内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 小さな親切/大きなお世話
2010-03-25 Thu 19:21
 きょう(25日)発売の『週刊新潮』によると、中井洽国家公安委員長が知人女性に赤坂議員宿舎のカードキーを渡し、出入りさせていたとのこと。これに対して、中井委員長は“掃除にきてもらう”ために鍵を貸していると釈明したそうです。というわけで、きょうはお掃除ネタのこの1枚です。(画像はクリックっで拡大されます)

      日本列島クリーン運動

 これは、1983年6月13日に発行された“日本列島クリーン運動”の切手で、空き缶と掃除するウサギが描かれています。切手は、1983年が“小さな親切”運動本部の創立20周年にあたっていたことから、その記念の意味を込めて、小さな親切運動そのものを広めるためのキャンペーン切手として発行されました。

 “小さな親切”運動とは、毎年6月13日に一日一善をしようという運動で、日常生活の中での善意を広める事に重点を置き、個人や団体の顕彰、各種コンクールの実施、清掃活動の実施などが行われています。

 運動のきっかけは、1963年3月の東京大学卒業式で、総長の茅誠司が“小さな親切”の重要性を訴える告辞を行ったことで、その後、新聞などでその実践例が報じられて社会的な共感を呼び、同年6月13日、社団法人として「小さな親切」運動本部が設立され、茅が初代代表に就任しました。

 日本列島クリーン大作戦は、日本の社会に美しい自然環境を取り戻すとともに、社会的モラルの向上をはかることを目的として、“小さな親切”運動本部が主体となって行われたものです。運動期間は、1983年6-7月の2ヵ月間で、期間中は「わが日本を美しく」をテーマに、テレビ、ラジオ、新聞等の報道機関の協力の下、各種団体、地域住民の参加により、全国規模での環境美化運動が行われました。

 なお、“小さな親切”運動本部が行っていた運動の正式名称は日本列島クリーン大作戦でしたが、郵政省は“作戦”が軍事擁護で国民生活に溶け込んでいないとの判断し、切手の名称は“運動”に変更しています。
 
 今回報道された中井委員長は、すでに夫人とは死別しており、「俺が誰と付き合おうが大きなお世話だ」という心境なのかもしれませんが、やはり、国会議員にして閣僚という公人としての立場があるのですから、物理的な掃除云々ということではなく、ご自身の身辺もクリーンにしておいていただかないと困りますな。もっとも、“小さな親切”と“大きなお世話”は一対のものだといわれてしまえば、それまでですが…。

 ちなみに、今回ご紹介の切手を含む1980年代前半の記念・特殊切手については、拙著『近代美術・特殊鳥類の時代』で詳しく解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。
 

 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1979~1985 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界漫郵記:ペンニャの丘周辺(後篇) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  目打があってもなくても①>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/