FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 祝・ブータン国王ご成婚
2011-10-13 Thu 23:13
 ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王が、きょう(13日)、一般家庭出身のジェツン・ペマさんと結婚式を挙げました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        ブータン国王即位CD

 これは、2008年に現国王の戴冠式を記念してブータンが発行したCD切手です。

 ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王は、ジグミ・シンゲ・ワンチュクと第3王妃との間の長男として、1980年2月21日に生まれました。

 ブータンで基礎的な教育を受けた後、米・英・印に留学。オックスフォード大学のモードリン・カレッジで政治学修士号を取得しています。

 2006年6月、ブータンの皇太子としてタイのバンコクを訪問し、ラーマ9世の在位60周年式典に出席。端正な容姿でタイの女性の人気を集め、“イケメン王子”として世界的にも知られるようになりました。ちなみに、今回ご紹介の切手は、他のCD切手と一緒にタイ語の解説がつけられたフォルダーに収められていました。このフォルダーがブータン郵政によるオフィシャルなモノかどうかはわかりませんが、こうしたものが作られて販売されていることじたい、現在なおタイ国民の間でブータン国王の人気が高いことをうかがわせると言ってよいでしょう。

 当初、先代のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王は、2008年にブータン初の総選挙が行われるのに合わせて譲位をする意向を示していましたが、実際には、早目に経験を積ませるためとして、譲位は2006年12月14日に行われ、2008年11月6日に戴冠式が行われています。

 今回の御成婚は、即位5周年という節目の年の出来事でもあるだけに、ブータン国内はお祭りムード一色とのことですが、報道によると、国王の結婚を祝い、夫妻にささげる歌は日本人が作詞・作曲したのだとか。国王ご成婚記念の切手がブータンお得意のCD切手として発行され、その中に件の曲が収められることになったら、隠れたジャポニカ切手としてチェックしておかないといけませんな。
 

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

         10月25日発売!
        切手紀行シリーズ④『ハバロフスク』
   ハバロフスク(切手紀行シリーズ④)
       彩流社(本体2800円+税)    

   空路2時間の知られざる欧州
   大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…
   夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行
   写真・図版多数 オールカラー
   シベリア鉄道小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪も加え、充実の内容!

   アマゾンビーケーワンHMVなどでご予約受付中!
スポンサーサイト




別窓 | ブータン | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< ブリュヘルの特別車両 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  イラン特殊工作部隊の名前>>
この記事のコメント
#2045 CD付きの切手について
はじめましてではないのですが、何度かこのサイトを拝見させていただいております。
お伺いしたいのですが、少し疑問に思うことがあります。
それは、この切手は使用できるのかということです。
もし、使用できるのであればどのように使用するのかということを疑問に思っています。
ご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。
2011-10-15 Sat 12:50 | URL | 岡田 和也 #B9y.rCxc[ 内容変更] | ∧top | under∨
・岡田和也様

 僕の手元にあるCD切手は、いずれも、密閉された紙の袋にCDが入った状態で、紙の袋に額面(今回の切手の場合だと225ニュルタム)が印刷されています。したがって、紙の袋のまま郵便物に貼りつけて使うということなのだろうと思います。切手のCDの場合は、写真が印刷されていない裏面に情報が記録されているでしょうから、その部分に糊をつけてしまうとCDとして使えなくなってしまうということで、こういう形式がとられたのではないかと思います。ちなみに、かつてのレコード切手は、レコードの裏側がシール式になっていて、そのまま郵便物に貼れるようになっていたと記憶しています。

 なお、CD本体をよく見てみると、額面らしきものは何も印刷されていません。ということは、切手は袋の部分だけということなのか、袋を開けてCDを出してしまったら切手としては無効になるということなのか、そのあたりはよくわかりません。

 いずれにせよ、実逓カバーが手に入り、いろいろと詳細がわかりましたら、このブログでもご報告したいと思っています。

 今後ともよろしくお付き合いください。
2011-10-15 Sat 23:58 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/