FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ニュージーランドの捕鯨
2010-01-07 Thu 21:50
 昨日(6日)、環境テロリスト団体“シー・シェパード”の妨害船アディ・ギル号が、南極海で日本の調査捕鯨団に対して、薬品入りのボールのようなものをぶつけたり、船団に異常接近するなどの妨害行為を行ったうえ、日本側が警告のために行った放水を無視して監視船・第2昭南丸に体当たり攻撃を仕掛け、大破する事件がありました。この件に関して、日本政府はテロリスト船の船籍国であるニュージーランド政府に対して厳重に抗議をしています。というわけで、きょうはこの1枚です。

      サウスランド100年

 これは、1956年にニュージーランドで発行されたサウスランド100年の記念切手で、19世紀の捕鯨のようすが描かれています。

 サウスランドはニュージーランド南島の最南端で、1861年から1870年までは、行政的にもニュージーランドの1州を構成していました。その地理的な位置から、かつては南氷洋の捕鯨基地として利用されました。今回ご紹介の切手もそうした歴史的経緯を踏まえて発行されたものですが、反捕鯨を唱えるニュージーランド人やオーストラリア人には、この切手をよく見てみろと言ってやりたいですな。

 さて、たびたびニュースをにぎわすテロリスト団体シー・シェパードですが、彼らの実態は、環境保護を口にして派手なテロ活動を展開することによって、“環境保護派”としてイメージ向上を図りたい人々や企業にたかって活動資金を集めているにすぎません。したがって、その本質は、エセ同和やエセ右翼と同様の反社会的集団となんら変わりないといってよいでしょう。ちなみに、日本の捕鯨文化を全く理解しようとしない国際捕鯨委員会は2008年3月、彼らを名指しで非難する決議を全会一致で採択していますし、わが国の水産庁も彼らを正式に“(エコ)テロリスト”に認定しています。

 今回の一件に関して、シー・シェパード側はオーストラリア海軍の保護を求めているそうですが、ここでオーストラリアや船籍国のニュージーランドが彼らに手を貸すようなことがあれば、それこそ、テロリスト支援国家でしかありません。“テロとの戦争”が世界的な課題であるのなら、テロ支援国家に対しては国際社会が一致団結して経済制裁を行い、必要とあらば軍事制裁を行うぐらいのことをしなければ、同じような理由で軍事攻撃を受けたアフガニスタンやイラクの国民は納得しないでしょう。

 環境保護というのは誰もが反対しにくいテーマであるだけに、“環境”を隠れ蓑にした怪しげな組織・団体は後を絶たないのが実情です。環境保護のお題目を持ち出せばすべてが許されるかのような風潮は、絶対に認めてはなりません。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 1月10日(日) 切手市場 
 於・桐杏学園(東京・池袋) 10:15~16:30
 拙著『昭和終焉の時代』の即売・サイン会(行商ともいう)を行います。入場は無料で、当日、拙著(現在、ネット書店では品切れが相次ぎ、ご迷惑をおかけしております)をお買い求めいただいた方には会場ならではの特典をご用意しておりますので、よろしかったら、遊びに来てください。詳細はこちらをご覧いただけると幸いです。

 1月15~17日(金~日) 第1回“テーマティク出品者の会”切手展
 於・切手の博物館3階(東京・目白)
 僕も、「マシュリク近現代史」と題して、スエズ以東のアラブ世界の近現代史をたどるコレクションを出品する予定です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!

 * おかげさまで大変ご好評をいただいており、ネット書店でも在庫切れの場合が多く、皆様にご迷惑をおかけしております。7日19:00の時点で、上記ネット書店のうち紀伊国屋書店BookWebには在庫がございますが(ただし僅少です)、その他では品切れの模様です。今週中には問題が解決されると思いますので、いましばらく、ご容赦ください。
スポンサーサイト




別窓 | ニュージーランド | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<< スマトラトラ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  サヌアの消印>>
この記事のコメント
#1602 同感です。
主義主張はそれぞれあるでしょうが、それを表明する手段がテロであれば、その主張も認めるべきではないですね。昨今の関連ニュースを見て、この団体の異常性は目に余ります。
2010-01-07 Thu 22:59 | URL | howlawolf #NNjdI5.M[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1603
いつも楽しく拝見しています。10日のイベントの成功を祈ります。
2010-01-08 Fri 10:26 | URL | favre #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
昔から平和とか人権を掲げているような団体の殆どがウサン臭い連中ですが、最近はこれに環境保護とか動物愛護の連中も加わりました。特に欧米の狂信的な反捕鯨団体は実質的にはテロリストと同じです。シーシェパードは自分で日本の調査捕鯨船にぶつかっておきながら、いかにも自分達が被害者のように主張するのですからこれはもうヤクザやチンピラがよくやる“当たり屋”と同じです。こんな連中に怯むことはありません。日本政府は断固として関係国に抗議すべきです。反捕鯨バカの欧米人には遠慮など要りません。必要とあれば“Fuck you!”ぐらい言って罵ってやるべきです。
2010-01-08 Fri 10:37 | URL | アルファ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・howlawolf 様
 いかがわしい環境保護団体・活動家というのは多いですからね。タブーを恐れず、そういう輩の悪行を暴いていかねばなりませんね。

・favre様
 ありがとうございます。明日は頑張ってきます。

・アルファ様
 シーシェパードをはじめとする環境テロリストの連中のやっていることは、日本国民の生命・財産に直接の脅威を与えているわけですから、明らかなテロ行為であり、北朝鮮による拉致事件と本質的に何ら変わるものではありません。たんに抗議するだけでなく、彼らを断固許さず、しかるべきペナルティを負わせることができないのであれば、いったい、日本の政府というのは何のために存在しているのか、大いに疑問です。
2010-01-09 Sat 22:10 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1658 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-25 Thu 09:33 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/