FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 憲法違反の神社?
2010-01-21 Thu 11:48
 北海道砂川市が市有地を無償で空知太神社に使わせていることは、政教分離を定めた憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、きのう(20日)、最高裁大法廷は「憲法が禁じた宗教団体に公の財産を提供する行為」と述べ、市の土地提供を違憲と判断し、「違憲性を解消する他の手段について審理が必要」として審理を札幌高裁に差し戻しました。政教分離訴訟で最高裁が違憲判断を示すのは、1997年の愛媛玉ぐし料訴訟判決に続き2例目です。というわけで、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

       こぶとりじいさん(鳥居)

 これは、1974年9月9日に昔ばなしシリーズの第5集として発行された「こぶとりじいさん」のうち「鳥居」と題する一枚です。

 切手の原画を担当したのは日本画家の片岡球子です。片岡は、今日伝えられている「こぶとりじいさん」の物語のさまざまなバージョンのなかから、岩手県和賀郡黒沢尻町に伝わるものに独自の解釈を付け加えて、以下の三点の原画を作成しました。このうち、今回ご紹介の「鳥居」については、「裕福な爺さんは長寿を望むがコブが唯一の悩みで、貧しい爺さんはコブを取って働きやすくしたいと願っており、2人が願いごとが良くかなうとされる八幡様に願掛けに出かけた場面」と説明されています。

 これに対して、切手の発行当時、三重県の関口精一は「八幡宮という名称と鳥居を切手に印刷しているのは特定の宗教法人に利益を与えるもので、宗教の自由を定めた憲法に反する」として、三重行政監察局に切手の発売禁止勧告を求める申し立てを行っています。ただし、その後この切手が発売中止になったという話は聞いたことがありませんので、おそらく、申し立てはあっさり却下されたのでしょう。

 神社や神道の行事に関しては、しばしば、ある種の市民団体が政教分離を定めた憲法に違反するとして裁判を起こしていますが、その他の宗教の施設や行事が同様の裁判の対象となった事例というのはあまり聞きませんねぇ。そういう人たちは、宗教団体が政党を組織して国会議員を送り込んでいることや、公の施設でクリスマスの行事を行うこと、中学・高校の古文の授業で仏教説話を教えたり、歴史の授業で仏像の素晴らしさを語ったりすること、さらには、キリスト教に基づく“西暦”を使用していることなどについても、バンバン訴訟を起こしていてもよさそうなものなのですが…。どうも、彼らには神道だけを狙い撃ちにしたい別の理由があるんでしょうな。

 いわゆる政教分離訴訟の多くは“社会通念の範囲内”として原告の訴えが退けられる結果となっていますし、“こぶとりおじさん”の僕もそれが妥当な判断だと思いますが、ときどき“社会通念”にクレームをつけてくる人がいるのは、どうにも疲れますな。

 なお、この切手を含む「昔ばなしシリーズ」については、拙著『沖縄・高松塚の時代』でも詳しくまとめておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!
スポンサーサイト




別窓 | 日本:昭和・1972~1979 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<< 43歳になりました | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  あの飛行機も日航機だった>>
この記事のコメント
#1618
どうもこういった事で騒いでいる方々って神道を「絶対の悪」と見なしているのでしょう。要は神道=「天皇制」に繋がるからなのでしょう。
2010-01-21 Thu 17:42 | URL | 駒長 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1620 和風政教分離
 この問題には一言あり。
 岩手県水沢市では、土地の開拓に努めた昔のキリシタン領主の追悼ミサに市長が参列している。また数年前、北海道・北東北(きたとうほく)知事サミット出席の四知事が平泉町の寺で揃って座禅を組んだ。水沢市や平泉町の名刹での座禅は公立学校修学旅行のコースとして組み入れられている。果たしてこれらは私的なのか公的なのか。
 郵政についても、旧郵政省の時代から「クリスマスゆうパック」がある。尤も、我が国のクリスマスは以前から「プレゼントとケーキの日」だけれど、ここ数年はすっかり七夕と習合して「願い事を書いた紙をクリスマスツリーにくくりつけてサンタさんにお願いをする日」になった。我が国では間違いなくゴッドやイエスよりサンタクロースの方が信仰されている。サンタクロースも八百万の神々の一員。
 結局我が国の「政教分離」とは単なる神道叩き、靖国叩きでしかない。仏教や基督教に対しても、叩こうと思えばネタは沢山あるでしょう。ただ現在の神社業界は他宗派への攻撃に熱心ではないですな。近所の國幣小社に上記の件について見解を問うても、「神社の側は横綱相撲でどっしりと構えているので」と、反撃には腰が重い、或いはその気が無いようです。まあ「弱い犬ほどよく吠える」とも言う。
2010-01-22 Fri 18:36 | URL | いわゐ將軍 #oLpQZmsg[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・駒長様
 彼らは初詣にも行かないのか、聞いてみたいところです。

・いわゐ將軍様
 横綱相撲でどっしりというのも心情としてはわかるのですが、そのことが連中をつけあがらせている面も少なからずあるような気がします。特に、連中は外国勢力と結んで誹謗・中傷を繰り返してますから、そのあたりは毅然とした態度をとることも重要ではないかと思います。
2010-01-23 Sat 20:40 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1625
「裕福な翁」と「貧しい翁」
という設定なのですか

こぶとりは全国にバリエーションがある

というのは知っていましたが

ひとつ勉強になりました。

昔、この切手を見て

悪い翁が松尾芭蕉みたいで変だなあ

良い翁の方も色が生白くて
気持ち悪いなあとおもった記憶があります
2010-01-26 Tue 00:30 | URL | 名無し #tJ8bLkYs[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1626 さらに付け加えるなら
神道に比べて仏教やキリスト教がサヨクなどに糾弾されないのは、キリスト教のみならず、仏教などは外来の宗教だからさほど標的にならないのでしょう。すでに書いた通り、神道の行き着く先は天皇となるわけですから、サヨクがわが国の伝統、文化、歴史を否定し、罵倒するのはそれらが天皇に結び付くからなんですね。
2010-01-28 Thu 09:16 | URL | 駒長 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・名無し様
 片岡球子が描いた「こぶとりじいさん」の原画については、絵そのものの出来栄えについても、発行時からかなり賛否があってもめたようですね。

 悪い翁が松尾芭蕉みたいとのご指摘ですが、芭蕉も案外、悪だったかもしれませんね。

・駒長様
 まぁ、連中が神道を忌み嫌うのはともかくとして、外来の宗教についての批判が弱いというのは、やはり日本独自の現象でしょうねぇ。
2010-01-28 Thu 22:06 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/