内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 <INDONESIA 2012>開幕
2012-06-18 Mon 09:16
 きょうからインドネシアのジャカルタで、世界切手展<INDONESIA 2012>がスタートします。僕もこれから朝食を済ませたら、開会式へ出席のため、会場へ向かいます。本来なら、切手展の記念切手をご紹介したかったのですが現時点では入手できていませんので、今回の切手展のマスコット・キャラクターにちなんでこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       コモドオオトカゲ     インドネシア展マスコット

 左は、フランス・パリのユネスコ本部用として2001年に発行された“インドネシア・コモド国立公園(世界遺産)”の切手で、コモドオオトカゲが大きく取り上げられています。右は今回の切手展のマスコット・キャラクターで、擬人化されたコモドオオトカゲに民族衣装を着せ、ルーペを手に持たせたデザインとです。

 コモドオオトカゲは、インドネシアのギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島に生息する固有種で、世界最大のトカゲとして知られています。1911年に西洋人がコモド島で発見した時には、恐竜の生き残りとも言われました。

 乾燥した落葉樹林やサバンナ、海岸などに生息し、尾を使って泳ぐこともできます。主としてイノシシやシカなどの哺乳類を餌としていますが、鳥類やその卵、爬虫類やその卵、昆虫、動物の死骸なども食べるほか、まれに人間を襲撃することもあります。開発による生息地の破壊、獲物の減少などにより生息数は減少しているため、生息地のコモド国立公園は1991年に世界遺産に登録されました。

 ちなみに、繁殖期は毎年5-8月で、オス同士は“コンバットダンス”と呼ばれる直立しての組み合いで、メスを巡って争うのだそうです。ということは、6月開催の切手展のマスコット・キャラクターは、“コンバットダンス”のコモドオオトカゲを連れてきて、服を着せてルーペを持たせたということになるんでしょうかね。もっとも、今回の切手展で良いメダルを取ったからといって、女性が僕になびいてくるということはないでしょうけれど…。

 【追記】
 
 <INDONESIA 2012>は、昨日(18日)10時から開会式が行われ、テープカットではなく、インドネシア情報通信大臣が銅鑼を打ちならして開会となりました。(下の画像は銅鑼を打ち鳴らす大臣閣下です)

       <INDONESIA 2012>開会式

 ところが、開会宣言の後も展示・設営作業は終わらず、少なくとも午前中いっぱいは、審査員と設営担当者以外は展示スペースに入ることができませんでした。(下の画像は開会宣言後も展示作業に励んでいる人たちです。展示されている場所とそうでない場所があるのがお分かりいただけると思います)

       開会宣言後の展示作業

 普段の切手展ですと、僕は、初日の午前中、自分の作品が無事展示されているのを確認したら、取材のため会場を離れるのですが、今回は確認できないまま、ジャカルタを後にすることになりました。まぁ、旧知の外国人審査員たちは「お前の作品を観たぞ」といってくれましたので、一応、展示はされているのでしょう。これもまた、お国柄と割り切ってお付き合いするしかありませんな。
 
 ★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★

 内藤陽介の『韓国現代史』・韓国進出!
       
       韓国語版・韓国現代史
     우표로 그려낸 한국현대사
    (切手で描き出した韓国現代史)

     ハヌル出版より好評発売中!

 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | フランス・ユネスコ本部 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<< ケープ周郵記③ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ジャカルタに来ています>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-06-20 Wed 15:52 | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/