内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ベナン独立50年
2010-08-01 Sun 22:11
 西アフリカのベナンが1960年8月1日にダホメーとして独立してから、きょうでちょうど50年です。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ベナン加刷

 これは、1892年、フランスの植民地共通切手に“BENIN”の文字を加刷して発行されたもので、現在のベナンの領域で発行された切手としては最初の1枚となります。

 ベナンはベニン湾に面した西アフリカの国で、南北に長く、西にトーゴ、北西にブルキナファソ、北東にニジェール、東にナイジェリアと接しています。なお、“BENIN”を英語読みないしはローマ字読みすればベニンとなりますが、フランス語読みにするとベナンとなります。メディアでの日本語のカナ表記が揺れているようにも思いますが、湾の名前は最大の港湾都市がナイジェリア(旧英領)のラゴスなので英語読み、国名は国の公用語がフランス語なのでフランス語読み、ということなのかもしれません。

 もともと、現在のベナンの領域ではベナンやダホメーなどの土着の君主国が奴隷貿易を行っていました。ナイジェリア、ベナン、トーゴ、ガーナの沿岸はかつて“奴隷海岸”と呼ばれていましたが、これが現在のベナン海岸にほぼ相当しており、往時の奴隷貿易の繁栄がしのばれます。

 19世紀後半、西アフリカに進出したフランスは、まず、ベナン王国を支配下におさめ、1892年、今回ご紹介の加刷切手を発行します。ついで、ダホメー王国を征服し、1894年、旧ベナン王国と旧ダホメー王国を統合して仏領ダホメー(フランス語風の読み方だと“ダオメー”となります)を創設。翌1895年に発足した仏領西アフリカの一部としました。

 仏領ダホメーは1958年12月4日に自治共和国となり、1960年にダホメー共和国として独立します。独立後はクーデターが頻発し、1972年、5度目の政変で成立したマチュー・ケレク政権は、社会主義路線を採択して、1975年11月、国名をベナン人民共和国に改称しました。これは、ダホメーが国土南部の限られた地域を指す名称であり、北西部のアタコラ県や、北東部のボルグを示すのには不十分だったため、ダホメーが面していたベニン湾の名前をフランス語読みして国名にしたというものです。その後、東西冷戦の終結とともに社会主義体制は崩壊し、1990年、現在のベナン共和国となりました。

 さて、今年はアフリカ諸国の独立が相次ぎ、“アフリカの年”と呼ばれた1960年からちょうど半世紀にあたります。この年、独立したアフリカ諸国は、①ソマリランド(のちソマリアに統合)、②ソマリア、③モーリタニア、④チャド、⑤ニジェール、⑥マリ連邦(のちセネガルとマリ共和国に分裂)、⑦セネガル、⑧マリ、⑨コートジボワール、⑩オートボルタ(現ブルキナファソ)、⑪トーゴ、⑫ダホメー(現ベナン)、⑬ナイジェリア、⑭カメルーン、⑮中央アフリカ共和国、⑯コンゴ(コンゴ・レオポルドヴィル、現コンゴ民主共和国)⑰コンゴ(コンゴ・ブラザヴィル、現コンゴ共和国)の17ヵ国ありますが、いずれも、こういう機会でもないとなかなか取り上げづらい国ではありますな。

 このうち、いままで、このブログで取り上げたことのあるのは、今回のベナンを含め、ソマリアモーリタニアニジェールマリ(マリ連邦を含む)トーゴナイジェリアカメルーン中央アフリカ共和国コンゴ民主共和国なので、まだ、ソマリランド、チャド、セネガル、コートジボワール、ブルキナファソ、コンゴ共和国が残っています。かなり、いろんな国を取り上げて来たつもりですが、まだまだ漏れも多いですね。なんとか、年内に理屈をつけて取り上げたいところです。

 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

  総項目数552 総ページ数2256  
  戦後記念切手の“読む事典”(全7巻) ついに完結!

      昭和終焉の時代  『昭和終焉の時代』 日本郵趣出版 2700円(税込)

 2001年のシリーズ第1巻『濫造濫発の時代』から9年。<解説・戦後記念切手>の最終巻となる第7巻は、1985年の「放送大学開学」から1988年の「世界人権宣言40周年」まで、NTT発足や国鉄の分割民営化、青函トンネルならびに瀬戸大橋の開通など、昭和末期の重大な出来事にまつわる記念切手を含め、昭和最後の4年間の全記念・特殊切手を詳細に解説。さらに、巻末には、シリーズ全7巻で掲載の全記念特殊切手の発行データも採録。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1JBOOKlivedoor BOOKS7&Y紀伊国屋書店BookWebゲオEショップ楽天ブックスなど)で好評発売中!

* 2010年7月に頂戴した拍手の数の多かった記事のベスト3は以下のとおりです。ありがとうございました。
 1位(33票):目隠しで居座り
 2位(28票):“漢江の奇跡”の原資
 3位(12票):軽井沢の鳩山邸
スポンサーサイト

別窓 | ベナン | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< クウェート侵攻から20年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  スワロフスキーの花火>>
この記事のコメント
#1749 安い外国切手パケットの常連
子供の頃によく買った安い外国切手パケットにソ連・東欧諸国、アラブ土侯国と並んで必ず入っていた“常連”がアフリカ諸国の切手でした。アフリカ諸国はフランスの旧植民地だった国が多いせいか、切手もフランス本国と同じ格調高いザンメル凹版の切手が多く、シールのような安っぽいアラブ土侯国の切手とは一味違いました。もっとも、パケットに入っていた切手は高価なロングセットの低額のショートセットとかセット崩れのハンパ物ばかりで、後から貼込帳を探して完セットにしようと試みてもダメでした。しかし、あのような格調高い切手も本当に自国で使われたかは大いに疑問です。ロクに社会インフラも無いアフリカ諸国で郵便制度が機能していたとは到底思えません。意図的に作られたFDCや国外向けのフィラテリックカバー等はあるでしょうが、国内の実逓便なんて本当にあるんでしょうか。やはりアフリカ諸国の切手も、その実態は郵趣家のサイフが目当てだったのでしょうか・・・。
2010-08-02 Mon 10:39 | URL | アルファ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 アルファ様

 たしかに、旧仏領の切手も郵趣家の財布目当てだったろうと思います。いわゆる実逓便もないではないのでしょうが、現実には識字率の関係もあって、少ないでしょうしね。

 ただ、旧仏領の切手、特に凹版切手は、単純に印刷物としてみると、やっぱりいいですよね。子供も楽しめる安くて良い切手なんて、現在では望むべくもないのでしょうかねぇ。
2010-08-07 Sat 23:30 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/