・共和両党いずれかの候補指名を獲得することが大前提になります。(もちろん、両党の指名を受けなくても立候補することはできますが、当選はまず不可能でしょう)

 そこで、2月から始まる州ごとの予備選挙を舞台として、有力政治家たちが熾烈な戦いを繰り広げることになります。この戦いを勝ち抜き、晴れて大統領候補になれば、一般有権者が大統領選挙人を選ぶ11月の本選挙まで、戦いはさらに続きます。こうして、10ヵ月(もしくはそれ以上)にも及ぶ苛酷な選挙戦を経て、たった1人の新大統領が誕生するまでには、落選者の累々たる屍が築かれていくのです。選挙戦が終わってしまえば、人々の関心は新大統領にばかり集中し、数多の“敗者”の物語はいつしか忘れ去られてしまうでしょう。

 しかし、仮に敗者となったとしても、4年に1度の“米国政治のオリンピック”の舞台に立つ資格が与えられるのは、能力・識見・経歴などの面でいずれも米国のトップクラスに属していること、折り紙付きの人物だけです。彼らの多くは、同時代の人々を魅了するオーラをまとい、大統領になろうがなるまいが、米国史の教科書に記録されるような業績を残しています。

 だとすれば、こうした“大統領になりそこなった男たち”の物語から、大統領を主役とする公式の歴史とは別の、もう一つの米国(とその歴史)のスケッチを描いてみることもできるのではないでしょうか。

 ところで、200年以上にも及ぶ米国大統領選挙の歴史において、志半ばに斃れた男たちはおびただしい数に上っているわけですが、本書では、その中から米国切手に取り上げられた8人をピックアップしてみました。

 ご承知のように、切手は国家の名において発行されるものですから(米国の郵便事業をになっているのは民間企業ではなくUSPSという公社です)、そこには、彼らのイデオロギーや歴史観が投影されます。したがって、ある人物の切手を発行することは、その人物が切手の発行国にとって顕彰に値する“偉人”であることを公式に認定したことの宣言にほかならないといってよいでしょう。それゆえ、大統領になれなかったにもかかわらず、切手に取り上げられている人物の生涯と業績は、米国人にとってきわめて重要な意味を持っているとみなすことができるわけですし、彼らの歴史認識のアウトラインを理解するうえで格好の素材と考えてもよいでしょう。

 今回の拙著は、いままでの僕の本と違って、郵便制度や切手そのものについての記述はほとんどありません。しかし、切手を入口として、その背後に広がる広大な物語の沃野をたどっていくという点では、切手の持つ面白さの一端を多くの方々に感じていただけるきっかけくらいにはなるのではないかと思っております。

 お近くの書店などで実物をご覧になりましたら、ぜひ、御手にとってご覧いただけると幸いです。

 なお、この記事をご覧の方で、拙著『大統領になりそこなった男たち』をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したいという方がおられましたら、ご一報いただければ(コメント欄をご利用ください)、すぐに資料をお送りいたしますので、よろしくお願いします。

 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。   
スポンサーサイト

別窓 | 内藤陽介の本 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<< 北朝鮮60年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  香港立法会>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
書評リンク - 大統領になりそこなった男たち (中公新書ラクレ) …
2008-12-20 Sat 22:18 書評リンク | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/