内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ノルウェーの総選挙
2009-09-14 Mon 22:31
 任期満了に伴うノルウェー議会(定数169)選挙の投票が、一部を除き、きょう(14日)行われます。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

 ノルウェー議会100年

 これは、1984年11月15日にノルウェーが発行した“議会制度100年”の記念切手で(ということは、今年はノルウェー議会125周年ということになりますな)、第1回議会開会の時のようすが取り上げられています。

 立憲君主国のノルウェーでは、1814年憲法では「議会または首相を含む内閣は国王により任命される」とされていましたが、1884年の憲法改正で、内閣の発足には議会の承認が必要とされるようになり、議院内閣制が成立して、国王による内閣の任命は形式的なものとなりました。今回ご紹介の切手の場合も、議院内閣制100年というほうがしっくりくるかもしれません。

 ノルウェーの国会は2院制なのですが、4年に1度、全議員165名を19の州から比例代表制選挙で選び、選挙後、当選議員を両院に割り振るという変則的な制度となっています。わが国でいうと、衆参ダブル選挙をやって当選するまでは、衆議院議員になるのか参議院議員になるのかわからない、という感じですな。まぁ、真に両院が対等で、議員は国家全体のために働くというのであれば、それでも問題がないような気もしますが…。

 改選以前の議席数は、ストルテンベルグ首相率いる労働・左派社会・中央3党による中道左派連立政権が87に対して、保守・キリスト教民主・自由・進歩の野党4党が82となっていますが、各種世論調査による予想だと、与党3党が84、野党4党が85と両者は完全に伯仲しています。

 ところで、福祉国家として名高い北欧諸国でも、高福祉を維持するための過重な負担に反発する国民が福祉政策の見直しを求めることが多く、主要国で唯一左派政権が残っているのがノルウェーだけなのだとか。 わが国では、あさって(16日)にも“中道左派”の民主党政権が発足しようかという状況ですが、次の選挙では与野党伯仲という状況になるのかどうか…。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★  
   
 異色の仏像ガイド決定版 
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&Yなど)・切手商・ミュージアムショップ(切手の博物館ていぱーく)などで好評発売中!

 切手が伝える仏像  『切手が伝える仏像:意匠と歴史』 彩流社(2000円+税)       

 300点以上の切手を使って仏像をオールカラー・ビジュアル解説
 仏像を観る愉しみを広げ、仏教の流れもよくわかる!
スポンサーサイト

別窓 | ノルウェー | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<< リーマン・ショックから1年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手で巡る庭園散歩:秘苑>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
仏像 仏教 盗難
仏像 仏教 仏ゾーン仏様の階級は如来、明王、菩薩、天の順ではないのですか?僕は.... 仏像 仏教 仏ゾーン仏様の階級は如来、明王、菩薩、天の順ではないのですか?僕は昔仏ゾーンというマンガが好きでよく読んでいて、仏様の階級は↑の順だと思っていたのですが…百識王... …
2009-09-15 Tue 00:34 仏像の世界 | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/