FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 大統領のお辞儀
2009-11-16 Mon 17:03
 先日来日したアメリカのオバマ大統領が14日に皇居で行われた午餐会の際、両陛下に“深々としたお辞儀”をしたことが、アメリカ国内で問題視されているそうです。というわけで、オバマのお辞儀写真と比較すべく、こんな切手を持ってきてみました。

 韓米防衛協定   オバマのお辞儀
 
 この切手は、1954年12月25日に韓国で発行された「韓米防衛協定」の記念切手で、両国旗を背景に、当時の両国大統領(李承晩とアイゼンハワー)が握手する場面が取り上げられています。これを見ると、両大統領ともに胸を張っており、お辞儀風の姿勢にはなっていません。アメリカでは、「大統領は外交儀典上、外国元首に一切お辞儀してはならない」との規定があり、これに従うと、アイゼンハワーの姿勢が正しいということになりますし、そうあるべきと考えている人たちからすると、APが配信した右側の写真のオバマの“お辞儀”には違和感があるのでしょうな。

 さて、今回ご紹介の切手の題材となった“韓米防衛協定”についても少し説明しておきましょう。

 朝鮮戦争の休戦協定が調印されたのは1953年7月のことでしたが、休戦後の韓国の安全保障の枠組を規定した米韓相互防衛条約は、休戦直前の5月末から交渉が開始され、休戦後の10月1日、ワシントンで調印されました。なお、条約がそれぞれの国内での手続き等を経て正式に発効したのは、翌1954年11月17日のことです。同条約は、基本的には、休戦体制を補完する色彩の濃いものだが、1951年に締結された日米安保条約(旧条約)とともに、その後のアメリカの太平洋戦略の根幹をなすものとなっていきます。

 当時の韓国側は、条約によって韓国内に駐留する米軍は、いわば“人質”としてきた朝鮮に対する抑止力として機能することを期待していました。特に、休戦ラインから20キロの地点にある京畿道東豆川の米陸軍第2師団は、北朝鮮の攻撃で最初に被害を受ける場所であることから「北朝鮮の南侵=米軍自動介入」の象徴として韓国で受け止められています。

 その一方で、当時のアメリカ側は、休戦協定に強硬に反対してきた李承晩政権が、今度は北進して北朝鮮と再び戦火を交えることになるのではないかとの危惧を捨てきれずにいました。すなわち、同条約の第一条は、「締約国は、それぞれが関係することのある国際紛争を平和的手段によって、国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決し、並びにそれぞれの国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、国際連合の目的又は締約国が国際連合に対して負っている義務と両立しないいかなる方法によるものも慎むことを約束する」として、韓国に対して休戦協定の遵守をまず義務づけているのです。

 さて、条約が結ばれた当初は北朝鮮による南侵の記憶が生々しかったこともあり、米軍部隊は約20万人の常駐態勢が採られていましたが、1958年、中国軍が北朝鮮からの撤退し、アメリカも韓国に戦術核兵器を導入したことで、駐留兵力は1960年までに約6 万人へと大幅に削減されました。ちなみに、現在の在韓米軍の駐留兵力は、第2歩兵師団、第7空軍などを中心とする約3万5000人となっています。

 ちなみに、今回の切手に取り上げられた握手の写真ですが、条約の調印時に撮影されたものではなく(調印に際して、李承晩は渡米していません)、朝鮮戦争中の1952年に、アイゼンハワーが“次期大統領”として訪韓した際のモノではないかと思われます。

 なお、アイゼンハワーと朝鮮半島とのかかわりについては、拙著『韓国現代史:切手でたどる60年』でもいろいろとご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 出版記念パーティーのご案内 ★★★

 『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行』の刊行を記念して、ルーマニア民主革命20周年の記念日にあたる12月22日、下記のとおり出版記念パーティーを開催いたします。ちょっと変わったオフ会あるいは忘年会としていかがでしょうか。当日は、僕のトークのほか、楽しいアトラクションを予定しております。

 ・日時 2009年12月22日 18:30~

 ・会場 レストラン・ルーマニア(本格的ルーマニア料理のレストランです)
     *東京都中野区本町1-32-24(東京メトロおよび都営地下鉄中野坂上駅1分)
      tel: 03-5334-5341 地図などはこちらをご覧ください。

 ・会費 7000円(『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行』1冊つき)
     *当日会場にてお支払いをお願いいたします。

 ・参加ご希望の方は、12月18日までにキュリオマガジン編集部まで、電子メール(info@fujimint.com)にてお申し込みください。たくさんの方々のお越しを心よりお待ちしております。
 

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

 『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行:ルーマニアの古都を歩く』

 トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行   (彩流社 オールカラー190ページ 2800円+税)

 全世界に衝撃を与えた1989年の民主革命と独裁者チャウシェスクの処刑から20年
 ドラキュラ、コマネチ、チャウシェスクの痕跡を訪ねてルーマニアの過去と現在を歩く!
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&YYahoo!ブックス楽天ブックスlivedoor BOOKS紀伊国屋書店BookWeb本やタウンなど)にて好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 韓国:李承晩時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 転送ネタ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  日式・文化大革命?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/