内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 90万PV
2011-09-01 Thu 22:26
 本日(1日)午後、カウンターが90万PVを超えました。いつも、遊びに来ていただいている皆様には、この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。というわけで、拙著『切手百撰 昭和戦後』の中から、額面“90”のこんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        風神1966

 これは、1966年12月20日に発行された90円の普通切手で、俵屋宗達の最高傑作とされる『風神雷神図屏風』のうち、風神の部分が取り上げられています。

 『風神雷神図屏風』は17世紀前半の作品で、京都の豪商で歌人であった打它公軌が、応仁の乱で荒廃した妙光寺(臨済宗建仁寺派)再興の際に製作を依頼し、その後、建仁寺に渡ったとされています。現在は、建仁寺の所蔵ですが、京都国立博物館に寄託されています。

 『風神雷神図屏』の風神部分を取り上げた90円の普通切手は3回発行されており、このうち、1962年7月2日に発行の青味緑色一色での切手は“青色風神”として人気があります。今回ご紹介の切手は、1966年以降の切手にローマ字で“NIPPON”の国名表示を入れることになったのに伴い、刷色を変えて発行された2番目のものです。

 拙著『切手百撰 昭和戦後』では、3種の風神90円切手のうち、青色風神を百撰のうちのひとつとして挙げましたが、同時に、比較のために今回ご紹介の茶色のモノと、速達用のオレンジ色の色検知枠がついた1971年の切手もあわせて掲載しました。個人的には、青色風神に比べるとイマイチという印象が強かった茶色風神ですが、あらためて見てみると、そんなに悪くはないかな、という気もします。

 さて、カウンターが80万PVを超えたのは、7ヶ月半前のことし1月17日でした。したがって、同じペースで行くと、100万PVの大台到達は、来年の3-4月頃になりそうです。引き続きのご愛顧・ご支援賜りますよう、よろしくお願いいたします。


  ★★★ 『週刊ポスト』巻頭特集「切手大全」の御案内 ★★★

        週刊ポスト9月9日号表紙      週刊ポスト・特集扉

 現在発売中の『週刊ポスト』9月9日号(小学館 税込み定価400円)は、巻頭グラビアで「懐かしの切手大全」と題して8頁の大特集を組んでいます。内容は、拙著『切手百撰 昭和戦後』と同じコンセプトで、懐かしの昭和の切手を通覧してみようというもので、僕のインタビューも掲載されています。全国書店はもとより、駅売店・コンビニなどでも実物をお手に取っていただけますので、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

    5月29日付『讀賣新聞』に書評掲載
  『週刊文春』 6月30日号「文春図書館」で
  酒井順子さんにご紹介いただきました !

        切手百撰・昭和戦後
         切手百撰 昭和戦後
       平凡社(本体2000円+税)    

  視て読んで楽しむ切手図鑑!
  “あの頃の切手少年たち”には懐かしの、
  平成生まれの若者には昭和レトロがカッコいい、
  そんな切手100点のモノ語りを関連写真などとともに、オールカラーでご紹介

  全国書店・インターネット書店(amazonboox storeconeco.netJBOOKlivedoor BOOKSYahoo!ブックスエキサイトブックス丸善&ジュンク堂楽天など)で好評発売中!
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1966~1971 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手に描かれたソウル:地下鉄1号線 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界漫郵記:ハバロフスク⑨>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/