内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 種痘法100年
2009-04-14 Tue 15:31
 1909年4月14日に「種痘法」が公布されてから、きょうでちょうど100年です。というわけで、今日はこんな切手をもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

 仲地紀仁

 これは、1968年に復帰前の沖縄で発行された「仲地紀仁 牛痘種痘実施120年」の記念切手で、仲地が取り上げられています。

 仲地は、1789年、泊の医学者の長男として生まれました。26才の時、中国に渡り内科、眼科を学び、帰国の時、遭難で漂着した薩摩でさらに外科を覚えて帰国。中国の漂流者の病を完治し、王府から褒章を受けています。その後、仲地は王府から派遣されて二度、宮古島での医療活動に従事したのち、泊と那覇で発生した天然痘の治療に中国で学んだ人痘治療で対応し、ふたたび、王府から褒賞を受けました。

 ところで、1846年、イギリスから布教を目的にベッテルハイムが来琉。医師でもあった彼は琉球語をマスターし、那覇で西洋医学の治療を行うとともに、那覇市内の医師に西洋医学の知識を伝授しています。その際、人痘治療の実績を持つ仲地に注目したベッテルハイムは、仲地に牛痘種痘を伝授することにしました。ただし、当時の琉球では、薩摩が琉球人と西洋人との交流を禁じていたため、仲地は波之上の洞窟の中で教えを受けています。その後、仲地は苦心の末、膿疱を持つ牛を入手し1848年、牛痘種痘法を完成させました。

 ちなみに、日本本土では、ロシアに拉致された中川五郎治が帰国後の1810年に牛痘を用いた種痘法を実践したほか、1814年には安芸国の漂流民・久蔵が種痘法を覚え、牛痘を日本に持ち帰って効果を藩主に進言している例もあります。ただし、一般には、1849年に佐賀藩の医師・楢林宗健と長崎のオランダ人医師・モーニッケが種痘を実施したのが本格的な牛痘種痘のルーツとみられているようで、仲地の実績はそれに先立つものとして、琉球史において特筆大書され、切手にも取り上げられたということのようです。


 ★★★ トーク・イベントのご案内 ★★★

 4月25日(土)11:00より、東京・浅草の都立産業貿易センター台東館にて開催のスタンプショウ’09会場内にて、拙著『切手が伝える仏像:意匠と歴史』の刊行を記念してトークイベントを行います。入場は無料で、スタンプショウ会場ならではの特典もご用意しておりますので、是非、遊びに来てください。皆様のお越しを心よりお待ち申しております。 
 

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 誰もが知ってる“お年玉”切手の誰も知らない人間ドラマ 好評発売中!
  
 年賀切手   夕刊フジ(イメージ)  『年賀切手』   日本郵趣出版 本体定価 2500円(税込)
 
 年賀状の末等賞品、年賀お年玉小型シートは、誰もが一度は手に取ったことがある切手。郷土玩具でおなじみの図案を見れば、切手が発行された年の出来事が懐かしく思い出される。今年は戦後の年賀切手発行60年。還暦を迎えた国民的切手をめぐる波乱万丈のモノ語り。戦後記念切手の“読む事典”<解説・戦後記念切手>シリーズの別冊として好評発売中!
 1月15日付『夕刊フジ』の「ぴいぷる」欄に『年賀切手』の著者インタビュー(右上の画像:山内和彦さん撮影)が掲載されました。記事はこちらでお読みいただけます。
スポンサーサイト

別窓 | 琉球・沖縄 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 象供養の日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手で巡る庭園散歩:修学院離宮>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/