内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 イエメン最初の切手
2006-01-08 Sun 23:19
 今週水曜日、11日から、東京目白の“切手の博物館”で<中近東切手コレクション展>を開催します。というわけで、今日から何回かに分けて、その予告編として、会場で展示する切手やカバー(封筒)の中から、ご興味を持っていただけそうなものをご紹介して行こうかと思います。

 第1回目の今日は、まずこんなものからご紹介してみましょう。

イエメンのカバー

 画像(クリックで拡大されます)は、1926年に発行されたイエメン最初の切手が貼られたカバーです。

 第一次大戦以前、イエメン北部はオスマン帝国の支配下に置かれていましたが、第一次大戦で敗れたオスマン帝国がこの地を撤退すると、1918年、現地のザイド派(シーア派の一派)指導者であったイマーム・ヤフヤーを首長としてイエメン・ムタワッキル王国の独立を宣言します。その後、ヤフヤーは1930年代に北イエメン全域を征服します。

 その過程の1926年に発行された最初の切手は、イエメンで成人男性の証であるジャンビーヤとよばれる短剣を交差させ、その間に“ムタワッキル・イスラム政府”の文字を枠で囲んだデザインとなっています。また、切手の上部にはサナアの文字が、右下には、為政者“ヤフヤー”の名前が記され、左下には“(ヤフヤーに対する)神の庇護”を意味するアラビア語が記されています。

 サナアといえば、世界遺産にも登録された中世そのままの街並みが残る都市ですが、この切手や押されている消印も、そうした土地柄をしのばせる素朴な味わいが見る者を楽しませてくれます。

 ぜひとも、11日からの<中近東切手コレクション展>にお運びいただき、実物をじかにご覧いただければ、と思っております。
スポンサーサイト

別窓 | イエメン | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<< マキシマムカード | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  日比友好年>>
この記事のコメント
#22
はじめまして。Mixiからきました。
中東切手の展示とても興味があります。出来るだけ予定を空けて見に行きたいと思っています。
イエメンは去年の6月頃旅行しました。絵葉書用に切手を買ったとき建物の絵柄の切手が多かったです。
なんだか、このジャンビーヤの切手をみて懐かしくなりました。みんな得意げにジャンビーヤを見せてくれたのを思い出しました。
こちらのブログをリンクさせていただきました。ご迷惑でしたら、記事を訂正いたします。
2006-01-12 Thu 20:10 | URL | SuuSuu #OR1oSmd2[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/