内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 上野動物園130年
2012-03-20 Tue 22:47
 1882年3月20日に“上野動物園”が開園してちょうど130年となりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

        動物園100年

 これは、1982年に発行された“動物園100年”の記念切手です。

 わが国における動物園のルーツは、1873年、ウィーンでの万国博覧会に出品するため、東京・山下町に日本各地の物産を集めた山下町博物館が開設され、その一角に動物飼育展示室が設けられたことに求められます。

 その後、山下町博物館は収蔵品の充実とともに手狭となったため、上野公園への移転が計画されます。

 1882年、第1回勧業博覧会が上野公園で開催された後、その跡地に山下町博物館が移転。その隣に博物館の付属施設として動物園が設けられ、3月20日、明治天皇来臨の下、開園式が行われました。これが、現在の上野動物園の直接のルーツとなりました。

 当初、動物園は農商務省博物局の所管でしたが、1886年、宮内省に移管されます。このころから、諸外国との動物の交換がさかんに行われるようになり、1887年にヒグマとの交換でトラが収容されるようになったのを皮切りに、1888年にはインド象2頭が、1902年にはライオン、ホッキョクグマ、ダチョウ、1907年にはキリン、1911年にはカバが加わっています。なお、開園当初の年間入場者数は20万人ほどでしたが、キリンが加わった1907年には100万人を突破しました。

 1924年、動物園は皇太子(後の昭和天皇)のご成婚を記念して東京市に下賜されます。その後、1931年に日本初のサル山が登場したほか、1932年には園内に日本初の動物病院が設置されるなど、順調な発展を遂げていましたが、第2次世界大戦中の1943年には、戦時下を理由とした猛獣処分が行われるなどの悲劇もありました。

 大戦後は復興が急速に進み、1949年にはアメリカから“平和のシンボル”としてライオンが送られたほか、インドとタイからインド象が贈られています。さらに、1972年には日中国交正常化を記念して中国からジャイアントパンダ2頭が贈られ、国民的なブームを巻き起こしました。

 現在、上野動物園は、2006年4月の指定管理者制度の導入により、多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園とともに財団法人・東京動物園協会が運営を担当していますが、ジャイアントパンダやスマトラトラ、ニシローランドゴリラ等の希少動物を始め、400種を越える動物を飼育し、年間入場者は350万人を数えるなど、日本を代表する動物園としての地位に変わりはありません。

 1982年は、こうした上野動物園の開園100周年にあたっていたことから、開園記念日の3月20日から5月31日まで、“自然へのとびら、動物園:動物と語ろう地球の仲間”をテーマにさまざまな記念事業が行われました。今回ご紹介の切手も、その一環として発行されたものです。

 切手は、左から順に①ゴリラとフラミンゴ、②ライオンとペンギン、③パンダとゾウ、④キリンとシマウマを組み合わせたもので、原画作者は森田基治です。ちなみに、切手に取り上げる動物の選択に関して、森田は「ポピュラーでなおかつ棲息地域がバラエティに富んでいるものを選びました」としか説明していませんが、上野動物園の飼育課長だった小森厚は「ゾウ、キリン、ゴリラは長い間人気ものとして君臨してきた動物であり、フラミンゴは華麗さ、ペンギンは愛らしさ、ライオンは百獣の王の貫禄、パンダはかわいさ、シマウマは模様のきれいなところが選ばれた理由でしょう」と補足しています。

 なお、今回ご紹介の切手を含む1980年代前半の記念切手については、拙著『近代美術・特殊鳥類の時代』でいろいろと解説しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 国立市〈歴史講座〉“もの”が語る戦争の歴史

 3月27日(火) 19:00-21:00 於・国立市公民館3階講座室
 *お問い合わせ・お申し込みは、国立市公民館(電話 042-572-5141)までお願いいたします。

 ★★★ 内藤陽介、カルチャーセンターに登場 ★★★
   
 3月下旬から、下記の通り、首都圏各地のよみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター)で一般向けの教養講座を担当します。詳細につきましては、各講座名(青色)をクリックしてご覧いただけると幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。(掲載は開催日順)

よみうりカルチャー柏
 3月23日(金)13:00-15:00(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話――切手でたどる昭和史」
 *柏センター移転、新装オープン記念講座です。

 4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、8月28日、9月25日
 (毎月第4火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー荻窪
 3月27日(火) 13:30~15:30(公開講座)
 「ご成婚切手の誕生秘話——切手でたどる昭和史」

 4月10日、5月8日、6月12日、7月10日、8月7日、9月11日
 (毎月第2火曜日)13:30~15:30

 切手でたどる昭和史


・よみうりカルチャー錦糸町 
 3月31日(土) 12:30-14:30(公開講座)
 皇室切手のモノ語り

 4月7日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日
 (毎月第1土曜日) 12:30~14:30

 郵便学者・切手博士と学ぶ切手のお話
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1979~1985 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ダットサン復活 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  おかげさまで100万PV>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/