内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 独ソ戦70年
2011-06-22 Wed 19:07
 1941年6月22日、ドイツ国防軍がソ連に侵入し、いわゆる独ソ戦が勃発してから、きょうでちょうど70年になりました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      開戦5周年(ドイツ謀略)     KGV ジュビリー

 これは、1944年、第二次大戦開戦5周年に際してナチス・ドイツが作成した謀略切手(プロパガンダラベル)です。その元ネタになったイギリスのジョージ5世在位25周年の記念切手の画像を右側に貼っておきます。

 オリジナルの切手では中央の肖像はジョージ5世ですが、謀略切手ではスターリンです。肖像の両脇の年号は、オリジナルの1910と1935(国王の在位期間)が開戦5周年を意味する1939と1944に、また、肖像右側の月桂樹は“槌と鎌”に、それぞれ替えられています。王冠と“槌と鎌”という組み合わせには、前年のテヘラン会談に際して作られた謀略切手同様、イギリスとソ連の野合を揶揄する意図が込められているのはいうまでもないでしょう。

 さらに、切手上下の“SILVER JUBILEE(即位25周年)”と“1/2 HALF PENNY 1/2”の文字は、“THIS WAR IS JEWSH(ママ) WAR(この戦争はユダヤの戦争だ)”に替えられ、上段の左右にはユダヤを示すダビデの星が、下段の左右には槌と鎌が、それぞれ入っています。

 JEWISHのスペルがJEWSHと誤記されているのはご愛嬌ですが、第二次大戦は、ユダヤと共産主義者の陰謀であり、彼らと結託したイギリスを打倒すべしというナチス・ドイツの主張がストレートに表現されたカリカテュアとなっています。

 こうしたドイツ製の謀略切手は、実際には“切手”としての効力はなく、正確には切手を模したラベルというのが正しいのですが、古くから切手収集家の間では切手に準じるものとして人気があり、ドイツで発行されているドイツ切手の専門カタログにも載っています。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

    5月29日付『讀賣新聞』に書評掲載!
        切手百撰・昭和戦後
         切手百撰 昭和戦後
       平凡社(本体2000円+税)    

  視て読んで楽しむ切手図鑑!
  “あの頃の切手少年たち”には懐かしの、
  平成生まれの若者には昭和レトロがカッコいい、
  そんな切手100点のモノ語りを関連写真などとともに、オールカラーでご紹介

  全国書店・インターネット書店(amazonboox storeconeco.netJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスエキサイトブックス丸善&ジュンク堂楽天など)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | ドイツ:ナチス時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 南極条約50年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  東日本大震災寄附金付切手>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/