内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 事情のある国の切手ほど面白い
2010-08-26 Thu 11:57
 以前からこのブログでもご案内しておりました拙著『事情のある国の切手ほど面白い』(メディアファクトリー新書007:出版元の特設HPはこちらです)が出来上がりました。奥付上の刊行日は8月31日で、当初の発売予定日は8月27日でしたが、すでに、一部の書店・インターネット書店では販売も開始されたようですので、あらためて刊行のご挨拶を申し上げます。(画像は表紙カバーのイメージ。クリックで拡大されます)

         事情のある国の切手ほど面白い(表紙)

 さて、今回の拙著は、さまざまな“事情のある国”を、①政情が不安定な国、②表と裏を使い分ける国、③奇妙な独裁者がいる国、④領土争いをしている国、⑤外貨をぼったくる国に分類し、それぞれ、切手から読み取れるお国事情を概観してみた短編コラム集となっています。
 
 このうち、①政情が不安定な国~④領土争いをしている国では、

 ・北朝鮮が発行した反核切手
 ・捕鯨反対のニュージーランドが発行した捕鯨礼賛切手
 ・経済危機のギリシャが発行したユーロ10周年記念切手の皮肉
 ・北方領土・竹島問題と切手  

 といった話題も取り上げています。

 一方、⑤外貨をぼった来る国は、切手を輸出して外貨を稼ぐというシステムについて歴史的な経緯を踏まえてまとめたものです。もっとも、このテーマはまじめに書こうとすると、対象があまりにも多岐にわたっているうえ、さまざまな事柄が複雑に絡み合っており、それだけで大部の著書が1冊できあがってしまいます。そこで、今回は入門編ということで、ごく簡単な概略を示すことにとどめました。いずれ、このテーマについては独立した仕事としてまとめてみたいと思っています。

 「切手がわかれば世界がわかる」を合言葉に、メディアでしばしば話題となる“事情のある国”とその背景について「なるほど、そうだったのか」とご理解いただけるような本を目指したつもりです。
 
 書店などで実物をご覧になりましたら、ぜひ、お手にとってご覧いただけると幸いです。

 なお、この日記をご覧の方で、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または取り上げることを検討したいという方がおられましたら、本ブログのメール送信機能(右のずーっと下の方にあります)ご連絡いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

 お待たせしました。8ヶ月ぶりの新作です!

         事情のある国の切手ほど面白い(表紙)
    事情のある国の切手ほど面白い
  メディアファクトリー新書007(税込777円) 

 カッコよすぎる独裁者や存在しないはずの領土。いずれも実在する切手だが、なぜそんな“奇妙な”切手が生まれたのだろう?諸外国の切手からはその国の抱える「厄介な事情」が見えてくる。切手を通して世界が読み解ける驚きの1冊!

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1DMM.comlivedoor BOOKSYahoo!ブックス7&Y紀伊国屋書店BookWebジュンク堂書店楽天ブックスなど)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 内藤陽介の本 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 戸籍上は… | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  チュニジアを知るための60章>>
この記事のコメント
#1787 セブンイレブンに
到着の連絡が入りました。
今晩か明朝に受け取ります。
2010-08-27 Fri 18:16 | URL | isaac #CYZAy5w2[ 内容変更] | ∧top | under∨
・isaac様

 いつもありがとうございます。

 機会がありましたら、感想などお聞かせいただけると幸いです。
2010-08-27 Fri 21:10 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/