内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 大震災から15年
2010-01-17 Sun 10:17
 1995年1月17日の阪神・淡路大震災からきょうで15年です。というわけで、きょうは、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      趣味週間(震災募金つき)

 これは、金島桂華の「画室の客」を取り上げた1995年の切手趣味週間の切手で、額面80円に対して阪神・淡路大震災の災害復興のための募金20円がつけられています。

 金島は1892年、広島県の出身。14歳から本格的な絵画の修業を始め、1911年、京都の竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入塾。花鳥画を基本に修行しました。1918年の第12回文展で初入選した後、1925年帝展に出品した「芥子」が特選となり、画家としての地位を確立しました。写実に徹しながらも、新しい感覚と豊かな色彩による花鳥作品に挑み続け、1953年に日本芸術院賞受賞。1954年には日本芸術院会員となり、京都画壇の重鎮として活躍した後、1974年に亡くなりました。切手に取り上げられた「画質の客」は1954年の作品です。 

 さて、阪神・淡路大震災の時は、社会党の村山富市が首相でした。長年、自衛隊は違憲であると主張し続けてきた村山ら社会党の面々は、政権をとると自衛隊の存在を認めたものの、震災時には自衛隊の出動に逡巡し、結果的に被害を拡大させています。また、社会党議員の中には、ともかくも被災地救援のために自衛隊を出動させてほしいと国会で要請した地元議員に対して口汚いヤジを飛ばした者もありました。

 現在、わが国の政権は、保守系の国民新党も加わっているものの、社会党の直系の社民党と旧社会党系の議員を少なからず抱えている民主党をあわせた勢力が圧倒的多数を占めています。「三つ子の魂百まで」ではありませんが、大人になった人間の本質が15年やそこらでそうそう変わることはないでしょう。そう考えると、大いに不安に感じるのは僕だけではないと思います。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 本日(17日)最終日! 第1回“テーマティク出品者の会”切手展
 於・切手の博物館3階(東京・目白)
 僕も、「マシュリク近現代史」と題して、スエズ以東のアラブ世界の近現代史をたどるコレクションを出品する予定です。詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 日本:平成 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手で巡る庭園散歩:虎豹別墅 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  十勝の天然記念物>>
この記事のコメント
阪神大震災の時、当時与党だった社会党と能無し首相の村山富市は意図的に自衛隊の出動を遅らせ、米軍の救助の申し出も断りました。社会党のバカげたエセ平和主義のせいで多くの被災者が見殺しになりました。瓦礫の下で救助を待ちながら果てた被災者の無念を思うと今でも社会党は絶対に許せません。あれから15年経ちましたが、あの当時反自衛隊ビラを配っていた前科者辻元はムショ行きになるどころか国交省の副大臣になり、あまつさえ社会党の流れを汲む社民党は連立与党になる始末です。更に民主党にも横路や赤松のような元社会党の連中が未だに大きな顔をしています。多くの被災者を見殺しにした社会党も許せませんが、社会党の直系の社民党、その“末裔”が潜んでいる民主党はこれからも絶対に支持しません。
2010-01-18 Mon 11:23 | URL | アルファ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1612 噴飯もの
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/903452.html

旧聞に属しますが、自衛隊の出動が遅かったと非難していた社民党の議員さんもいましたねえ。
2010-01-18 Mon 15:44 | URL | sf #z3CjepJk[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・アルファ様
 大震災の時、あらためて自衛隊の活躍を頼もしく感じた国民は多かったと思います。今回の15年という節目に際して、そのことをあらためて考えてみれば、防衛費を削って外国人に参政権を与えようという現政権の政策がいかにおかしなものであるか、自明のことだと思うのですがねぇ。

 旧社会党の流れをくむ連中というのは、基本的に、エセ左翼でしかないと僕は思っています。そうした連中を支持できるわけがないのは当然です。

・sf様
 何でも他人のせいにしたがるのも、エセ左翼の特徴の一つですね。
2010-01-18 Mon 20:37 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/