内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 アルジェリア独立50年
2012-07-05 Thu 09:10
 1962年7月5日にアルジェリアが独立を達成してから、きょうでちょうど50年です。というわけで、きょうはこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

       アルジェリア孤児救済募金

 これは、1962年、独立直後のアルジェリアで発行された独立戦争の戦災孤児救済のための寄付金つき切手です。

 第二次大戦中の1940年6月、フランス本国がドイツに降伏するとアルジェリアは親独ヴィシー政府の支配下に入りますが、1942年11月に連合国が上陸。1943年6月にはドゴールの自由フランス政府がアルジェに本拠を構えました。

 これに対して、アラブ系およびベルベル系の住民は戦争協力の代償として戦後の自治・独立を要求しましたが、既得権の維持をはかろうとするフランス人入植者は抵抗を続けていました。こうした状況の下で、1954年7月、ジュネーヴ協定で曲がりなりにもインドシナ諸国の独立が認められると、これに刺激を受けたアルジェリアでも同年10月、それまでの独立運動を統合するかたちでアルジェリア民族解放戦線(FLN)が結成され、翌11月、独立戦争が勃発しました。

 独立運動を力ずくで弾圧しようとするフランス側に対して、FLNはアルジェを中心とした都市でのゲリラ戦術で抵抗し、戦争は7年半にも及びましたが、1962年3月18日、FLNとフランス政府との間でエヴィアン協定が結ばれ、同年7月の国民投票を経て、アルジェリア民主人民共和国の独立が達成されました。

 7月5日の独立を受けて、各地の郵便局ではフランス時代の切手に“アルジェリア国(Etat Algerien)”を意味する“E.A”の文字を加刷し、“フランス共和国”の文字を抹消した切手が使用されるようになりました。こうした暫定加刷切手と並行して発行されたのが、今回ご紹介の寄付金つき切手です。切手は、アルジェリアの地図と国旗をデザインしたもので、アルジェリア民主人民共和国を意味する国名表示がアラビア語で入っています。ちなみに、独立後の最初の正刷切手の発行は、1962年11月1日のことで、これを機に、暫定加刷切手の使用も停止されました。

 ★★★ 内藤陽介・韓国進出! ★★★

   『韓国現代史』の韓国語訳、出ました
    
       韓国現代史・韓国語版
     우표로 그려낸 한국현대사
    (切手で描き出した韓国現代史)

     ハヌル出版より好評発売中!


    米国と20世紀を問い直す意欲作

       切手、歴史を送る(正面)
       우표,역사를 부치다
       (切手、歴史を送る)

      延恩文庫より好評発売中!

 *どちらも書名をクリックすると出版元の特設ページに飛びます。


 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | アルジェリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手で訪ねるふるさとの旅:神奈川県 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  우표,역사를 부치다>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/