FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 テイクオフとテイクオフ待機
2009-01-24 Sat 11:51
 昨年2月、北海道・新千歳空港で日本航空機が管制官の許可を得ずに離陸滑走した問題は、管制官が“expect immediate take‐off(すぐに離陸できるよう準備せよ:テイクオフ待機)”と指示していたのに対して、機長が“immediate take‐off(すぐに離陸せよ:テイクオフ)”と誤解したことが原因とする調査報告書が公表されました。今後、国土交通省では誤解まねく管制用語を制限すべく、各方面と調整するそうです。というわけで、手持ちのストックの中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 仁川空港開港

 これは、2001年3月29日、韓国が仁川国際空港の開港を記念して発行した切手で、画面の左上には空港を離陸する飛行機が描かれています。また、少し見づらいのですが、画面の中ほどには滑走路で待機している飛行機も見えます。問題となった“expect immediate take‐off”の状態と見てよいでしょう。

 韓国の国際空港は、ソウル近郊の金浦国際空港が1958年に大統領令で国際空港に指定され、朴正煕時代の1971年から本格的にハブ空港として用いられていました。その後、韓国経済の急成長に伴う航空量の激増に対応して、ソウル・オリンピックの開催を翌年に控えた1987年、金浦空港第2滑走路の運営が開始されたものの、首都近郊の空港の宿命として、航空機の騒音が深刻な社会問題として浮上。周辺の環境から考えて、金浦空港のこれ以上の拡張は不可能と判断した盧泰愚政権は、1989年1月、新空港建設の方針を決定しました。

 これを受けて、1989年6月から1990年4月までに、ソウルの都心から100km以内の距離にある京畿道と忠清南道地域の22ヵ所について予備調査が行われ、国際民間航空機構(ICAO)の検討基準による、空域、障害物、気象、騒音、土地利用現況、交通アクセスと将来の拡張性等の詳細な検討を経て、1990年6月、永宗島(仁川広域市内)が首都圏の新国際空港の最適地として決定されます。

 建設計画の最終的な確定は、1992年2月のことで、その後、用地買収、公有水面埋め立て免許取得、環境評価などを経て、同年11月、空港用地1170ヘクタールの埋め立て工事がスタート。空港の基本施設は2000年6月に完成し、翌7月のリハーサルを経て、2001年3月に仁川国際空港として開港のはこびとなりました。

 なお、仁川国際空港に関しては、拙著『韓国現代史:切手でたどる60年』にも解説記事を載せておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 誰もが知ってる“お年玉”切手の誰も知らない人間ドラマ 好評発売中!
  
 年賀切手   『年賀切手』   日本郵趣出版 本体定価 2500円(税込)       
 
 年賀状の末等賞品、年賀お年玉小型シートは、誰もが一度は手に取ったことがある切手。郷土玩具でおなじみの図案を見れば、切手が発行された年の出来事が懐かしく思い出される。今年は戦後の年賀切手発行60年。還暦を迎えた国民的切手をめぐる波乱万丈のモノ語り。戦後記念切手の“読む事典”<解説・戦後記念切手>シリーズの別冊として好評発売中!

 1月15日付『夕刊フジ』の「ぴいぷる」欄に『年賀切手』の著者インタビュー(左の画像)が掲載されました。 こちらでお読みいただけます。また、日本郵政本社ビル・ポスタルショップでは、『年賀切手』の販売特設コーナー(右の画像)も作っていただきました。 *写真はいずれも:山内和彦さん撮影

 夕刊フジ(イメージ)   日本郵政特設コーナー 
 
 
 もう一度切手を集めてみたくなったら 
 雑誌『郵趣』の2008年4月号は、大人になった元切手少年たちのための切手収集再入門の特集号です。発行元の日本郵趣協会にご請求いただければ、在庫がある限り、無料でサンプルをお送りしております。くわしくはこちらをクリックしてください。
スポンサーサイト

別窓 | 韓国:金大中時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< アタリの番号は94と46 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  キューバの米軍>>
この記事のコメント
#1348 仁川国際空港
ソウル在住の Saemaeul Express と申します。

仁川国際空港はワールドカップ前というよいタイミングで開港されたものの,
空港までのアクセスが高速道路しかないという状況が続いたのは残念でした。
今は仁川国際空港から金浦空港までの区間で空港鉄道(A'REX)が営業中なことはご存じの通りで,
2010年にやっと終点がソウル駅まで延伸され,ソウル駅には都心空港ターミナルができるそうです。
現状では金浦空港で空港鉄道から地下鉄⑤号線への乗り換えが必要で,空港鉄道はいまいち役割を果たせていません。

また,仁川国際空港は開港して数年間,蚊の大量発生に悩まされていたことをご存じでしょうか。
周囲が湿地である上に,空港敷地周辺は開発がほとんど進んでおらず,昆虫の棲息に適していたためです。
2004年などは特に梅雨が長引いたため,大量発生した蚊が旅客ターミナル内にまで入り込んで大変でした。

私の韓国切手コレクションにはこの切手がシートで含まれていますが,
この切手を見るたびに,最初に韓国を訪れた時のこと(まだ金浦空港しか営業していなかった)と,
仁川国際空港を最初に利用した時の感慨(韓国の近代化)を思い出します。
2009-01-25 Sun 01:14 | URL | Saemaeul Express #bxvF113M[ 内容変更] | ∧top | under∨
 Saemaeul Express様
 コメントありがとうございます。
 2004年は冬・夏の2回、ソウルに行きました。夏は僕が行く前の日まで大雨で、橋が水浸しになっていたと友人たちから聞かされたことを思い出しました。

 開港したての頃は、よく調べもせずに京仁線で仁川まで行き、市場で魚を食べてゆっくり空港まで向かえばいいと思っていたら、後になってそれなりに時間がかかることがわかって大慌てしたのが懐かしい思い出です。来年、空港鉄道が全通すれば、こういうこともなくなるんでしょうね。

 今後ともよろしくお付き合いください。
2009-01-30 Fri 21:07 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/