内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 “欧州最後の独裁者”4選
2010-12-21 Tue 09:52
 おととい(19日)に大統領選挙の投票が行われた旧ソ連のベラルーシでは、“欧州最後の独裁者”と呼ばれる現職のアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が4選を決めました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        ルカシェンコ

 これは、1996年にベラルーシが発行したルカシェンコの肖像切手です。

 ルカシェンコは、1954年8月30日、ソ連を構成していた白ロシア共和国のヴィテブスク州オルシャンスク地区コピィシ(コプイシ)村で生まれたとされています。1975年、モギリョフ教育大学歴史学部を卒業し、通信教育で農業アカデミー経済学部を卒業した後、ソフホーズの支配人を経て、白ロシア共和国最高会議代議員に当選。独立後の1993年、汚職追及委員会議長に就任し、政治家の汚職を厳しく糾弾して知名度を上げました。

 生活必需品の価格統制に熱心で、医療も一定の水準を保っていることから、とりあえず国民の過半数の支持は維持しているともいわれるルカシェンコですが、とにかく権力欲が強く、「プレジデントは自分一人で十分」との理由から、民間会社の社長などの呼称として“プレジデント”を使用することを禁じたとの逸話もあります。また、ヒトラーやスターリンを賞賛しており、反ユダヤ的な発言を繰り返していることでも有名です。“欧州最後の独裁者”と呼ばれているのも、こうした言動によるもので、その髭はヒトラーを真似たものとも言われているようですが、切手の肖像をはじめ、公開されている写真などを見てみると、髭のかたちは、ヒトラーよりスターリンに近いような気もします。

 1994年の大統領選挙で初当選を果たすと、2004年、国民投票で大統領の多選を禁じる憲法を改正し、2006年と今回の選挙で当選を果たしました。今回の選挙でも、さっそく、野党側は不正を追及する抗議デモを行いましたが、大統領は「民主主義者ではなく、ならず者たちだ」と述べて639人を拘束。今回の選挙に立候補した野党候補9人のうち7人も逮捕されました。

 今年8月に刊行した拙著『事情のある国の切手ほど面白い』では「奇妙な独裁者がいる国」との1章を設けましたが、同書の続編を作るとしたら、やっぱりルカシェンコも加えないといけないでしょうな。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

        マカオ紀行・表紙カバー

   マカオ紀行:世界遺産と歴史を歩く
       彩流社(本体2850円+税) 

   マカオはこんなに面白い!
   30の世界遺産がひしめき合う街マカオ。
   カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版!
   歴史歩きの達人“郵便学者”内藤陽介がご案内。

 全国書店・インターネット書店(amazonbk1boox storeconeco.netDMM.comHMVJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスカラメル紀伊国屋書店BookWebゲオEショップジュンク堂セブンネットショッピング丸善楽天ブックスなど)で好評発売中! 
スポンサーサイト

別窓 | ベラルーシ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< マカオの冬至 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  澳門特別行政区成立紀念日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/