内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 台湾の独自性⑧
2009-11-18 Wed 10:13
 ご報告が遅くなりましたが、雑誌『東亜』の2009年11月号ができあがりました。3ヶ月に1回のペースで僕が担当している連載「郵便切手の歴史に見る台湾の独自性」は今回が最終回。というわけで、こんなマテリアルを取り上げました。(画像はクリックで拡大されます)

 馬総統

 これは、昨年(2008年)9月に発行された“中華民国第十二代総統副総統就職紀念”の切手です。

 1949年、台湾に逃げ込んだ国府は“大陸反攻”を呼号し、みずからが中国を代表する正統政権であると主張します。もっとも、この“中国”政府は、福建省沿岸の小島を除くと、中央政府と地方政府である台湾省政府の管轄が同じという異常な構造になっていました。

 このため、台北への“遷都”早々、国府は台湾での“地方自治”を実施し、県・市長を公選として県議会を開設したものの、省主席は官選という体裁を取っていました。これは、中華民国総統(蒋介石)が住民によって直接選挙されないにも関わらず、台湾省主席が公選されるということになると、台湾の人々にとっては省主席が総統よりも権威をもつことになるためす。“中央”と“地方”がほぼ同じサイズである以上、蒋介石としては台湾における自己の権力基盤を維持するためにも、そうした事態は何としても避けなければならなりませんでした。

 こうした異常事態は、1996年3月23日に住民の直接投票による総統選挙(李登輝が当選した)が実施されるとその根拠を失い、1997年の憲法改正では地方政府としての台湾省の機能が停止される(台湾の本土化)ことで、とりあえずは解消されます。

 こうした経緯を経て2000年の総統選挙で民主進歩党(民進党)の陳水扁が当選すると、2002年以降、中国ないしは中華の名称を台湾へと置き換え、台湾の存在を“中国の一部”から“中国(大陸)とは別個の地”に代えることを目標とする台湾正名運動が本格化することになります。

 その一環として、陳水扁政権2期目の2007年2月12日、台湾の郵政機関である中華郵政公司が台湾郵政公司に社名変更された。そして、これに伴い、同年2月28日に発行の“二・二八国家記念館”の記念切手から、切手上の国名表記も“中華民国郵票/REPUBLIC OF CHINA”(図1)から“台湾/TAIWAN”に変更されています。

 なお、“台湾郵政”表示の最初の切手の題材が、外省人による本省人抑圧の象徴ともいうべき二・二八事件を主題とする“二・二八国家記念館”であった背景には、野党・国民党の旧悪を指摘し、政権基盤を強化しようという政治的な思惑があったことは言うまでもありません。じっさい、同記念館の開館記念式典において、陳水扁は「政府はこれまで(二・二八事件の)被害者や家族に補償する一方、首謀者の責任は追及してこなかった。国民党は責任を台湾における共産党に押し付け、最近は役人の抑圧が民衆の反逆を引き起こしたと説明しているがこれも責任回避だ」と指摘し、国民党を批判しています。

 こうして発行されることになった“台湾”表示の切手でしたが、“二・二八国家記念館”からおよそ1年後の2008年3月22日の総統選挙で、台湾独立を否定し、“中華民国”体制の現状維持を主張する国民党の馬英九が与党民進党の謝長廷・元行政院長を破って当選すると、再び見直しが検討されることになります。

 すでに、選挙期間中から馬は、切手上の国名表記を“台湾”から“中華民国”に戻すことを公約の一つとして掲げていたが、5月20日の就任式にあわせて発行される予定だった“中華民国第十二代総統副総統就職紀念”の切手の国名表示が“台湾”となっていたことに対しては、早速クレームをつけています。

 すなわち、就任式に先立つ4月8日、切手の原画を見せられた次期総統の馬と次期副総統の蕭萬長は、2007年の中華郵政公司から台湾郵政公司への社名変更に際しては、同公司設置の根拠法である「中華郵政公司条例」が改正されておらず、“台湾(郵政)”の名称で郵便事業を行うには疑義があると指摘。これを受けて、台湾郵政は就任式にあわせての切手発行を見合わせるとともに、馬・蕭とも相談の上、後日、“中華民国”表示の切手を発行することで両者の了解を得ました。

 一方、行政院発言人の謝志偉は「関係法令によれば、切手の発行には、台湾郵政が行政院に図案を送り査定を受ける必要がある。現時点では図案はまだ行政院に届けられておらず、図案が届けられてから行政院長の張俊雄が台湾郵政の文書や状況などから判断して最終的に決裁することになる」との趣旨のコメントを発表しましたが、同時に「彼らは選挙前には絶えず“台湾”と言っていたのに、選挙が終わった途端に“台湾”を用済みと捨てている。馬英九のこのようなやり方は、与野党両方の支持層をいたく悲しませるものだ」として馬・蕭に対する不快感をあらわにしています。

 結局、切手上の国名表記問題に関しては、新政権発足後の5月28日、交通部は、すでに“台湾/TAIWAN”表示での印刷を終えていた切手はそのまま発行するものの、8月1日に台湾郵政公司の取締役会を開き、中華郵政公司への社名の再変更を決議し、8月20日に発行の“義民節”の切手から“中華民国郵票”表示を復活させると発表。かくして、9月12日、“中華民国郵票”との国名表示を入れた“中華民国第十二代総統副総統就職紀念”の切手がようやく発行されました。

 ただし、復活した“中華民国郵票”表示の切手も、ローマ字での国名表示に関してはかつての“REPUBLIC OF CHINA”がそのまま復活したわけではなく、“REPUBLIC OF CHINA (TAIWAN)”として台湾の本土化という現実を反映したものとなっています。

 さて、冒頭にでも申し上げましたが、『東亜』の連載「郵便切手の歴史に見る台湾の独自性」は今回が最終回となります。この連載を通じて、台湾が“中国”の一部同一という主張には全く根拠がなく、台湾では、歴史上、中国大陸と同一の切手が使われたことさえなかったことをご紹介してきました。台湾の将来については台湾の人々の意思によって決められるべきですが、彼らの意に沿わない形での“中国”への併呑という事態が生じることのないよう、われわれ日本人もサポートしていくべきではないかと思います。2年間お付き合いいただきありがとうございました。

 * さきほど、カウンターが61万PVを超えました。いつも、遊びに来ていただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。

 ★★★ 出版記念パーティーのご案内 ★★★

 『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行』の刊行を記念して、ルーマニア民主革命20周年の記念日にあたる12月22日、下記のとおり出版記念パーティーを開催いたします。ちょっと変わったオフ会あるいは忘年会としていかがでしょうか。当日は、僕のトークのほか、楽しいアトラクションを予定しております。

 ・日時 2009年12月22日 18:30~

 ・会場 レストラン・ルーマニア(本格的ルーマニア料理のレストランです)
     *東京都中野区本町1-32-24(東京メトロおよび都営地下鉄中野坂上駅1分)
      tel: 03-5334-5341 地図などはこちらをご覧ください。

 ・会費 7000円(『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行』1冊つき)
     *当日会場にてお支払いをお願いいたします。

 ・参加ご希望の方は、12月18日までにキュリオマガジン編集部まで、電子メール(info@fujimint.com)にてお申し込みください。たくさんの方々のお越しを心よりお待ちしております。
 

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

 『トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行:ルーマニアの古都を歩く』

 トランシルヴァニア/モルダヴィア歴史紀行   (彩流社 オールカラー190ページ 2800円+税)

 全世界に衝撃を与えた1989年の民主革命と独裁者チャウシェスクの処刑から20年
 ドラキュラ、コマネチ、チャウシェスクの痕跡を訪ねてルーマニアの過去と現在を歩く!
 全国書店・インターネット書店(アマゾンbk17&YYahoo!ブックス楽天ブックスlivedoor BOOKS紀伊国屋書店BookWeb本やタウンなど)にて好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 台湾:馬英九時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< ルーマニア・ワイン | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  転送ネタ>>
この記事のコメント
#1566
南や西の隣国で政権交代が相次ぎ、政治的混乱をきたしていたのは記憶に新しいことですが、我が国もまさにその状態に陥りつつあるように感じます。
どちらの政権も最期は哀れなものでしたが、そこまで堕ちないよう祈るばかりです。
世界中、いたるところで国が乱れ経済が乱れていたものですが、日本がそんなことになるとは思っても見ませんでした。(見込みが甘かったです。)
いろいろな事を試みたいのは分かりますが、どうなんでしょう?
最近、自分や家族の将来が本当に不安に思えます。
生まれてから、国の将来に不安を感じるのは初めてです。
世の中が(経済も、外交も、治安も・・・)何もかも悪くなっているように思えてなりません。
政権交代に多くの人が望んだことは果たして今の政権が行おうとしていることなのでしょうか?
経済が悪化したのは現政権の責任ではないのでしょうが、今やろうとしている事、やっていることが良い方向に向かうとは到底思えません。
二の酉で熊手を買うくらいしか、私なんぞにできることは無いように思えます。
年末の先生の御本も楽しみにしております。
2009-11-18 Wed 23:29 | URL | えびす #mQop/nM.[ 内容変更] | ∧top | under∨
 えびす様

 現政権に対する不安は、少し真面目にものを考える日本人なら誰もが共有しているところだろうと思います。(思いたいです)それだけに、僕も微力ながら、おかしなことはおかしいと冷静にこのブログで書いていきたいと考えています。(それがどれだけ実行できているかは別の次元の話ですが)

 今年は一の酉には行けなかったので、二の酉には行くつもりです。

 今後ともよろしくお願いいたします。
2009-11-21 Sat 23:25 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/