内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界漫郵記:ゴア①
2012-11-03 Sat 20:53
 ご報告が遅くなりましたが、『キュリオマガジン』2012年11月号が出来上がりました。僕の連載「郵便学者の世界漫郵記 インド西海岸篇」は、今回から数回にわたってゴアを取り上げます。今回は、その記事の中から、この切手をご紹介します。(以下、画像はクリックで拡大されます)

         ポルトガル領インド

 これは、1871年に発行されたポルトガル領インド最初の切手です。

 15世紀末から16世紀初頭にかけてインド西海岸に来航したポルトガル人は、1510年2月、ポルトガルのインド総督、アフォンソ・デ・アルブケルケの下、現在のオールド・ゴアに相当する地域を占領しました。ゴアのインド総督府とリスボンを結ぶ公文書の通信はその直後から開始されましたが、当時の公文書は航海途中での遭難を考慮して、3通、同じ内容のものが作られていました。また、海路のみならず、ペルシャやオスマン帝国の領土を経由して陸路で文書が運ばれることもありました。

 いわゆる近代郵便としては、1822年7月1日、イギリス東インド会社との間で協定が結ばれ、ポルトガル領インドとインド各都市との郵便交換がスタートいsます。郵便物は、国境のマルヴァン(現マハーラーシュトラ州)とベラガーヴィ(現カルナータカ州)でポルトガル側からイギリス側に引き渡されることになっていました。当時の基本料金は、ゴアからベラガーヴィまでが3アンナ、ベラガーヴィからムンバイまでは11アンナです。

 これに伴い、1823年までに、ダマンにイギリス東インド会社の郵便局が開設されましたが、この時点では、ゴアには郵便局は設置されていませんでした。

 ポルトガル当局がパナジに“ゴア郵便局”を開設したのは1854年のことですが、この時点では、ポルトガル当局の発行した切手は使われず、郵便料金はすべて英領インド切手で納入されていました。

 今回ご紹介のポルトガル領インドとしての最初の切手は1871年10月1日の発行です。切手は楕円形の枠の中に額面数字を示したシンプルなデザインのもので、“SERVIÇO POSTAL”ならびに“INDIA PORT.”の表示が上下に入っています。現地製の素朴な切手で、版や紙などに様々なヴァラエティがあります。

 切手はポルトガル領インドの域内でのみ有効で、域外への通信には、別途、英領インド切手を貼りたす必要がありました。なお、ポルトガル領インド切手が域外宛の郵便物にも有効とされるようになったのは1877年のことです。

 さて、今回の記事では、パナジのクラシックな風情あふれる郵便局の局舎の写真もご紹介しながら、今後の連載のための予備知識として、まずはゴアとその歴史についての概説をまとめてみました。機会がありましたら、ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

 * 本日の切手市場は無事終了いたしました。ご来場いただきました皆様、特に、拙著をお買い上げいただきました皆様には、この場をお借りして、あらためてお礼申し上げます。


 ★★★ イベントのご案内 ★★★

 ・11月10日(土) 11:00- 全国切手展<JAPEX>
 東京・池袋で開催される全国切手展<JAPEX>会場内で、拙著『喜望峰』刊行記念のトークイベントを予定しております。よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。なお、詳細は主催者HPをご覧いただけると幸いです。


 ★★★★ 内藤陽介の最新刊 ★★★★

         『喜望峰』表紙画像
 
  『喜望峰:ケープタウンから見る南アフリカ』

  いままでなかった喜望峰とケープタウンの物語
  美しい風景とウンチク満載の歴史紀行!!     

 アマゾンセブンネット版元ドットコム楽天ブックスe-honhmvhontoJBOOKlivedoor BOOKSなどで好評発売中!
 
 なお、本書をご自身の関係するメディアで取り上げたい、または、取り上げることを検討したい、という方は、是非、ご連絡ください。資料を急送いたします。

 
 ★★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ポルトガル領インド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 日本シリーズは巨人が優勝 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ケープ周郵記⑧(最終回)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/