内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 切手で訪ねるふるさとの旅:山口県
2012-03-13 Tue 21:45
 ご報告がすっかり遅くなりましたが、『(郵便局を旅する地域活性マガジン)散歩人』第14号(2012年3月号)ができあがりました。僕の連載「切手で訪ねるふるさとの旅」では、今回は山口県に関する切手の特集ですが、そのなかから、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ふぐ提灯

 これは、1989年11月1日に発行された「ふるさと切手(山口県)」で、民芸品の“ふく提灯”が描かれています。なお、下関ではフグのことを福につながるということからフクと呼んでいることから、切手の表記もふぐ提灯ではなく、“ふく提灯”となっています。なかなか芸が細かいですな。

 ふぐ提灯は、フグの背中を十文字に切り開いて身と骨を取り出したうえで、中をよく洗い、おがくずを入れて形を整えて乾燥させ、ニスを塗って背中の黒筒や目玉などをつけて作られます。その歴史については必ずしも明らかになっていないようですが、昭和の初めにはつくられるようになっており、戦後、民芸品としての生産が盛んになりました。

 ちなみに、明治政府はフグ中毒の増加を受けてフグ食を禁じていましたが、1888年、下関の割烹料亭・春帆楼でフグを食べた伊藤博文がその味に感嘆し、山口県知事に働きかけて、県内でのフグ食が解禁されたという事情から、下関はフグの一大集積地となりました。

 さて、今回の『散歩人』の記事では、地図をバックに、今回ご紹介のモノのほか、秋芳洞、カルスト台地、錦帯橋、金子みすゞ、北長門海岸国定公園などの切手をご紹介しています。掲載誌の『散歩人』は各地の郵便局などで入手が可能ですので、御近所でお見かけになりましたら、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。


 ★★★ 内藤陽介、カルチャーセンターに登場 ★★★
   
 3月下旬から、下記の通り、首都圏各地のよみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)で一般向けの教養講座を担当します。詳細につきましては、各講座名(青色)をクリックしてご覧いただけると幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。(掲載は開催日順)

よみうりカルチャー柏
 3月23日(金)13:00-15:00(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話――切手でたどる昭和史」
 *柏センター移転、新装オープン記念講座です。

 4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、8月28日、9月25日
 (毎月第4火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー荻窪
 3月27日(火) 13:30~15:30(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話——切手でたどる昭和史」

 4月10日、5月8日、6月12日、7月10日、8月7日、9月11日
 (毎月第2火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー錦糸町 
 3月31日(土) 12:30-14:30(公開講座)
 皇室切手のモノ語り

 4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日
 (毎月第1土曜日) 12:30~14:30

 郵便学者・切手博士と学ぶ切手のお話
スポンサーサイト

別窓 | 日本:ふるさと | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<< 数学の日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  “So Sorry” and “Kicked Out”>>
この記事のコメント
#2166 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-03-14 Wed 11:13 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/