内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ベルリンのソ連軍
2005-10-29 Sat 14:30
 <JAPEX >は今日が中日です。

 今回、“1945年”の特集で「“戦後”の誕生」を作るにあたって、一番頭を悩ませたのは、最初に展示するマテリアルを何にするかという点です。結局、全体の総タイトルにあたる部分は文字だけにして、悩んだ末に、展示を構成する作品群のうち、冒頭の作品「欧州:東西冷戦の開幕」のトップに持ってきたのが↓の葉書です。

ベルリンのソ連軍

 この葉書は、ドイツ降伏後のベルリンから占領ソ連軍が差し出した軍事郵便です。葉書の書き込みはドイツ降伏の日である“1945年5月8日 ベルリン”となっていますが、実際に押されている消印の日付は5月23日です。やはり、占領直後の混乱の中では、郵便物の処理にもそれなりの時間がかかったということなのでしょうか。なお、葉書にはこの葉書が検閲を受けたことを示す3行書きの印と(非常に薄くて読みにくいのですが)モスクワ到着時の6月何日かの郵便印も押されています。

 第二次大戦に敗れたドイツは米英仏ソの4カ国に分割占領され、やがて東西分断国家が誕生します。その後、1990年の東西ドイツの統一まで、分断国家となったドイツ、なかでも、東ドイツに浮かぶ西側の孤島となった西ベルリンの存在は、ヨーロッパにおける東西冷戦の象徴的な存在となったことは、皆様ご存知の通りです。

 この葉書は、そうした東西冷戦の原点を象徴するものとして、「“戦後”の誕生」では、一番最初に登場するマテリアルとして展示してみました。是非、会場にお運びいただき、作品をご意見・ご感想などをお聞かせいただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | ドイツ:ソ連軍政期 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 松食鶴 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  国際連盟から国際連合へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/