内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 パレスチナ独立国家のラベル
2010-09-03 Fri 14:38
 きのう(2日)、米国務省でアメリカのクリントン国務長官、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長による3者会談が開かれ、中東和平に向けた直接交渉が1年8か月ぶりに再開されました。というわけで、きょうはパレスチナがらみのこんなモノをもってきました。(画像はクリックで拡大されます)

         パレスチナ独立ラベル

 これは、1988年11月にアルジェで開催されたパレスチナ国民評議会にあわせて作られた切手状のラベルの“カバー”で、ラベルにはパレスチナ国旗を背景に、東エルサレムの市街地とインティファーダの少年が描かれています。押されているスタンプには“アラブパレスチナ国家”の文字と会議の行われた88年11月15日の日付が入っています。また、余白のカシェには、“パレスチナ国家独立”の文字を覆うように、銃とオリーブが描かれています。

 正規の切手ではないので額面は入っていないのですが、パレスチナ側は切手状のラベルを作って支援者の郵便物に貼ってもらうということを過去にも何度かやっていますので、このラベルもそうした性格のものだったのかもしれません。ただし、僕自身は、このラベルが実際に貼られた郵便物を見たことがないのですが…。

 1987年12月、ガザで、帰宅途中のパレスチナ人が乗った車が反対車線に乗り入れたイスラエルの軍用トラックと正面衝突し、パレスチナ人4名が死亡し、7名が重軽傷を負う交通事故が発生。これに対して、軍用トラックの乗員は全員無傷でした。この事件をきっかけに、こうして、イスラエル軍の催涙ガスやゴム弾に対して、投石と火炎瓶で抵抗する“石の革命”、インティファーダ(アラビア語の原義は蜂起)が始まり、ヨルダン側西岸とガザ地区のイスラエル占領地域全域でパレスチナ住民の抵抗が続けられました。

 インティファーダを鎮圧するための膨大なコストはイスラエル経済を大きく圧迫。さらに、インティファーダに共感するイスラエル本土のパレスチナ人の大規模なストライキが頻発したこともあって、1987年には5.2%だったイスラエルの国内総生産(GDP)は、インティファーダ発生後の1988年には1%台に急落します。また、強圧的な弾圧によってインティファーダを鎮静化できなかったことで、イスラエルは、パレスチナ人による自治権の要求は武力で抑え込めるものであり、考慮の必要はないとするそれまでの前提を再検討せざるを得なくなりました。

 一方、インティファーダは、ベイルートを追放されチュニスに本部を置いていたPLOの指導部とは無関係に発生したものでした。インティファーダの参加者たちは、イスラエルの存在を認めた上で、パレスチナ人としての権利を獲得することを主張しており、イスラエルを破壊してパレスチナ全土を解放するというPLOの非現実的な路線の転換を求めました。

 このため、インティファーダ発生から約1年後の1988年11月、アルジェで開催されたパレスチナ国民評議会では、東エルサレムを首都とするパレスチナ独立国家の独立宣言を採択。イスラエルの存在そのものを否定する従来の路線を放棄する代わりに、インティファーダで獲得した国際的認知を国家樹立がPLOの新たな基本方針となり、翌12月の国連総会に出席したアラファトは、イスラエルの承認とテロの放棄などを明言することになります。

 さて、今回の交渉を通じ、アメリカのオバマ大統領は、1年以内にパレスチナ独立国家の樹立で合意にこぎつけたい考えだそうですが、聖地エルサレムの帰属をめぐってはイスラエルとパレスチナ側の意見の隔たりが大きい(1997年にパレスチナ自治政府のアラファトがエルサレムをパレスチナとイスラエルの共同首都とすることを提案すると、ネタニヤフはこれを即座に拒否し、エルサレムがイスラエルの首都であることを示すため、同年3月からユダヤ人の大規模住宅地の建設を開始しています)ことに加え、ガザ地区を事実上支配しているハマスは、かつてのPLO同様、イスラエル国家の存在そのものを認めないという立場ですからねぇ。

 1988年の“独立宣言”からでも20年以上、イスラエルの建国から数えると60年以上も解決できなかった問題が、こんごわずか1年で解決できるとはとうてい思えないのですが、とりあえずは、交渉の成り行きを見守らざるを得ないでしょうな。

  ★★★ イベントのご案内 ★★★

  9月4日(土) 切手市場  
  於・東京・浅草 台東区民会館 10:30~20:00 
 拙著『事情のある国の切手ほど面白い』の即売・サイン会(行商ともいう)を行います。僕は午前中から午後の早い時間まで会場にいる予定です。入場は無料で、当日、拙著をお買い求めいただいた方には会場ならではの特典をご用意しておりますので、よろしかったら、遊びに来てください。詳細はこちらをご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

 お待たせしました。8ヶ月ぶりの新作です!

         事情のある国の切手ほど面白い(表紙)
    事情のある国の切手ほど面白い
  メディアファクトリー新書007(税込777円) 

 カッコよすぎる独裁者や存在しないはずの領土。いずれも実在する切手だが、なぜそんな“奇妙な”切手が生まれたのだろう?諸外国の切手からはその国の抱える「厄介な事情」が見えてくる。切手を通して世界が読み解ける驚きの1冊!

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1DMM.comJBOOKlivedoor BOOKSTSUTAYAYahoo!ブックス7&Y紀伊国屋書店BookWebジュンク堂書店楽天ブックスなど)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | PLO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 日豪戦争② | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ロシアの対日戦勝記念日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/