内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 無事、帰国しました
2012-06-30 Sat 17:58
 本日(30日)午後、無事にインドネシアから帰国いたしました。というわけで、きょうは、ご挨拶かたがた、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

        インドネシア展・記念切手

 これは、今回の世界切手展<INDONESIA 2012>を記念してインドネシアが発行した小型シート(会場内の郵便局で入手しました)で、インドネシアの伝統的な影絵芝居のワヤン・クリが取り上げられています。ちなみに、インドネシア語でワヤンは影、クリは皮革を意味しており、一般には水牛の皮に透かし彫りの細工を施された人形を白い幕に投影し、ラーマーヤナなどの物語が演じられています。1人の人形師が語りながら人形を駆使し、その背後でガムランの楽団が演奏するという形態で、伝統芸能としてユネスコの世界無形遺産に登録されているほか、人形そのものも芸術的に価値の高いものがあります。

 今回のインドネシア滞在中、僕は中部ジャワのジョグジャカルタのソノブドヨ博物館でのパフォーマンスを見学しましたが、その時に撮影した写真を下に貼っておきます。左側が影絵としての画像で、右側が人形を操っている人形師のようすです。小型シートのうち、最高額の2万ルピー切手に取り上げられているワヤン・クリは、いわゆる人形ではありませんが、舞台の展開上、どのように用いられているか、お分かりいただけるかと思います。

      ワヤン・クリ     ワヤン人形師

 なお、今回の記念切手では、メダルと賞状にも下の画像のようにワヤン・クリがデザインされており、請来の収集家は、<INDONESIA 2012>といえば、マスコット・キャラクターのコモドオオトカゲよりも、ワヤン・クリをイメージするということになりそうです。

 インドネシア展・メダル表 インドネシア展・メダル裏 インドネシア展・賞状

 さて、今回のインドネシア滞在中は、切手展コミッショナーの山崎好是さん、審査員の大原敏正さんご夫妻、山崎文雄さんご夫妻、(以下、50音順で)池田健三郎さん、伊藤文久さん、井上和幸さんご夫妻、榎沢祐一さん、玉木淳一さん、土屋理義さん、増山三郎さん、山田廉一さん、和田文明さんほか、大勢の方々にお世話になりました。この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★ 内藤陽介・韓国進出! ★★★

   『韓国現代史』の韓国語訳、出ました
    
       韓国語版・韓国現代史
     우표로 그려낸 한국현대사
    (切手で描き出した韓国現代史)

     ハヌル出版より好評発売中!


    米国と20世紀を問い直す意欲作

   切手、歴史を送る
       우표,역사를 부치다
       (切手、歴史を送る)

      延恩文庫より好評発売中!

 *どちらも書名をクリックすると出版元の特設ページに飛びます。なお、『우표,역사를 부치다(切手、歴史を送る)』につきましては、7月以降、このブログでも刊行のご挨拶を申し上げる予定です。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | インドネシア | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<< “香港返還”15年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  今夜、ジャカルタを発ちます>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-07-01 Sun 10:14 | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/