内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 もうひとつの911
2008-09-11 Thu 11:18
 “911”というと、2001年の同時多発テロ事件を思い出す人が多いと思いますが、ラテンアメリカでは必ずしもそうではないようです。というわけで、今日はこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 パラグアイ・アジェンデ

 これは、今年6月、チリの元大統領サルバドール・アジェンデの生誕100年を記念してパラグアイが発行した切手です。ホントはアジェンデの祖国であるチリの生誕100年の記念切手を持ってきたかったのですが、入手が間に合いませんでした。

 アジェンデは、1908年にチリの港町バルパライソにバスク系の子孫として生まれました。チリ国立大学の医学部を卒業した後、チリ社会党結成に参加し、1938年には急進党を中心とする人民戦線政府に保健大臣として入閣。その後、左派の有力政治家として1958年と1964年の大統領選挙にも出馬し、1970年にはついに当選を果たします。

 当時は東西冷戦の真っただ中でしたから、チリ史上初の自由選挙によって社会党政権が成立したことは、「共産主義国は暴力革命によってしか生まれない」と主張していたアメリカのCIAとチリの反共勢力に大きな衝撃を与えました。アメリカなどの西側諸国は経済封鎖を発動し、会社・店などを経営する富裕層は左翼政権を嫌ってストライキをおこなうなど、アジェンデ政権に揺さぶりをかけましたが、これはかえって、国内の貧困層を団結させる結果となり、1973年の総選挙では、人民連合は大統領選よりさらに得票率を伸ばすことになりました。

 そこで、反アジェンデ勢力は、アメリカの支援と黙認の下で、武力による国家転覆を計画。9月11日、アウグスト・ピノチェト将軍が率いる軍が大統領官邸を襲撃し、アジェンデを殺害(自殺説もある)するクーデターを起こしました。ラテンアメリカ諸国では、現在でも、“911”といえば、35年前のこのクーデターのことを指すそうです。

 その後、クーデターの首謀者であったピノチェトが大統領に就任し、チリは16年の長きにわたり、軍事独裁下に置かれることになりました。もっとも、いまになってみれば、日本の革新知事たちがそうであったように、アジェンデ政権というのも、実は放っておけば政策的な行き詰まりでそう長くはもたなかったように思うのですが、当時のアメリカとピノチェトはそう考えなかったんでしょうねぇ。逆に、アジェンデにとっては、その悲劇的な幕切れのゆえに“英雄”としてラテンアメリカ史に名を残すことになったのは、政治家としてある意味で幸せなことだったのかもしれないと思えてなりません。

 * お知らせ 
 NHKテレビの「美の壺」の切手特集にちょこっとだけですが、出演しました。うっかりして5日の本放送のお知らせを忘れてしまいましたが、NHK教育で今月11日(木)の24:45~25:10、NHK総合で13日(土)の 05:15~05:40 の時間帯に再放送があるとのことですので、よろしかったら見てやってください。

 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。
スポンサーサイト

別窓 | ウルグアイ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 鳥取県民の日10年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  大統領になりそこなった男たち:ウェンデル・ウィルキー>>
この記事のコメント
#1226 壷にハマりました
美の壷のおかげで切手集めを復活しました。小学生のときに欲しかったものを少しずつ買ってみたり、100グラム350円の袋をワクワクして開封したりしてます。銅版画が好きなので、手彫りものに興味があります。今は「これが戦争だ!」を読んでます。おもしろくて深い本ですね。
2008-09-11 Thu 15:25 | URL | バルーンおやじ #GCA3nAmE[ 内容変更] | ∧top | under∨
 バルーンおやじ様

 やっぱり、凹版切手は良いですよね。カラーのムックで凹版切手の特集なんかをやってみたいですが、商業的には難しいでしょうかねぇ。

 「これが戦争だ!」をお読みいただいているとのこと。ありがとうございます。

 これからもよろしくお付き合いください。
2008-09-13 Sat 00:41 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/