FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 真珠湾70年
2011-12-08 Thu 16:35
 1941年12月8日の真珠湾攻撃と日米開戦から、きょうで70年です。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ジャワ宛返戻便

 これは、日米開戦直前の1941年11月25日、アメリカのノース・カロライナ州ウィルミントンから蘭印ジャワのバタヴィア宛に差し出されたものの、開戦により現地への送達が不能となったため差出人戻しとなったカバーです。カバーに貼られている切手には、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱した“モンロー主義”で知られる第5代大統領のジェームズ・モンローの肖像が描かれています。真珠湾攻撃を機にアメリカがそれまでの(名目的なものであるにせよ)中立政策を廃し、日独伊に対して宣戦布告することになったことを考えると、このカバーにモンローの切手というのは何とも皮肉な組み合わせですな。

 いわゆる太平洋戦争の開戦は国際郵便の世界にも大きな影響をもたらし、送達不能で差出人戻しとなる郵便物が多数生まれました。これまで、このブログでも、アメリカから、香港宛フィリピン宛朝鮮宛ガダルカナル宛に差し出されたものの、差出人戻しとなったカバーをご紹介しましたが、まだ、ビルマ宛、中国大陸宛、日本宛、マレー・シンガポール宛、ボルネオ宛などはご紹介していません。さらに、これらの地域からアメリカ宛のものや、他の連合諸国から差し出された返戻便なども考えると、その組み合わせはかなりの数になるはずですから、それだけで見ごたえのあるコレクションができそうです。

 ちょっと腰を据えて取り組んでみようかな。


  ★★★ ラジオ出演のご案内 ★★★

 ・12月10日(土) 鈴木おさむ 考えるラジオ
 
 TBSラジオ(954kHz )で19:00から放送の番組に『年賀状の戦後史』の著者として内藤が生放送出演します。ぜひ聞いてやってください。なお、放送番組の常として、諸般の事情により、急遽、内容が変更となる可能性もありますが、その場合はあしからずご容赦ください。


  ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★
   
         年賀状の戦後史(帯つき)
         年賀状の戦後史
     角川oneテーマ21(税込760円)

    日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?
    「年賀状」から見える新しい戦後史!

 ★ TBSラジオ・ニュース番組森本毅郎・スタンバイ(11月17日放送)、11月27日付『東京新聞』読書欄、『週刊文春』12月1日号、『週刊東洋経済』12月3日号、12月6日付『愛媛新聞』地軸、同『秋田魁新報』北斗星で紹介されました。

  amazonbk1e-honHMVlivedoor BOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!


   ★★★ 好評既刊より ★★★

        切手紀行シリーズ④『ハバロフスク』
   ハバロフスク(切手紀行シリーズ④)
       彩流社(本体2800円+税)    

   空路2時間の知られざる欧州
   大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…
   夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行
   シベリア鉄道小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪も加え、充実の内容!

 amazonbk1e-honHMVlivedoorBOOKS紀伊國屋書店BookWebセブンネットショッピング楽天ブックスなどで好評発売中!
スポンサーサイト




別窓 | 米国:1901~1945 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< タンガニーカ独立50年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  日豪戦争⑰>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/