内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 アルジェリアのジャミーラ
2012-03-18 Sun 15:58
 アルジェリア独立戦争の休戦協定であるエヴィアン協定が1962年3月18日に調印されてから、ちょうど50年になりました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

        ブーヒレド

 これは、1953年3月、東ドイツからフランス大統領ルネ・コティ宛にアルジェリア独立運動の女性闘士、ジャミーラ・ブーヒールドの解放を求めた嘆願の葉書です。

 第二次大戦中の1940年6月、フランス本国がドイツに降伏するとアルジェリアは親独ヴィシー政府の支配下に入りますが、1942年11月に連合国が上陸。1943年6月にはドゴールの自由フランス政府がアルジェに本拠を構えました。

 これに対して、アラブ系およびベルベル系の住民は戦争協力の代償として戦後の自治・独立を要求しましたが、既得権の維持をはかろうとするフランス人入植者は抵抗を続けていました。こうした状況の下で、1954年7月、ジュネーヴ協定で曲がりなりにもインドシナ諸国の独立が認められると、これに刺激を受けたアルジェリアでも同年10月、それまでの独立運動を統合するかたちでアルジェリア民族解放戦線(FLN)が結成され、翌11月、独立戦争が勃発しました。

 独立運動を力ずくで弾圧しようとするフランス側に対して、FLNはアルジェを中心とした都市でのゲリラ戦術で抵抗し、戦争は7年半にも及びましたが、1962年3月18日、FLNとフランス政府との間でエヴィアン協定が結ばれ、同年7月の国民投票を経て、アルジェリアの独立が達成されることになりました。

 今回ご紹介の嘆願葉書に取り上げられたジャミーラ・ブーヒールドは、1935年、アルジェ生まれ。学生時代からFLNに参加し、西洋人風の風貌を生かして、FLNの指導者、ヤセフ・サーディの連絡係としてフランス兵の屯所などにも潜入するなどの活動を行っていました。

 独立戦争中の1957年4月、フランス軍部隊との戦闘で負傷して捕えられ、過酷な拷問を受けた後、死刑判決を受けましたが、フランス人弁護士ジャック・ヴェルジェスらのメディアを通じての運動により、刑の執行を停止されています。なお、アルジェリア独立運動の女性闘士としては、ほかに、カフェに爆弾を仕掛けた容疑で逮捕され、死刑判決を受けたジャミーラ・ブーパシャがいて、しばしば混同されていますが、全くの別人です。

 ちなみに、ウルトラマンの怪獣ジャミラの名前のもとになったのは、ジャミーラ・ブーパシャのほうで、ジャミーラ・ブーヒールドではありません。また、2人のジャミーラはともに、1962年のアルジェリア独立後、釈放され、新生アルジェリア国家の英雄として迎えられています。

 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 国立市〈歴史講座〉“もの”が語る戦争の歴史

 3月27日(火) 19:00-21:00 於・国立市公民館3階講座室
 *お問い合わせ・お申し込みは、国立市公民館(電話 042-572-5141)までお願いいたします。

 ★★★ 内藤陽介、カルチャーセンターに登場 ★★★
   
 3月下旬から、下記の通り、首都圏各地のよみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)で一般向けの教養講座を担当します。詳細につきましては、各講座名(青色)をクリックしてご覧いただけると幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。(掲載は開催日順)

よみうりカルチャー柏
 3月23日(金)13:00-15:00(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話――切手でたどる昭和史」
 *柏センター移転、新装オープン記念講座です。

 4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、8月28日、9月25日
 (毎月第4火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー荻窪
 3月27日(火) 13:30~15:30(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話——切手でたどる昭和史」

 4月10日、5月8日、6月12日、7月10日、8月7日、9月11日
 (毎月第2火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー錦糸町 
 3月31日(土) 12:30-14:30(公開講座)
 皇室切手のモノ語り

 4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日
 (毎月第1土曜日) 12:30~14:30

 郵便学者・切手博士と学ぶ切手のお話
スポンサーサイト

別窓 | ドイツ:東ドイツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< おかげさまで100万PV | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  3年ぶりの大統領選出>>
この記事のコメント
#2167 二人のジャミラ
 二十年ほど前「ソ連からロシアへの移行による地上の混乱で、宇宙ステーションの人達が地球に帰れなくなっている」と言う報道を聴いて、怪獣ジャミラを思い出したものでした。
 怪獣ジャミラの由来がアルジェリア人と言うのは聞いていましたが、「二人のジャミラ」については今回初めて知りました。
 科学特捜隊の本部はパリ。他に怪獣ブルトンやおなじみバルタン星人もフランス由来なのかどうか諸説あるようです。
2012-03-18 Sun 21:57 | URL | いわゐ將軍 #B7q/.fmY[ 内容変更] | ∧top | under∨
 ・いわゐ將軍 様

 ジャミラ(ジャミーラ)というのは、アラビア語で“美しい”を意味する形容詞(女性形)ですので、女性の名前としては非常に多いです。日本語でいえば、美子、美穂、美恵…といった感じでしょうか。それだけに、しばしば混同も起きているようですが。

 1970年代初めくらいまでは、フランスの影響もそれなりにあって、ミッシェル・ポルナレフが日本でヒットするなんてこともありましたが、最近はそういったこともほとんどなくなりましたねぇ。ちとさびしいですな。
2012-03-24 Sat 22:19 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/