FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 アラブの都市の物語:クウェート亡命政権のラベル
2006-01-16 Mon 23:18
 東京・目白の切手の博物館にて開催しておりました、<中近東切手コレクション>展(以下、中東切手展)は、昨日をもちまして無事に終了いたしました。会場にお越しいただきました皆様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。おかげさまで、展示内容については概してご好評を頂戴できたようですので、今後も機会を見つけてこうした展示を行っていきたいと考えております。

 さて、中東切手展の会期中は、展示に関連する話題ということで中東・イスラムがらみの切手の話が続いておりましたので、そろそろ、別の話題を記事にしようかと思っていたのですが、今朝のニュースでクウェイトのジャビル首長の亡くなったと報じられていましたので、もう一日だけ、中東ネタにお付き合いください。

 ジャビル首長は前首長の死去で1977年に即位し、1990年のイラク・フセイン政権によるクウェート侵攻時には隣国サウジアラビアに逃れ、亡命政府を作った人物です。で、その亡命政権に関しては、こんなマテリアルがあります。

クウェート亡命政府のラベル

 これは、クウェート亡命政府が作った“自由クウェート”のラベルです。正規の切手ではありませんが、湾岸危機および湾岸戦争の時期に、クウェートを支援する湾岸諸国では切手と一緒に郵便物に貼られることもありました。画像(クリックで拡大されます)の場合は、バハレーンから差し出された郵便物に貼られた例(部分)で、ラベル部分にも、バハレーンの首都・マナーマの消印が押されています。

 ジャビル首長の訃報で湾岸危機・湾岸戦争のことを思い出した人もあるかと思いますが、実は、国連が定めたイラク軍のクウェート撤退起源は1991年1月16日で、翌17日が多国籍軍による空爆の始まった日(=湾岸戦争開戦の日)でした。いまからちょうど15年前の出来事です。

 というわけで、NHKテレビアラビア語講座のテキストに連載している「切手に見るアラブの都市の物語」では、明後日18日発売の2・3月号では、クウェートを取り上げてみました。記事では、今日ご紹介しているモノだけでなく、クウェートの人々の暮らしが分かるような切手も取り上げていますので、是非、ご興味をお持ちの方はご覧いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | クウェート | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< 外国切手の中の中国:唐の侵略 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  アブダビ最初の切手>>
この記事のコメント
#24 イラク軍の占領切手
湾岸戦争当時から気になっていたのですが、
イラク軍によるクウェートの占領切手は発行されたのでしょうか?
2006-01-17 Tue 16:04 | URL | muromav #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 muromav様
 レスがすっかり遅くなってしまって申訳ありません。
 イラク軍の占領下のクウェートでは、イラク切手が持ち込まれてそのまま使われていましたので、加刷切手の使用は少なくとも公式にはないはずです。(末端で作られた可能性はないではないのですが、何せクウェートは国自体が小さいですからねぇ)
 実は、イラク切手のクウェートでの使用例を手に入れようと何年も狙っているのですが、なかなかご縁がありません。一度、オークションに出ていたので、自分としてはかなり強気の札を入れたのですが、一刻み上でやられてしまいました。いつか、手に入れたらこのブログでもご紹介したいと思います。

 それでは。
2006-01-21 Sat 10:39 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#29
レスありがとうございます。
最近の国際紛争は占領切手が発行されるケースが少なくて淋しいですね。
ベタに占領切手という感じの無愛想に加刷されたあの雰囲気が好きです。
でも、当の住民にとってはそれどころでないと思いますが。
それはともかく、イラク切手のクウェートでの使用例がオークションに出てきたというのは興味深いですね。
フセイン政権が崩壊してそういうのが流出する頃合になってきたのでしょうか?
あと、いわゆるフィラテリックカバーかどうかも気になりますね。
どんな占領下のドタバタの中でも絶対にフィラテリックカバーを作るヤツがいる、
というのは、先生のご著書を読んでj改めて思い知らされたことですが(笑)。


2006-01-22 Sun 01:45 | URL | muromav #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/