内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 朝鮮人民軍(自称)創建80年
2012-04-25 Wed 21:58
 きょう(25日)は、北朝鮮当局の主張によれば、朝鮮人民軍の創建80年の記念日だそうです。というわけで、この切手を持ってきました(画像はクリックで拡大されます)

        朝鮮人民軍創建12年

 これは、1960年2月8日に北朝鮮で発行された朝鮮人民軍創建12年の記念切手です。

 純然たる歴史的事実をまとめておくと、北朝鮮における軍事組織は、解放直後の1945年10月、ソ連占領軍による武装解除と2000名からなる“保安隊(隊長は金日成)”の創設をもって開始されました。

 その後、同年11月、占領下の地域行政機関として北朝鮮五道行政局が設置されると、その一部局として“保安局”が設置されました。また、これに先立ち、同年10月には早くも新義州で航空隊が創設されています。さらに、1946年になると、1月に五道行政局の傘下に鉄道施設の保護を目的とした鉄道保安隊(同年7月、鉄道警備隊に改編)が組織されたほか、同年7月には水上保安隊が、翌8月には海岸警備隊が、それぞれ組織されました。これらが、後の朝鮮人民軍の母体となります。

 一方、1946年2月には幹部養成のための平壌学院(ただし、1945年11月創立説もあります。1949年に第2軍官学校と改称)が、6月には保安訓練所が、7月には軍事指揮官を養成するための中央保安幹部学校(1949年に第1軍官学校と改称)が、それぞれ創設され、政府・軍隊の正式発足前に軍幹部の養成も開始されました。

 また、解放1周年にあたる1946年8月には、実質的な軍司令部として保安幹部訓練大隊部が創設されるとともに、北朝鮮労働党の創立にあわせて「民族軍隊組織と義務的軍事徴兵制を実施すること」が確認されています。

 1947年に入ると、ソ連からの軍事援助が本格的に到着するようになり、5月には全将兵に階級章が付与軍されるとともに、保安幹部訓練大隊部も人民集団軍に改編された。そして、1948年2月4日、北朝鮮人民委員会の下に民族保衛局が設置されると、これを受けて同月8日、人民集団軍は朝鮮人民軍に改称されました。

 こうした経緯から、朝鮮人民軍の創立記念日はながらく2月8日とされ、今回ご紹介の切手を含めて、この日にあわせて朝鮮人民軍関連の記念切手が多数発行されることになります。

 さて、1948年9月9日、朝鮮民主主義人民共和国が発足すると、民族保衛局は民族保衛省に昇格。新たに制定された1948年憲法によって、朝鮮人民軍には国防軍であることが明確に規定されました。

 軍の指揮系統に関しては、1948年憲法では、国家保衛のために朝鮮人民軍を組織すると定められていたものの、軍事組織・制度についての具体的な記述はなく、1972年憲法において国防委員会委員長(第93条において国家主席が兼務するものとされました)が国家のいっさいの武力を指揮統率するものとされました。ただし、1972年憲法では、北朝鮮の武力は「労働者・農民をはじめとする勤労人民の利益を擁護し、社会主義制度と革命の獲得物を守り、祖国の自由と独立と平和を守る」(第14条)ものとされていますが、朝鮮人民軍との呼称は記されていません。これは、朝鮮人民軍の位置づけが、国防軍ではなく、革命軍(党の軍隊)へと変質したためと考えられます。

 その後、金日成から金正日への権力世襲の過程で、満州での金日成の抗日武装闘争の経歴が誇張して宣伝されるようになると、1978年以降、朝鮮人民軍のルーツは解放前の満州で結成された朝鮮人民革命軍に求められるようになり、建軍記念日も、本来の1948年2月8日から、朝鮮人民革命軍が結成された(と北朝鮮が主張する)1932年4月25日に変更されました。今回、北朝鮮が朝鮮人民軍創建80周年のイベントを今日行ったのは、ここから起算してのことです。ただし、1932年の朝鮮人民革命軍結成ということじたい、歴史的事実として、はなはだ疑わしいわけですが…。

 いずれにせよ、朝鮮人民軍の創建が1948年2月8日であれ、1932年4月25日であれ、1948年9月9日に北朝鮮国家として朝鮮民主主義人民共和国が建国される以前の出来事であることには変わりありません。まぁ、国家の正式な成立以前に国軍が誕生したということこそ、まさしく先軍政治だとと言ってしまえばそれまでなんですがね。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 北朝鮮:金日成時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 「日本海」単独呼称を維持 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  スタンペディア・エキシビジョン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/