FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 カダフィ大佐死亡
2011-10-20 Thu 23:52
 ロイターなどの報道によると、リビアの独裁者だったカダフィ大佐が、きょう(20日)、同国中部シルト付近の潜伏先で拘束された際の負傷が原因で死亡したそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

         リビア革命41周年

 これは、昨年(2010年)、リビアで発行された9月革命41周年の記念切手で、軍服姿で敬礼するカダフィの肖像が大きく取り上げられています。カダフィ単独の肖像切手としては、おそらく、これが最後のものになるのではないかと思いますが、確認しきれていません。

 9月革命というのは、エジプト革命に感化されたリビア陸軍のカダフィ大尉ひきいる自由将校団が、1969年9月1日に起こしたクーデターのことで、この結果、トルコに滞在中だった国王イドリース1世が退位し、カダフィを事実上の元首とする革命政府が誕生しました。以来41年以上にわたって、独裁者としてリビアに君臨したカダフィですが、ことし2月に反カダフィ派の蜂起が起こり、欧米諸国が反カダフィ派を支援するなかで、8月には首都トリポリからの撤退を余儀なくされ、独裁政権は崩壊。徹底抗戦を唱えつつも、ついに亡くなったというわけです。

 余談ですが、失脚する前のカダフィは、王族・皇族を除く現役の国家元首として最長の在職期間を誇っていましたが、カダフィの前に最長の在職期間を誇っていたガボンのボンゴ元大統領も2009年6月に病死し、1968年以来の超長期政権は41年で幕を閉じています。さらに、ボンゴ大統領の前のレコード・ホルダーだったキューバのカストロも、キューバ革命後の1959年2月から2008年2月に引退するまで国家評議会議長の座にあったのは41年間でした。こうしてみると、どんな独裁政権であっても、41年というのが限界なのかなと思ってしまいます。

 なお、カダフィ死亡が事実だとすると、現在、事実上の暫定政府として機能している国民評議会は、今後、リビアの全土制圧を宣言し、ついで、暫定政権の樹立や議会選挙の実施など民主化プロセスを実行に移すことになります。ただし、新生リビア国家の体制がきちんと固まるまでには、フセイン政権崩壊後のイラク同様、まだしばらく時間がかかることでしょう。

 いずれにせよ、現在のリビアの混乱は切手や郵便にも何らかの影を落としていることは間違いないでしょうから、関連するマテリアルが入手できれば、このブログでも機会を見つけてご紹介したいと思っています。

  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

         10月25日発売!
        切手紀行シリーズ④『ハバロフスク』
   ハバロフスク(切手紀行シリーズ④)
       彩流社(本体2800円+税)    

   空路2時間の知られざる欧州
   大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…
   夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行
   写真・図版多数 オールカラー
   シベリア鉄道小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪も加え、充実の内容!

    amazonbk1e-honHMVlivedoorBOOKSセブンネットショッピングなどでご予約受付中!
スポンサーサイト

別窓 | リビア | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
<< 日本で最も有名なバスク人 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  洪水退散祈願>>
この記事のコメント
カダフィは穴に隠れていたところを発見され、殺害されたらしいですが、やはり地下に潜んでいたところを発見され、引き摺りだされたフセインとよく似ています。カダフィやフセインに限らず、いずこの独裁者も末路は哀れですね。独裁者と言えば、日本の近くにある厄介な国にも偉大な将軍様とそのご子息がいらっしゃいますが、こちらは前々から崩壊寸前と言われながらしぶとく生き残ってますね。我々にしてみれば、遠くの国のカダフィやフセインが倒されるより、この厄介な国の厄介な独裁者が倒される方が遥かに喜ばしいんですが・・・。
2011-10-21 Fri 09:56 | URL | アルファ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#2054
 御存知、金日成は五十年近く政権の座にありましたが、形式的には前期は首相、後期は国家主席。
 本人の言によれば、まさに形式的ですがカダフィは大統領でも首相でもない。なまじ役職が無いだけに手続きで辞めさせる事も出来ない。
 中高生の年齢から老年まで六、七十年も政権を担うと言うのも考えにくいので、やはり一個人が物理的に政権を維持できるのは長くて四、五十年くらいなのでしょうな。
2011-10-22 Sat 18:43 | URL | いわゐ將軍 #B7q/.fmY[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・アルファ様
 核を持たなかったアラブの独裁者がことごとく倒れ、核武装した金正日の北朝鮮が生き残っているという現実を見ると、今後、核武装を志向する小国や場合によってはテロ組織が増えることはあっても、減ることはないでしょうね。

 意外と知られていませんが、北朝鮮は、1989年のチャウシェスク政権崩壊の状況をものすごく研究しています。おそらく、今回の“アラブの春”についても、すでに、相当研究していると思います。

 それが、国内の民主化という方向にではなく、どうしたら現体制を維持できるかという方向に向かっているのが悲劇ではあるのですが、このままだと、緩衝国としての北朝鮮国家を維持したいという関係各国の思惑もあり、“将軍様”の健康問題以外にかの体制を転換させるのは難しいでしょうな。

・いわゐ將軍様
 カダフィ亡き後の長期独裁政権の記録は、1979年8月3日に大統領となった赤道ギニア共和国のテオドロ・オビアン・ンゲマ・ンバゾゴだろうと思います。ついで、同年8月28日にアンゴラ大統領となったのがドス・サントス。ともに現在、32年政権の座にあります。

 有名どころだと、ジンバブエのムガベ(現大統領)が首相に就任したのは1980年ですから、今年でようやく31年です。

 彼らが、あと10年、政権の座に居座り続けられるかどうかは、まさに神のみぞ知るといったところですが、こうやってみると、約40年というのが、あらゆる意味で人間の限界なんでしょうな。
2011-10-24 Mon 10:23 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
さすがTBS [おー!/]カダフィ大佐の死亡によって約42年間にわたるリビアの独裁政権が完全に崩壊したって瞬間に・・・ [・・・/]マグロの心配なんぞするあたりが、さすがTBSであり、やっぱりTBSで... …
2011-10-21 Fri 22:47 時々時事爺 | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/